Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

レイヤードアーキテクチャを意識したPHPアプリケーションの構築

14,477 views

Published on

2015.06.27. PHPカンファレンス福岡

Published in: Technology
  • Be the first to comment

レイヤードアーキテクチャを意識したPHPアプリケーションの構築

  1. 1.  @shin1x1 2015/06/27 PHP Conference Fukuoka レイヤードアーキテクチャを意識した PHPアプリケーションの構築
  2. 2. レイヤードアーキテクチャ
  3. 3. レイヤードアーキテクチャ (c) 2015 Masashi Shinbara @shin1x1 • アプリケーションをレイヤ(層)に分割 • レイヤ毎に役割を担う • レイヤ間で協調して、処理を行う
  4. 4. OSI参照モデル (c) 2015 Masashi Shinbara @shin1x1 7.Application 6. Presentation 5. Session 4.Transport 3. Network 2. Data link 1. Physical
  5. 5. MVC (c) 2015 Masashi Shinbara @shin1x1 View Controller Model
  6. 6. MVCの悩み
  7. 7. CakePHP 1.x (c) 2015 Masashi Shinbara @shin1x1
  8. 8. Fat Model (c) 2015 Masashi Shinbara @shin1x1 • 1,000行を超える Model • Model の役割が多すぎる • DAO / バリデーション / ビジネスロジック等々
  9. 9. MVC (c) 2015 Masashi Shinbara @shin1x1 View Controller Model
  10. 10. MVC + Service (c) 2015 Masashi Shinbara @shin1x1 View Controller Model Service
  11. 11. サービスレイヤを追加 (c) 2015 Masashi Shinbara @shin1x1 • Controller と Model の間のレイヤ • ビジネスロジックとバリデーションを担う • 1アクションメソッドに、1サービスクラス • ビジネスロジックの共通化は、モデル or ビヘイビア
  12. 12. 結果 (c) 2015 Masashi Shinbara @shin1x1 • Fat(Controller¦Model) を、ある程度解消 • レイヤは、まだグルーピングの単位 • レイヤ間の依存関係が整理されていない
 => サービスが、セッションを操作等
  13. 13. よりレイヤーを意識
  14. 14. Laravel (c) 2015 Masashi Shinbara @shin1x1 • Laraval + AngularJS • Laravel は、REST API の提供 • UI は、AngularJS
  15. 15. 意識したところ (c) 2015 Masashi Shinbara @shin1x1 •レイヤ役割を明確にする •レイヤ間の依存を明確にする • 上位レイヤが下位レイヤを呼ぶ(逆は無い) • 下位レイヤはどこから呼ばれるか関知しない •処理の流れを一方向にする •サービスを中心に考える
  16. 16. レイヤー構造 (c) 2015 Masashi Shinbara @shin1x1 Routing Controller Model(Eloquent) Service
  17. 17. レイヤーの役割 (c) 2015 Masashi Shinbara @shin1x1 Routing Controller Model Service ルーティング、認証、フィルタ HTTPリクエスト、レスポンス バリデーション、サービス実行 事前条件検証、ビジネスロジック データベースアクセス、 エンティティ固有の処理
  18. 18. レイヤの依存、処理の流れ (c) 2015 Masashi Shinbara @shin1x1 Routing Controller Model(Eloquent) Service
  19. 19. サービスを中心に考える (c) 2015 Masashi Shinbara @shin1x1 •サービス(ビジネスドメイン)が中心 •事前条件検証とビジネスロジック •HTTPの関心毎は持ち込まない
 必要なもの引数で渡す(scalar, array, object)
  20. 20. Service public function update(Reservation $reservation, User $user, array $inputs)
 {
 if ($user->id !== $reservation->user_id) {
 throw new PreconditionException('could_not_update');
 }
 
 DB::transaction(function () use ($user, $reservation, $inputs) {
 $reservation->book->incrementInventory($reservation->quantity);
 $this->store($reservation, $user, $inputs);
 });
 }
  21. 21. Service public function update(Reservation $reservation, User $user, array $inputs)
 {
 if ($user->id !== $reservation->user_id) {
 throw new PreconditionException('could_not_update');
 }
 
 DB::transaction(function () use ($user, $reservation, $inputs) {
 $reservation->book->incrementInventory($reservation->quantity);
 $this->store($reservation, $user, $inputs);
 });
 } 事前条件の検証
  22. 22. Service public function update(Reservation $reservation, User $user, array $inputs)
 {
 if ($user->id !== $reservation->user_id) {
 throw new PreconditionException('could_not_update');
 }
 
 DB::transaction(function () use ($user, $reservation, $inputs) {
 $reservation->book->incrementInventory($reservation->quantity);
 $this->store($reservation, $user, $inputs);
 });
 } ビジネスロジック
  23. 23. サービスから作る (c) 2015 Masashi Shinbara @shin1x1 • サービスとテストを先に実装 • サービスの最初の利用者は、テスト • サービスを Web に結ぶのが、コントローラ • サービスは、バッチ処理等からも、使える
  24. 24. リポジトリパターン (c) 2015 Masashi Shinbara @shin1x1 • リポジトリパターンは採用しなかった • データストアは、データベースのみ • テストは、フィクスチャを利用 • サービス以下は、必要な時に分離すれば良い
 (利用者は、その影響を受けない)
  25. 25. ドメインごとに名前空間を分ける [package] + [AcmeOrder] + [Controller] + [Service] + [Model] + [Validation] [AcmeUser] + [Controller] + [Service] + [Model] + [Validation] PSR-4
  26. 26. 結果 (c) 2015 Masashi Shinbara @shin1x1 • レイヤの役割に専念できる • サービスから作るので、何を作るかが明確に • どこを見れば良いかが分かりやすい • サービスをどう分割していくかが課題
  27. 27. これから
  28. 28. レイヤ間の抽象化 (c) 2015 Masashi Shinbara @shin1x1 • レイヤ間の連携を抽象化する(主にサービス) • サービスは、interface を implements
 コントローラは、interface を操作 • 実際の具象クラスは知らなくて良い
  29. 29. データストアの分離 (c) 2015 Masashi Shinbara @shin1x1 • サービスからデータストアを分離 • リポジトリパターン • データストアへの操作が明確になる
  30. 30. DDD - Eric Evans (c) 2015 Masashi Shinbara @shin1x1 UI Application Infrastructure Domain
  31. 31. Onion Architecture (c) 2015 Masashi Shinbara @shin1x1 https://www.develop.com/onionarchitecture
  32. 32. まとめ (c) 2015 Masashi Shinbara @shin1x1 • レイヤードアーキテクチャ • MVC + Service • Service を中心に、レイヤを意識 • より良いものを模索する旅は続く
  33. 33. @shin1x1 (c) 2015 Masashi Shinbara @shin1x1
  34. 34. あなたの アーキテクチャの話が 聴きたい!

×