Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ViewsがわかるとDrupalがわかる! Vol.1

2,276 views

Published on

OSSユーザーのための勉強会 <OSS X Users Meeting>
国立情報学研究所(NII)

http://eventregist.com/e/ossx2014-11
http://www.scsk.jp/product/oss/report.html#benkyo

Published in: Technology
  • Be the first to comment

ViewsがわかるとDrupalがわかる! Vol.1

  1. 1. Viewsがわかると Drupalがわかる! Vol.1 ANNAI LLC 紀野 惠
  2. 2. 目次 Drupal コンテンツ管理の発想 Viewsの役割 Viewsの4W2H なにを? が操作のキモ いろいろなフィルターについて デモ  (Contexual filter , Relationのさわり部分)
  3. 3. Drupalの発想 データを統一して扱う。 どういう意味?
  4. 4. 例えばフォーラム機能 Wordpressのフォーラムプラグイン bbPress 元々WPとは別の単体アプリケーション。 アカウントなどを連結している。
  5. 5. Drupalの発想 フォーラム、SNS、E-Commerceも Drupalコンテンツ CMS自体を作るフレームワーク
  6. 6. CMSコンテンツのフロー コンテンツ作成 保存 加工・表示  が 大枠の流れ Drupalは保存時に加工しないのも特徴
  7. 7. Viewsの役割 Viewsはコンテンツの 『加工/表示 = 再利用』 に関するモジュール
  8. 8. 基本的にはリストを作るモジュール (一件だけの表示もOK)
  9. 9. Drupal内のコンテンツ・データをすべ て扱う事ができる。
  10. 10. Viewsが扱えるデータ テキスト・コンテンツ(Node, Entity) 画像などさまざまなファイル ユーザー情報 コメント カテゴリー情報 取り込んだ外部ソース・DB
  11. 11. データの取り出し(SQL)だけでなく 表示部分まで担当する
  12. 12. 普通ならSQLやPHPでのプログラミ ングを駆使して実現する機能。 これら全て管理画面からGUIで操作 MySQLの知識なくてもOK
  13. 13. 管理画面
  14. 14. Viewsの4W2H なにを並べるのか? [what] どのような形式と見た目で? [how ] どれだけ? [how many] どんな順番で? [in which order] どこに表示する? [where] 誰に見せる? [who]
  15. 15. なにを? [What] 後述しますが、基本、並べる内容を選択しフィ ルターすると考えてください。 SQLでいうと、 SELECT,  FROM ,  WHERE句
  16. 16. どれだけ? [How many] Limit 並べる数を決める Pager 複数ページに分けて表示
  17. 17. どんな順番で? [In what order] ソート 日付順、更新順など
  18. 18. どのような形式と見た目で? [How] フォーマット テーブル スライドショー グリッド カレンダー ! ! CSV XML JSON etc.
  19. 19. どこに表示する? [Where ,When] Page Pathを指定 Menu に表示させる。 Attachment(Viewsのリストを複数接続)
  20. 20. 誰に見せる? [Who] Access:権限
  21. 21. 「なにを?」を自在に扱えると Viewsが好きになる。 裏側ではSQLが動いているが、意識せずに使 える。 SQLが分かる人は、SQLを表示させると挙動 の理解が早い。 まずはどんどん触って試してください。
  22. 22. こんな手順で考えるとわかりやすい 基本のコンテンツの種類を選ぶ(固定) フィールド(項目) or ノード 静的なフィルター 表示画面での手動のフィルター(絞り込み) 閲覧時の文脈による動的なフィルター リレーション (別種類のコンテンツから情報を取り込む) 難度高
  23. 23. ちょっと理解が難しいところ 閲覧時の文脈による動的なフィルター  Contexaual Filter フィルタの条件を送る方法は複数 URL 固定値 ログインユーザー
  24. 24. ちょっと理解が難しいところ リレーション ( JOIN) (別種類のコンテンツから情報を取り込む) あらかじめ、コンテンツ間の参照を作って おく References モジュール Entity Reference モジュールなど
  25. 25. とりあえずAdvanced Helpモジュール https://drupal.org/project/ advanced_help
  26. 26. Demo

×