Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
1. 概要
「Open棟梁」は、このスケルトンを横展開する過程で、汎用性を強化しつつ多数の機能を追加することで、
フレームワーク から、開発基盤へと進化を遂げました。現在、産業/金融/公共と業種を問わず、2.0M Stepの
大規模案件から2....
部会へのご興味、各種お問合せ、説明のご希望等がございましたら、以下までご連絡ください。
OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会
e-mail: ws-dotNetDevInfra-contact@osscons.jp, HP : https...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Open棟梁リーフレット(A type)@OSSコンソーシアム.NET開発基盤部会

3,970 views

Published on

Open棟梁のユーザ向けリーフレットです。

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Open棟梁リーフレット(A type)@OSSコンソーシアム.NET開発基盤部会

  1. 1. 1. 概要 「Open棟梁」は、このスケルトンを横展開する過程で、汎用性を強化しつつ多数の機能を追加することで、 フレームワーク から、開発基盤へと進化を遂げました。現在、産業/金融/公共と業種を問わず、2.0M Stepの 大規模案件から2.0K Step程度の小規模案件まで、様々な案件に対して100案件以上の導入実績があります。 .NET 用アプリケーション開発基盤 「Open棟梁」 「Open棟梁」は、.NET Framework 3.5 以上を前提とした.NET 用アプリケーション開発基盤です。 Github上でApache License, Version 2.0 で公開されています(ドキュメントはCC BY 2.1 JPでの公開)。 Web (ASP.NET, ASP.NET MVC), C/S (WinForm, WPF, UWP), バッチ, WebAPI, 組 込み等の各種方式と、主要DBのデータプロ バイダに対応しており、殆どの案件に適合し ます。 また、長年培われた大規模且つ、ミッショ ン・クリティカルな基幹システムの開発ナ レッジ (ノウハウ・スキル・情報)を適用案件 で流用することで、高品質なアプリケーショ ンを高い生産性で開発可能にします。 「Open棟梁」は、実際の開発プロジェクトで開発されたスケルトンをベースにした拡張開発によって誕生しま した。初期は「アプリケーション構造の標準化」と「処理の共通化」を意識したスケルトン プログラムでした。 表:前提環境 図1:アーキテクチャー 図2:多様なアーキテクチャを標準化可能
  2. 2. 部会へのご興味、各種お問合せ、説明のご希望等がございましたら、以下までご連絡ください。 OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会 e-mail: ws-dotNetDevInfra-contact@osscons.jp, HP : https://www.osscons.jp/dotNetDevelopmentInfrastructure/ 2015.07.31 (V1.1) ※記載の会社名および製品名は各社の商標または登録商標です。 一重に「フレームワーク」と括って言ってしまうと、通常は、P層 : [ASP.NET/ASP.NET MVC, JSF/Struts], B 層 : [TransactionScope/RealProxy, Spring], D層 : [ADO.NET/EntityFramework, JDBC/MyBatis/Hibernate]等を想像 しますが、 「Open棟梁」プロジェクトでは、.NETでデファクト・スタンダードとなっているASP.NET, ADO.NET等のランタイム・フレームワークを使用し、競合しない「上位スタック」部分の開発に注力しています。 この「上位スタック」は、実は(所謂)「オレオ レ・フレームワーク」と同じレイヤになります。この 言葉は、ネガティブな意味で使用されますが、実はこ のレイヤの枠組みは、どのような開発プロジェクトで も作成され、色々なノウハウが含まれる、重要かつ必 要な存在でもあります。 それにも関わらず、「オレオレ・フレームワーク」 各位が陥りがちな問題は、個別案件の事情や投資の縛 りのために、作り込みの甘さや、情報共有の不足をし ばしば招くことです。その結果、他の多様なプロジェ クトへの導入を困難にしてしまいます。 「Open棟梁」では、これらを解決し、汎用的な開発基 盤に昇華させるため、作り込みから、各種ドキュメン トの整備に加え、フレームワークの導入を容易にする ために特定プロジェクトのアーキテクチャに合わせて カスタマイズされたオンライン処理やバッチ処理の 『プロジェクト・テンプレート』を事前に準備します。 .NET 用アプリケーション開発基盤 「Open棟梁」 2. アプリケーション開発のサポート・エコシステム そして、この『プロジェクト・テンプレー ト』をプロジェクトに展開することで、開発プ ロジェクトの迅速な立ち上げを可能にします。 このため、『プロジェクト・テンプレート』 の開発準備作業を容易にする『テンプレート・ ベース』をGithub上で公開しています。Github で公開されている開発母体や『テンプレート・ ベース』は、各案件のFeedbackを受け、OSS エコシステムを形成し続けていきます。 大規模且つ、ミッション・クリティカルな基 幹システム開発に必要なQCDF向上の基盤は一 通り揃ったこともあり、Open棟梁2.0ではコン セプトを「迅速なスタートアップの立ち上げ」 とし、今後は、WebサービスやIoT関連のシス テム開発を視野に入れた機能拡充を行います。 上位スタック 図3:提供物一式のソフトウェア・スタック (*1) QCDF … Quality、Cost、Delivery、Flexibilityの頭文字 (*2) オンライン決済サービスとの連携機能は汎用認証サイトにβ版の機能として実装。 図5:OSSエコシステム 図6:センサー情報の取得 (IoT) 図7:センサー情報のTweet (IoT) 図4:Open 棟梁 2.0 のコンセプト

×