開発現場に伝えたい10のこと

「どうすれば価値を生み出すか」を知るために
ヌーラボで行っていること
〜 落ち穂拾い 〜
Tuesday, Jan 14th 2014
SOMEDA Takashi
About me
染田 貴志
SOMEDA Takashi
Tech Evangelist of Nulab,Inc.
JAWS-UG 京都・関Java など

https://twitter.com/tksmd
https://github....
http://nulab-inc.com/ja/blog/nulab/devlove-genba10things/
Feedback
http://www.flickr.com/photos/irglover/8717169331/
「ツッコミビリティの確保」
また、作るものが大きくなってくるにつれ、一人の人間が全
てを把握することは不可能になっていきます。
これを認めた上でチームを作らないといけませんが、ここで
カギになるのがチームとしてのみんなの目の存在です。
みんなが...
統計とってみた
 対象
 課題数 5,631件
 コメント数 37,715 件

 課題あたりの平均コメント数
 6.0163 ( 3.7557 )
 課題あたりの平均コメント人数
 1.792 ( 1.5238 )
Feedback の構造 – こうなりがち

担当者

課題
Feedback の構造 – あるべき姿

課題
でも感情的にはやっぱり

担当者

課題
Feedback もらいたい時

 フィードバックされやすい環境作り
 全てのプロジェクトはオープン

 ワンクリックで見れる渡し方
 フィードバックする場を用意する
 定期的に呼びかける
Feedback する時
 異なる意見を言う時は優しく
 既存のものを否定しない
 自分の意見はあくまで意見
 採択を強要しない
 選択肢から選ぶだけでなく、追加で欲しいニュ

アンスを伝える
Tips

 無いかもー、と思うことも言ってみる

 他のプロジェクトにちょいちょい口出しする
 機能を説明する場を企画する
とにかく寛容になる。
寛容というのは、常識的に許せない、倫理的
に許せないことを、感情的には許せないま
ま、それでも許すということ。
そうでなければ、多様性が生まれない。

https://twitter.com/inokobot/status...
http://nucon.nulab.co.jp
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

「どうすれば価値を生み出すか」を知るために ヌーラボで行っていること 〜 落ち穂拾い 〜

1,336 views

Published on

「開発現場に伝えたい10のこと」それぞれの後日談資料
http://devlove-kansai.doorkeeper.jp/events/7586

Published in: Technology
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,336
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
314
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

「どうすれば価値を生み出すか」を知るために ヌーラボで行っていること 〜 落ち穂拾い 〜

  1. 1. 開発現場に伝えたい10のこと 「どうすれば価値を生み出すか」を知るために ヌーラボで行っていること 〜 落ち穂拾い 〜 Tuesday, Jan 14th 2014 SOMEDA Takashi
  2. 2. About me 染田 貴志 SOMEDA Takashi Tech Evangelist of Nulab,Inc. JAWS-UG 京都・関Java など https://twitter.com/tksmd https://github.com/tksmd https://facebook.com/takashi.someda
  3. 3. http://nulab-inc.com/ja/blog/nulab/devlove-genba10things/
  4. 4. Feedback http://www.flickr.com/photos/irglover/8717169331/
  5. 5. 「ツッコミビリティの確保」 また、作るものが大きくなってくるにつれ、一人の人間が全 てを把握することは不可能になっていきます。 これを認めた上でチームを作らないといけませんが、ここで カギになるのがチームとしてのみんなの目の存在です。 みんなが見ていれば誰かが間違っていると気付くはずです が、その気づきを顕在化できるかどうかは組織の問題です。 https://aiming-inc.com/ja/developer-credo/problem-vs-us/
  6. 6. 統計とってみた  対象  課題数 5,631件  コメント数 37,715 件  課題あたりの平均コメント数  6.0163 ( 3.7557 )  課題あたりの平均コメント人数  1.792 ( 1.5238 )
  7. 7. Feedback の構造 – こうなりがち 担当者 課題
  8. 8. Feedback の構造 – あるべき姿 課題
  9. 9. でも感情的にはやっぱり 担当者 課題
  10. 10. Feedback もらいたい時  フィードバックされやすい環境作り  全てのプロジェクトはオープン  ワンクリックで見れる渡し方  フィードバックする場を用意する  定期的に呼びかける
  11. 11. Feedback する時  異なる意見を言う時は優しく  既存のものを否定しない  自分の意見はあくまで意見  採択を強要しない  選択肢から選ぶだけでなく、追加で欲しいニュ アンスを伝える
  12. 12. Tips  無いかもー、と思うことも言ってみる  他のプロジェクトにちょいちょい口出しする  機能を説明する場を企画する
  13. 13. とにかく寛容になる。 寛容というのは、常識的に許せない、倫理的 に許せないことを、感情的には許せないま ま、それでも許すということ。 そうでなければ、多様性が生まれない。 https://twitter.com/inokobot/status/421512487037460480
  14. 14. http://nucon.nulab.co.jp

×