ビブリオバトルLOD
ビブリオバトルイベント情報と書誌情報のリンキング
Code4Lib Japan Conference 2015
2015-09-06
常川真央(Tsunekawa Mao) 1
常川真央 ( Tsunekawa Mao )
• 所属:日本貿易振興機構
アジア経済研究所図書館
• システムライブラリアン
• 2012年10月〜2013年3月:
– 国立国会図書館に非常勤
調査員として勤務
• ビブリオバトル普及員会
普及...
ビブリオバトルとは
• 書評ゲームの一種
• 公式ルール
1. 発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集
まる.
2. 順番に一人5分間で本を紹介する.
3. それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に
関するディスカッションを2~3分行う...
4とあるビブリオバトラーの発表の様子
5
6
7http://www.kunimiya.info/profile/bibliobattle/
ビブリオバトルの開催状況
8( http://www.bibliobattle.jp/pu-ji-zhuang-kuang-deta より )
ウェブ上のビブリオバトル情報
(カレンダー、動画、開催報告...etc)
9
問題
10
Event
Book
Movie
ビブリオバトルに関する情報
が互いにリンクされていない
=ビブリオバトル固有の文
脈が見えてこない
ビブリオバトルの開催情報に
隠された意味
• ビブリオバトル情報の特徴
– 「出来事」のデータである
– 本の情報が含まれている
– ルールが定められており、取り出せる情報が統
制されている
– 図書館などの施設で全国的に開催されている
• 図...
Schema.org と BibFrame
12
http://www.kanzaki.com/works/2015/pub/0131mls.html#s27
ビブリオバトルLODプロジェクト
• 全国のビブリオバトル
の開催情報を集約
• Linked Dataとして整理・
公開
• ビブリオバトル開催情報
を様々な局面で活用する
ことを目指す
13
https://sites.google.com...
ビブリオバトル情報から様々なサービスを展開可能!
ビブリオバトルLODで何ができるか?
• イベント情報の集約
– 全国のイベント開催情報の分布を詳細に調査可
• 紹介本を集約
– ビブリオバトルで紹介された本の検索サービス
• 会場情報の集約...
ビブリオバトルLODの関係図
Organizer
主催者
Event
イベント
Game
ビブリオ
バトル
Presentation
プレゼン
Place
会場
Book
紹介本
Movie
動画
開催
含む
含む
紹介
開催地
記録
Pres...
試作したLinked Dataを公開
(2014年)
16
ビブリオバトルLODの問題
1. データ構造が複雑すぎてデータを作りにくい
2. データを複数の人が協力して入力・蓄積しにくい
3. プログラマー以外はデータを活用しにくい
まずは誰でも入力して活用できる
データベースサイト構築を目指すことに
...
Bibliobattle Records
18
データの一覧・検索
19
データの検索機能
20
イベントの検索
プレゼンの詳細画面
紹介本の情報
(ISBNから自動取得)
対戦者の発表リスト
発表動画
(URLから自動取得)
勝敗情報
21
紹介本の検索・入力補完機能
22
動画情報の検索・入力補完機能
23
会場情報の活用例
24
紹介本情報の活用
25
NDLの書誌データとの連結
26
NDL Linked Data
Bibliographic
Records
Authority
NDC-LD
Present
ation
紹介
ビブリオバトルLOD
Game
Event
Book
Presen...
紹介本の検索機能
27
チャンプ本獲得数で絞込み
28
NDC分類の絞込み
• NDLの書誌情報にある
NDC番号に基いて分類
絞込検索を実現
• 分類のラベル取得は
試験公開中のNDC-LD
のSPARQLエンドポイント
から取得(開発版での
一時的な実装)
29
今後の予定
• 少数の協力者に試験的に利用してもらい、
サービスを改善中
• 一定水準に達した段階で公開
• データ入力、サービス開発等、協力者募集中!
– ご関心のある方、サービスを使ってみたい、見てみ
たいという方は常川(Twitter: ...
ご静聴ありがとうございました
31
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

ビブリオバトルLOD : ビブリオバトルイベント情報と書誌情報のリンキング

1,080 views

Published on

Code4Lib Japan Conference 2015 にて発表したスライドです。
ビブリオバトルLODプロジェクトの詳細は https://sites.google.com/site/bibliobattlelod/ へ。

Published in: Engineering
0 Comments
4 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,080
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
360
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
4
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

ビブリオバトルLOD : ビブリオバトルイベント情報と書誌情報のリンキング

  1. 1. ビブリオバトルLOD ビブリオバトルイベント情報と書誌情報のリンキング Code4Lib Japan Conference 2015 2015-09-06 常川真央(Tsunekawa Mao) 1
  2. 2. 常川真央 ( Tsunekawa Mao ) • 所属:日本貿易振興機構 アジア経済研究所図書館 • システムライブラリアン • 2012年10月〜2013年3月: – 国立国会図書館に非常勤 調査員として勤務 • ビブリオバトル普及員会 普及委員 • 趣味 – ビブリオバトル 2今日はここの話
  3. 3. ビブリオバトルとは • 書評ゲームの一種 • 公式ルール 1. 発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集 まる. 2. 順番に一人5分間で本を紹介する. 3. それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に 関するディスカッションを2~3分行う. 4. 全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みた くなったか?」を基準とした投票を参加者全員一票 で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする. (http://www.bibliobattle.jp/koushiki-ruru より) 3
  4. 4. 4とあるビブリオバトラーの発表の様子
  5. 5. 5
  6. 6. 6
  7. 7. 7http://www.kunimiya.info/profile/bibliobattle/
  8. 8. ビブリオバトルの開催状況 8( http://www.bibliobattle.jp/pu-ji-zhuang-kuang-deta より )
  9. 9. ウェブ上のビブリオバトル情報 (カレンダー、動画、開催報告...etc) 9
  10. 10. 問題 10 Event Book Movie ビブリオバトルに関する情報 が互いにリンクされていない =ビブリオバトル固有の文 脈が見えてこない
  11. 11. ビブリオバトルの開催情報に 隠された意味 • ビブリオバトル情報の特徴 – 「出来事」のデータである – 本の情報が含まれている – ルールが定められており、取り出せる情報が統 制されている – 図書館などの施設で全国的に開催されている • 図書館が開催されているイベント情報を蓄積 し、コレクションに文脈情報を付与するテスト ケースとして使える 11
  12. 12. Schema.org と BibFrame 12 http://www.kanzaki.com/works/2015/pub/0131mls.html#s27
  13. 13. ビブリオバトルLODプロジェクト • 全国のビブリオバトル の開催情報を集約 • Linked Dataとして整理・ 公開 • ビブリオバトル開催情報 を様々な局面で活用する ことを目指す 13 https://sites.google.com/site/bibliobattlelod/
  14. 14. ビブリオバトル情報から様々なサービスを展開可能! ビブリオバトルLODで何ができるか? • イベント情報の集約 – 全国のイベント開催情報の分布を詳細に調査可 • 紹介本を集約 – ビブリオバトルで紹介された本の検索サービス • 会場情報の集約 – ビブリオバトルを開催できる会場の共有 14
  15. 15. ビブリオバトルLODの関係図 Organizer 主催者 Event イベント Game ビブリオ バトル Presentation プレゼン Place 会場 Book 紹介本 Movie 動画 開催 含む 含む 紹介 開催地 記録 Presenter バトラー 発表 15
  16. 16. 試作したLinked Dataを公開 (2014年) 16
  17. 17. ビブリオバトルLODの問題 1. データ構造が複雑すぎてデータを作りにくい 2. データを複数の人が協力して入力・蓄積しにくい 3. プログラマー以外はデータを活用しにくい まずは誰でも入力して活用できる データベースサイト構築を目指すことに 17
  18. 18. Bibliobattle Records 18
  19. 19. データの一覧・検索 19
  20. 20. データの検索機能 20 イベントの検索
  21. 21. プレゼンの詳細画面 紹介本の情報 (ISBNから自動取得) 対戦者の発表リスト 発表動画 (URLから自動取得) 勝敗情報 21
  22. 22. 紹介本の検索・入力補完機能 22
  23. 23. 動画情報の検索・入力補完機能 23
  24. 24. 会場情報の活用例 24
  25. 25. 紹介本情報の活用 25
  26. 26. NDLの書誌データとの連結 26 NDL Linked Data Bibliographic Records Authority NDC-LD Present ation 紹介 ビブリオバトルLOD Game Event Book Present ation Bibliographic Records NDC-LD Book ISBN
  27. 27. 紹介本の検索機能 27
  28. 28. チャンプ本獲得数で絞込み 28
  29. 29. NDC分類の絞込み • NDLの書誌情報にある NDC番号に基いて分類 絞込検索を実現 • 分類のラベル取得は 試験公開中のNDC-LD のSPARQLエンドポイント から取得(開発版での 一時的な実装) 29
  30. 30. 今後の予定 • 少数の協力者に試験的に利用してもらい、 サービスを改善中 • 一定水準に達した段階で公開 • データ入力、サービス開発等、協力者募集中! – ご関心のある方、サービスを使ってみたい、見てみ たいという方は常川(Twitter: @kunimiya)へ! 30
  31. 31. ご静聴ありがとうございました 31

×