リモート勤務でエンジニアをやっているワケ 〜 AWS ジャパンツアー 2014年 夏 札幌

6,056 views

Published on

AWS ジャパンツアー 2014年 夏 札幌会場でお話ししたスライドです。

Published in: Technology
0 Comments
4 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
6,056
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4,217
Actions
Shares
0
Downloads
6
Comments
0
Likes
4
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

リモート勤務でエンジニアをやっているワケ 〜 AWS ジャパンツアー 2014年 夏 札幌

  1. 1. リモート勤務で エンジニアをやっているワケ 欧文印刷株式会社 ソフトウェアエンジニア 田名辺健人(http://blog.dateofrock.com/)
  2. 2. Who am I ?!(この顔にピンときたら)
  3. 3. 田名辺 健人(たなべたけひと) ソフトウェアエンジニア 欧文印刷株式会社(東京都) 初代AWSサムライ 好きなサービス: SWF @dateofrock http://blog.dateofrock.com/
  4. 4. ノート型 ホワイトボード nu board 紙製ホワイトボード 消せる紙(し) http://www.g-mark.org/award/describe/39114
  5. 5. •2006年サービス開始 •当初はオンプレミスサーバー1台から 2009年より利用
  6. 6. リモート勤務
  7. 7. リモート勤務 遠隔地で雇用されて 働いている
  8. 8. http://cechiba2013.dreamlog.jp/archives/28199037.html http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%84%E3%83%AA%E3%83%BC http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%95%E3%81%A3%E3%81%BD%E3%82%8D%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E5%A1%94
  9. 9. http://cechiba2013.dreamlog.jp/archives/28199037.html http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%84%E3%83%AA%E3%83%BC http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%95%E3%81%A3%E3%81%BD%E3%82%8D%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E5%A1%94 札幌に住んでます。 でも東京に勤めています。
  10. 10. 東京本社と 常時接続(Skype)
  11. 11. ネットワークがないと クラウドで仕事できないwww
  12. 12. なぜ札幌に いるのか?
  13. 13. 3.11
  14. 14. 停電したコンビニ
  15. 15. 携帯電話はモチロン繋がらない。 固定電話は『停電』で電話機自体が使えない。 ※固定電話は「アナログ回線」の「アナログ電話機」でした
  16. 16. 結局Twitterで会社メンバーの安否を確認。
  17. 17. 出社できない?
  18. 18. 計画停電
  19. 19. 社内のハードディスクが棚から落下 傷付いてます
  20. 20. 自分たちの資産を 自分たちで管理する事が危ない
  21. 21. 社内開発リソース
  22. 22. 社内開発リソース
  23. 23. 時を同じくして
  24. 24. 両親:特定疾患(難病)患者
  25. 25. 社内開発リソース
  26. 26. 社内開発リソース どこからでも開発インフラに アクセスできる
  27. 27. 社内開発リソース どこからでも開発インフラに アクセスできる
  28. 28. 社内開発リソース どこからでも開発インフラに アクセスできる コミュニケーション手段も 無料/格安で使える
  29. 29. 2011年11月に転職せずに Uターンしてきました。
  30. 30. クラウド移住 検索
  31. 31.
  32. 32. EC2
  33. 33. EC2 こればかり 見てませんか?
  34. 34. ✓クリックすればサーバーが立つ、この クラウドなご時世。 ✓クラウドは仮想サーバーだけでは、
 それほど有り難くない。 ✓管理不要なデータベースとか、無限に 使えるストレージとか、自動で環境構 築してくれるとか、本来業務を加速し てくれるツールが欲しい。
  35. 35. インフラ構築に 振り回されない 本来やるべき事 に集中出来る (開発・サービス運用etc)
  36. 36. Webサーバー APサーバー ロードバランサー Webサーバー APサーバー データベース
  37. 37. Webサーバー APサーバー ロードバランサー Webサーバー APサーバー データベース DNSどうする? ! メールどうする? ! ロードバランサーの冗長化は? ! DBの冗長化とバックアップは? ! サーバーの監視は?
  38. 38. DNSどうする? ! メールどうする? ! ロードバランサーの冗長化は? ! DBの冗長化とバックアップは? ! サーバーの監視は? Webサーバー APサーバー ELB EC2 RDS Route53 SES ELB RDS CloudWatch
  39. 39. DNSどうする? ! メールどうする? ! ロードバランサーの冗長化は? ! DBの冗長化とバックアップは? ! サーバーの監視は? Webサーバー APサーバー ELB EC2 RDS Route53 SES ELB RDS CloudWatch さらに 言えば
  40. 40. Webサーバー APサーバー ELB EC2 RDS このくらいの構成であれば Elastic Beanstalkで一発です
  41. 41. 神サービス ご紹介w
  42. 42. Amazon RDS
  43. 43. Amazon RDS ✓MySQL / PostgreSQL / Oracle / SQL Server ✓自動パッチ適用 ✓自動バックアップ ✓最大5分前まで戻れる ✓Multi-AZ、リードレプリカ ✓PIOPS
  44. 44. Amazon RDS ✓自動バックアップの安心感パネェ ✓Multi-AZ、リードレプリカの簡単さパネェ ✓スケールアップ・ダウンが便利 ✓カットオーバー時は余裕を見て大きめのインスタン スで稼働。その後様子を見て下げるなど。 ✓キャンペーン等で一時的にトラフィックが増加する ときだけスケールアップしておくなど。
  45. 45. Amazon S3
  46. 46. Amazon S3 ✓分散ストレージサービス ✓格納出来るオブジェクトは無制限 ✓99.999999999%の堅牢性 ✓99.99%の可用性 ✓オブジェクトは基本プライベートだが、パブリッ クにも出来る
  47. 47. Amazon S3 ✓AWSはS3に始まり、S3に終わる ✓とにかく様々な使い道がある ✓クラウドデザインパターンでは必須 ✓「消えない・安定している」という方向にふっ たストレージなので、適切な使い方が重要 ✓各オブジェクトに固有のURLが付く
  48. 48. AWS Elastic Beanstalk
  49. 49. AWS Elastic Beanstalk ✓アプリケーションインフラの自動構成管理ツール ✓Java、.NET、PHP、Ruby、Python、Node.js ✓Docker ✓ELB、AutoScaling、AppServer(Apache、 Passenger、Tomcat、IIS)、RDSなどを自動構 築。基本はそこにデプロイするだけ。
  50. 50. AWS Elastic Beanstalk ✓Beanstalk自体の利用は無料 ✓いわゆるPaaSとはチョット違う。必要あればサーバー (EC2)にログインしてごにょごにょできる。 ✓そのごにょごにょは、簡単なYAMLでEC2自身にや らせる事が出来る。 ✓Environmentで複数の環境を持てる ✓例えばステージング、本番など
  51. 51. http://www.slideshare.net/dateofrock/20140411 詳しくはこちらでw
  52. 52. 使える部品が たくさんある!
  53. 53. リモート勤務で エンジニアをやっているワケ 欧文印刷株式会社 ソフトウェアエンジニア 田名辺健人(http://blog.dateofrock.com/) おしまい

×