RESTfullアプリケーションの簡単作成

6,410 views

Published on

RailsでのRESTfulなアプリケーションの簡単な作成方法の紹介

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
6,410
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
51
Actions
Shares
0
Downloads
91
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

RESTfullアプリケーションの簡単作成

  1. 1. RESTfulアプリケーション の簡単作成 2007/07/27 - 駒形真幸 <komagata@p0t.jp>
  2. 2. RESTfulであるとは? 1. ステートレスなプロトコル(HTTP) 2. リソースを一意に識別できる構文(URI) 3. 全てのリソースに適用可能な操作セット (GET, POST, PUT, DELETE) 4. 情報と状態遷移の両方を扱えるメディア (HTMLやXML) --- Roy FieldingのREST原則
  3. 3. Railsで半自動生成
  4. 4. REST/非RESTなCRUDを自動生成 REST/非RESTな認証を自動生成
  5. 5. REST --- Web API(XMLベース) 非REST --- 普通のアレ(HTMLベース)
  6. 6. REST/非RESTともにロジックが 共通なところがイイ
  7. 7. RESTful TODO LISTを作る
  8. 8. 仕様 • タスクのCRUD • ユーザー登録、ログイン、ログアウト • タスクのCRUDは認証必要 • 上記をRESTでも
  9. 9. ユーザー登録
  10. 10. ログイン
  11. 11. タスク一覧
  12. 12. RESTな認証
  13. 13. RESTなタスク一覧
  14. 14. JSからのRESTな認証
  15. 15. JSからのRESTアクセス
  16. 16. 認証に関する議論
  17. 17. WSSE認証やGDataの認証 (Google Data AuthSub)とか の方が良いんじゃないの?
  18. 18. AtomプロトコルのIETFでの議論 • 「APIの仕様と認証は別の話」 • 「車輪の再発明、良くない」 • 「SSL/TLS+Basic/Digest認証使え」 (超訳)
  19. 19. Basic認証って危なくない?
  20. 20. SSL無しのログインフォームと 安全性は同じ
  21. 21. ログインフォームにSSLを使っ てるならSSLを使えばいい。 違うなら普通に使えばいい。
  22. 22. まとめ • RailsでRESTfulアプリが簡単。 • Basic認証はアリ。

×