SlideShare a Scribd company logo
1 of 46
Copyright © Japan Data Exchange .corp
データ流通市場から見た
研究データへの期待
株式会社日本データ取引所 事業企画部 部長 上島邦彦
(English is on page24-46.)
Copyright © Japan Data Exchange .corp
• 自社紹介
• ライセンスについて考える前に
• 弊社から見た研究データとの接点
• 産業界における検討と工夫
• 終わりに
本日の話題(10min)
(English is on page24-46.)
Copyright © Japan Data Exchange .corp
データ流通市場における役割
データ主体 データ取得者 データ制作者 データ出版者
(カタログ作成者)
カタログ管理者
(販売代理者)
端末事業者
ネットワーク
提供者
分析・可視化
アプリ提供者
データ保管者 IoTプラット
フォーム事業者
ブローカー
(購入代理者)
データ消費者 出資者
データ品質
評価者
決済・清算
システム提供者
メディア・
情報提供者
取引履歴
管理者
取引システム
管理者
流通サービス
提供者
監査・監視者
データ提供に
関わる人物
データ移転に関
わる人物
データ利用に関
わる人物
市場運営に関
わる人物
補正値・推計値 論文・レポート集計・統計表観測値 図表・グラフ
加工レベルでみた
データの種類
Copyright © Japan Data Exchange .corp
研究データも、取扱いを準備中……。
Copyright © Japan Data Exchange .corp
ライセンスについて考える前に
Copyright © Japan Data Exchange .corp
「契約」のカジュアルダウンが進む
• ネットネイティブが勤労世代に(LINE PAY, メルカリ人気)
• リーガルデザイン、リーガルハックの台頭(例:クラウドサイン)
• 受信箱に大量の「プライバシーポリシー改訂のお知らせ」
• データ分析ツールを試すたびに、利用規約を読むことに?
(API管理ツール、セルフサービスBI、機械学習…etc.)
契約実務は、スマートに、ローコストに
増えつづける「利用規約に同意する」
Copyright © Japan Data Exchange .corp
「自由 vs. 慣習」を上手く調和させたい
• 契約するかどうかを
決める自由
• 相手を選ぶ自由
• 内容決定の自由
• 方法の自由
• 対話・交渉コストは
減らしたい
• 事実上の選択肢
• 悪意・過誤の排除
• 標準契約、定型文
契約自由の原則 商慣習の醸成
Copyright © Japan Data Exchange .corp
どこまでオープンにできるかは場合による
Private
(私的な)
Public
(公共財)
Available
(利用できる)
Open
(公表された)
秘
匿
性
の
高
さ
(
大
←
・
→
小
)
• 法人/国家の秘密情報
• 個人のプライバシー
• 契約・交渉の対象
• 営利と非営利の間
• 普及・浸透の対象
• 公表≠権利放棄
• 誰もが知るべきこと
• 負担と便益を分け合う
• 秘密保持と人材受入
• 明示的な本人同意
• データ自体の流通
• 利用権限や書誌の流通
• 公衆送信可能化
• 引用、転載、要約
• オープンデータ、パブ
リックドメイン
• 匿名の告発
性質 どんなデータか どう流通しうるか
☞ 研究データも、性質ごとにうってつけの「オープン」があるはず。
Copyright © Japan Data Exchange .corp
弊社から見た、研究データとの接点
Copyright © Japan Data Exchange .corp
権利帰属・ライセンス表示が気になるとき
大学との共同研究(対等な関係)
委託事業のパートナー
データ公開サービス、研究者SNSの利用
機関リポジトリや論文アーカイヴ、書誌検索サービス
市販書の購入(定期刊行物を含む)
法人として、インタビューやコメントのお願い
研究者の個人サイトを訪問、Twitterでフォロー
法
的
相
互
運
用
性
へ
の
「
気
に
な
る
度
」
(
大
←
・
→
小
)
契約書の問題
利用規約
ライセンスの問題
慣習・規範の問題
デリカシーの問題
Copyright © Japan Data Exchange .corp
産業界における検討と工夫
Copyright © Japan Data Exchange .corp
それぞれのデータ、それぞれの悩み
Private
(私的な)
Public
(公共財)
Available
(利用できる)
Open
(公表された)
秘
匿
性
の
高
さ
(
大
←
・
→
小
)
• セキュリティ確保のため、データが部外持出できない
• 明示的な本人同意を得るための労力が割けない
• 権利許諾が煩雑で、義務・責任が曖昧になりがち
• データ単体では儲からないが、サービス化も大変
• 公表準備や問合せ対応、ページの管理・更新で泥沼
• 偏った解釈や要約をされて、あらぬ誤解を招いた
• 身銭を切る価値・意義が、経営陣の腑に落ちない
• FAQ「儲かるの?」「役に立つの?」
性質 よくある悩み
Copyright © Japan Data Exchange .corp
さまざまな工夫(1/7)
☞ データの概要情報だけを検索・管理できるAlation
Copyright © Japan Data Exchange .corp
さまざまな工夫(2/7)
☞ タイムライン画面でデータ投稿できるdata.world
Copyright © Japan Data Exchange .corp
さまざまな工夫(3/7)
☞ プライベートリポジトリ(有料)が作れる設計図共有サイトGitHub
Copyright © Japan Data Exchange .corp
さまざまな工夫(4/7)
☞ API管理やセキュリティ設定を代行してくれるApigee
Copyright © Japan Data Exchange .corp
さまざまな工夫(5/7)
☞ 分析者コミュニティにデータを出版できるKaggle
Copyright © Japan Data Exchange .corp
さまざまな工夫(6/7)
☞ 物販とデータ管理を一緒にできるBOOTH
Copyright © Japan Data Exchange .corp
さまざまな工夫(7/7)
☞ 電子書籍のコピーガードと印税シェアができるBCCKS
Copyright © Japan Data Exchange .corp
国内外の法的相互運用性に関する検討
• 経済産業省「AI・データの利用に関する契約ガイドライン」
• データの利用権限に関する論点整理と、標準ひな型案の提示
• 不正競争防止法、著作権法の改正・施行と並行して
• W3C「Data Catalog Vocabulary」
• データの概要情報を整理する書式の項目を整備
• ライセンス・権利の項目がある
• 「Use Case & Requirement」には、研究データ関連の要望も
• データ流通推進協議会 技術基準検討委員会
• データカタログガイドラインの作成
• 検討対象は、データカタログ、メタデータ・API、データ品質
Copyright © Japan Data Exchange .corp
終わりに
Copyright © Japan Data Exchange .corp
諸論ありますが、詳しくは討議の時間に…
• サービス利用規約を読む/読ませることを基本としたいが……
• 万人に、関連法の知識を求めるのは、無理筋
• 簡潔なライセンス表示で、「はじめての理解」を促したい
• 定型の免責事項を、研究コミュニティ内で共用するのも一手
• 標準契約書を起草・改訂するとき、データ取扱いやライセンス表示にも留意を
• 今後は、データの取扱いも、明記いただいたほうがいいかも
• ライセンス表示、利用規約、標準契約のセットがあると、法務確認が捗る
• 理想は、学術分野ごとのデファクト(デジュールでなくてもいい)
• 懸念は、「サービス管理者がやるべき仕事」になりがち問題
• 研究者(個人)に義務・責任を負わせるのは酷かも
• 機関・組織が担うとして、「どの法人が信頼できるか」は産業界でも課題
• 専門人材・システム予算の費用と、期待される収益のトレードオフ
Copyright © Japan Data Exchange .corp
どちらのシナリオに現実味を感じますか?
• 標準的な規約・ライセンスの普及が進み、産学官民の法的相互運用性が
相応に確保され、データ流通を促す商取引文化が醸成される。
• 結果として、企業・行政が学術界に投資を行いやすくなり、実務者が研
究や分析に専念する時間も増える。
嬉しい将来
悲しい将来
• 産学官民ごとの都合・事情が優先され、相互運用性の十分な確保に挫折。
法人(に所属する個人)の契約・交渉コストが肥大化。
• 結果として、共同研究の予算に占める法務費用の割合が増えたり、実務
者が自由に使えるお金と時間が、さらに減ってしまう。
Copyright © Japan Data Exchange .corp
Expectation to Research Data
From Data Market
Japan Data Exchange, corp
Copyright © Japan Data Exchange .corp
• About us
• Before You think about License
• When We Concern about Rights and
Licenses
• Try and Error in Business
• Ending
Topic(10min)
Copyright © Japan Data Exchange .corp
Role of us in Data market
Data Subject Data Producer Creator Publisher Catalog
Maintainer
Device Vendor Network Provider
Application
Provider
Data Maintainer
IoT Platform
Broker
Consumer Sponsor
Quality Reviewer
Settlement and/or Clearing
System Provider
Media Trading Log
Administrator
Trade System
Provider
Distributer
Auditor
Data
Provider
Data
Transformer
Data User
Market
Administrator
Corrected and/or
Estimated Value
Paper, BookSheet, TableObservation Value Chart, Graph
Variety of Data
Copyright © Japan Data Exchange .corp
Handling Valuable Data(Including Research Data)
Copyright © Japan Data Exchange .corp
Before You think about License
Copyright © Japan Data Exchange .corp
Trends: Contract’s Casual Down
• Generation Z enters the business(Spreading LINE PAY, Mercali…)
• Rise of Regal Design, Regal Hack(Ex: CloudSign)
• Lots of "Notice of revised privacy policy“ in Mail box(GDPR!)
• Every time We try new tool, should we Every time “read” Term
of Service?(API Managemtn, Self Service BI, Machine Learning…etc. )
Getting Smarter, Cost less
Countless “Agree of Term of Service”
Copyright © Japan Data Exchange .corp
Freedom or Custom, That is a question.
• Whether Contract of not
• Whom to Contract
• Which Term to Contract
• How to Contract
• Reduce negotiation Cost
• De facto Option
• Avoid malice and error
• Standard Contract
Freedom of Contract Custom for Business
Copyright © Japan Data Exchange .corp
How far can Data be open
Private
Public
Available
Open
ConcerningPrivacy,Confidentality
• Confidential Information
• Personal Privacy
• sometimes commercial
• at other times non-profit
• Hoped to the diffusion
• Publish, but not Copy-left
• Everybody can to know
• Share benefits and costs
• Non-disclosure Agreement,
Acceptance of Researchers
• Explicit Agreement
• Trading Data it self
• Trading Rights or Catalog
• Enable public Transmission
• Quote, Reprint, Summary
• Open Data or Public Domain
• Anonymous Accusation
Types What kind of Data How We Publish
☞ There must be best choices for any research data.
Copyright © Japan Data Exchange .corp
When We Concern about Rights and Licenses
Copyright © Japan Data Exchange .corp
When We Concern about Rights and Licenses
Collaborative Research (Equal Relationship)
Business Partner (Request base)
As a User of Data Publish Service, Researchers SNS
As a User of Repository, Archive, Search Engine
As a Reader of Papers, Journals
Request an Interview and/or Comments
Visit Web Site, Follow on Twitter
ConcerningaboutRegalInteroperability
issues of
Contract
issues of
Licenses and
Rights Statement
issues of custom
issues of manner
Copyright © Japan Data Exchange .corp
Try and Error in Business
Copyright © Japan Data Exchange .corp
Any Data, Some Trouble
Private
Public
Available
Open
ConcerningPrivacy,Confidentiality
• Data can not be taken out to ensure security
• Not afford to get “explicit” agreement
• Rights handling is more and more complicated
• difficult to monetize data itself, but not easy to
convert it into a service
• hard days of never ending write, edit, publish, notice,
comment response, page update...
• Biased interpretation, Wrong summary
• Do We monetize it ?
• Is it Useful ?
Types business sectors often worry about
Copyright © Japan Data Exchange .corp
A Case of Try(1/7)
☞ Data Catalog(Alation)
Copyright © Japan Data Exchange .corp
A Case of Try (2/7)
☞ Timeline (data.world)
Copyright © Japan Data Exchange .corp
A Case of Try (3/7)
☞ Private Repository (GitHub)
Copyright © Japan Data Exchange .corp
さまざまな工夫(4/7)
☞ API Management (Apigee)
Copyright © Japan Data Exchange .corp
さまざまな工夫(5/7)
☞ Direct Data Publishing (Kaggle)
Copyright © Japan Data Exchange .corp
さまざまな工夫(6/7)
☞ E-commerce with Data upload service (BOOTH)
Copyright © Japan Data Exchange .corp
さまざまな工夫(7/7)
☞ Social DRM, Revenue Sharing of e-book(BCCKS)
Copyright © Japan Data Exchange .corp
Regal Interoperability
• METI “ Contract Guidelines on the Use of AI and Data”
• Discuss on authority of data and suggest a standard model
• In response to amendment and enforcement of the Unfair
Competition Prevention Act, Copyright Law
• W3C “Data Catalog Vocabulary”
• International Standard for Data Catalog
• There are issues about License, Rights
• I recommend to read “Use Case & Requirement”
• Data Trading Alliance Technical Standard Committee
• Data Catalog Guideline (Now Creating…)
• Scope: Data Catalog, Meta Data, API, Data Quality
Copyright © Japan Data Exchange .corp
Ending
Copyright © Japan Data Exchange .corp
Summary
• Can’t We recommend to read All the Terms of Service
• Impossible for everyone to seek expert knowledge
• Encourage "understanding for the first time" with an clear license
• It’s good to create standard disclaimer in each research community
• Pay attention to data rights and license, When drafting or revising the
standard contract about copyrights
• Please clearly state the handling of data (not only copyrights)
• Business Legal will be happy if they can easily get 3 documents (licenses,
terms of use, and standard contract)
• It’s nice there is a de facto each research community (dejure is
unnecessary)
• The problem is every-stakesholder tends to say “it’s not my job"
• It’s cruel to let the researcher take responsibility
• It’s hard to decide "who can trust“, even if the organization plays the role
• There is a trade-off between expenses of human resources and/or
systems and expected earnings
Copyright © Japan Data Exchange .corp
Which scenario feels reality?
• Standard terms · Licenses are becoming increasingly popular, ensuring
legal interoperability of industry, academia, public and private sectors
appropriately, and fostering custom that encourages open science.
• Companies and governments invest more in academia, researchers can
devote more time to research
Happy end
Unhappy end
• Stakeholders can’t harmonize, interoperability can’t be secured. The
contracting and negotiation costs of the corporation are enlarged.
• More research budgets will be spent on legal affairs, which further
reduces the money and time that researchers might use.

More Related Content

Similar to データ流通市場から見た研究データへの期待

先行事例から学ぶ IoT / ビッグデータの始め方
先行事例から学ぶ IoT / ビッグデータの始め方先行事例から学ぶ IoT / ビッグデータの始め方
先行事例から学ぶ IoT / ビッグデータの始め方Cloudera Japan
 
エンタープライズにおけるブロックチェーン活用 実用フェーズへの課題と期待
エンタープライズにおけるブロックチェーン活用 実用フェーズへの課題と期待エンタープライズにおけるブロックチェーン活用 実用フェーズへの課題と期待
エンタープライズにおけるブロックチェーン活用 実用フェーズへの課題と期待Hyperleger Tokyo Meetup
 
NiFi amateur struggled story
NiFi amateur struggled storyNiFi amateur struggled story
NiFi amateur struggled storyJun Ichinose
 
楽天ラクマの組織とシステムをマイクロサービス化しようとした話
楽天ラクマの組織とシステムをマイクロサービス化しようとした話楽天ラクマの組織とシステムをマイクロサービス化しようとした話
楽天ラクマの組織とシステムをマイクロサービス化しようとした話Rakuten Commerce Tech (Rakuten Group, Inc.)
 
PCCC21:株式会社日立製作所 「研究開発力向上のための研究DXソリューション」
PCCC21:株式会社日立製作所 「研究開発力向上のための研究DXソリューション」PCCC21:株式会社日立製作所 「研究開発力向上のための研究DXソリューション」
PCCC21:株式会社日立製作所 「研究開発力向上のための研究DXソリューション」PC Cluster Consortium
 
情報ネットワーク法学会2017大会第8分科会発表資料
情報ネットワーク法学会2017大会第8分科会発表資料情報ネットワーク法学会2017大会第8分科会発表資料
情報ネットワーク法学会2017大会第8分科会発表資料Hiroshi Nakagawa
 
[CTO Night & Day 2019] AWS Database Overview -データベースの選択指針- #ctonight
[CTO Night & Day 2019] AWS Database Overview -データベースの選択指針- #ctonight[CTO Night & Day 2019] AWS Database Overview -データベースの選択指針- #ctonight
[CTO Night & Day 2019] AWS Database Overview -データベースの選択指針- #ctonightAmazon Web Services Japan
 
ビジネスリテラシーとしての統計 ビッグデータと統計の活用
ビジネスリテラシーとしての統計 ビッグデータと統計の活用ビジネスリテラシーとしての統計 ビッグデータと統計の活用
ビジネスリテラシーとしての統計 ビッグデータと統計の活用Rakuten Group, Inc.
 
第11回SIA例会プレゼン資料
第11回SIA例会プレゼン資料第11回SIA例会プレゼン資料
第11回SIA例会プレゼン資料Tae Yoshida
 
GTMF 2015: ゲーム分析プラットフォームとしてのトレジャーデータサービス | トレジャーデータ株式会社
GTMF 2015: ゲーム分析プラットフォームとしてのトレジャーデータサービス | トレジャーデータ株式会社GTMF 2015: ゲーム分析プラットフォームとしてのトレジャーデータサービス | トレジャーデータ株式会社
GTMF 2015: ゲーム分析プラットフォームとしてのトレジャーデータサービス | トレジャーデータ株式会社Game Tools & Middleware Forum
 
Oracle Cloud PaaS & IaaS:2018年11月度サービス情報アップデート
Oracle Cloud PaaS & IaaS:2018年11月度サービス情報アップデートOracle Cloud PaaS & IaaS:2018年11月度サービス情報アップデート
Oracle Cloud PaaS & IaaS:2018年11月度サービス情報アップデートオラクルエンジニア通信
 
「企業システムにおける意志決定とITサービス運営について」 ユーザ企業との協業によるエンタープライズ・アジャイルの支援 ~東京商工リサーチの事例~
「企業システムにおける意志決定とITサービス運営について」  ユーザ企業との協業によるエンタープライズ・アジャイルの支援 ~東京商工リサーチの事例~「企業システムにおける意志決定とITサービス運営について」  ユーザ企業との協業によるエンタープライズ・アジャイルの支援 ~東京商工リサーチの事例~
「企業システムにおける意志決定とITサービス運営について」 ユーザ企業との協業によるエンタープライズ・アジャイルの支援 ~東京商工リサーチの事例~グロースエクスパートナーズ株式会社/Growth xPartners Incorporated.
 
Itreview for_veondors
Itreview for_veondorsItreview for_veondors
Itreview for_veondorsYUI Azumai
 
ソフトウェア産業に望まれる人材
ソフトウェア産業に望まれる人材ソフトウェア産業に望まれる人材
ソフトウェア産業に望まれる人材Makoto SAKAI
 
DX実践!~ビジネスアジリティ向上とマイクロサービス技術GraphQLの活用~(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 発表資料)
DX実践!~ビジネスアジリティ向上とマイクロサービス技術GraphQLの活用~(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 発表資料)DX実践!~ビジネスアジリティ向上とマイクロサービス技術GraphQLの活用~(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 発表資料)
DX実践!~ビジネスアジリティ向上とマイクロサービス技術GraphQLの活用~(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 発表資料)NTT DATA Technology & Innovation
 
データ視点のit資産価値評価の検討(経営情報学会2014)
データ視点のit資産価値評価の検討(経営情報学会2014)データ視点のit資産価値評価の検討(経営情報学会2014)
データ視点のit資産価値評価の検討(経営情報学会2014)Tetsu Kawata
 
ゲーム事業×データ分析 ドリコムにおける組織と仕事の組み立て方
ゲーム事業×データ分析 ドリコムにおける組織と仕事の組み立て方ゲーム事業×データ分析 ドリコムにおける組織と仕事の組み立て方
ゲーム事業×データ分析 ドリコムにおける組織と仕事の組み立て方Hisahiko Shiraishi
 
Cm re growth-devio-mtup11-sapporo-004
Cm re growth-devio-mtup11-sapporo-004Cm re growth-devio-mtup11-sapporo-004
Cm re growth-devio-mtup11-sapporo-004Satoru Ishikawa
 
なぜ、現状の基幹業務システムは、ビジネス環境の変化に迅速に対応できないのか? ~超高速開発ツールの導入が必然である理由~
なぜ、現状の基幹業務システムは、ビジネス環境の変化に迅速に対応できないのか? ~超高速開発ツールの導入が必然である理由~なぜ、現状の基幹業務システムは、ビジネス環境の変化に迅速に対応できないのか? ~超高速開発ツールの導入が必然である理由~
なぜ、現状の基幹業務システムは、ビジネス環境の変化に迅速に対応できないのか? ~超高速開発ツールの導入が必然である理由~正善 大島
 

Similar to データ流通市場から見た研究データへの期待 (20)

先行事例から学ぶ IoT / ビッグデータの始め方
先行事例から学ぶ IoT / ビッグデータの始め方先行事例から学ぶ IoT / ビッグデータの始め方
先行事例から学ぶ IoT / ビッグデータの始め方
 
エンタープライズにおけるブロックチェーン活用 実用フェーズへの課題と期待
エンタープライズにおけるブロックチェーン活用 実用フェーズへの課題と期待エンタープライズにおけるブロックチェーン活用 実用フェーズへの課題と期待
エンタープライズにおけるブロックチェーン活用 実用フェーズへの課題と期待
 
NiFi amateur struggled story
NiFi amateur struggled storyNiFi amateur struggled story
NiFi amateur struggled story
 
楽天ラクマの組織とシステムをマイクロサービス化しようとした話
楽天ラクマの組織とシステムをマイクロサービス化しようとした話楽天ラクマの組織とシステムをマイクロサービス化しようとした話
楽天ラクマの組織とシステムをマイクロサービス化しようとした話
 
PCCC21:株式会社日立製作所 「研究開発力向上のための研究DXソリューション」
PCCC21:株式会社日立製作所 「研究開発力向上のための研究DXソリューション」PCCC21:株式会社日立製作所 「研究開発力向上のための研究DXソリューション」
PCCC21:株式会社日立製作所 「研究開発力向上のための研究DXソリューション」
 
【旧版】Oracle Cloud Platform サービスのご案内
【旧版】Oracle Cloud Platform サービスのご案内【旧版】Oracle Cloud Platform サービスのご案内
【旧版】Oracle Cloud Platform サービスのご案内
 
情報ネットワーク法学会2017大会第8分科会発表資料
情報ネットワーク法学会2017大会第8分科会発表資料情報ネットワーク法学会2017大会第8分科会発表資料
情報ネットワーク法学会2017大会第8分科会発表資料
 
[CTO Night & Day 2019] AWS Database Overview -データベースの選択指針- #ctonight
[CTO Night & Day 2019] AWS Database Overview -データベースの選択指針- #ctonight[CTO Night & Day 2019] AWS Database Overview -データベースの選択指針- #ctonight
[CTO Night & Day 2019] AWS Database Overview -データベースの選択指針- #ctonight
 
ビジネスリテラシーとしての統計 ビッグデータと統計の活用
ビジネスリテラシーとしての統計 ビッグデータと統計の活用ビジネスリテラシーとしての統計 ビッグデータと統計の活用
ビジネスリテラシーとしての統計 ビッグデータと統計の活用
 
第11回SIA例会プレゼン資料
第11回SIA例会プレゼン資料第11回SIA例会プレゼン資料
第11回SIA例会プレゼン資料
 
GTMF 2015: ゲーム分析プラットフォームとしてのトレジャーデータサービス | トレジャーデータ株式会社
GTMF 2015: ゲーム分析プラットフォームとしてのトレジャーデータサービス | トレジャーデータ株式会社GTMF 2015: ゲーム分析プラットフォームとしてのトレジャーデータサービス | トレジャーデータ株式会社
GTMF 2015: ゲーム分析プラットフォームとしてのトレジャーデータサービス | トレジャーデータ株式会社
 
Oracle Cloud PaaS & IaaS:2018年11月度サービス情報アップデート
Oracle Cloud PaaS & IaaS:2018年11月度サービス情報アップデートOracle Cloud PaaS & IaaS:2018年11月度サービス情報アップデート
Oracle Cloud PaaS & IaaS:2018年11月度サービス情報アップデート
 
「企業システムにおける意志決定とITサービス運営について」 ユーザ企業との協業によるエンタープライズ・アジャイルの支援 ~東京商工リサーチの事例~
「企業システムにおける意志決定とITサービス運営について」  ユーザ企業との協業によるエンタープライズ・アジャイルの支援 ~東京商工リサーチの事例~「企業システムにおける意志決定とITサービス運営について」  ユーザ企業との協業によるエンタープライズ・アジャイルの支援 ~東京商工リサーチの事例~
「企業システムにおける意志決定とITサービス運営について」 ユーザ企業との協業によるエンタープライズ・アジャイルの支援 ~東京商工リサーチの事例~
 
Itreview for_veondors
Itreview for_veondorsItreview for_veondors
Itreview for_veondors
 
ソフトウェア産業に望まれる人材
ソフトウェア産業に望まれる人材ソフトウェア産業に望まれる人材
ソフトウェア産業に望まれる人材
 
DX実践!~ビジネスアジリティ向上とマイクロサービス技術GraphQLの活用~(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 発表資料)
DX実践!~ビジネスアジリティ向上とマイクロサービス技術GraphQLの活用~(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 発表資料)DX実践!~ビジネスアジリティ向上とマイクロサービス技術GraphQLの活用~(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 発表資料)
DX実践!~ビジネスアジリティ向上とマイクロサービス技術GraphQLの活用~(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 発表資料)
 
データ視点のit資産価値評価の検討(経営情報学会2014)
データ視点のit資産価値評価の検討(経営情報学会2014)データ視点のit資産価値評価の検討(経営情報学会2014)
データ視点のit資産価値評価の検討(経営情報学会2014)
 
ゲーム事業×データ分析 ドリコムにおける組織と仕事の組み立て方
ゲーム事業×データ分析 ドリコムにおける組織と仕事の組み立て方ゲーム事業×データ分析 ドリコムにおける組織と仕事の組み立て方
ゲーム事業×データ分析 ドリコムにおける組織と仕事の組み立て方
 
Cm re growth-devio-mtup11-sapporo-004
Cm re growth-devio-mtup11-sapporo-004Cm re growth-devio-mtup11-sapporo-004
Cm re growth-devio-mtup11-sapporo-004
 
なぜ、現状の基幹業務システムは、ビジネス環境の変化に迅速に対応できないのか? ~超高速開発ツールの導入が必然である理由~
なぜ、現状の基幹業務システムは、ビジネス環境の変化に迅速に対応できないのか? ~超高速開発ツールの導入が必然である理由~なぜ、現状の基幹業務システムは、ビジネス環境の変化に迅速に対応できないのか? ~超高速開発ツールの導入が必然である理由~
なぜ、現状の基幹業務システムは、ビジネス環境の変化に迅速に対応できないのか? ~超高速開発ツールの導入が必然である理由~
 

データ流通市場から見た研究データへの期待

  • 1. Copyright © Japan Data Exchange .corp データ流通市場から見た 研究データへの期待 株式会社日本データ取引所 事業企画部 部長 上島邦彦 (English is on page24-46.)
  • 2. Copyright © Japan Data Exchange .corp • 自社紹介 • ライセンスについて考える前に • 弊社から見た研究データとの接点 • 産業界における検討と工夫 • 終わりに 本日の話題(10min) (English is on page24-46.)
  • 3. Copyright © Japan Data Exchange .corp データ流通市場における役割 データ主体 データ取得者 データ制作者 データ出版者 (カタログ作成者) カタログ管理者 (販売代理者) 端末事業者 ネットワーク 提供者 分析・可視化 アプリ提供者 データ保管者 IoTプラット フォーム事業者 ブローカー (購入代理者) データ消費者 出資者 データ品質 評価者 決済・清算 システム提供者 メディア・ 情報提供者 取引履歴 管理者 取引システム 管理者 流通サービス 提供者 監査・監視者 データ提供に 関わる人物 データ移転に関 わる人物 データ利用に関 わる人物 市場運営に関 わる人物 補正値・推計値 論文・レポート集計・統計表観測値 図表・グラフ 加工レベルでみた データの種類
  • 4. Copyright © Japan Data Exchange .corp 研究データも、取扱いを準備中……。
  • 5. Copyright © Japan Data Exchange .corp ライセンスについて考える前に
  • 6. Copyright © Japan Data Exchange .corp 「契約」のカジュアルダウンが進む • ネットネイティブが勤労世代に(LINE PAY, メルカリ人気) • リーガルデザイン、リーガルハックの台頭(例:クラウドサイン) • 受信箱に大量の「プライバシーポリシー改訂のお知らせ」 • データ分析ツールを試すたびに、利用規約を読むことに? (API管理ツール、セルフサービスBI、機械学習…etc.) 契約実務は、スマートに、ローコストに 増えつづける「利用規約に同意する」
  • 7. Copyright © Japan Data Exchange .corp 「自由 vs. 慣習」を上手く調和させたい • 契約するかどうかを 決める自由 • 相手を選ぶ自由 • 内容決定の自由 • 方法の自由 • 対話・交渉コストは 減らしたい • 事実上の選択肢 • 悪意・過誤の排除 • 標準契約、定型文 契約自由の原則 商慣習の醸成
  • 8. Copyright © Japan Data Exchange .corp どこまでオープンにできるかは場合による Private (私的な) Public (公共財) Available (利用できる) Open (公表された) 秘 匿 性 の 高 さ ( 大 ← ・ → 小 ) • 法人/国家の秘密情報 • 個人のプライバシー • 契約・交渉の対象 • 営利と非営利の間 • 普及・浸透の対象 • 公表≠権利放棄 • 誰もが知るべきこと • 負担と便益を分け合う • 秘密保持と人材受入 • 明示的な本人同意 • データ自体の流通 • 利用権限や書誌の流通 • 公衆送信可能化 • 引用、転載、要約 • オープンデータ、パブ リックドメイン • 匿名の告発 性質 どんなデータか どう流通しうるか ☞ 研究データも、性質ごとにうってつけの「オープン」があるはず。
  • 9. Copyright © Japan Data Exchange .corp 弊社から見た、研究データとの接点
  • 10. Copyright © Japan Data Exchange .corp 権利帰属・ライセンス表示が気になるとき 大学との共同研究(対等な関係) 委託事業のパートナー データ公開サービス、研究者SNSの利用 機関リポジトリや論文アーカイヴ、書誌検索サービス 市販書の購入(定期刊行物を含む) 法人として、インタビューやコメントのお願い 研究者の個人サイトを訪問、Twitterでフォロー 法 的 相 互 運 用 性 へ の 「 気 に な る 度 」 ( 大 ← ・ → 小 ) 契約書の問題 利用規約 ライセンスの問題 慣習・規範の問題 デリカシーの問題
  • 11. Copyright © Japan Data Exchange .corp 産業界における検討と工夫
  • 12. Copyright © Japan Data Exchange .corp それぞれのデータ、それぞれの悩み Private (私的な) Public (公共財) Available (利用できる) Open (公表された) 秘 匿 性 の 高 さ ( 大 ← ・ → 小 ) • セキュリティ確保のため、データが部外持出できない • 明示的な本人同意を得るための労力が割けない • 権利許諾が煩雑で、義務・責任が曖昧になりがち • データ単体では儲からないが、サービス化も大変 • 公表準備や問合せ対応、ページの管理・更新で泥沼 • 偏った解釈や要約をされて、あらぬ誤解を招いた • 身銭を切る価値・意義が、経営陣の腑に落ちない • FAQ「儲かるの?」「役に立つの?」 性質 よくある悩み
  • 13. Copyright © Japan Data Exchange .corp さまざまな工夫(1/7) ☞ データの概要情報だけを検索・管理できるAlation
  • 14. Copyright © Japan Data Exchange .corp さまざまな工夫(2/7) ☞ タイムライン画面でデータ投稿できるdata.world
  • 15. Copyright © Japan Data Exchange .corp さまざまな工夫(3/7) ☞ プライベートリポジトリ(有料)が作れる設計図共有サイトGitHub
  • 16. Copyright © Japan Data Exchange .corp さまざまな工夫(4/7) ☞ API管理やセキュリティ設定を代行してくれるApigee
  • 17. Copyright © Japan Data Exchange .corp さまざまな工夫(5/7) ☞ 分析者コミュニティにデータを出版できるKaggle
  • 18. Copyright © Japan Data Exchange .corp さまざまな工夫(6/7) ☞ 物販とデータ管理を一緒にできるBOOTH
  • 19. Copyright © Japan Data Exchange .corp さまざまな工夫(7/7) ☞ 電子書籍のコピーガードと印税シェアができるBCCKS
  • 20. Copyright © Japan Data Exchange .corp 国内外の法的相互運用性に関する検討 • 経済産業省「AI・データの利用に関する契約ガイドライン」 • データの利用権限に関する論点整理と、標準ひな型案の提示 • 不正競争防止法、著作権法の改正・施行と並行して • W3C「Data Catalog Vocabulary」 • データの概要情報を整理する書式の項目を整備 • ライセンス・権利の項目がある • 「Use Case & Requirement」には、研究データ関連の要望も • データ流通推進協議会 技術基準検討委員会 • データカタログガイドラインの作成 • 検討対象は、データカタログ、メタデータ・API、データ品質
  • 21. Copyright © Japan Data Exchange .corp 終わりに
  • 22. Copyright © Japan Data Exchange .corp 諸論ありますが、詳しくは討議の時間に… • サービス利用規約を読む/読ませることを基本としたいが…… • 万人に、関連法の知識を求めるのは、無理筋 • 簡潔なライセンス表示で、「はじめての理解」を促したい • 定型の免責事項を、研究コミュニティ内で共用するのも一手 • 標準契約書を起草・改訂するとき、データ取扱いやライセンス表示にも留意を • 今後は、データの取扱いも、明記いただいたほうがいいかも • ライセンス表示、利用規約、標準契約のセットがあると、法務確認が捗る • 理想は、学術分野ごとのデファクト(デジュールでなくてもいい) • 懸念は、「サービス管理者がやるべき仕事」になりがち問題 • 研究者(個人)に義務・責任を負わせるのは酷かも • 機関・組織が担うとして、「どの法人が信頼できるか」は産業界でも課題 • 専門人材・システム予算の費用と、期待される収益のトレードオフ
  • 23. Copyright © Japan Data Exchange .corp どちらのシナリオに現実味を感じますか? • 標準的な規約・ライセンスの普及が進み、産学官民の法的相互運用性が 相応に確保され、データ流通を促す商取引文化が醸成される。 • 結果として、企業・行政が学術界に投資を行いやすくなり、実務者が研 究や分析に専念する時間も増える。 嬉しい将来 悲しい将来 • 産学官民ごとの都合・事情が優先され、相互運用性の十分な確保に挫折。 法人(に所属する個人)の契約・交渉コストが肥大化。 • 結果として、共同研究の予算に占める法務費用の割合が増えたり、実務 者が自由に使えるお金と時間が、さらに減ってしまう。
  • 24. Copyright © Japan Data Exchange .corp Expectation to Research Data From Data Market Japan Data Exchange, corp
  • 25. Copyright © Japan Data Exchange .corp • About us • Before You think about License • When We Concern about Rights and Licenses • Try and Error in Business • Ending Topic(10min)
  • 26. Copyright © Japan Data Exchange .corp Role of us in Data market Data Subject Data Producer Creator Publisher Catalog Maintainer Device Vendor Network Provider Application Provider Data Maintainer IoT Platform Broker Consumer Sponsor Quality Reviewer Settlement and/or Clearing System Provider Media Trading Log Administrator Trade System Provider Distributer Auditor Data Provider Data Transformer Data User Market Administrator Corrected and/or Estimated Value Paper, BookSheet, TableObservation Value Chart, Graph Variety of Data
  • 27. Copyright © Japan Data Exchange .corp Handling Valuable Data(Including Research Data)
  • 28. Copyright © Japan Data Exchange .corp Before You think about License
  • 29. Copyright © Japan Data Exchange .corp Trends: Contract’s Casual Down • Generation Z enters the business(Spreading LINE PAY, Mercali…) • Rise of Regal Design, Regal Hack(Ex: CloudSign) • Lots of "Notice of revised privacy policy“ in Mail box(GDPR!) • Every time We try new tool, should we Every time “read” Term of Service?(API Managemtn, Self Service BI, Machine Learning…etc. ) Getting Smarter, Cost less Countless “Agree of Term of Service”
  • 30. Copyright © Japan Data Exchange .corp Freedom or Custom, That is a question. • Whether Contract of not • Whom to Contract • Which Term to Contract • How to Contract • Reduce negotiation Cost • De facto Option • Avoid malice and error • Standard Contract Freedom of Contract Custom for Business
  • 31. Copyright © Japan Data Exchange .corp How far can Data be open Private Public Available Open ConcerningPrivacy,Confidentality • Confidential Information • Personal Privacy • sometimes commercial • at other times non-profit • Hoped to the diffusion • Publish, but not Copy-left • Everybody can to know • Share benefits and costs • Non-disclosure Agreement, Acceptance of Researchers • Explicit Agreement • Trading Data it self • Trading Rights or Catalog • Enable public Transmission • Quote, Reprint, Summary • Open Data or Public Domain • Anonymous Accusation Types What kind of Data How We Publish ☞ There must be best choices for any research data.
  • 32. Copyright © Japan Data Exchange .corp When We Concern about Rights and Licenses
  • 33. Copyright © Japan Data Exchange .corp When We Concern about Rights and Licenses Collaborative Research (Equal Relationship) Business Partner (Request base) As a User of Data Publish Service, Researchers SNS As a User of Repository, Archive, Search Engine As a Reader of Papers, Journals Request an Interview and/or Comments Visit Web Site, Follow on Twitter ConcerningaboutRegalInteroperability issues of Contract issues of Licenses and Rights Statement issues of custom issues of manner
  • 34. Copyright © Japan Data Exchange .corp Try and Error in Business
  • 35. Copyright © Japan Data Exchange .corp Any Data, Some Trouble Private Public Available Open ConcerningPrivacy,Confidentiality • Data can not be taken out to ensure security • Not afford to get “explicit” agreement • Rights handling is more and more complicated • difficult to monetize data itself, but not easy to convert it into a service • hard days of never ending write, edit, publish, notice, comment response, page update... • Biased interpretation, Wrong summary • Do We monetize it ? • Is it Useful ? Types business sectors often worry about
  • 36. Copyright © Japan Data Exchange .corp A Case of Try(1/7) ☞ Data Catalog(Alation)
  • 37. Copyright © Japan Data Exchange .corp A Case of Try (2/7) ☞ Timeline (data.world)
  • 38. Copyright © Japan Data Exchange .corp A Case of Try (3/7) ☞ Private Repository (GitHub)
  • 39. Copyright © Japan Data Exchange .corp さまざまな工夫(4/7) ☞ API Management (Apigee)
  • 40. Copyright © Japan Data Exchange .corp さまざまな工夫(5/7) ☞ Direct Data Publishing (Kaggle)
  • 41. Copyright © Japan Data Exchange .corp さまざまな工夫(6/7) ☞ E-commerce with Data upload service (BOOTH)
  • 42. Copyright © Japan Data Exchange .corp さまざまな工夫(7/7) ☞ Social DRM, Revenue Sharing of e-book(BCCKS)
  • 43. Copyright © Japan Data Exchange .corp Regal Interoperability • METI “ Contract Guidelines on the Use of AI and Data” • Discuss on authority of data and suggest a standard model • In response to amendment and enforcement of the Unfair Competition Prevention Act, Copyright Law • W3C “Data Catalog Vocabulary” • International Standard for Data Catalog • There are issues about License, Rights • I recommend to read “Use Case & Requirement” • Data Trading Alliance Technical Standard Committee • Data Catalog Guideline (Now Creating…) • Scope: Data Catalog, Meta Data, API, Data Quality
  • 44. Copyright © Japan Data Exchange .corp Ending
  • 45. Copyright © Japan Data Exchange .corp Summary • Can’t We recommend to read All the Terms of Service • Impossible for everyone to seek expert knowledge • Encourage "understanding for the first time" with an clear license • It’s good to create standard disclaimer in each research community • Pay attention to data rights and license, When drafting or revising the standard contract about copyrights • Please clearly state the handling of data (not only copyrights) • Business Legal will be happy if they can easily get 3 documents (licenses, terms of use, and standard contract) • It’s nice there is a de facto each research community (dejure is unnecessary) • The problem is every-stakesholder tends to say “it’s not my job" • It’s cruel to let the researcher take responsibility • It’s hard to decide "who can trust“, even if the organization plays the role • There is a trade-off between expenses of human resources and/or systems and expected earnings
  • 46. Copyright © Japan Data Exchange .corp Which scenario feels reality? • Standard terms · Licenses are becoming increasingly popular, ensuring legal interoperability of industry, academia, public and private sectors appropriately, and fostering custom that encourages open science. • Companies and governments invest more in academia, researchers can devote more time to research Happy end Unhappy end • Stakeholders can’t harmonize, interoperability can’t be secured. The contracting and negotiation costs of the corporation are enlarged. • More research budgets will be spent on legal affairs, which further reduces the money and time that researchers might use.