Your SlideShare is downloading. ×
#01-01 Oracle Solaris 11 The First Cloud OS -Night Seminar version-
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

#01-01 Oracle Solaris 11 The First Cloud OS -Night Seminar version-

1,288

Published on

Solaris ナイトセミナー #1 …

Solaris ナイトセミナー #1

Solaris の歴史を振り返りながら、最新の Solaris 11 を紹介

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
1,288
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
8
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Oracle Solaris 11 – Night Seminar version The First Cloud OS Solarisエバンジェリスト 大曽根 明 2012年3月7日1 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 2. 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約)するものではないため、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリースおよび時期については、弊社の裁量により決定されます。 OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。 文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。2 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 3. Solarisナイトセミナー! • カジュアルな雰囲気で月一回くらい • 皆さんにいろいろな形で参加していただきたい – 内容に関して意見をください(アンケートでもfacebook.com/SolarisJPに でも) – 皆さんも登壇してください、短くてもよいです、気楽な皆さんによる皆さん の会にしたいです • 次回は4月20日を予定しています3 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 4. 4 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 5. オペレーティング・システムの再定義 新時代のSolaris • クラウドのために構築 – 完全に仮想化された最初のOS – セキュアで高速のプロビジョニング 簡便なライフサイクル管理 • エンタープライズ・アプリケーションに最適 – エンタープライズのデータを安心して 預けられる Oracleを使うことに – 数々の世界記録を持つパフォーマンス よりより良い結果を • Oracleのためにエンジニアされた – Oracle Appsと一緒に開発 – Oracleのハードウエアへの最適化5 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 6. Solarisの歴史 Solarisの歴史はUnixの歴史? • Solarisの歴史はその以前のSunOSと呼ばれていた時代ま でさかのぼるとUnixそのものの歴史といってもよい。 – SunOS1.0はほぼ4.1BSDでした。 • 1980年代後半からUnix戦争が勃発、数あるUnixを統一しよ うと2大勢力が戦い、互いに切磋琢磨し成長していきました。 – Solaris 2.0はそのような中、本家UnixのBell研側と一緒に作ったUnix System VR4.0とともに生まれました。 – しかし、Solaris 2.0はSVR4.0とAPI互換をとりつつも将来を見つめ、 1990年という時代でありながら、SMPとMulti-Threadをサポート。6 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 7. 歴史といえば7 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 8. 8 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 9. Solarisの歴史年 リリース トピック 機能など1971 UNIX V1 ベル研による最初のUnix PDP-7 (18ビット)1983 SunOS 1.0 最初は4.1BSDほぼそのまま MC68010@10MHz1988 SunOS 4.0 SPARC/x86を最初にサポート 最初のSPARC@16MHz1992 Solaris 2.0 新世代UNIX,SMP/マルチスレッド AT&TとのSVR4.0とAPI互換だが、違う実装1994 Solaris 2.4 SPARC/x86シングル・ソース パフォーマンス、安定性向上、この後2.5.1から本格普及1998 Solaris 7 最初の64ビット版 64ビットカーネルで32と64ビットのアプリをサポート2000 Solaris 8 .comリリース インタネットの普及に伴いネットワーク関連の性能向上2005 Solaris 10 仮想化機能・セキュリティ強化 DTrace/Zones/FMA/SMFなど多彩な新機能2011 Solaris 11 クラウドOS さまざまな技術を刷新、仮想化を大幅に強化9 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 10. Oracle Solaris 11 >クラウドのために構築 >エンタープライズ アプリケーションに最適 >Oracleのためにエンジニアされた10 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 11. データセンタの進化 従来型のデータセンターからクラウド基盤へ Solaris Solaris Solaris Solaris Solaris Solaris Solaris 専用のサーバ群 仮想化されたシステム 基幹業務クラウド • 物理的な隔離 • OSまたはアプリで • サービスを隔離 • 単一システムの 隔離 • 仮想環境に対して柔 資源 • 資源の共有 軟な資源管理 • 複数のシステム • スタックの管理 • クラウド管理 の管理 - プロビジョニング、更新 - チャージバック - 容量管理11 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 12. データセンタの進化 従来型のデータセンターからクラウド基盤へ Solaris Solaris Solaris Solaris Solaris Solaris Solaris 専用のサーバ群 仮想化されたシステム 基幹業務クラウド Solaris 9 Solaris 10 Solaris 1112 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 13. Oracle Solaris 11 仮想環境も物理的な基盤も管理物理 クラウド 仮想サーバ 論理ドメイン 論理ドメイン Oracle Solaris 11 仮想 VNIC 仮想NIC VNIC ネットワーク 仮想スイッチ 仮想スイッチ 仮想ストレージ ストレージプール 13 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 14. Oracle Solaris 11 基幹業務をクラウド 簡素化された管理 設計当初から 高度な防御 スケーラブルなデー 仮想化 タ管理 • VMwareよりも3倍 • AIXよりも4倍高速 高速なプロビジョニ • OS/ネットワーク/ なOpenSSL • 10倍ものストレージ ング ストレージが完全 の節約が仮想環境 に仮想化 で実現Oracle Solaris 11 • Westmere x86よ • Red Hatよりも4倍 • VMWareよりも15 りも 3倍ZFSの暗 • 2倍のストレージ圧 高速な更新 倍仮想化のため 号化がSPARCで 縮効率 のオーバヘッドが 高速 • Red Hatよりも2.5 少ない 倍高速なリブート15 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 15. クラウドの導入が容易に システム管理が容易に ブート環境とIPSパッケージングによ る高速で確実な更新 自動インストールによる 4倍高速な更新、2.5倍高速なリブート 迅速なプロビジョニング アクティブ アクティブBE 旧 AI サーバ BE 新BE 更新されたBE DHCP サーバ Net config AI address Zoneによる迅速な開発、試験そして導入16 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 16. Oracle Solaris 11ライフサイクル管理 IPSによって改善された更新 6:00: # pkg update 新しいセキュリ 保守可能時間 ティパッチ : 6-7pm 6:00-6:02: 依存関係調査、更新のた めの計画作成 6:04-6:06: リブートをし、再 6:02-6:04: 新たらしいブート環境を作成、更 び運用再開 新内容をダウンロードして、更新を行う• 典型的な場合で更新が4倍高速• ZFSでブート環境を作成し、安全に(既存環境に影響を与えず)に更新を実行• パッケージの依存関係を完全に調査し、整合性を確認、監査可能• 更新されたZFSブート環境を使ってリブート 17 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 17. 組み込みの仮想化 Oracle Solaris 11 Zones • セキュアで軽量な仮想化 • 権限委譲が可能な管理 • ZFSデータセット、ブート環境 • Zoneにおける監査 • Solaris 10 Zones • ネットワークスタックの隔離と資源管理 インストール、セキュリティ、ZFS,ネットワー ク、IPS, SPARCとx86のハイパーバイザ のすべてと共同開発 VMWareよりも15倍も少ないオーバヘッド KVM よりも4倍少ない遅延18 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 18. クラウドのために設計されたネットワーク • 新しいネットワークの資源管理 • 仮想化し、ネットワーク基盤を統合 - ネットワーク基盤の費用を削減 – 帯域幅の管理、フロー(流れ)の管理 • 統合された機能 • 大きなネットワークパイプの分割  ファイアーウォール、ルーティング、ロードバランス、ブ • 業界標準のインターフェイス リッジング • KVM よりも4倍少ない遅延19 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 19. Oracle Solaris Clusterによる高可用性 仮想化されしかも Oracle WebLogic Web サーバ層 zones Oracle WebLogic サーバ サーバ 高可用性を維持 クラスター PeopleSoft ア アプリケーショ PeopleSoft ア プリケーショ ン層 プリケーショ • 業界唯一の仮想化された個々のアプリ ンサーバ zones クラスター ンサーバ ケーションに特化したフェイルオーバソ リ ューション Database Oracle サーバ層 Oracle RAC zones RAC クラスター • クラウド サービス可用性の継続性20 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 20. スムースな移行 Oracle Solaris 11 Zones, Oracle VM • 容易かつスムースな移行が前のバージョンから可能 • 一度OVM SPARCもしくはOVM x86の環境に移ればライブ マイグレー ションが可能 p2v Solaris 10 S10 Zone S10 Zone S11 Zone S10 Zone S10 Zone S11 Zone v2v Solaris 10 Solaris 11 Solaris 11 Oracle VM Oracle VM Live Migrate21 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 21. Oracle Solaris 11 >クラウドのために構築 >エンタープライズ アプリケーションに最適 >Oracleのためにエンジニアされた23 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 22. 既存のアプリケーションを Solaris 11で Solaris上では11,000以上のアプリケーションが3,000以上のISVから出荷中24 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 23. 容易でセキュアそして守られている Oracle Solaris 11: エンタープライズ アプリケーションに最適 • アプリケーションとそのデータを容易に守れる – AIXよりも暗号化が4倍高速 • 容易なストレージ管理 – 重複排除によってストレージ容量を10倍効率的に • 完結した開発環境を提供 – オープンソースのコンパイラより3倍高速 • アプリケーションの投資保護とROI – 比類のないサポートとバイナリ互換性25 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 24. アプリケーション環境に合わせたセキュリティー 多重防護 • 監視観察された以上可能な管理 ホスティング提供者 – Zoneへのアクセス制限 – サービス管理 • 不変のZones: 書き込み不可のファイルシステム • データリンクおよびIP層での保護 • ハードウエア加速による暗号化 – IBMよりも4倍高速なOpenSSL ホスティングされ ホスティング • 暗号化されたZFSによるデータ保護 ていない環境 管理サービス ホスティング提 供者のキー管理 – 遠隔キー管理 キー管理 – T4におけるZFS暗号化は Intelよりも3倍高速26 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 25. 高速なデータ暗号化• 暗号化によるペナルティなし • ハードウエアの加速を使った暗 – 容易かつ即時にデータを保護 号化はIBMよりも4.3倍高速• 標準準拠のインターフェイス • T4に於けるZFS暗号化は• 単一のOracle Key Manager Intelよりも3倍高速27 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 26. 容易かつ強力なデータ管理 Oracle Solaris ZFS • 永遠に起こらないデータ破壊 - エンド ツー エンドのチェックサムはデー タ破壊を発見し、修正する • 制限のないデータ容量 ファイルシステム群 – スケールするように設計 スナップ ミラー リプリケーション – 128ビット ブロック アドレス – Zetabytes以上 ストレージ プール28 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 27. 容易かつ強力なデータ管理 Oracle Solaris ZFS • 組み込みのデータサービス NFS CIFS IB iSCSI FC – 重複排除で10倍の利用効率 圧縮 – 2分の1に圧縮 重複 シンプロビ ジョニング 暗号化 排除 – 暗号化、リプリケーション、マイグレ ーション、スナップショット、クローン ファイルシステム群 • 完全に仮想化 スナップ ミラー リプリケーション – ストレージ プール ストレージ プール – 簡便化された管理 – Zoneとの統合29 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 28. Solaris上のエンタープライズ アプリケーション開発 Zones 手軽に使える開発及び試験の環境 DTrace アプリケーションの動作を追ったり、本番環境で安全に監視 IPS クラウドに最適化されたソフトウエア配布、自動化された依存解析 SMF アプリケーションの可用性を高め、サービスの管理を容易に セキュリティ きめ細やかな権限管理、暗号化ハードウエア使用の自動化 ZFS 開発環境のスナップショット、クローン Java 完結し統合された開発環境 Solaris Studio IDE, デバッガー、最も高速なコンパイラ、DTraceとの統合30 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 29. JavaとDatabaseの性能において SPECjEnterprise Power7 & DB2とWebSphere よりも2.4倍高速 Javaにおいて7倍の価格性能比! SPARC T4 IBM Power7 0 10,000 20,000 30,000 40,000 50,000 IBM P780 T4-4 サーバ$1,297,956 $467,856 31 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 30. Oracle すべての競合を凌駕 Java Enterprise WebCenter PeopleSoft Database Web IBM Power7の2.4倍 Content HP Itaniumの3倍 IBM Power7の3倍 1M HTTP X86の11倍 ops/sec Security Database Refresh Communications Java PeopleSoft IBM Power7の5倍 IBM Power7の4倍 Billing 2.2M JMS ops/sec IBM z10の2.8倍 X86の4倍統合 JD Edwards Database Comms Service Security Data Warehousing IBM Power7の2.5倍 2.3M IOPS Broker X86の3倍 HP Superdome 2の X86の2.6倍 3.6倍32 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 31. Oracle すべての競合を凌駕 Java Enterprise WebCenter PeopleSoft Database Web IBM Power7の2.4倍 Content HP Itaniumの3倍 IBM Power7の3倍 1M HTTP あらゆる領域の X86の11倍 ops/sec Security IBM Power7の5倍 あらゆるアプリケーションで Database Refresh IBM Power7の4倍 Communications Billing Java 2.2M JMS ops/sec PeopleSoft IBM z10の2.8倍 X86の4倍統合 JD Edwards Database 10の世界記録 Comms Service Security Data Warehousing IBM Power7の2.5倍 2.3M IOPS Broker X86の3倍 HP Superdome 2の X86の2.6倍 3.6倍33 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 32. Oracle Solarisライフサイクル エンタープライズのためのライフタイムサポートOracle Solaris Extended Premier Support Sustaining Support Support ライフタイムサポートRed Hat Premier Extended P1 P2 Support Support 2 4 6 8 10 12 14 16 18 20 年 34 34 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 33. アプリケーションの投資保護• アプリケーションは新しいリリ Solaris 11 Zone Solaris 10 Zone Solaris 8 Solaris 9 Solaris 10 Zone Zone Zone ースのOracle Solarisで動作 Oracle Solaris 11 Oracle Solaris 10 – 1997年からのアプリケーション Oracle VM for SPARC はそのまま動作 Oracle SPARC – 開発者のためにはソース互換も 維持 Solaris 10 Solaris 10 Solaris 10 Solaris 11 Zone Solaris 10 Zone Zone Zone Zone• Oracle Solaris環境を維持 Oracle Solaris 11 Oracle Solaris 10 – 旧Oracle Solaris環境をZone Oracle VM for x86 へ移行 Oracle x8635 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 34. Oracle Solaris 11 >クラウドのために構築 >エンタープライズ アプリケーションに最適 >Oracleのためにエンジニアされた36 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 35. Oracleのためにエンジニアされた 革新のための Engineered Systems 単体でも優れ の独自の価値 共同開発 Investing in Best of Breed Top to Bottom Engineering37 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 36. フルスタックのソフトウエア開発環境 Powered by Oracle Solaris • 共同開発がライフスタイルに – パフォーマンスの改善、独自の機能、堅牢性、 監視しやすさ、セキュリティ • ともに試験 – 毎週150,000時間ものマシン時間 年間10M+マシン時間 • 協調したパッチの作成、試験 – 容易で、リスクのない更新 • ともにサポート – 速い問題解決38 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 37. Engineered Systemsの利点39 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 38. Oracleスタックのための最適化 フル・マルチスレッド対応カーネル. 数百コア・数万スレッドのワークロードに対応可能 SPARC T4 CPU の動的スレッド機能に対応 CPU JVMでのSolaris のスケジューリングクラスサポート ハイ・レゾリューション・タイマー処理で 5倍 の性能改善 Intimate Shared Memory (ISM)機能, Dynamic Intimate Shared Memory (DISM) を採用 最適共有メモリ配置 Optimized Shared Memory (OSM) NUMA構造に最適化された NUMA IO framework Memory メモリアクセスの遅延を配慮した Latency-aware kernel memory allocator JVMのラージページサポート T4 2GB ページでJavaのパフォーマンス向上 高速DB 再起動 File System DBファイルシステムのユーザ領域化 uDAPL, RDSv1, RDSv3, SDP: などInfiniband プロトコルをサポート I/O 同時書込みを可能にした Direct I/O InfiniBand HCA の動的な再構成 Solaris 暗号化オフロード・エンジンとの統合 Security Zones: セキュアな隔離と最小限の仮想化遅延を提供40 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 39. 共同開発の成果 気軽に使える暗号化 自動的にJavaやアプリケーション より賢いスレッド あるいはOracle Databaseの暗号 T4とSolarisのディスパッチャーは協調して 化を加速。IBMよりもOpenSSLが4 動的スレッドを実現 。結果アプリケーショ 倍高速で、Intelよりも暗号された ンが5倍速くなる場合も DBの検索が43%高速 +大きなパイプネットワーク多く使うサービスには専有できる帯域幅を10GigEの中から割り当てたり、Oracle Solarsi 11 パワー スマートが提供するネットワークの仮想化 Solarisのパワーディスパッチャはスレッド、コ高いネットワークに使用効率 アあるいはメモリを自動的に節約し、電力費 用を削減、 41 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 40. Oracle Solaris 11 Oracle Engineered Systemsに独自の価値を Exadata SuperCluster • 最適化された共有メモリ • オーバーヘッドのない仮想化 • 組み込まれた監査 • 1秒以下でのアプリケーション • 最適化されたInfiniBand フェイルオーバ • 2.5倍高速なリブート • 4倍高速な暗号化 • 重複排除による高効率の ストレージ Exalogic • 4倍高速の更新 • クラウドの導入が3倍高速 • ロードバランサー、ルータ、ファイヤーウォールが 組み込み済み • 比類のないSolarisやJavaのDTraceによる観察 • アプリケーション単位に帯域幅を割り当て • 独自のInfiniBandとZoneの統合42 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 41. Oracle自身がOracleのハードウエアに依存 直接開発部隊がかかわる:継続的な改善 クラウド 社内IT基盤 製品開発基盤 サービスの 提供基盤 • 3,000の顧客 • 43,000サーバ • フォーチュン100の100社を 含む38万以上の顧客 • 11,000仮想環境 • 75,000仮想環境 • 145以上の各国での事業 • ...550万のユーザをサポート • 本番環境で12PBのデータ • …10万人以上の • ...1万人の開発者をサポート 社員をサポート 24時間365日稼働の世界的オペレーション43 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 42. 今後の予定 さらなる投資の加速 Oracle Solaris 12 Oracle Oracle Oracle Oracle Oracle OracleSolaris 11 Solaris 11 Solaris 11 Solaris 11 Solaris 11 Solaris 11 Express Update Update Update Update Oracle Oracle Oracle Solaris 10 Solaris 10 Solaris 10 Update Update Update 2010 2011 2012 2013 … T-シリーズ T-シリーズ T-シリーズ T-シリーズ 1-4 ソケット 1-4 ソケット 1-8 ソケット 1-8 ソケット SPARC + 2倍 スループット +5倍 単一ストランド +3倍 スループット +3倍 スループット 1-64 ソケット M-シリーズ M-シリーズ +2倍 スループット 8-64 ソケット M-シリーズ 1-64 ソケット +1.5倍 単一ストランド + 20% SuperCluster +6倍 スループット 8-64 ソケット SPARC +1.5倍 単一ストランド +2倍 スループットNehalem ExalogicWestmere Exadata 最新のx86プロセサに対する最適化を継続 x86 44 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 43. 今後の予定 さらなる投資の加速 Oracle Solaris 12 Oracle Oracle Oracle Oracle Oracle OracleSolaris 11 Solaris 11 Solaris 11 Solaris 11 Solaris 11 Solaris 11 Express Update Update Update Update Oracle Oracle Oracle Solaris 10 Solaris 10 Solaris 10 Update Update Update 2010 2011 2012 2013 … T-シリーズ T-シリーズ T-シリーズ T-シリーズ 1-4 ソケット 1-4 ソケット 1-8 ソケット 1-8 ソケット SPARC + 2倍 スループット +5倍 単一ストランド +3倍 スループット +3倍 スループット 1-64 ソケット M-シリーズ M-シリーズ +2倍 スループット 8-64 ソケット M-シリーズ 1-64 ソケット +1.5倍 単一ストランド + 20% SuperCluster +6倍 スループット 8-64 ソケット SPARC +1.5倍 単一ストランド +2倍 スループットNehalem ExalogicWestmere Exadata 最新のx86プロセサに対する最適化を継続 x86 45 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 44. データセンタの進化 従来型のデータセンターからクラウド基盤へ Solaris Solaris Solaris 仮想化されたシステム 基幹業務クラウド 次世代基盤 • OSまたはアプリで • サービスで隔離 • セキュアで自己集結型のクラウド 隔離 • エンドからエンドまでのアナリティク • 仮想環境に対して柔 ス • 資源の共有 軟な資源 • 先進的なエンタープライズアプリケ • スタックの管理 • クラウド管理 ーション - プロビジョニング、更新 • 分散サービス管理及び監視 - チャージバック • 組み込まれた許容量計画 - 容量管理 • 1000TB単位でのRAMへの対応46 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 45. Oracle Solaris 11 • クラウドのために構築 • エンタープライズ アプリケーションに最適 • Oracleのためにエンジニアされた47 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 46. Oracle OpenWorld Tokyoのご案内 Oracle Develop@アカデミーヒルズ49セッション 日時 タイトル 発表者番号D3-03 4/6(金) Oracle Solaris 11デベロッパーが押さえておきたい機能 日本オラクル株式会社 13:00-13:45 シニアセールスコンサルタント 佐藤 和幸D3-04 4/6(金) Oracle Solarisの性能を引き出せ!「チューニング・コン 日本オラクル株式会社 13:00-14:30 テスト」 シニアセールスコンサルタント 野崎 宏明D3-13 4/6(金) 世界新記録を次々と達成する本人が語る Oracle Oracle Strategic Applications 14:00-14:45 DatabaseをSPARC/Solarisで高性能かつ高いセキュリ Engineering ティで構築するノウハウ Senior Director ブラッド・カーライルD3-24 4/6(金) Solaris による効率的な資産保全と仮想化基盤への発展 日本オラクル株式会社 15:00-15:45 的マイグレーション プリンシパルセールスコンサルタント 藤田 勇治48 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 47. Oracle OpenWorld Tokyoのご案内 Oracle Develop@アカデミーヒルズ49(続き)セッション 日時 タイトル 発表者番号D3-34 4/6(金) Oracle Solaris 11 でパッケージ管理をシンプルに - IPS 日本オラクル株式会社 16:00-17:30 パッケージ作成 シニアセールスコンサルタント 黒田 俊介D3-43 4/6(金) Oracle Database Applianceで始めるシンプル・データ 日本オラクル株式会社 17:00-17:45 ベース シニアセールスコンサルタント 高瀬 純平49 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 48. Oracle OpenWorld Tokyoのご案内 お申し込みに関して • 登録方法は2通りございます 1. Web http://www.oracle.com/openworld/jp-ja/index.html 2. Fax お手元の冊子の中にあるFaxですぐ登録可能です ※詳細コードは「 7324 」でお願いします • 上記の登録後ご自身ページである「マイページ」にアクセス可能です。こ こでセッション追加・変更が自由に可能です。まずはぜひご登録頂き、ご 興味のあるセッションを随時追加下さい。50 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 49. Required Benchmark Disclosure Statement T-series Copyright 2010, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Oracle and Java are registered trademarks of Oracle and/or its affiliates. Other names may be trademarks of their respective owners. Results as of 9/20/2010. TPC Benchmark C, tpmC, and TPC-C are trademarks of the Transaction Processing Performance Council (TPC). Oracles SPARC Supercluster with T3-4, 27-node SPARC T3-4 Cluster with Oracle Database 11g Release 2 Enterprise Edition with Real Application Clusters and Partitioning, 30,249,688 tpmC, $1.01/tpmC, Available 6/1/11. IBM Power 780 Cluster with IBM DB2 InfoSphere Warehouse Ent. Base Ed. 9.7, 10,366,254 tpmC, $1.38 USD/tpmC, available 10/13/10. HP Integrity Superdome with Oracle 10g Enterprise Edition, 4,092,799 tpmC, $2.93/tpmC, available 8/06/07. Energy claims based upon IBM calculations & internal measurements. Source: http://www.tpc.org/tpcc, results as of 12/2/10. SPEC is a registered trademark and SPECjEnterprise is a trademark of Standard Performance Evaluation Corporation. Results from www.spec.org as of 9/20/2010. SPARC T3-4 9456.28 SPECjEnterprise2010 EjOPS. IBM Power 750 Express 7,172.93 SPECjEnterprise2010 EjOPS. IBM System x3850 X5 5,140.53 SPECjEnterprise2010 EjOPS.IBM Power 750 Express (4U each). IBM BladeCenter H Chassis (9U each). IBM System x3850 X5 (4U each). IBM DS4800 Disk System Model 82 (4U each). IBM DS4000 EXP810 (3U each). http://www- 03.ibm.com/systems/power/hardware/750/index.html http://www-03.ibm.com/systems/x/hardware/enterprise/x3850x5/index.html http://www-03.ibm.com/systems/bladecenter/hardware/chassis/bladeh/index.html http://www-900.ibm.com/storage/cn/disk/ds4000/ds4800/TSD01054USEN.pdf http://www-947.ibm.com/support/entry/portal/docdisplay?lndocid=MIGR-59552&brandind=5000028 http://www-03.ibm.com/systems/storage/disk/ds4000/exp810/ SPEC and SPECjvm are registered trademarks of Standard Performance Evaluation Corporation. Results from www.spec.org and this report as of 9/16/2010. SPARC T3-2 320.52 SPECjvm2008 Peak ops/m, Sun Blade X6270 317.13 SPECjvm2008 Base ops/m. SPEC and the benchmark name SPECweb are registered trademarks of Standard Performance Evaluation Corporation. Results are from www.spec.org as of November 30, 2010 and this report. Oracles SPARC T3-2, 113,857 SPECweb2005. Fujitsu PRIMERGY TX300 S6, 104,422 SPECweb2005. Sun SPARC Enterprise T5440, 100,209 SPECweb2005. Fujitsu PRIMERGY TX300 S5, 83,198 SPECweb2005. HP ProLiant DL370 G6, 83,073 SPECweb2005. HP ProLiant DL585 G5, 71,629 SPECweb2005. IBM System p5 550, 7,881 SPECweb2005. SPECjAppServer2004, 5x Sun SPARC Enterprise T5440 (4 chips, 32 cores) 28,648.74 SPECjAppServer2004 JOPS@Standard; 17x HP BL870c (4 chips, 8 cores) 28,463.03 SPECjAppServer2004 JOPS@Standard; 16x IBM HS21 (2 chips, 8 cores) 22,634.13 SPECjAppServer2004 JOPS@Standard; SPEC, SPECjAppServer reg tm of Standard Performance Evaluation Corporation. Results from www.spec.org as of 6/2/2010. HP C7000 Blade Chassis (10U each). 5x Blade Chassis total 50U. HP EVA8100 2C6D Storage Array(112 disks): 2x HSV210-B controllers (2U each) and 8x M5314C Disk Enclosures (3U each) total 28U. 4x EVA8100 2C6D total 112U. HP EVA6100 2C4D Storage Array: 2x HSV200-B controllers (2U each) and 4x M5314C Disk Enclosures (3U each) total 16U. http://h20000.www2.hp.com/bc/docs/support/SupportManual/c00816246/c00816246.pdf http://h18004.www1.hp.com/products/quickspecs/12745_div/12745_div.pdf IBM BladeCenter H Chassis (9U each). 3x Chassis Total 27U. IBM DS4800 Disk System Model 82 (4U each). 6x IBM DS4000 EXP810 (3U each) total 22U. 2x Total Storage DS4800 total 44U. http://www-03.ibm.com/systems/xbc/cog/bc_h_8852/bc_h_8852aag.html ftp://ftp.software.ibm.com/systems/support/system_x_pdf/59y7294.pdf ftp://ftp.software.ibm.com/systems/support/bladecenter/gc26779809.pdf Zeus ZXTM Traffic Manager HTTPThroughput, results as of 7/20/2009, also see http://www.zeus.com/news/press_articles/zeus-price-performance-press-release.html RSA/DSA Cryptography Benchmark Performance as of 08/07/07 as measured by Sun on the following platforms: Sun SPARC Enterprise T5220 37K RSA1024 signs/s, 38.9 AES128 Gb/s; Sun SCA6000 (actual) 13K RSA1024 signs/s, 1 AES128 Gb/s; Cavium Nitrox PX (datasheet) 12K RSA1024 signs/s, 2.5 AES128 Gb/s; 2-chip quad-core Xeon 3GHz 9K RSA1024 signs/s, 8.4 AES128 Gb/s; 2-chip dual-core Opteron 2.6GHz 4K RSA1024 signs/s, 3.9 AES128 Gb/s; Sun Fire T2000 1.2 GHz (8 cores, 1 chip) Solaris 10, 12,850 RSA1024 signs/s; Sun Fire T1000 1GHz (8 cores, 1 chip) Solaris 10, 10,764 RSA1024 signs/s; IBM p690 1.3 GHz (32 cores, 16 chips) AIX 5.1, 6,131 RSA1024 signs/s; Fujitsu PRIMEPOWER850 1.9 GHz (16 cores, 16 chips) Solaris 10, 6,038 RSA1024 signs/s; Dell PowerEdge 1850 3.6 GHz (2 cores, 2 chips) RHEL4 U1, 1,926 RSA1024 signs/s; Dell PowerEdge 2850 3.6 GHz (2 cores, 2 chips) SLES 9, 1,900 RSA1024 signs/s; IBM p5 510 1.5 GHz (2 cores, 1 chip, SMT) AIX 5.3, 1,200 RSA1024 signs/s. Copyright 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Oracle and Java are registered trademarks of Oracle and/or its affiliates. Other names may be trademarks of their respective owners. Results as of 9/26/2011. SPEC and the benchmark name SPECjEnterprise are registered trademarks of the Standard Performance Evaluation Corporation. Results from www.spec.org as of 9/26/2011. SPARC T4-4, 40,104.86 SPECjEnterprise2010 EjOPS; Cisco UCS B440 M1, 17,301.86 SPECjEnterprise2010 EjOPS; IBM Power 780, 16,646.34 SPECjEnterprise2010 EjOPS.Focusing on the critical JEE server hardware & OS, the IBM result includes a JEE server with a list price of $1.30 million. The Oracle JEE servers have a list price of $0.47 million. The JEE server price versus delivered EjOPs is $77.97/EjOP for IBM versus $11.67/EjOP for Oracle. Oracles $/perf advantage is 6.7x better than IBM ($77.97/$11.67). Pricing details for IBM, IBM p780 512GB based on public pricing at http://tpc.org/results/FDR/TPCH/TPC-H_1TB_IBM780_Sybase-FDR.pdf. Adjusted hardware costs to license all 64 cores. AIX pricing at: http://www-304.ibm.com/easyaccess3/fileserve?contentid=214347 and AIX Standard Edition V7.1 per processor (5765-G98-0017 64*2,600=$166,400). This gives application tier hardware & OS Price/perf: $77.97/EjOPS (1297956/16646.34) Pricing details for Oracle, four SPARC T4-4 512 GB, HW acquisition price from Oracles price list: $467,856 http://www.oracle.com. This gives application tier hardware & OS Price/perf: $11.67/EjOPS (467856/40104.86) The Oracle application tier servers occupy 20U of space, 40,104.86/20=2005 EjOPS/U. The IBM application tier server occupies 16U of space, 16,646.34/16=1040 EjOPS/RU. 2007/1040=1.9x TPC-H, QphH, $/QphH are trademarks of Transaction Processing Performance Council (TPC). For more information, see www.tpc.org. SPARC T4-4 201,487 QphH@1000GB, $4.60/QphH@1000GB, avail 10/30/2011; SPARC Enterprise M8000 209,533.6 QphH@1000GB, $9.53/QphH@1000GB, avail 09/22/11; IBM Power 780 QphH@1000GB, 164,747.2 QphH@1000GB, $6.85/QphH@1000GB, avail 03/31/11; HP Integrity Superdome 2 140,181.1 QphH@1000GB, $12.15/QphH@1000GB avail 10/20/10; Dell PowerEdge R710 using EXASolution 4.0 4,253,937 QphH@1000GB, $0.10/QphH@1000GB, avail 10/01/11. M-series Sun SPARC Enterprise M9000 198,907.5 QphH@3000GB, $16.58/QphH@3000GB, avail 12/09/10, SPARC Enterprise M9000 386,478.3 QphH@3000GB, $19.25/QphH@3000GB, avail 09/20/11, IBM Power 595 QphH@3000GB, 156,537.3 QphH@3000GB, $20.60/QphH@3000GB, avail 11/24/09, HP Integrity Superdome 60,359.3 QphH@3000GB, $32.60/QphH@3000GB avail 06/18/07, TPC-H, QphH, $/QphH tm of Transaction Processing Performance Council (TPC). More info www.tpc.org SPARC Enterprise M8000 209,533.6 QphH@1000GB, $10.13/QphH@1000GB, avail 09/22/11, IBM Power 780 QphH@1000GB, 164,747.2 QphH@1000GB, $6.85/QphH@1000GB, avail 03/31/11, HP Integrity Superdome 2 140,181.1 QphH@1000GB, $12.15/QphH@1000GB avail 10/20/10, TPC-H, QphH, $/QphH tm of Transaction Processing Performance Council (TPC). More info www.tpc.org. .51 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 50. Required Benchmark Disclosure Statement SPC-1C, SPC-1C IOPS, SPC-1C LRT are trademarks of Storage Performance Council (SPC), see www.storageperformance.org for more information. Sun Flash Accelerator F20 PCIe cards SPC-1C submission identifier C00011 results of 72,521.11 SPC-1C IOPS over a total ASU capacity of 147.413 GB using unprotected data protection, a SPC-1C LRT of 0.468 milliseconds, a 100% load over all ASU response time of 6.17 milliseconds and a total TSC price (not including three-year maintenance) of $15,554. Sun Storage F5100 flash array SPC-1C submission identifier C00010 results of 300,873.47 SPC-1C IOPS over a total ASU capacity of 1374.390 GB using unprotected data protection, a SPC-1C LRT of 0.33 milliseconds, a 100% load over all ASU response time of 2.63 milliseconds and a total TSC price (including three-year maintenance) of $151,381. This compares with IBM System Storage EXP12S SPC-1C/E Submission identifier E00001 results of 45,000.20 SPC-1C IOPS over a total ASU capacity of 547.61 GB using unprotected data protection level, a SPC-1C LRT of 0.46 milliseconds, a 100% load over all ASU response time of 6.95 milliseconds and a total TSC price (including three-year maintenance) of $87,468.35. Derived metrics: Access Density (SPC-1C IOPS / ASU Cpacity (GB)); Price / Performance (TSC / SPC-1C IOPS); Price / Storage Capacity (TSC / ASU Cpacity (GB)) The Sun Flash Accelerator F20 PCIe cards is a single half-height, low-profile PCIe card. The IBM System Storage EXP12S is a 2RU (3.5") array. SPC-1, SPC-1 IOPS, $/SPC-1 IOPS reg tm of Storage Performance Council (SPC). More info www.storageperformance.org. Oracle Sun ZFS Storage 7420 Appliance http://www.storageperformance.org/results/benchmark_resu SAP, R/3 are registered trademarks of SAP AG in Germany and other countries. More information may be found at www.sap.com/benchmark Two-tier SAP ATO standard SAP ERP 6.0 2005/EP4 (Unicode) application benchmarks as of 09/04/11: Oracles SPARC Enterprise M9000 (64 processors, 256 cores, 512 threads) 206,360 Assembly Orders/hour, 64 x 3.0 GHz SPARC VIII, 2048 GB memory, Oracle 11g, Oracle Solaris 10, Certification Number 2011033. Two-tier SAP ATO standard 4.6 C application benchmarks as of 09/04/11: Fujitsu Siemens Primepower 900 (16-way SMP) 12,170 Assembly Orders/hour, 16 x 1.35 GHz SPARC64 V, 64 GB memory, Oracle 9i, Solaris 8, Certification Number 2003012. HP rx5670 (4 processors SMP) 3,090 Assembly Orders/hour, 4 x 1.0 GHz Itanium II, 24 GB memory, Oracle 9i, HP-UX 11i, Certification Number 2002069. Two-tier SAP ATO standard 4.6 B application benchmarks as of 09/04/11: HP 9000 Superdome (64-way SMP) 18,8770 Assembly Orders/hour, 64 x 552 MHz PA-RISC 8600, 128 GB memory, Oracle 8.1.6, HP-UX 11.11, Certification Number 2001014. Fujitsu Siemens Primepower 2000 (128 processors SMP) 34,260 Assembly Orders/hour, 128 x 560 MHz SPARC64, 128 GB memory, Oracle 8.1.7, Solaris 8, Certification Number 2001018. Three-tier SAP ATO standard 4.6 C application benchmarks as of 09/04/11: HP 9000 Superdome Enterprise Server (64 processors SMP) 144,090 Assembly Orders/hour, 64 x 750 MHz PA-RISC 8700, 128 GB memory, Oracle 9i, HP-UX 11i, Certification Number 2002003 HP 9000 Superdome Enterprise Server (64 processors SMP) 130,570 Assembly Orders/hour, 64 x 750 MHz PA-RISC 8700, 128 GB memory, Oracle 9i, HP-UX 11i, Certification Number 200104752 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 51. 53 | Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

×