Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Google play アプリ配信で気をつける事

配信時に気をつけるべき、実行すると危険を伴うアクション。
みなさんBANされないように気をつけましょう。

  • Be the first to comment

Google play アプリ配信で気をつける事

  1. 1. GOOGLE PLAYでアプリ配信で気をつける事-KeyStore、Graphic、Source Codeのユニークさについて- 2012年10月24日 【アド部ー第5回定例会】 At Google社 (時間制限により未発表資料UP) 箭内 実 http://www.facebook.com/minoru.yanai
  2. 2. 検証の準備~検証方法~1、アプリA、アプリB、アプリCを準備。 Aが元になるアプリ。Bはグラッフィクのみを変えたアプ リ。 Cはグラッフィクを変え、且つ、KeyStore (証明書)を 変更。 この検証に際にdeveloperアカウントはユニーク、 PackageIDもユニークな状態で検証。2、 developerアカウント、KeyStoreを作る際には、IPア ドレス、 Macアドレス、アカウント作成時の個人クレジットカード 情報(住所、氏名など)も見ているという事が他の検証 で分かっていたので、別々の場所で1つ1つ準備を行う。
  3. 3. 検証時の準備 ~検証方法マトリックス~ Key Store /Package ID Developer Account Source Code Graphic Certification A X 同じ AA AA B Y 同じ AB AA C Z 同じ AC AB
  4. 4. 検証時の結果、分析、その他  Package ID Cのアプリのみ旧Android Marketの無 料新着コーナーに掲載される。1、アプリのユニークであるとい事を見ている事がわかり、KeyStoreもア プリの判断に入って事が判断できる。2、ソースコードやグラッフィクなでも見ているので大量コピーのアプリ に関しては、Google Playへのアップロード時に弾かれる、またはアカ ウントごとBANされる可能性がある。3、 Google Play Developer Program Policies の変更の中でも下記のは 注目点です。(2012年8月1日更新) 「自動化ツールやウィザードサービスによって生成されたアプリの禁 止。」
  5. 5. 検証時の結果の補足この検証は2011年10月以前の検証結果になるので、 現在も適用されているかと保障はないが、アカウントBAN時のアプ リ再アップや何らかの事情での別アカウントでの再アップ必要な場合 は、 以下の点に関して注意がした方が良いと言えます。1、Developerアカウント作成時の環境。 過去とは違うMACアドレス、IPアドレス、クレジットカード名義 ⇒同じ方のカードや過去使用したカードでアカウントを作ると、作成 出来ないケースがあります。2、KeyStore/証明書はDeveloperアカウント毎に変える。3、アプリのアップロード時もアカウント毎にIPアドレス、MACアドレ スを変える。4、グラッフィクだけ変えたアプリはソースコードも変更した方が良い。5、再アップ時のPackage IDはユニークした方が良い。 例:XXX.YYYY.ZZZ ⇒ XXX.YYYY.ZZZ2 これはやめた方が良い。
  6. 6. ANDROID マーケット デベロッパー プログラム ポ リシー アップデータBEFORE/AFTERまとめ 2012年10月24日 【アド部ー第5回定例会】80名まで増席!ボランティアの方募集なうです\(^o^;) / At Google社 箭内 実 http://www.facebook.com/minoru.yanai
  7. 7. このまとめは、2012年8月1日と2011年11月16日に変更において、BEFORE/AFTERでまとめています。
  8. 8. ①~なりすましと類似~1、他社により開発されたアプリの模倣はNG。2、模倣したサイト、アプリへの誘導はNG。3、アプリの名前やアイコンに、既存の サービス/プリインのアプリと混同される おそれのあるようなものを使用する事はNG。
  9. 9. ②~知的財産権関係~1、知的財産権の侵害を助長誘導はNG。
  10. 10. ③~ウィルス/セキュリティ関係~1、ユーザーの知らない間に位置情報やユーザ操作情報を収集するアプリはNG2、Google Play 以外のソースから知らずにアプリをDLまたはインストールするよう誘導するアプリもNG
  11. 11. ④~スパムとマーケット掲載順位関係~*以下は追加内容です1、自動化ツールまたはウィザード サービスによって作成されたアプリはNG。2、アフィリエイトのトラフィックをウェブサイトに誘導するアプリはNG。3、所有していないウェブサイトのサイトを表示するアプリの配信はNG。(許可を得ている場合を除く)
  12. 12. ⑤~有料アプリと無料アプリ関係~1、アプリの購入、アプリ内購入では Google Play の決済システムを使用する。以下は前のポリシーから変わらず。*物理的な商品またはサービスはOK。*アプリ自体の外で消費できるデジコンや商品はOK。
  13. 13. ⑥~定期購入と解約関係~1、Googleはユーザーの定期購入解約の払い戻しはしないがユーザは期間内でサービスを受け取れる。2、プロバイダは柔軟な払い戻しポリシーを適用出来
  14. 14. ⑦~広告のポリシー関係Ⅰ~1、各アプリにそのもの以外に広告もアプリの一部とみなす。2、広告内容は違法行為、暴力、露骨な性表現を、プライバシーの侵害を含むコンテンツはNG.3、アプリ自体のコンテンツのレーティングに適合しない広告もNG
  15. 15. ⑦~広告のポリシー関係Ⅱ~4、同意なしでデフォルト設定変更、ショートカット、ブックマーク、アイコンなどをインストールしたりするなどの動作はNG。5、変更を行う場合には、どのアプリが変更を行ったのか明示する必要がある。6、端末の設定変更、アプリ内で広告表示設定、アンインストールするといった方法で変更を簡単に元に戻せる必要があります。
  16. 16. ⑦~広告のポリシー関係Ⅲ~7、システム通知や警告を装った広告はNG.8、交換条件としての広告表示やタップ、個人情報の送信をさせる事はNG。無条件に広告を非表示にできる9、広告がどのアプリに関連付けられているか、どのアプリに組み込まれているかなどを、わかりやすく明示する必要があります。

    Be the first to comment

    Login to see the comments

  • ssuser809882

    Oct. 24, 2012
  • comuri

    Sep. 24, 2018

配信時に気をつけるべき、実行すると危険を伴うアクション。 みなさんBANされないように気をつけましょう。

Views

Total views

6,354

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

6

Actions

Downloads

19

Shares

0

Comments

0

Likes

2

×