Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

100626 ec cube勉強会初心者向けスライド

1,883 views

Published on

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

100626 ec cube勉強会初心者向けスライド

  1. 1. 2010/6/26 黒木和也 基本をおさらい EC-CUBE インストールから初期設定まで
  2. 2. <ul><li>EC-CUBEに初めて触れた時
  3. 3. EC-CUBEver1.3.4 2007年7月頃 </li></ul>はじめに
  4. 4. インストール1 <ul><li>早速インストール作業を開始します
  5. 5. 最新版のプログラムファイル一式を EC-CUBE公式サイトよりダウンロード </li></ul>
  6. 6. インストール2 <ul><li>ダウンロードしたファイルを解凍します
  7. 7. ディレクトリは大きく分けて /html/ /data/ に分かれており /html/…公開ディレクトリ側ファイル群 /data/…プログラム関連のファイル群 と、それぞれ役割が違います
  8. 8. 上記ファイル群をFTPソフトを用い、 サーバにアップロードします ※ドメイン直下にインストールする場合等は  利用するレンタルサーバによって構築方法  が異なります   /html/define.php  ファイル等で設定 </li></ul>
  9. 9. インストール3 <ul><li>アップロードを行ったファイル・ディレクトリに対し適宜パーミッション設定を行います ※ファイルアップロードが完了したのみの状態でインストールに進むと、インストーラからパーミッション関連のチェック内容が表示されます ※最低限  /data/cache/  と  /html/install/temp/ ディレクトリには、書き込み権限を付与します </li></ul>
  10. 10. インストール3 ※パーミッションが完全ではない状態 (一つでも×があるとこの先に進め無い) ※チェックがすべて通った状態
  11. 11. インストール4 <ul><li>店舗の店名と、今後ログインする管理者情報として利用する、ログインID:パスワードまた、WEBサイトが公開されるURLも指定します </li></ul>
  12. 12. インストール5 <ul><li>次にデータベース情報を設定します あらかじめ各レンタルサーバサービス側で用意しておいたDB情報を入力します </li></ul>
  13. 13. インストール6 <ul><li>次に接続に成功したデータベースに、EC-CUBEが使用する各種テーブル情報が発行されます
  14. 14. 画面の指示に従い次に進みます </li></ul>
  15. 15. インストール7 <ul><li>画面の指示に従い進めると、最後にインストール完了の旨と、ログイン画面へのリンクが表示されます ※ログイン完了後、画面上部に /install/index.php  ファイルの削除を要求する注意が表示されます </li></ul>ここまで来たら一安心・・・では無く、ショップ運営を始める 為の最低限の設定が引き続き必要です |←運営| . ̄.|| ̄     オワタ┗(^o^ )┓三    ||           ┏┗   三  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  16. 16. 初期設定 <ul><li>基本情報管理 SHOP マスタ(店舗所在地等の基本情報を行います) ・ ・ ・ 郵便番号 DB 登録(インストール後必ず 1 度クリックします ショップページ側での郵便番号検索に必須 ・ ・ ・ メール設定(商品注文時に自動で発行されるメール文章雛形の設定や、その他のメールテンプレートの文章が設定可能です) </li></ul>
  17. 17. デザイン管理 <ul><li>レイアウト設定 各ページ内のデザインパーツを自由に貼り付けたり、位置を動かしてレイアウト変更する事が可能です
  18. 18. ページ詳細設定 各ページ内のコンテンツエリアに表示するデザインを設定します
  19. 19. ブロック編集 レイアウト設定 に用いる各種パーツの設定が可能です
  20. 20. ヘッダー・フッター設定 サイト全体に常に表示されるヘッダーメニューエリア、フッターエリアのデザインを設定します
  21. 21. レイアウト設定を除いて、これらの編集には HTML の知識と Smarty の知識が必要です </li></ul>
  22. 22. デザイン管理2 <ul><li>Smarty って? EC-CUBE では、 HTML デザインとプログラムの処理を切り分けるために Smarty というテンプレートエンジンの手法を用いています。 記述のルールとしては、 EC-CUBE 上では HTML 記述の中に、至る所で <!--{   }--> で囲まれた命令文の様な物が見受けられます。 この記述が Smarty の記述で、主に同的に値を取得したり、 PHP プログラムと連動して様々な処理が行われます。 HTML 箇所のみを修正する場合は、上記の記号の範囲内へ影響しない様に修正すれば問題ありません。 </li></ul>
  23. 23. 簡単な条件処理 <ul><li>カテゴリ毎に、カテゴリページ上部に表示される画像を変更してみます。 商品一覧テンプレート内の適当な場所に下記のコードを挿入します <!-- ★★★ 以下は各カテゴリヘッダー用画像出力 --> <!--{if $category_id == 1}--> <img src=&quot;/img/ca_logo.jpg&quot; alt=&quot; カテゴリ1の画像 &quot; style=&quot;margin-bottom:10px;&quot; /> <!--{elseif $category_id == 3}--> <img src=&quot;/img/he_logo.jpg&quot; alt=&quot; カテゴリ2の画像 &quot; style=&quot;margin-bottom:10px;&quot; /> <!--{else}--> <img src=&quot;/img/di_logo.jpg&quot; alt=&quot; デフォルト &quot; style=&quot;margin-bottom:10px;&quot; /> <!--{/if}--> </li></ul>
  24. 24. 初期設定おまけ <ul><li>メールテンプレート初期設定の注意点 初期設定の状態では、メールテンプレートの 2 番目【注文キャンセル受付メール】を使用しユーザへメール通知を行うと、注文情報の詳細内容部分がモバイルに用いるべき簡潔な注文情報が記載されてしまいます ※本来は PC 向けの詳しい注文詳細が記載されます この現象を回避する為、管理画面内 【システム設定】>【マスタデータ管理】より 2 カ所ほど設定を行います
  25. 25. プルダウン  mtb_mail_template  を選択し、新たに ID 5 値 注文キャンセル受付メール(新)とし、登録ボタンをクリック </li></ul>
  26. 26. 初期設定おまけ2 <ul><li>正常に ID 5が追加されたのを確認します ※本来の ID 2 の値(メール雛形の呼び名)は変更しても良いかと思います
  27. 27. 次に  mtb_mail_tpl_path  にも、同じく ID 5  を新たに作り、値には PC 用テンプレートファイルの  mail_templates/order_mail.tpl  を指定します
  28. 28. 最後に、正常にテンプレートが追加されたかをメールテンプレート設定画面より確認します ※マスタデータ管理の編集画面は、データベースの設定を直接変更できる機能の為、扱いには注意が必要です。(作業前にバックアップを取っていると安心) </li></ul>
  29. 29. おわりに <ul><li>ご質問等はお手柔らかに </li></ul>

×