Try_to_writecode_practicaltest #atest_hack
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Try_to_writecode_practicaltest #atest_hack

on

  • 4,575 views

Androidテスト勉強会 2012/09/08 (土) #atest_hack 用LTスライド

Androidテスト勉強会 2012/09/08 (土) #atest_hack 用LTスライド

Statistics

Views

Total Views
4,575
Views on SlideShare
3,749
Embed Views
826

Actions

Likes
3
Downloads
18
Comments
0

4 Embeds 826

http://d.hatena.ne.jp 809
https://twitter.com 13
http://webcache.googleusercontent.com 3
http://translate.googleusercontent.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    Try_to_writecode_practicaltest #atest_hack Try_to_writecode_practicaltest #atest_hack Presentation Transcript

    • 実務に近いテストコードを書いてみる @kimukou2628
    • 〜はじめに〜
    • ・主旨的なもん 雑学的なネタな話なので、すごく気楽に聞いてください(中身が興味ないネタだったらすみません) もしガチなテストの話を期待したテスト充な人がいましたら多分期待にそえません。スミマセン><寝ててもOKです~ (15分の分のみ解説補足する予定です)
    • ・書いてみたきっかけ テストの話は結構多いんですけど「普通のプログラムコードみたいに ググッてコピペみたいな話まで 書いてくれていないので(ググり駆動?)、 とっつきづらい」という話がよくでます で実務に使うコードって何?=>お金に絡むコードじゃない?=>じゃあAd絡みのお話で書いてみましょう
    • 〜前提知識のような物?〜
    • 広告単語に関して基礎知識<正式な語句は違うかもしれません(あしからず● スポット広告 ○ 一定クリック数に達したら終了する広告● 期間広告 ○ 一月とか期間中ずっと出しっ放しの広告● 入稿 ○ 広告主が広告を出すこと● 在庫 ○ 出す広告が存在していること
    • 枠をおさえる 昔:特定のWebサイトの広告枠を確保 今:特定アプリの広告枠を確保に変わったイメージ
    • なんでMediation注目されているの?● 理由1) ○ AdWhirlが今年廃止になった ■ => ○ AdMobのMediationで管理してね の流れ● 理由2) ○ 最近ソーシャルバブルが弾け気味のせいか スポット広告が増えた
    • で何がおこったの?● 規定クリック数を超えてクリック ○ =>● 支払い金額を減額等のペナルティ ○ 「配信サーバーの負荷上げないで〜」とAd広 告会社さんより連絡が来る><
    • で何でMediation? ●PV数とクリック数を自社で把握できる => ● 規定クリック数で非表示する等の設定も可能 らしい ●各社広告主の抱え込みをしている ○ AdlantisがGREE,MedibaがAUとか ○ 週代わり等のタイミングで値段が違ったりする ○ AdMobは一番安め〜><。適宜切替がベスト
    • 〜実際のテストのお話〜
    • なんでテストが必要?(Mediationレイヤー)● CustomEventBanner継承クラスが現在は必要 ○ 日本の国内Ad広告に対してAdapterが提供されてないから ○ =>自前で作りましょう の流れ● AdMob SDKのソースはAndroid版は非公開 (IOS版はソースもろらしいですが。。 ■ <そもそも2009年頃にAdMobはGoogleが買収した会社 ■ ステップデバック等でも結構限界がある● 実際試してみて呼び出し周期がどうも一定しないような感じ ■ 偏って呼ばれる感じがする。。 ■ AdWhirlの頃はもっと安定していたらしいが。。。発展途上?
    • なんでテストが必要?(Ad側)● Ad SDK自体がWebViewをくるんだカスタムレイアウト+α なので ○ WebViewの不安定さに引きずられる =>よく「アプリ落ちる」という話題はこれ ○ 作り自体もNWの調子が良いことが前提で作られている (通信エラー対応とかしてない。粗い) ■ ココらへんはAdMobとかも同じ =>● 広告会社さん的には ○ クリック率を上げるために ■ 視聴者にあった広告を出すための情報収集 ■ 収集しやすい形にする為に鯖側も改修 ● =>常に最新使ってね(更新がすごい早い) ● 落ちるときはアプリ側で頑張って
    • Mediationの動き的な話 端末側 (AdMob 6.1.0導入) loadAd AdMob管理鯖  枠キー送信  (またはメディエーションキー) 指定されたクラスファイルがサー キーに対応したクラスを読 バーパラメータ受信する形で呼 込なさい& ばれる 情報送信 例) (サーバーパラメータ) com.nihon0tc.ad.MedibaMasAd のような指定の仕方
    • CustomEventBannerを継承したクラスcom.nihon0tc.ad.MedibaMasAd listener.onReceivedAd (View) で他の広告SDKのViewを AddViewする@Override public void requestBannerAd( final CustomEventBannerListener listener, final Activity activity, String label, String serverParameter, AdSize adSize, Exception等で失敗したら MediationAdRequest request) { listener. onFailedToReceiveAd();で 「新しいリクエストおくれ」 と再リクエストを行う<手動
    • テストコンセプトとして● requestBannerAdを直接叩く ○ 単体のAd SDKが初期化エラー等がおきないような検証 ○ onFailedToReceiveAdの段階では テストを失敗させるように CustomEventBannerListenerのMockを作ってAdMobの 動きをエミュレートする● 単一のCustomEventBannerをよぶようなメディ エーションIDを設定して初期化する ○ 全部を呼ぶようなメディエーションIDを設定できるがどう も偏っていてテストしづらい
    • 管理画面の設定イメージ メディエーション設定 数
    • ● こんな感じに設定していても偏る 配信比率● こんな感じに設定していても偏る フルパッケージクラス名 サーバーパラメータ 枠キーとかおくると良?
    • 〜デモ〜
    • 〜テストコード情報補足〜
    • テスト構成ライブラリプロジェクト AdManagerメインプロジェクト template_canvasテストプロジェクト template_canvas_test● 枠キー情報(ad_key.xml)は下記に有 ○ ライブラリプロジェクト(定義だけで中身は空) ○ メインプロジェクト(実際のキーを記述)<ライブラリプロジェクト側のキーはfinalで無いので上書き可能● メインプロジェクトのAndroidManifest.xmlに ○ AdMob ○ Medibaの広告用のActivityの記述を追記する(各Adの説明書に依存)● テストプロジェクト側に ○ テスト用のメディエーションキー配列(ad_key_test.xml)配置
    • 実行時のイメージ● duckをクリックする毎に上下に広告 位置が変更されるイメージ● 最近の流行で(ゲーム)画面を OpenGLで作る事が多いようなので FrameLayoutで広告を重ねています● レポジトリは ○ https://github.com/nihon- tc/mediationtest参照してください
    • リソースの参照● テスト書いてて混乱したので整理 ○ com.nihon0tc.example.test.R ○ com.nihon0tc.example.Rと明示してIDを指定した方が混乱が無いようです(ここら辺は常識かも知られませんが<汗) テスト対象のリソース参照 getActivity().getResource() または getInstrumentation().getTargetContext(). getResources() テストプロジェクトのリソー getInstrumentation().getContext().getResources() ス参照 (テストデータとか)
    • AdMobの初期化の仕方の修正● 実装観点から ■ 本来はメディエーションキー/枠キーは固定なので ■ レイアウトから呼ぶ形でも良いはず LayoutInflater inflater = activity.getLayoutInflater(); ViewGroup adParentView =(ViewGroup)inflater.inflate(R.layout.ad, null); adMob = (AdView)adParentView.findViewById(R.id.AdMob_medview); <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <com.google.ads.AdView xmlns:android="http://schemas.android. com/apk/res/android" xmlns:ads="http://schemas.android.com/apk/lib/com.google. ads" android:id="@+id/AdMob_medview" android:layout_width="320dip" android:layout_height="70dp" ads:adUnitId="@string/adUnitId_mediation" ads:adSize="BANNER" ads:loadAdOnCreate="false" />
    • ● テスト観点から ■ 動的に生成しないとMediation_IDが再設定できない ● AdMobさんの方であとからキーを再設定できる関数がな い ■ ココらへんは微妙かなと思う面もある String key = activity.getResources().getString(R.string. adUnitId_mediation) adMob = new AdView(activity, AdSize.BANNER, key)
    • CustomEventBannerListenerのMock (挙動推測から下記イメージでimport com.google.ads.AdView;import com.google.ads.mediation.customevent.CustomEventBannerListener;public class MockEventBannerListener implements CustomEventBannerListener{ @Override public void onFailedToReceiveAd() { throw new RuntimeException("onFailedToReceiveAd"); } @Override public void onReceivedAd(View arg0) { ViewGroup parent = (ViewGroup)arg0.getParent(); if(parent !=null) parent.removeAllViews(); adMob.addView(arg0); }}
    • 〜テスト対象情報補足〜
    • メディエーション・Adの導入的な話は● @HiroakiKamata さんの記事 ○ テクノード鎌田社長に聞いた!ゼロから分かるAdMobメ ディエーションツール導入方法 ■ http://android.dtmm.co.jp/development/32475● Ad広告自体の話 ○ ad-stirさんの Android SDKの使い方 ■ http://wiki.ad-stir.com/Android_SDK%E3%81% AE%E4%BD%BF%E3%81%84%E6%96%B9あたりを参考に
    • CustomEventBunner実装時の注意点(1)● 一度作ったAdのインスタンスはstatic変数に確保した方が 良 ○ Ad広告会社さん毎にアクティブ数管理してる ○ 何度もCustomEvent発行されるたびに作り直すのは非推奨● 複数の画面レイアウトを切り替えている場合は、理想は AdMobの枠自体を ○ 前の画面から外す(RemoveView) ○ 今の画面の指定位置に追加(AddView)する形が良いかと思う(最近はredirect-urlを挟んで誤クリック判定等も厳しくなっているので、誤クリックしにくいレイアウト配置も大事)
    • CustomEventBunner実装時の注意点(2)● NW状態悪いと何回も通信リトライする物も ○ 重くなる原因 ■ Androidは通信がらみが重くなる ■ GoogleAnalytics もANRでる原因になる事も ○ 可能であばNW状態が悪いときはローテトを止める ■ Receiver等でConectivityManagerを監視する話はググると出てきます が、3G環境は4系から動くようになっているので2系は厳しめ (READ_PHONE_STATE追加で電波状況判定等を入れると騒がれるか ら対応難な面も) ■ 表示Activeかみて動いている物もあるようなので、オフライン時に一時 的にレイアウトから外す手も (なら広告入れるな議論する人もいるけど霞食って生きてはいけない はずなんだけどな・・orz)
    • CustomEventBunner実装時注意点(3)● リアルタイム製を重視するゲームの場合はゲーム中は pause等できるなら検討する ○ でもずっと止めてると単価はのびないかも・・ ○ 対応が入っていない物も結構あるorz ■ (1個ローテート用のスレッドが動いているイメージ)● onReceivedAd関数のタイミングでAddViewし直しているイ メージなので ○ 切替前にはpauseかけられる物は止める ■ ローテート中に切り替えるとエラーになる事も ■ 可能であればアクティブな物のみ動かすようにする ○ 切替後に再始動(resume)のイメージ
    • CustomEventBunner実装時注意点(4)● Ad自体に対して● 基本Layoutだけでいきたかったりするが、日本でのAd自体が微 妙に使いづらいので、動的生成にならざるをえないのが難点(逆 にレイアウト固定の物も) ○ infrate初期化後に広告枠のキーを設定して初期化等の関数が用意されて なかったり ○ 動的コンストラクタのパラメータか、レイアウトのパラメータとして設定すると かの形になったりする● アクセスキャッシュをtmpにガンガン貯める物も多いのでアプリ側でちょ びちょび消さないと内部メモリを圧迫する ○ 最近はユーザ領域にsqliteでデータキャッシュする物もあるようなのでこれ の対処は困り者><(ユーザ領域のデータ消すのは。。
    • 広告種別 Manifest記載 layout /code対応 resume/pouse(?)有無AdMob △(Activity) ◎ ◎AdLantis △(コード対応可) ◎ ×Mediba △(Activity) ◎ ◎AMoAd - ◎ ◎iMobile △(PubKey) ◎(枠Key設定可) ◎MicroAd ◎(Key) ◎ ×Fluct △(コード対応可) ◎ ×AdPapri - layoutのみ ◎Nend - ◎ ◎AdStir △(コード対応可) ◎ × resume/pause 対応の広告は増えてほしいかな・・とは正直思いますね・・
    • resume/pouse関数等の(?)有無確認自体は● ドキュメントに書いていない場合は● JD-GUI辺りを使いましょう ○ http://java.decompiler.free.fr/?q=jdgui ○ コード自体はurl特定によるDOSアタック対策(負荷対策) のせいかProGuardかかっている物も多いです ■ 本来 ● 枠キー & 端末の環境情報をPOST ● その情報に適した広告ページを端末に配信(GET) してるイメージなので。 (理想は性別と年齢が欲しいでしょうね<AdMobの設定例にあるし。女 性や年配の方のほうがやはりお金持ってるかも)
    • 〜テスト的な課題(出来てない事)〜
    • ● 長時間ランニングテスト ○ 担当者レベルの単体テストで終わってる ○ 収益性的には重要だが魅力あるコンテンツ作成に開発者 としては力を割きたい ■ => ○ でもユーザさんからは ■ 「長時間動かしていると、アプリがどんどん重くなる」というPlayコメ等は頂 いている状態● 特定のAd SDKで起きる現象 ○ 特定の条件下でViewの初期化失敗 ■ => ○ onFailedToReceiveAdのリトライループで頻繁にアクセス な状況が起きる・・ ■ Mediation側の確率に偏り無ければ別Ad表示されればOKすが・・
    • ● Android JUnit で Parameterized test case ○ http://kokufu.blogspot.jp/2012/07/android-junit- parameterized-test-case.html ○ サンプルも動かせなかった>< ■ 2.3.3以降対応らしいけど、Xoomでダメ・・ (RuntimeExceptionがでる ■ でも2系のテストが普通に出来ないのは厳しめ か。。。● Native Driverでのテスト ○ テストプロジェクト側がjavaプロジェクトでないと動かない というのに気づかなくてハマった><
    • 実機でテストしているとLOCKやKEYGUARDがかかってしまう問題 ○ NativeDriverのサンプルのように ■ 検証側のAndroidManifest.xml側に <uses-permission android:name="android.permission.WEAK_LOCK" /> <uses-permission android:name="android.permission.DISABLE_KEYGUARD" />はどうなんでしょう??(有識者の知恵を聞きたいかも<この状態でもUSB等で給電していなければ画面ロックがかかってしまったり 実際には) ● 画面を ON のままにする方法 ○ http://android.keicode.com/basics/how-to-keep-screen-on.php ● WakeLockを取得し、Sleep状態からWake状態へ遷移する ○ http://techbooster.jpn.org/andriod/application/4429/ あたりの対応が必要らしいのですが・・ 本体のコードはあまり弄りたくないかな・・(権限も含めて
    • emmaを使った実機テスト● ant emma debug install test とか実行すると ○ WARNING: Code Coverage is currently only supported on the emulator and rooted devices.てのがでる。実機でのテストが多いのでちょっと微妙・・(Ad系のテストは、端末情報を取得している面があり 基本実機で確認してほしいというお話はあったりとか)● ここら辺の話は● @3a3k さんが ○ 今更ながらAntでAndroidのTestを実行してみる ■ http://3a3k.blogspot.jp/2012/01/antandroidtest.htmlで書かれたりしています● あとはメインのbuild.xmlを弄るといい話も ○ http://stackoverflow.com/questions/2762665/how-to-use-emma-code- coverage-in-android● 他の参考ページ ○ http://d.hatena.ne.jp/halts/20120201/p1
    • 実行の仕方でエラーがでるテストも・・(謎● OK:直接eclipse上からテスト右選択して実行● NG:ant経由(勿論画面ロックはかかってない) ■ TouchUtils.tapView(this,(View)target); ○ あたりで ○ java.lang.SecurityException: Injecting to another application requires INJECT_EVENTS permission● ググると ○ AndroidのスクリーンロックをJenkinsでのビルド時に解 除する ■ http://d.hatena.ne.jp/makiczar/20111029/1319853201 ■ adb shell input keyevent 82の話が出てくるのですが・・・?
    • ● したがって、今回は● イケメン@sassy_watsonさんに教えて頂いたadb 経由で端末を指定してテスト回そうな形にしまし た ○ 動かす設定はあとで末尾を見てね ○ http://developer.android. com/intl/ja/reference/android/test/InstrumentationTes tRunner.html
    • 〜雑話〜
    •  と長々と書きましたが● Mediation対応自体はIOSでの対応が切望さ れる事が多い ○ 理由としては、クリック単価率等が2−3円は違う かららしい ○ IOSユーザ:富裕層、購買意欲高 ○ Androidユーザ:ガラケーユーザと同じくタダで 端末手に入れたりした層(お金使わない) な分析されていたり(汗 ● IPhone/IPad ● スマートフォン(Android?) ● ガラケー な分類が未だ一般的
    • エロ広告増えてる理由>・Ad広告を設定する場合、カテゴリ設定をする =>普通はエロは設定しない =>なんで出ちゃうの?在庫無い時) ・黒い画面が出てしまう各社の対応) ・Google =>GoogleのAdSenseの広告を出す ・他社  =>黒い画面のまま か 自社広告か 担当の人が余っている広告をだそうとする(これがエロっぽかったりする事が多い) だから実はソフト作っている人や会社に文句いってもどうにもならないんですね。それだけ日本が景気悪くなっていると言う事かも
    • 〜端末ごとテストで注意してる観点と遭遇した事〜
    • IS01>Android1.6固有の問題( if(Build.VERSION.SDK_INT>=11)等 の場合分けをしてもクラス直書きの関数を舐めてエラーになる <要別クラス )AUスマートパス対応の時に必要。Medibaの最新版Ad(要target-7)を入れてしまうと動かないので要注意(グループ会社なのになんででしょうね<汗)IS03>画面が小さいのに高解像度dpi算出されてしまうので if("KDDI".equals(Build.BRAND) && "IS03".equals(Build.MODEL))辺りの場合分けは必須
    • GalaxyTab>基本的には問題ないのですが、電源入れているとうまく充電されないような?(気のせいか?Android Runtime発生するとなぜか本体ごと落ちる事多々XOOM>Android3.0固有の問題に結構泣かされます(2系,4系で動いてもエラーが出る事が多々)。横向きにすると落ちるAd等もあったり(Adの中でぬるぽ)Android Runtimeが発生する=>要リセット必要が多々 layout指定しても部品が小さくなることがあり if( "MOTO".equals(Build.BRAND) && "MZ604".equals(Build.MODEL) { px*m_density (元の大きさ指定 px)ぐらいの大きさにレイアウトし直す必要があったりとか<場合によっては 2倍ぐらいとる必要あり
    • HTC Desire>画像をlayout.xml等でたくさん使用しているとOutOfMemoryが出やすい端末ARROWS Z >高解像度の為か画面がやたら処理落ちする(OpenGL等でも駄目)デュアルコアで速いとメーカーが歌っている分ユーザさんから「なぜ遅いの?」な問い合わせが多い機種Galaxy S1>0.05秒以下の効果音がなぜか鳴らない(ここはARROWS Z等も同じ)
    • Galaxy Nexus>基本的にエラーは無し。・横幅が普通の端末より広いのでレイアウト320dipとか固定にしていると横幅が足りない・複雑なレイアウトでRelativeLayoutでレイアウトした時に画面が崩れる等があったくらいISW13HT >ソケット待ちで1個スレッド起こしている某アプリで、タッチやキー入力時にObject.wait(1) 等の同期Sleep入れないと一切反応を受け付けなかった端末。
    • 005SH>android:configChanges="keyboard|keyboardHidden"等のキーボード開閉イベントも拾っておく必要があり(webView等で弾かないとキーボード開閉した段階でViewがリフレッシュされて入力がクリアされてしまう)L-04C>キーボード開閉イベント有。SDカードにインストールするとすごく遅くなる機種REGZA Phone,他のGalaxy,infobar,XPERIA辺りは基本的に速度面を別にしては問題でてない感じ。
    • 〜完全なおまけ〜
    • groovyスクリプトの活用● groovy eclipse-pluginのインストール ○ インストールの話は下記の方のブログを参照 ○ @shinyaa31 [Java][Groovy][Eclipse]Java/Groovy エンジニアのためのEclipse開発環境構築/テスト実践方 法まとめ ■ http://d.hatena.ne. jp/absj31/20120803/1344114579#eclipse_ groovyprog ○ @waman10da Groovy Eclipse Plugin (1):インストールと設定 ■ http://d.hatena.ne. jp/waman/20090424/1240603561
    • ● ただAndroid Projectで使うのは問題有り ○ プログラミングGroovyでも書いててあるけど 「Groovy Project」で使える ○ eclipse上から便利スクリプトとして使いたい用 途にはちょっと ■ でも一応groovyファイルの色分け等はされるので全く 無駄ではないですよ! ■ => ○ 外部ツールに 登録して使えばいいよね! ■ groovy自体は別途要インストール
    • 外部ツールの設定(1)
    • 外部ツールの設定(2) groovyファイルを選択して お気に入りのgroovyを実行
    • どんな利用が考えられるか?● usbで複数端末繋がってる全部の端末に一 度にインストールできると便利だよね ○ build.xml は端末1つ時のみ対応〜>< ○ 複数端末つないで開発な環境だとすごく面倒><で作ってみた● https://gist.github.com/3669015 ○ 以前 build.xml に手を入れて作っていた物の拡 張版です。次のようなアドバイスをウケたので。 基本的にbuild.xmlは更新かかる可能性がある ので、手を入れない方が良いらしい
    • スクリプトの補足)● eclipse3.7上では ○ ant.importBuild build.xml ■ が上手く動きません ○ eclipseに含まれているantが1.7ベースなのでそ ちらが参照されてしまう● 従って下記のような迂回した形になります def antFile = new File("./build.xml") def project = new Project() project.init() ProjectHelper.configureProject(project, antFile); project.executeTargets([clean, release] as Vector)
    • ● AntBuilderのoutputproperty等の値がキャッ シュされ変更不可なのであえてカウンターで別 名をつけて状態を取得してます cnt++ cmd = "-s $it install -r $file" ant.exec(outputproperty:"cmdOut$cnt", errorproperty: "cmdErr$cnt", resultproperty:"cmdExit$cnt", dir:".", failonerror: "false", executable: "${adb_home}/adb") { arg(line:cmd) } println "[$cmd]<" + ant.project.properties."cmdExit$cnt" + ">=" + ant. project.properties."cmdOut$cnt"
    • このスクリプトだとprintlnでSystem.outに出力してますが、下記のように囲んでしまうのも手def stdOut = System.out; // save old System.outdef newFileOutputStream = new FileOutputStream("log_${new Date().format("yyyy-MM-dd-HH-mm")}.txt",true);def newOutputFilePrintSteam = new PrintStream(newFileOutputStream);System.setOut(newOutputFilePrintSteam); //処理System.setOut(stdOut);
    • build.xmlの作り方の復習 ライブラリプロジェクト AdManager メインプロジェクト template_canvas テストプロジェクト template_canvas_test● ライブラリプロジェクト ○ android update project -p ./● メインプロジェクト ○ android update project -p ./ -l ../AdManager● テストプロジェクト ○ android update test-project -m ../template_canvas -p ./(ただこの場合、build.xmlでテストを動かした時にライブラリプロジェクトが見えないようで手動で追加したのでコマンド的には足りないかも)
    • ● 認証キーが無い場合● keytool -genkey -v -keyalg RSA -keystore ./debug. keystore -alias androiddebugkey -validity 10000 ○ android/android で作るイメージで想定● local.propertiesを編集します # 自分の環境が違う場合はsdk.dirを修正する事 sdk.dir=/Users/◎◎/android-sdk-macosx key.store=debug.keystore key.alias=androiddebugkey key.store.password=android key.alias.password=android release.app.name=hello release.app.version=v01
    • さてお気づきの方だと● なんでGradle eclipse Pluginでやらんの? ○ という話が出ると思いますが ■ => ○ なんかSTSじゃ無いと現在まともに動かんらし い〜 ><● で外部ツールで直接実行は? ○ 正体不明のエラーが出る
    • 備考:eclipse上でbuild.xmlを動かすには● UTF-8にする必要があり(例はeclipse3.7での場合
    • SJISでプロジェクトを作ってた場合(for Mac● MultiTextConverterで変換 ○ http://www.rk-k.com/software/mtc ○ 下記設定をしてsrcフォルダをD&D ここははずす
    • groovyに多少でも興味を持った方は● 有名G*ブロガー @orange_cloverさんの ○ 2012年08月 Groovyist/G*のあれやこれ ■ http://d.hatena.ne. jp/orangeclover/20120902/1346573067あたりを参照されると良いでしょう
    • groovyHelp● groovyとjava-docのHelp検索ツール ○ http://syboos.jp/oss/doc/groovyhelp.html ○ java7u6以上が必要 ○ macで動かすときはgroovyhelpのシェルを修正した ■ 検索とか微妙に動かなかったのでwin専用かも? #!/bin/bash export GROOVYHELP_JAVA_HOME=/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.7.0_07. jdk/Contents/Home if [ -d "$GROOVYHELP_JAVA_HOME" ]; then JAVA_EXE="$GROOVYHELP_JAVA_HOME/bin/java"; elif [ -d "$JAVA_HOME" ]; then JAVA_EXE="$JAVA_HOME/bin/java"; else JAVA_EXE="java"; fi JAVA_EXE="`echo "$JAVA_EXE" | sed s////g`"; chmod -R 755 lib; eval "`"$JAVA_EXE" -jar ./lib/groovyhelp_launcher.jar "$JAVA_EXE"`";