• Save
AWSアップデート2012.12.01(個人開発者向け)+Glacier
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

AWSアップデート2012.12.01(個人開発者向け)+Glacier

on

  • 5,189 views

AWSアップデート2012.12.01(個人開発者向け)+Glacier

AWSアップデート2012.12.01(個人開発者向け)+Glacier

Statistics

Views

Total Views
5,189
Slideshare-icon Views on SlideShare
3,740
Embed Views
1,449

Actions

Likes
22
Downloads
0
Comments
0

4 Embeds 1,449

http://www.barasu.org 1344
http://ryo-kai.hatenablog.jp 79
https://twitter.com 16
http://s.deeeki.com 10

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment
  • Amazon Web Services provides highly scalable computing infrastructure that enables organizations around the world to requisition compute power, storage, and other on-demand services in the cloud.  These services are available on demand so a customer doesn’t need to think about controlling them, maintaining them or even where they are located. Our approach has always been to be a customer focused company.  We constantly look to develop services in line with the needs of our customers to make sure they get the flexibility and usability out of the service that they need to be successful. 

AWSアップデート2012.12.01(個人開発者向け)+Glacier AWSアップデート2012.12.01(個人開発者向け)+Glacier Presentation Transcript

  • JAWS-UG 静岡+浜松 Amazon Web Services最新技術アップデート情報 2012.12.1
  • 自己紹介名前 • 荒木 靖宏所属 • アマゾンデータサービスジャパン株式会社 プリンシパルソリューションアーキテクトID • Twitter: ar1好きなAWSサービス • Amazon Virtual Private Cloud • AWS Direct Connect
  • AgendaAWSサービス概要個人開発者がうれしいサービスアップデートGlacierご紹介
  • What is AWS?: AWS Platform
  • リージョンとエッジロケーションの拡大 シドニーリージョン 新たに12のエッジロケーション:合計38 シドニー AWSを利用開始すれば、 世界8カ所のリージョン(地域) 21のアベイラビリティゾーン(データセンター群) 38のエッジロケーションを即座に利用可能
  • AWSのイノベーションのペースは年々加速しており、去年は82個、今年は158個の新サー ビス、新機能をリリース 紹介しきれません。。。 http://aws.typepad.com/aws_japan/ チェックしましょう!
  • 個人開発者がうれしいAWSサービスアップデート個人∉人をいっぱいかけられるプロジェクト
  • AWS レファレンスアーキテクチャウェブホスティング S3 =Webストレー RDS =データベース CloudFront ジ=Web高速化 EC2/ElasticBeanstalk =サーバ Route53 ELB =DNS =ロードバラン サ
  • Best Practices 静的コンテンツの外出し • サーバ台数削減、コスト削減 • エンドユーザ体験向上 • 信頼性と安定性の向上 +
  • Download distributionsS3 オリジン 1 Served from S3 /images/* London RTMP Paris NY
  • S3のUpdate S3Cross Origin Resource Sharing をサポート・S3上へのコンテンツと別ドメインとのアクセス制御が可能になります。 S3でのWEB公開機能のアクセス 制御が柔軟になります。
  • Best Practices サイトまるごとCloudFront化 • サーバ台数削減、コスト削減 • エンドユーザ体験向上 • モデルのシンプル化 +
  • +DynamicS3オリジン 1 Served from S3 /images/* EC2 オリジン (or オンプレ) London 2 Served from EC2 *.php RTMP Paris NY
  • CloudFrontの動的コンテンツへの対応 ユーザはまず CloudFront へ 最低レイテンシへの誘導 Dynamic Content TCP最適化 永続化コネクション Elastic Amazon EC2 Load BalancingYour Users Amazon CloudFront Static Content www.mysite.com CloudFront から Origin Amazon S310オリジンまでパターン指定で振分け 各オリジンへは永続化コネクション キャッシュ生存時間も設定可能 15
  • Cloud Frontを用いた動画配信機能も拡充FlashとSilverlightのライブ配信に対応• Flash Media Server 4.5 • 1つのソースでFlashベースとApple iOSデバイスにHTTPライブ配信• IIS Media Services 4.1CloudFormationのテンプレートから選んで簡単に環境構築
  • Best Practices DNSをRoute53でホスティング • DNS解決も高速化 • SLA100%の信頼性とスケーラビリティ • 速く、簡単に、安く • セキュリティ問題からの開放 Region 1 Region 2
  • +同一ドメインS3オリジン 1 Served from S3 /images/* EC2 オリジン (or オンプレ) London 2 Served from EC2 *.php RTMP Paris 3 Single CNAME www.mysite.com NY
  • Static and Dynamic Content Served from S3 /images/* London Served from EC2 Paris *.php Single CNAME NY www.mysite.com
  • EC2のUpdate EC2Management Consoleの拡張・Marketplaceへアクセス可能に・Disk編集が可能に!(ただし、OS側から設定が必要)・CloudwatchでStatusCheckが可能に!
  • EBSのUpdate EC2 EBSProvisioned IOPS • EBSへのIOキャパシティが事前に確保(Provision)できるように なりました! • 100~1,000の間で1単位で設定可能です。EBS Optimized Instance • インスタンスとEBSボリューム間で専用のスループットを持つイ ンスタンスです。SSD Instance • 2TBのSSDを搭載したインスタンスです。 • 現状ではUS WestとEU Eastの2リージョンのみでこの hi1.4xlargeインスタンスがご利用可能です。これらを用いることにより、高いIO性能を要求する 21 システムの構築が可能です
  • RDSの機能拡充自動バックアップ期間を35日間に延長• コンプライアンス上の要求にも対 応• 一覧からコピーやリストアも可• 手動スナップショットなら35日以 上RDS for MySQLでマイクロインスタンスが利用可能に• 月26ドル(0.035ドル/時)• Multi-AZ,リードレプリカもサ ポート新たなMySQLバージョンのサポート• MySQL 5.5のマイナーバージョン 追随
  • RDS for Oracleの機能拡充Oracle DatabaseでもMulti-AZオプションが利用可能に• サポートされる全ライセンスタイプで• シングルクリックで有効化 • 新しいインスタンスでも、 • 既存のインスタンスでもOracle Enterprise Manager (OEM) を利用可能に!• AWSマネージメントコンソールから数ク リックで
  • Microsoft SQL Serverのサポート拡充RDSが新たにSQL Serverをサポート!• SQL Server 2008 R2 • Express Edition • Web Edition X • Standard Edition Amazon RDSSQL Server 2012 をインストールした公式AMIを提供• サポートするインスタンスタイプの追加 • m1.small • m1.medium• Web Editionのサポートを追加 + • より手軽にSQL Serverの利用を開始 Windows AMI
  • Amazon RDS 無料使用枠マイクロDBインスタンス 750時間の利用(MySQL、Oracle BYOLまたはSQL Server Express Editionを単一アベイラビリティ―ゾーン内で実行)‡‡DBインスタンス1つを1ヶ月間連続利用するのに十分な時間*20 GB のデータベースストレージ1,000万 I/O自動データベースバックアップと任意のユーザーが開始した DB スナップショットに使用できる20 GB のバックアップストレージ 25 2
  • Elastic Beanstalkの強化ElasticBeanstalkが東京リージョンで利用可能に!.Netに対応• Windows Server 2008 R2とIIS 7.5を用いてアプリケーションを 稼働• Visual Studioで開発し、すぐにデプロイできる環境にPHPアプリケーションのGitによるデプロイに対応
  • Elastic BeanstalkのUpdate Elastic BeanstalkPython対応• ELB、EC2やオートスケーリングなどの環境を、アプリケーション をアップロードするだけで構築&デプロイ可能なElastic Beanstalk がPythonアプリケーションにも対応しました。RDSの統合• Pythonアプリケーションでは、Amazon RDSもElastic Beanstalkの 環境の中で構築・連携することが可能となりました。コンフィグ設定機能• 同じくPythonでは設定ファイルを記述することにより、デプロイ 時に必要なライブラリをインストールしたり、スクリプトを起動 することが可能です。Pythonのアプリケーションエンジニアがインフラ も含めてシステム構築が可能になります。 27
  • Amazon Gracierの紹介
  • AWSが提供するストレージサービス Amazon S3 – 高頻度アクセスを想定したオンライン ストレージサービス – 耐久性 99.999999999%を実現 – 月額 約10円/GBから提供 Amazon Glacier – 低頻度アクセスかつ長期保存を想定した ストレージサービス – S3と同等の耐久性99.999999999%を実現 – 月額 約1円/GBからの提供29
  • Amazon Glacierとは お客様のご要望 現在テープ媒体などでバックアップを取得しているような大容量 データを、安価で確実に何年もわたって保存する仕組みがほしい データの取り出し回数は多くないが、必要な際に、確実にデータの 取り出しができることが重要30
  • Amazon Glacierとは利用用途 オフサイト 電子保存 テープリプレイス アーカイブ企業データ、画像・動 図書館、歴史博物館、 IT部門のテープバック画のアセット、化学技 NGOや政府の電子ア アップ、ログデータ等術データ ーカイブ の外部保管31
  • Glacierの機能32
  • Glacierの機能 Vaultとは – アーカイブの格納コンテナ – Vault内でのアーカイブ格納数制限なし – アカウント最大1,000Vaultまで作成可能 – IAMによるアクセス制限指定可能 – Vault単位でのSNS通知可能 • メール通知, HTTPリクエスト実行, SQS実行 Archiveとは – 格納データ – アップロード時システム側でArchive IDを自動発行 • 別途メタデータ管理DBを準備することを推奨 – 格納データの更新不可(削除のみ) – 1アーカイブ最大40TBまで – マルチパートアップロードに対応33
  • Glacierの機能 Inventoryとは – Vaultに格納されたアーカイブ情報一覧 – JSONもしくはCSVベースでダウンロード – 情報は1日1回バッチで自動更新 Retrieve Jobとは – アーカイブおよびインベントリ取得要求 – 非同期によるデータ取得 – 並列処理可能 – Retrieve Job要求後、ダウンロード準備完了まで、3.5~4.5 時間 – JobIDによる処理状況のトラッキング – SNSによるJob完了通知(Job単位でも指定可能) Downloadとは – Retrieveされたデータのダウンロード(アーカイブ およびインベントリ) – 準備完了後、24時間以内にダウンロード可能 – AWS内でのデータ転送は無料34
  • VS Amazon S3との違い Amazon S3 Amazon Glacier ファイル単位 ファイルもしくはアーカイブされたファイル単位 Object (S3) (ZIP/TAR等) VS 上書き更新可能 WORM (Write Once Read Many) Archive(Glacier) アーカイブの更新不可 リスト可能なインデックス インデックスなし オブジェクト名指定可能 システムが生成するアーカイブID 同期ダウンロード 非同期ダウンロード オブジェクトレベルでのアクセス管理 アーカイブ単位でのアクセス管理なし スタンダード + 低冗長化ストレージ スタンダードのみ Server Side Encryption選択可 自動Server Side Encryption LISTによるメタデータ情報参照 Inventoryによるダウンロード方式のみ アクセスコントロール(IAM + Bucket Policy) アクセスコントロール (IAMのみ) Bucket (S3) SNSによる通知設定可 SNSによる通知設定可 VS Vault (Glacier) ログ設定可 ログ設定不可 ライフサイクルポリシー指定可 ライフサイクルポリシー指定不可 Webサイト機能 Webサイト機能なし 同期型 同期型 データ格納 オブジェクト名指定可能 システムによるアーカイブID自動生成 同期型 非同期型 データ取得 Jobによる処理要求35 オブジェクト名でのアクセス アーカイブIDでのアクセス
  • S3 アーカイブと Amazon Glacierの連携可能に! Amazon Glacier Storage Options Reduced Data Amazon Redundancy Glacier Storage Standard Storage Amazon S336
  • Amazon Storage Tiers (S3 RRS Glacier) 37AWS CONFIDENTIAL
  • 価格体系 価格体系(東京リージョンの場合) ストレージ $0.012/GB/月 リクエスト数 $0.06/1,000リクエスト (アップロード、データ取出) アップロード 無料 毎月総格納容量の5%まで無料 データ取出 上記以上は、$0.012/GB 短期間での削除 $0.036/GB (90日以内に削除した場合) 通常のダウンロード料金 AWS外部へのダウンロード ($0.201/GBから) *AWS内部からのダウンロードは無料38
  • Glacierのまとめ 低コスト、かつ非常に耐久性の高い長期保存用アーカイ ブストレージ 手間のかかる運用なしに、いつでもアップロード /ダウン ロード可能 容量無制限で、格納データもセキュアに保管 S3との連携 Amazon Glacierで簡単に アーカイブやバックアップデータ の長期保存が可能に39