SlideShare a Scribd company logo
1 of 25
Download to read offline
#ccc_r11
リファクタリング:技術的負債
の返済
2015/8/4
大中浩行
#ccc_r11
Copyright 2015 Hiroyuki Ohnaka
• 大中浩行(Ohnaka,Hiroyuki)
• TDDBC横浜(2011~2013)主宰
• yokohama.devtesting / devtesting-ja
• グロースエクスパートナーズ(株)
#ccc_r11
Copyright 2015 Hiroyuki Ohnaka
どうしてこうなった
「何がまずかったのだろう?あの頃は素敵でシ
ンプルで使いやすいと思っていたコードはどう
して、かくも不格好に肥大した、厄介なものへ
と変貌してしまったのだろうか?
ーそろそろ技術的負債と呼ばれている考えを
学ぶときが来たようだ。」
#ccc_r11
Copyright 2015 Hiroyuki Ohnaka
技術的負債
技術的負債(英: Technical debt)とは、行き
当たりばったりなソフトウェアアーキテクチャ
と、余裕のないソフトウェア開発が引き起こす
結果のことを指す新しい比喩である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%80%E8%A1%93%E7%9A%84%E8%B2%A0%E5%82%B5
#ccc_r11
Copyright 2015 Hiroyuki Ohnaka
技術的負債
「手抜き、ハック、重複などなど、開発速度と
記述の名の下に、私たちは数々の狼藉をコード
ベースにコミットしている。技術的負債とは、
そうした狼藉が時間とともに積み重なったもの
だ」
#ccc_r11
Copyright 2015 Hiroyuki Ohnaka
…技術的負債?
#ccc_r11
Copyright 2014 Hiroyuki Ohnaka
#ccc_r11
Copyright 2014 Hiroyuki Ohnaka
#ccc_r11
Copyright 2014 Hiroyuki Ohnaka
その結果...
#ccc_r11
Copyright 2014 Hiroyuki Ohnaka
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%91%E3%82%B2%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%97%E
3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0
#ccc_r11
Copyright 2014 Hiroyuki Ohnaka
#ccc_r11
Copyright 2015 Hiroyuki Ohnaka
我々はなぜここにいるのか
#ccc_r11
Copyright 2015 Hiroyuki Ohnaka
リファクタリングで技術的負債を完済する
「すなわち、ソフトウェアを書き、メンテナン
スするのは私や君みたいなプログラマだ、って
ことなんだ」
#ccc_r11
Copyright 2015 Hiroyuki Ohnaka
リファクタリングのジレンマ
「リファクタリングしたい」というとリファク
タリングできない
「リファクタリングした」なら言ってもいい...?
#ccc_r11
Copyright 2014 Hiroyuki Ohnaka
「躊躇なくリファクタリングする」
http://www.slideshare.net/uasano/agile-samuraibasecamp-tdd-keynote/43
#ccc_r11
Copyright 2015 Hiroyuki Ohnaka
リファクタリングの重要性
「もしチームが、緊急のバグ修正や、システム
に大きな影響をおよぼす変更を加えねばならな
いときに、きちんと、早く、低コストに対応で
きたとしたら、それはこれまでのリファクタリ
ングの成果だからだ。」
#ccc_r11
Copyright 2015 Hiroyuki Ohnaka
大がかりなリファクタリングをどう進めるか
• リファクタリングは、アーキテクチャーの手
抜きをなんとかするための魔法の呪文ではな
い
#ccc_r11
Copyright 2014 Hiroyuki Ohnaka
https://twitter.com/kompiro/status/628021878339178496
#ccc_r11
Copyright 2015 Hiroyuki Ohnaka
大がかりなリファクタリングをどう進めるか
• アーキテクチャー重要
• 開発の中でボトルネックになっていることは
なにか、何を解決すべきか
• ローマは一日にしてならず
#ccc_r11
Copyright 2015 Hiroyuki Ohnaka
リファクタリングのアンチパターン
「リファクタリングのためにメソッドの引数が
変わりました」
「こんな糞コードはリファクタリングしてや
る!」
「技術的負債をなくそう」
#ccc_r11
Copyright 2014 Hiroyuki Ohnaka
参考書籍
#ccc_r11
Copyright 2014 Hiroyuki Ohnaka
新装版 リファクタ
リング 既存のコー
ドを安全に改善する
http://shop.ohmsha.
co.jp/shopdetail/000
000003881/
#ccc_r11
Copyright 2014 Hiroyuki Ohnaka
レガシーコード改善
ガイド
http://www.shoeisha
.co.jp/book/detail/9
784798116839
#ccc_r11
Copyright 2014 Hiroyuki Ohnaka
リーダブルコード
http://www.oreilly.c
o.jp/books/9784873
115658/
#ccc_r11
Copyright 2014 Hiroyuki Ohnaka
ディスカッション

More Related Content

What's hot

TDDはじめて物語Second Season(updated)
TDDはじめて物語Second Season(updated)TDDはじめて物語Second Season(updated)
TDDはじめて物語Second Season(updated)Hiroyuki Ohnaka
 
テスト駆動開発の進化
テスト駆動開発の進化テスト駆動開発の進化
テスト駆動開発の進化Yukei Wachi
 
Tddのすゝめ
TddのすゝめTddのすゝめ
Tddのすゝめ将 高野
 
テスト駆動開発入門
テスト駆動開発入門テスト駆動開発入門
テスト駆動開発入門Shuji Watanabe
 
KDDI Business ID におけるアジャイル開発と検証フロー
KDDI Business ID におけるアジャイル開発と検証フローKDDI Business ID におけるアジャイル開発と検証フロー
KDDI Business ID におけるアジャイル開発と検証フローques_staff
 
Test Yourself - テストを書くと何がどう変わるか
Test Yourself - テストを書くと何がどう変わるかTest Yourself - テストを書くと何がどう変わるか
Test Yourself - テストを書くと何がどう変わるかTakuto Wada
 
VMの歩む道。 Dalvik、ART、そしてJava VM
VMの歩む道。 Dalvik、ART、そしてJava VMVMの歩む道。 Dalvik、ART、そしてJava VM
VMの歩む道。 Dalvik、ART、そしてJava VMyy yank
 
テストファースト、自動テストを導入するという事について(@社内勉強会)
テストファースト、自動テストを導入するという事について(@社内勉強会)テストファースト、自動テストを導入するという事について(@社内勉強会)
テストファースト、自動テストを導入するという事について(@社内勉強会)kyon mm
 
CodeZineAcademy TDD実践講座PR資料
CodeZineAcademy TDD実践講座PR資料CodeZineAcademy TDD実践講座PR資料
CodeZineAcademy TDD実践講座PR資料Yasui Tsutomu
 
どうやらテスト駆動型開発は死んだようです。これからのCI
どうやらテスト駆動型開発は死んだようです。これからのCIどうやらテスト駆動型開発は死んだようです。これからのCI
どうやらテスト駆動型開発は死んだようです。これからのCIKoichiro Sumi
 
「最強」のチームを「造る」技術基盤 ディレクターズ・カット
「最強」のチームを「造る」技術基盤 ディレクターズ・カット「最強」のチームを「造る」技術基盤 ディレクターズ・カット
「最強」のチームを「造る」技術基盤 ディレクターズ・カットRakuten Group, Inc.
 
ザ・ジェネラリスト #5000dai
ザ・ジェネラリスト #5000daiザ・ジェネラリスト #5000dai
ザ・ジェネラリスト #5000daikyon mm
 
Hey It's Not My TDD!
Hey It's Not My TDD!Hey It's Not My TDD!
Hey It's Not My TDD!Yasui Tsutomu
 
【JaSST'18 Tokai】アジャイルとテスト自動化導入の勘所
【JaSST'18 Tokai】アジャイルとテスト自動化導入の勘所【JaSST'18 Tokai】アジャイルとテスト自動化導入の勘所
【JaSST'18 Tokai】アジャイルとテスト自動化導入の勘所Kotaro Ogino
 
TDDはじめる前に
TDDはじめる前にTDDはじめる前に
TDDはじめる前にYasui Tsutomu
 
静的解析ツール Klocworkによる 機能安全規格への対応
静的解析ツール Klocworkによる 機能安全規格への対応静的解析ツール Klocworkによる 機能安全規格への対応
静的解析ツール Klocworkによる 機能安全規格への対応Masaru Horioka
 
福岡開発立ち上げQAメンバーが語るメルカリQAのはじめかた
福岡開発立ち上げQAメンバーが語るメルカリQAのはじめかた福岡開発立ち上げQAメンバーが語るメルカリQAのはじめかた
福岡開発立ち上げQAメンバーが語るメルカリQAのはじめかたRina Fukuda
 
Test Driven Development in LabVIEW
Test Driven Development in LabVIEWTest Driven Development in LabVIEW
Test Driven Development in LabVIEWYusuke Tochigi
 
組織にテストを書く文化を根付かせる戦略と戦術
組織にテストを書く文化を根付かせる戦略と戦術組織にテストを書く文化を根付かせる戦略と戦術
組織にテストを書く文化を根付かせる戦略と戦術Takuto Wada
 

What's hot (20)

TDDはじめて物語Second Season(updated)
TDDはじめて物語Second Season(updated)TDDはじめて物語Second Season(updated)
TDDはじめて物語Second Season(updated)
 
テスト駆動開発の進化
テスト駆動開発の進化テスト駆動開発の進化
テスト駆動開発の進化
 
Tddのすゝめ
TddのすゝめTddのすゝめ
Tddのすゝめ
 
テスト駆動開発入門
テスト駆動開発入門テスト駆動開発入門
テスト駆動開発入門
 
KDDI Business ID におけるアジャイル開発と検証フロー
KDDI Business ID におけるアジャイル開発と検証フローKDDI Business ID におけるアジャイル開発と検証フロー
KDDI Business ID におけるアジャイル開発と検証フロー
 
Test Yourself - テストを書くと何がどう変わるか
Test Yourself - テストを書くと何がどう変わるかTest Yourself - テストを書くと何がどう変わるか
Test Yourself - テストを書くと何がどう変わるか
 
VMの歩む道。 Dalvik、ART、そしてJava VM
VMの歩む道。 Dalvik、ART、そしてJava VMVMの歩む道。 Dalvik、ART、そしてJava VM
VMの歩む道。 Dalvik、ART、そしてJava VM
 
テストファースト、自動テストを導入するという事について(@社内勉強会)
テストファースト、自動テストを導入するという事について(@社内勉強会)テストファースト、自動テストを導入するという事について(@社内勉強会)
テストファースト、自動テストを導入するという事について(@社内勉強会)
 
CodeZineAcademy TDD実践講座PR資料
CodeZineAcademy TDD実践講座PR資料CodeZineAcademy TDD実践講座PR資料
CodeZineAcademy TDD実践講座PR資料
 
どうやらテスト駆動型開発は死んだようです。これからのCI
どうやらテスト駆動型開発は死んだようです。これからのCIどうやらテスト駆動型開発は死んだようです。これからのCI
どうやらテスト駆動型開発は死んだようです。これからのCI
 
静的解析のROI
静的解析のROI静的解析のROI
静的解析のROI
 
「最強」のチームを「造る」技術基盤 ディレクターズ・カット
「最強」のチームを「造る」技術基盤 ディレクターズ・カット「最強」のチームを「造る」技術基盤 ディレクターズ・カット
「最強」のチームを「造る」技術基盤 ディレクターズ・カット
 
ザ・ジェネラリスト #5000dai
ザ・ジェネラリスト #5000daiザ・ジェネラリスト #5000dai
ザ・ジェネラリスト #5000dai
 
Hey It's Not My TDD!
Hey It's Not My TDD!Hey It's Not My TDD!
Hey It's Not My TDD!
 
【JaSST'18 Tokai】アジャイルとテスト自動化導入の勘所
【JaSST'18 Tokai】アジャイルとテスト自動化導入の勘所【JaSST'18 Tokai】アジャイルとテスト自動化導入の勘所
【JaSST'18 Tokai】アジャイルとテスト自動化導入の勘所
 
TDDはじめる前に
TDDはじめる前にTDDはじめる前に
TDDはじめる前に
 
静的解析ツール Klocworkによる 機能安全規格への対応
静的解析ツール Klocworkによる 機能安全規格への対応静的解析ツール Klocworkによる 機能安全規格への対応
静的解析ツール Klocworkによる 機能安全規格への対応
 
福岡開発立ち上げQAメンバーが語るメルカリQAのはじめかた
福岡開発立ち上げQAメンバーが語るメルカリQAのはじめかた福岡開発立ち上げQAメンバーが語るメルカリQAのはじめかた
福岡開発立ち上げQAメンバーが語るメルカリQAのはじめかた
 
Test Driven Development in LabVIEW
Test Driven Development in LabVIEWTest Driven Development in LabVIEW
Test Driven Development in LabVIEW
 
組織にテストを書く文化を根付かせる戦略と戦術
組織にテストを書く文化を根付かせる戦略と戦術組織にテストを書く文化を根付かせる戦略と戦術
組織にテストを書く文化を根付かせる戦略と戦術
 

Viewers also liked

今日からはじめるリファクタリング
今日からはじめるリファクタリング今日からはじめるリファクタリング
今日からはじめるリファクタリングJunya Shimazu
 
命名の話(ソースコードは読み物です)
命名の話(ソースコードは読み物です)命名の話(ソースコードは読み物です)
命名の話(ソースコードは読み物です)Akihiro Nakahara
 
レガシーコードを改善した先にあるもの、それは継続的インテグレーション
レガシーコードを改善した先にあるもの、それは継続的インテグレーションレガシーコードを改善した先にあるもの、それは継続的インテグレーション
レガシーコードを改善した先にあるもの、それは継続的インテグレーションMasanori Satoh
 
エクストリームエンジニア5
エクストリームエンジニア5エクストリームエンジニア5
エクストリームエンジニア5T-arts
 
プログラムの処方箋~健康なコードと病んだコード
プログラムの処方箋~健康なコードと病んだコードプログラムの処方箋~健康なコードと病んだコード
プログラムの処方箋~健康なコードと病んだコードShigenori Sagawa
 
レガシーコード改善のススメ
レガシーコード改善のススメレガシーコード改善のススメ
レガシーコード改善のススメAkira Hirasawa
 
0528 kanntigai ui_ux
0528 kanntigai ui_ux0528 kanntigai ui_ux
0528 kanntigai ui_uxSaori Matsui
 

Viewers also liked (7)

今日からはじめるリファクタリング
今日からはじめるリファクタリング今日からはじめるリファクタリング
今日からはじめるリファクタリング
 
命名の話(ソースコードは読み物です)
命名の話(ソースコードは読み物です)命名の話(ソースコードは読み物です)
命名の話(ソースコードは読み物です)
 
レガシーコードを改善した先にあるもの、それは継続的インテグレーション
レガシーコードを改善した先にあるもの、それは継続的インテグレーションレガシーコードを改善した先にあるもの、それは継続的インテグレーション
レガシーコードを改善した先にあるもの、それは継続的インテグレーション
 
エクストリームエンジニア5
エクストリームエンジニア5エクストリームエンジニア5
エクストリームエンジニア5
 
プログラムの処方箋~健康なコードと病んだコード
プログラムの処方箋~健康なコードと病んだコードプログラムの処方箋~健康なコードと病んだコード
プログラムの処方箋~健康なコードと病んだコード
 
レガシーコード改善のススメ
レガシーコード改善のススメレガシーコード改善のススメ
レガシーコード改善のススメ
 
0528 kanntigai ui_ux
0528 kanntigai ui_ux0528 kanntigai ui_ux
0528 kanntigai ui_ux
 

Similar to アジャイルサムライ横浜道場「リファクタリング:技術的負債の返済」

失敗しない仮想化環境の設計・構築法
失敗しない仮想化環境の設計・構築法失敗しない仮想化環境の設計・構築法
失敗しない仮想化環境の設計・構築法VirtualTech Japan Inc.
 
Enterprise hacknight 1-igarashi
Enterprise hacknight 1-igarashiEnterprise hacknight 1-igarashi
Enterprise hacknight 1-igarashiTomohiro Igarashi
 
デブサミ2014【13-D-2】川田寛氏 HTML5がSIに与えた衝撃、エンジニアは何を学ぶべきか?
デブサミ2014【13-D-2】川田寛氏 HTML5がSIに与えた衝撃、エンジニアは何を学ぶべきか?デブサミ2014【13-D-2】川田寛氏 HTML5がSIに与えた衝撃、エンジニアは何を学ぶべきか?
デブサミ2014【13-D-2】川田寛氏 HTML5がSIに与えた衝撃、エンジニアは何を学ぶべきか?Developers Summit
 
「エンジニアはハードウェアビジネスをどうやって立ち上げればよいですか」問題
「エンジニアはハードウェアビジネスをどうやって立ち上げればよいですか」問題「エンジニアはハードウェアビジネスをどうやって立ち上げればよいですか」問題
「エンジニアはハードウェアビジネスをどうやって立ち上げればよいですか」問題Yasunori Okajima
 
SIerで幸せな技術キャリアを築くために
SIerで幸せな技術キャリアを築くためにSIerで幸せな技術キャリアを築くために
SIerで幸せな技術キャリアを築くためにTakanari Konishi
 
技術選択とアーキテクトの役割 (要約版)
技術選択とアーキテクトの役割 (要約版)技術選択とアーキテクトの役割 (要約版)
技術選択とアーキテクトの役割 (要約版)Toru Yamaguchi
 
【16-E-4】残業ゼロで開発スピードが10倍に!もう元の開発体制には戻れないデンソー流のアジャイル開発
【16-E-4】残業ゼロで開発スピードが10倍に!もう元の開発体制には戻れないデンソー流のアジャイル開発【16-E-4】残業ゼロで開発スピードが10倍に!もう元の開発体制には戻れないデンソー流のアジャイル開発
【16-E-4】残業ゼロで開発スピードが10倍に!もう元の開発体制には戻れないデンソー流のアジャイル開発Developers Summit
 
事故からはじまるスケールチャンス
事故からはじまるスケールチャンス事故からはじまるスケールチャンス
事故からはじまるスケールチャンスYusuke Wada
 
13_B_5 Who is a architect?
13_B_5 Who is a architect?13_B_5 Who is a architect?
13_B_5 Who is a architect?Atsushi Fukui
 
UXデザイン✕アジャイル✕受託開発
UXデザイン✕アジャイル✕受託開発UXデザイン✕アジャイル✕受託開発
UXデザイン✕アジャイル✕受託開発Takuya Kitamura
 
デザイナーとエンジニアのこれまでとこれから:D/E問題を考える
デザイナーとエンジニアのこれまでとこれから:D/E問題を考えるデザイナーとエンジニアのこれまでとこれから:D/E問題を考える
デザイナーとエンジニアのこれまでとこれから:D/E問題を考えるKazumichi (Mario) Sakata
 
可能性をひらくインクルーシブデザイン
可能性をひらくインクルーシブデザイン可能性をひらくインクルーシブデザイン
可能性をひらくインクルーシブデザインConcent, Inc.
 
良品を早く開発する
良品を早く開発する良品を早く開発する
良品を早く開発するYuichi Tokutomi
 
デブサミ2017【17-E-5】エンタープライズにおけるDevOpsの実態!Cloud Native Application Platformの選択
デブサミ2017【17-E-5】エンタープライズにおけるDevOpsの実態!Cloud Native Application Platformの選択デブサミ2017【17-E-5】エンタープライズにおけるDevOpsの実態!Cloud Native Application Platformの選択
デブサミ2017【17-E-5】エンタープライズにおけるDevOpsの実態!Cloud Native Application Platformの選択Shingo Kitayama
 
TechCon2021 TAXI車載システムの IoT化で 解決した課題と新たに提供した価値
TechCon2021 TAXI車載システムの IoT化で 解決した課題と新たに提供した価値TechCon2021 TAXI車載システムの IoT化で 解決した課題と新たに提供した価値
TechCon2021 TAXI車載システムの IoT化で 解決した課題と新たに提供した価値IshikawaTakao
 
ソフトウェア開発の現場風景
ソフトウェア開発の現場風景ソフトウェア開発の現場風景
ソフトウェア開発の現場風景Koichi ITO
 
IVS CTO Night and Day Recap - #CTONight 2016 Spring
IVS CTO Night and Day Recap - #CTONight 2016 SpringIVS CTO Night and Day Recap - #CTONight 2016 Spring
IVS CTO Night and Day Recap - #CTONight 2016 SpringEiji Shinohara
 

Similar to アジャイルサムライ横浜道場「リファクタリング:技術的負債の返済」 (20)

失敗しない仮想化環境の設計・構築法
失敗しない仮想化環境の設計・構築法失敗しない仮想化環境の設計・構築法
失敗しない仮想化環境の設計・構築法
 
Enterprise hacknight 1-igarashi
Enterprise hacknight 1-igarashiEnterprise hacknight 1-igarashi
Enterprise hacknight 1-igarashi
 
デブサミ2014【13-D-2】川田寛氏 HTML5がSIに与えた衝撃、エンジニアは何を学ぶべきか?
デブサミ2014【13-D-2】川田寛氏 HTML5がSIに与えた衝撃、エンジニアは何を学ぶべきか?デブサミ2014【13-D-2】川田寛氏 HTML5がSIに与えた衝撃、エンジニアは何を学ぶべきか?
デブサミ2014【13-D-2】川田寛氏 HTML5がSIに与えた衝撃、エンジニアは何を学ぶべきか?
 
「エンジニアはハードウェアビジネスをどうやって立ち上げればよいですか」問題
「エンジニアはハードウェアビジネスをどうやって立ち上げればよいですか」問題「エンジニアはハードウェアビジネスをどうやって立ち上げればよいですか」問題
「エンジニアはハードウェアビジネスをどうやって立ち上げればよいですか」問題
 
SIerで幸せな技術キャリアを築くために
SIerで幸せな技術キャリアを築くためにSIerで幸せな技術キャリアを築くために
SIerで幸せな技術キャリアを築くために
 
技術選択とアーキテクトの役割 (要約版)
技術選択とアーキテクトの役割 (要約版)技術選択とアーキテクトの役割 (要約版)
技術選択とアーキテクトの役割 (要約版)
 
【16-E-4】残業ゼロで開発スピードが10倍に!もう元の開発体制には戻れないデンソー流のアジャイル開発
【16-E-4】残業ゼロで開発スピードが10倍に!もう元の開発体制には戻れないデンソー流のアジャイル開発【16-E-4】残業ゼロで開発スピードが10倍に!もう元の開発体制には戻れないデンソー流のアジャイル開発
【16-E-4】残業ゼロで開発スピードが10倍に!もう元の開発体制には戻れないデンソー流のアジャイル開発
 
クラウドとは何か
クラウドとは何かクラウドとは何か
クラウドとは何か
 
事故からはじまるスケールチャンス
事故からはじまるスケールチャンス事故からはじまるスケールチャンス
事故からはじまるスケールチャンス
 
13_B_5 Who is a architect?
13_B_5 Who is a architect?13_B_5 Who is a architect?
13_B_5 Who is a architect?
 
UXデザイン✕アジャイル✕受託開発
UXデザイン✕アジャイル✕受託開発UXデザイン✕アジャイル✕受託開発
UXデザイン✕アジャイル✕受託開発
 
デザイナーとエンジニアのこれまでとこれから:D/E問題を考える
デザイナーとエンジニアのこれまでとこれから:D/E問題を考えるデザイナーとエンジニアのこれまでとこれから:D/E問題を考える
デザイナーとエンジニアのこれまでとこれから:D/E問題を考える
 
可能性をひらくインクルーシブデザイン
可能性をひらくインクルーシブデザイン可能性をひらくインクルーシブデザイン
可能性をひらくインクルーシブデザイン
 
ux_team_of_one
ux_team_of_oneux_team_of_one
ux_team_of_one
 
良品を早く開発する
良品を早く開発する良品を早く開発する
良品を早く開発する
 
デブサミ2017【17-E-5】エンタープライズにおけるDevOpsの実態!Cloud Native Application Platformの選択
デブサミ2017【17-E-5】エンタープライズにおけるDevOpsの実態!Cloud Native Application Platformの選択デブサミ2017【17-E-5】エンタープライズにおけるDevOpsの実態!Cloud Native Application Platformの選択
デブサミ2017【17-E-5】エンタープライズにおけるDevOpsの実態!Cloud Native Application Platformの選択
 
TechCon2021 TAXI車載システムの IoT化で 解決した課題と新たに提供した価値
TechCon2021 TAXI車載システムの IoT化で 解決した課題と新たに提供した価値TechCon2021 TAXI車載システムの IoT化で 解決した課題と新たに提供した価値
TechCon2021 TAXI車載システムの IoT化で 解決した課題と新たに提供した価値
 
Smfl20201001
Smfl20201001Smfl20201001
Smfl20201001
 
ソフトウェア開発の現場風景
ソフトウェア開発の現場風景ソフトウェア開発の現場風景
ソフトウェア開発の現場風景
 
IVS CTO Night and Day Recap - #CTONight 2016 Spring
IVS CTO Night and Day Recap - #CTONight 2016 SpringIVS CTO Night and Day Recap - #CTONight 2016 Spring
IVS CTO Night and Day Recap - #CTONight 2016 Spring
 

More from Hiroyuki Ohnaka

remote Docker over SSHが熱い
remote Docker over SSHが熱いremote Docker over SSHが熱い
remote Docker over SSHが熱いHiroyuki Ohnaka
 
VSCode Remote Container & GitHub Codespacesで拓く次世代のJava開発体験
VSCode Remote Container & GitHub Codespacesで拓く次世代のJava開発体験VSCode Remote Container & GitHub Codespacesで拓く次世代のJava開発体験
VSCode Remote Container & GitHub Codespacesで拓く次世代のJava開発体験Hiroyuki Ohnaka
 
Remote Development with Visual Studio Code & A clean dev env, working every ...
Remote Development with Visual Studio Code &  A clean dev env, working every ...Remote Development with Visual Studio Code &  A clean dev env, working every ...
Remote Development with Visual Studio Code & A clean dev env, working every ...Hiroyuki Ohnaka
 
ChefとItamaeをニコイチしてAnsibleにマイグレーションした話
ChefとItamaeをニコイチしてAnsibleにマイグレーションした話ChefとItamaeをニコイチしてAnsibleにマイグレーションした話
ChefとItamaeをニコイチしてAnsibleにマイグレーションした話Hiroyuki Ohnaka
 
「WindowsデスクトップでWeb開発 改訂版」サンプル
「WindowsデスクトップでWeb開発 改訂版」サンプル「WindowsデスクトップでWeb開発 改訂版」サンプル
「WindowsデスクトップでWeb開発 改訂版」サンプルHiroyuki Ohnaka
 
Microsoft DocsにContributeした話
Microsoft DocsにContributeした話Microsoft DocsにContributeした話
Microsoft DocsにContributeした話Hiroyuki Ohnaka
 
Azure functions+typescript
Azure functions+typescriptAzure functions+typescript
Azure functions+typescriptHiroyuki Ohnaka
 
技術書典4 く-35「錬金術MeetUp」 Alchemist Vol.1 サンプル版
 技術書典4  く-35「錬金術MeetUp」 Alchemist Vol.1 サンプル版 技術書典4  く-35「錬金術MeetUp」 Alchemist Vol.1 サンプル版
技術書典4 く-35「錬金術MeetUp」 Alchemist Vol.1 サンプル版Hiroyuki Ohnaka
 
4/22 技術書典4 か-16「ふぃーるどのーつ」 新刊「すいーとみゅーじっく vol.5Mackerelではじめるお手軽サーバー監視」サンプル版
4/22 技術書典4 か-16「ふぃーるどのーつ」 新刊「すいーとみゅーじっく vol.5Mackerelではじめるお手軽サーバー監視」サンプル版4/22 技術書典4 か-16「ふぃーるどのーつ」 新刊「すいーとみゅーじっく vol.5Mackerelではじめるお手軽サーバー監視」サンプル版
4/22 技術書典4 か-16「ふぃーるどのーつ」 新刊「すいーとみゅーじっく vol.5Mackerelではじめるお手軽サーバー監視」サンプル版Hiroyuki Ohnaka
 
仮想通貨始めました~GethではじめるEthereum~
仮想通貨始めました~GethではじめるEthereum~仮想通貨始めました~GethではじめるEthereum~
仮想通貨始めました~GethではじめるEthereum~Hiroyuki Ohnaka
 
錬金術MeetUpへのお誘い
錬金術MeetUpへのお誘い錬金術MeetUpへのお誘い
錬金術MeetUpへのお誘いHiroyuki Ohnaka
 
Mackerelではじめる お手軽サーバー監視
Mackerelではじめる お手軽サーバー監視Mackerelではじめる お手軽サーバー監視
Mackerelではじめる お手軽サーバー監視Hiroyuki Ohnaka
 
「GebとSpockではじめるシステムテスト自動化」
「GebとSpockではじめるシステムテスト自動化」「GebとSpockではじめるシステムテスト自動化」
「GebとSpockではじめるシステムテスト自動化」Hiroyuki Ohnaka
 
XP祭り2017 LT 「DevOps再考」(改題)
XP祭り2017 LT 「DevOps再考」(改題)XP祭り2017 LT 「DevOps再考」(改題)
XP祭り2017 LT 「DevOps再考」(改題)Hiroyuki Ohnaka
 
JDK9の真の目玉機能はこれだ!
JDK9の真の目玉機能はこれだ!JDK9の真の目玉機能はこれだ!
JDK9の真の目玉機能はこれだ!Hiroyuki Ohnaka
 
Java8移行は怖くない~エンタープライズ案件でのJava8移行事例~
Java8移行は怖くない~エンタープライズ案件でのJava8移行事例~Java8移行は怖くない~エンタープライズ案件でのJava8移行事例~
Java8移行は怖くない~エンタープライズ案件でのJava8移行事例~Hiroyuki Ohnaka
 
「すいーとみゅーじっく」のできるまで
「すいーとみゅーじっく」のできるまで「すいーとみゅーじっく」のできるまで
「すいーとみゅーじっく」のできるまでHiroyuki Ohnaka
 
実録Blue-Green Deployment導入記
実録Blue-Green Deployment導入記実録Blue-Green Deployment導入記
実録Blue-Green Deployment導入記Hiroyuki Ohnaka
 
JavaOne 2015 報告会 @ 東京 「About MVC 1.0 & JSON-P」
JavaOne 2015 報告会 @ 東京 「About MVC 1.0 & JSON-P」JavaOne 2015 報告会 @ 東京 「About MVC 1.0 & JSON-P」
JavaOne 2015 報告会 @ 東京 「About MVC 1.0 & JSON-P」Hiroyuki Ohnaka
 

More from Hiroyuki Ohnaka (20)

remote Docker over SSHが熱い
remote Docker over SSHが熱いremote Docker over SSHが熱い
remote Docker over SSHが熱い
 
VSCode Remote Container & GitHub Codespacesで拓く次世代のJava開発体験
VSCode Remote Container & GitHub Codespacesで拓く次世代のJava開発体験VSCode Remote Container & GitHub Codespacesで拓く次世代のJava開発体験
VSCode Remote Container & GitHub Codespacesで拓く次世代のJava開発体験
 
Remote Development with Visual Studio Code & A clean dev env, working every ...
Remote Development with Visual Studio Code &  A clean dev env, working every ...Remote Development with Visual Studio Code &  A clean dev env, working every ...
Remote Development with Visual Studio Code & A clean dev env, working every ...
 
ChefとItamaeをニコイチしてAnsibleにマイグレーションした話
ChefとItamaeをニコイチしてAnsibleにマイグレーションした話ChefとItamaeをニコイチしてAnsibleにマイグレーションした話
ChefとItamaeをニコイチしてAnsibleにマイグレーションした話
 
「WindowsデスクトップでWeb開発 改訂版」サンプル
「WindowsデスクトップでWeb開発 改訂版」サンプル「WindowsデスクトップでWeb開発 改訂版」サンプル
「WindowsデスクトップでWeb開発 改訂版」サンプル
 
Mackerelの薄い本
Mackerelの薄い本Mackerelの薄い本
Mackerelの薄い本
 
Microsoft DocsにContributeした話
Microsoft DocsにContributeした話Microsoft DocsにContributeした話
Microsoft DocsにContributeした話
 
Azure functions+typescript
Azure functions+typescriptAzure functions+typescript
Azure functions+typescript
 
技術書典4 く-35「錬金術MeetUp」 Alchemist Vol.1 サンプル版
 技術書典4  く-35「錬金術MeetUp」 Alchemist Vol.1 サンプル版 技術書典4  く-35「錬金術MeetUp」 Alchemist Vol.1 サンプル版
技術書典4 く-35「錬金術MeetUp」 Alchemist Vol.1 サンプル版
 
4/22 技術書典4 か-16「ふぃーるどのーつ」 新刊「すいーとみゅーじっく vol.5Mackerelではじめるお手軽サーバー監視」サンプル版
4/22 技術書典4 か-16「ふぃーるどのーつ」 新刊「すいーとみゅーじっく vol.5Mackerelではじめるお手軽サーバー監視」サンプル版4/22 技術書典4 か-16「ふぃーるどのーつ」 新刊「すいーとみゅーじっく vol.5Mackerelではじめるお手軽サーバー監視」サンプル版
4/22 技術書典4 か-16「ふぃーるどのーつ」 新刊「すいーとみゅーじっく vol.5Mackerelではじめるお手軽サーバー監視」サンプル版
 
仮想通貨始めました~GethではじめるEthereum~
仮想通貨始めました~GethではじめるEthereum~仮想通貨始めました~GethではじめるEthereum~
仮想通貨始めました~GethではじめるEthereum~
 
錬金術MeetUpへのお誘い
錬金術MeetUpへのお誘い錬金術MeetUpへのお誘い
錬金術MeetUpへのお誘い
 
Mackerelではじめる お手軽サーバー監視
Mackerelではじめる お手軽サーバー監視Mackerelではじめる お手軽サーバー監視
Mackerelではじめる お手軽サーバー監視
 
「GebとSpockではじめるシステムテスト自動化」
「GebとSpockではじめるシステムテスト自動化」「GebとSpockではじめるシステムテスト自動化」
「GebとSpockではじめるシステムテスト自動化」
 
XP祭り2017 LT 「DevOps再考」(改題)
XP祭り2017 LT 「DevOps再考」(改題)XP祭り2017 LT 「DevOps再考」(改題)
XP祭り2017 LT 「DevOps再考」(改題)
 
JDK9の真の目玉機能はこれだ!
JDK9の真の目玉機能はこれだ!JDK9の真の目玉機能はこれだ!
JDK9の真の目玉機能はこれだ!
 
Java8移行は怖くない~エンタープライズ案件でのJava8移行事例~
Java8移行は怖くない~エンタープライズ案件でのJava8移行事例~Java8移行は怖くない~エンタープライズ案件でのJava8移行事例~
Java8移行は怖くない~エンタープライズ案件でのJava8移行事例~
 
「すいーとみゅーじっく」のできるまで
「すいーとみゅーじっく」のできるまで「すいーとみゅーじっく」のできるまで
「すいーとみゅーじっく」のできるまで
 
実録Blue-Green Deployment導入記
実録Blue-Green Deployment導入記実録Blue-Green Deployment導入記
実録Blue-Green Deployment導入記
 
JavaOne 2015 報告会 @ 東京 「About MVC 1.0 & JSON-P」
JavaOne 2015 報告会 @ 東京 「About MVC 1.0 & JSON-P」JavaOne 2015 報告会 @ 東京 「About MVC 1.0 & JSON-P」
JavaOne 2015 報告会 @ 東京 「About MVC 1.0 & JSON-P」
 

アジャイルサムライ横浜道場「リファクタリング:技術的負債の返済」