僕と小田原とRubyとRails

681
-1

Published on

RubyHiroba 2013 LT beginner

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
681
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

僕と小田原とRubyとRails

  1. 1. 僕と小田原とRubyとRailsRubyHiroba 20132013/6/2@asflash8
  2. 2. @asflash8Tomohiko SeoHamee株式会社JobsRails EngineerWeb Application DeveloperLikesRuby / Agile / FacilitationBasketball
  3. 3. Hamee株式会社2013/5/1社名変更(旧 StrapyaNext)EC Sales / EC System / Earth
  4. 4. SIer時代の話(数年前)・開発環境の自由:  お客様次第なので原則なし・開発プロセス:  がっちりウォーターフォール・言語:  いろいろだけどJavaが一番多かった
  5. 5. Q:普段こんな環境で仕事している人?
  6. 6. A:あとでゆっくりお話しましょう
  7. 7. そんなときデブサミを知る(2009年)Matz: 未来へつながる言語~ある言語おたくの視点から角谷さん: 時を超えたプログラミングへの道への道
  8. 8. さらにRubyKaigiに行く(2010,2012年)Rubyistたちに触れ合う ※実際はぼっちなのでみてるだけ
  9. 9. Rubyにかぶれる
  10. 10. いろいろありまして(2012/5)小田原の会社に転職
  11. 11. Q:小田原の場所分かる人?
  12. 12. ↓ここ
  13. 13. 小田原あるある通勤電車
  14. 14. 1年間着席率100%(ソースは俺)
  15. 15. 自分以外全員PHPなエンジニアしかも中途とはいえ入ったばかり・・・
  16. 16. PHP
  17. 17. 上司「新規開発を頼む」
  18. 18. 僕「(震えた声で)Railsでやりたい」
  19. 19. 上司「いいよ」
  20. 20. 僕「・・・」
  21. 21. 僕「えっ?」
  22. 22. ただ・・・・みんなで同一環境で開発・テスト無い・CIなんてしてない・Subversionでゆるーくバージョン管理・なんとなく開発(いまはだいぶよくなってます)
  23. 23. 僕「開発環境仮想化しましょう。テストも書きます。Jenkinsで自動テストしてメトリクスも取得、gitでブランチ使ってバージョン管理、開発プロセスはScrumで朝会とふりかえりも取り入れましょう。」
  24. 24. 上司「いいよ」
  25. 25. 僕「まじ?」
  26. 26. あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!気づいたら「ぼくのかんがえたさいきょうのソフトウェアかいはつ」をやることになってた。な・・・何を言ってるかわから(ry
  27. 27. (中略)できました800+ 企業 1200+ ユーザーPowered by Ruby 1.9.3 Rails 3.2
  28. 28. 話は飛びまして弊社の開発言語別比率 入社時(2012/05)  PHP :7人  Ruby:1人
  29. 29. それがいまは・・・弊社の開発言語別比率 現在(2013/06)  PHP :7→7人  Ruby:1→7人
  30. 30. あと1人でRubyが最大勢(ry
  31. 31. いまもRailsで絶賛開発中
  32. 32. たのしい
  33. 33. まとめRubyに出会ってたのしさを知った
  34. 34. Thank YouRuby!
  35. 35. We are Hiring!いっしょにRuby/Rails(PHP)で開発しませんか?http://hamee.co.jp/recruit/experience.html渋谷勤務可外国籍の方も可詳しくは「jinji at hamee.co.jp」まで
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×