Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

チュートリアル「障害とコミュニケーション」2017/06/17 音学シンポジウム2017

212 views

Published on

2017/06/17 音学シンポジウム2017
チュートリアル講演
「障害とコミュニケーション」
筑波技術大学 安啓一
http://www.sigmus.jp/?page_id=3648

niconico live streaming
http://live.nicovideo.jp/gate/lv300713314

Published in: Health & Medicine
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

チュートリアル「障害とコミュニケーション」2017/06/17 音学シンポジウム2017

  1. 1. 障害とコミュニケーション 筑波技術大学 産業技術学部 産業情報学科 情報学専攻 助教 安 啓一 (やすけいいち) 2017/6/17 1 2017/06/17 音学シンポジウム2017 チュートリアル講演
  2. 2. 自己紹介 • 名前: 安 啓一 (やす けいいち) • 所属: – 筑波技術大学 産業技術学部 産業情報学科 – 国立障害者リハビリテーションセンター研究所(~2017.3) – 上智大学 理工学部 情報理工学科 荒井研究室(~2014.8) • 専門:音声コミュニケーションに関わる研究 – 吃音(どもり)の研究(音声研究・脳研究) – 高齢者の音声知覚と聴覚障害の関係 • 摩擦音・破擦音の識別 – 補聴器応用のための音声強調処理 2017/6/17 2 ほぼすべての研究が当事者・言語聴覚士・耳鼻科の先生との共同研究
  3. 3. 2017/6/17 3
  4. 4. Communication Disorders: コミュニケーション症群/コミュニケーション障害群 • DSM-5(精神障害の診断と統計マニュアル第5版) – (1) 言語症/言語障害(Language Disorder) – (2) 語音症/語音障害(Speech Sound Disorder) – (3) 小児期発症流暢症/小児期発症流暢障害(吃音) (Childhood--Onset Fluency Disorder(Stuttering)) – (4) 社会的(語用論的)コミュニケーション症/社会的(語用 論的) コミュニケーション障害(Social (Pragmatic) Communication Disorder) – (5) 特定不能のコミュニケーション症/特定不能のコミュニ ケーション障害(Unspecified Communication Disorder) • ICF(国際生活機能分類:国際障害分類改定版) – 「活動と参加」の一つに「コミュニケーション」が挙げられて いる 2017/6/17 4
  5. 5. コミュニケーションに関わる障害 2017/6/17 5 予稿より
  6. 6. Speech Chain (ことばの鎖) 2017/6/17 6 話者 聴取者 Gick, Wilson, Derrick, 2013 聴覚フィードバック
  7. 7. 2017/6/17 7 栗原一貴,塚田浩二, 2012 http://www.unryu.org/top-english/speechjammer ①指向性マイクで 声を拾い ②遅らせた声を パラメトリックスピーカで 返す 向けられた相手は、急に喋りづらくなる
  8. 8. 遅延聴覚フィードバック DAF (Delayed auditory feedback) • 方法: 自己の音声を25-200 ms遅らせて聞く – 携帯型、ポケット型、補聴器型 – スマホアプリ、PCアプリ • 非吃音者では流暢性低下 • 吃音者の約3割に有効 – 重症の場合など – 自己の音声聴取を阻害し、発話から意識をそら す効果 • パーキンソン病患者において流暢性改善 2017/6/17 8
  9. 9. DAF装置・ソフト 9 補聴器型DAF装置 SpeechEasy DAF/FAF Assistant (ArtefactSoft) iOS/Android App. DAF Professional iOS App. DAF/FAF Aid iOS App. Easy AAF 2017/6/17
  10. 10. 吃音とは:いわゆる「どもり」 • 症状 – 中核症状 • 種類 – 発達性吃音:主に幼児期に発症、病態不明、原因は7割遺伝 – 獲得性吃音:青年期以降、神経原性 or 心因性 • 臨床経過 – 発症率(幼児期)8%、有病率0.7% (Yairi & Ambrose, 2013) – 7〜8割が治癒(幼児期) – 2〜3割が成人まで続き、発話場面を回避するようになる • 治療法 – 環境調整・流暢性形成法・吃音緩和法 – 認知行動療法(森, 2015) – DAF: 遅延聴覚フィードバック、メトロノーム(スマホアプリ等も) 10 こここここんにちは(連発) しーーーつれいします(伸発) .....(声が出ない)おはようございます(難発) 2017/6/17
  11. 11. 3テスラMRIによる脳領域間の接続関係の計測 • 吃音者(Sommer et al., 2002; Chang et al., 2011) – 左弓状束(前後の言語脳と運動野を接続)の乱れ DTI (diffusion tensor imaging 拡散テンソル画像法) で神経線維(白質) のまとまり方を計測 – 発話関連の脳領域間の機能接続が低下 DMN (default mode network) として、安静時脳活動の領域間相関 • 症状との関連、訓練前後の比較 • 非吃音者との比較 3.0テスラ MRI(シーメンス社製) 弓状束の経路接続(Catani et al., 2005) 11
  12. 12. 左半球言語ネットワーク(弓状束)の 解剖学的接続低下 • 吃音者における左弓状束 を中心とした神経線維の 接続性が低下 (左上: 赤、左下: 黄) – 弁蓋部接続部 [-35, -1, 23] – 角回接続部[-32, -61, 33] p < 0.001, uncorrected 左 右 前 後 12 角回接続部FA [-32, -61, 33] 非吃音者 吃音者 弁蓋部 角回 左弓状束を中心とした神経線維の 接続が低下 * {Yasu et al., 2016
  13. 13. 吃音者の職場での困難ランキング 1. 電話 2. 特定の言葉 (挨拶、固有名詞、名前) 3. 雑談・日常会話 – 出典: 飯村「吃音がある人の職業データベースの 集計」全国言友会連絡協議会2014 2017/6/17 13
  14. 14. バーチャルリアリティを使用した 吃音の改善訓練(Brundage et al. 2006) 2017/6/17 14 面接訓練 発表練習 Copyright 1996, Virtually Better, Inc.
  15. 15. 15
  16. 16. Speech Chain (ことばの鎖) 2017/6/17 16 話者 聴取者 Gick, Wilson, Derrick, 2013 聴覚障害
  17. 17. 補聴器、人工内耳のための処理 「臨界帯域圧縮処理」(Yasu et al., 2008) • 音の細かな高さの聞き分けをする 「聴覚フィルタ」は聴覚障害者では健 聴者に比べて帯域幅が広くなり、周 波数を細かく分離する能力が低下 →音声の聞き取りやすさが低下 • あらかじめ、周波数軸上で情報 を圧縮することによって、フィル タが広がっていても 音声の明 瞭性を保つ処理 17 健聴耳 難聴耳 周波数応答(dB) 中心周波数 (Hz) 2017/6/17 周波数弁別が低下
  18. 18. 臨界帯域圧縮処理の流れ 18 (1)入力音を周波数に変換する (2)周波数(スペクトル)の包絡(おおよその 形)を抽出する (3)帯域に分割する。 (4)各帯域で周波数軸で圧縮する (5)周波数成分を元の音信号に戻す 元の音声 処理後の音声 周波数(Hz)周波数(Hz) 周波数 振幅 Yasu et al. 2008
  19. 19. 無声摩擦音・破擦音の識別 摩擦部の持続時間を変化させると、途中で 破擦音(ち)から摩擦音(し)に聞こえ方が変化 (Howell and Rosen, JASA, 73(7), 976-984,1983; 安ら, 日本音響 学会誌, 2012) T (ms) 60 80 100 120 140 160 180 200 # 1 2 3 4 5 6 7 8 若年者 高齢者 192017/6/17
  20. 20. Speech Chain (ことばの鎖) 2017/6/17 20 話者 聴取者 Gick, Wilson, Derrick, 2013 聴覚障害 視覚障害
  21. 21. 盲ろう: 視覚障害・聴覚障害の重複 • 盲ろう者のための触指文字 ロボットの開発(森, 2013) 2017/6/17 21 触指文字ロボット 東京都盲ろう者支援センターHPより http://www.tokyo-db.or.jp/?page_id=139 (森, 2013)
  22. 22. 障害者差別解消法(2016.4施行) • 障害者の権利に関する条約における「合理的配慮」 – 「障害者が他の者と平等にすべての人権及び基本的自 由を享有し、又は行使することを確保するための必要か つ適当な変更及び調整であって、特定の場合において必 要とされるものであり、かつ、均衡を失した又は過度の負 担を課さないものをいう。」と定義されている。 • 吃音に関係する「合理的配慮」の例 – 面接時間をのばす – 電話に関係する仕事の免除 – 授業での発表をレポート課題に • など 2017/6/17 22
  23. 23. 2017/6/17 23筑波技術大学
  24. 24. CaptiOnline キャプションライン (若月ら2014) • 聴覚障害者に対する情報保障を行うための 実験用ウェブサイト • ウェブブラウザを用いてオンラインで文字通 訳をおこなうことができるウェブアプリケーショ ン 2017/6/17 24
  25. 25. 謝辞 • 音学シンポジウム実行委員の皆様 • 筑波技術大学 関係各位 • 国立障害者リハビリテーションセンター 関係各位 • 上智大学 関係各位 2017/6/17 25

×