Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Baculaハンズオンセミナー資料 #2

171 views

Published on

2016/7/22に実施したBacula.jp主催の第2回Baculaハンズオンセミナーの資料になります

Published in: Software
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Baculaハンズオンセミナー資料 #2

  1. 1. Bacula.jp主催 第2回 Baculaハンズオンセミナー 2016/07/22
  2. 2. 自己紹介 2 氏名: 澤田 健 (sawada ken) 所属: 株式会社サードウェア 経歴: 2013.04 ~ 現職 Twitter: @ksawada1979 「DRBD、Bacula関連の情報を発信中!」 Facebook: ken.sawada.14 @ITにて「DRBDの仕組みを学ぶ」を連載中 http://www.atmarkit.co.jp/ait/series/2185/index.html
  3. 3. Bacula.jpとは? 3 Bacula.jpではBaculaの日本での普及を目的としたコミュニティです。 現在の主な活動としてBaculaのインストール手順、構築手順、 Baculaの公式ドキュメント の日本語への翻訳などを公開しています。 今後は定期的なハンズオン開催、オープンソースカンファレンスへの参加を計画しています。 Bacula.jp公式ページ https://www.bacula.jp/ Bacula.jp公式ハッシュタグ #baculajp
  4. 4. Bacula.jpの歴史 4 年月日 内容 2008年10月01日 Bacula.jp結成 2008年10月31日 ウェブサイト制作 2008年11月08日 日経Linux2008年12月号に記事が掲載 2009年01月15日 オープンソースカンファレンス2009 Tokyo/Springに参加 2009年02月14日 オープンソースカンファレンスプレ勉強会を開催 2012年2月頃を境にウェブサイトが消える(archive.org上の記録から) 2013年10月頃 再結成 2014年6月 ウェブサイトBacula.jp復活 2016年6月 初のハンズオン開催
  5. 5. Baculaバージョンについて 5 年月日 バージョン 2000年1月 プロジェクト開始 2002年4月 First Release ver1.16 2006年6月 Release 1.38.11 2007年1月 Release 2.0.0 2007年8月 Release 2.2.0 2008年6月 Release 2.4.0 2009年4月 Release 3.0.0 2010年8月 Release 5.0.3 2013年2月 Release 5.2.13 2016年1月 Release 7.4.0 2016年6月 Release 7.4.1 2016年7月 Release 7.4.2
  6. 6. Baculaバージョンについて 6 Baculaは「Bacula Community版」と「Bacula Enterprise版」があります。 Bacula.jpでは「Bacula Community版」を前提としてます。 「Bacula Enterprise版」は、有償サポートが受けられるバージョンになります。 Community版のバージョンは奇数 Enterprise版のバージョンは偶数 といったようにバージョン番号が明確にわかれています。 よってCommunity版の現在最新バージョン7系の前のバージョンは5系となります。 Enterprise版の現在最新バージョン8系の前のバージョンは6系となります。
  7. 7. Baculaバージョンについて 7 Baculaとはオープンソースによるネットワークバックアップソリューショ ンです。 スイスにあるBacula Systems社が開発しています。 世界で一番ダウンロードされているバックアップソフトです。 2016年6月現在236万ダウンロードを超えています。 210万という数は2位のソフトの2倍以上です。 http://sourceforge.net/projects/bacula/files/stats/timeline?dates=2002-04- 01+to+2016-06-27
  8. 8. Bacula採用企業 8 ハンズオン会場のみで・・・・
  9. 9. Baculaの基本 9 Bacula構成図 Directorデーモン (bacula全体管理) + DB(カタログ) Fileデーモン (バックアップ対象機) Storageデーモン (バックアップデータ管理) Console操作 (Bconsole,Bat,Bweb) ※最小で1台で構築できる ユーザー
  10. 10. Baculaの基本 10 今日のハンズオンでは ・Directorデーモン (パッケージ名:bacula-director) ・Storageデーモン (パッケージ名:bacula-storage) ・Fileデーモン (パッケージ名:bacula-client) ・Bconsole (パッケージ名:bacula-console) を1台にインストールします。 あとバックアップ対象になるサーバにFileデーモンだけをインストールします。 Fileデーモンはchef、zabbixなどのエージェントと同じイメージです。 bacula-director
  11. 11. Baculaの基本 11 Bacula全体を管理する指令塔 SQLデータベースと連携して、すべてのクライアントに関するバックアップ とリストアの設定を管理し、ジョブの実行を制御します。 SQLデータベースをカタログと呼びます。 今回の構築ではMYSQLを使用します。 Directorデーモン (bacula全体管理) + DB(カタログ) Fileデーモン (バックアップ対象機) Storageデーモン (バックアップデータ管理) Console (ユーザ操作) Directorデーモン (デーモン名:bacula-dir)
  12. 12. Baculaの基本 12 多様なプラットフォームをサポート 様々なLinuxディストリビューションWindows Mac OSX FreeBSD Solaris AIX HP-UXなど Fileデーモン (デーモン名:bacula-fd) Directorデーモン (bacula全体管理) + DB(カタログ) Fileデーモン (バックアップ対象機) Storageデーモン (バックアップデータ管理) Console (ユーザ操作)
  13. 13. Baculaの基本 13 バックアップしたデータを管理します。 ハードディスク、テープ、オートチェンジャーなど多様なストレージを扱えます。 Storageデーモン (デーモン名:bacula-dir) Directorデーモン (bacula全体管理) + DB(カタログ) Fileデーモン (バックアップ対象機) Storageデーモン (バックアップデータ管理) Console (ユーザ操作)
  14. 14. Baculaの基本 14 Directorを操作するためのコンソールです。 bconsole CUIベースのツール bat GUIベースのツール(アプリ) baculum Webベースのツール Webacula Webベースのツール bacula-web Webベールのツール bweb Webベースのツール(エンタープライズ版のみ) ※設定変更が可能 Console Directorデーモン (bacula全体管理) + DB(カタログ) Fileデーモン (バックアップ対象機) Storageデーモン (バックアップデータ管理) Console (ユーザ操作)
  15. 15. 15 ハンズオン資料
  16. 16. Baculaインストール・設定関連手順 16 Baculaサーバインストール手順 https://www.bacula.jp/install-server/ Baculaクライアントインストール手順 https://www.bacula.jp/install-client/ Baculaサーバ設定手順 https://www.bacula.jp/server-setting/ Baculaクライアント設定 https://www.bacula.jp/bacula-client-setting/ bacula-director
  17. 17. 起動・停止・バックアップ・リストア手順 17 Baculaサーバ起動・停止 https://www.bacula.jp/start-stop/ バックアップ手順 https://www.bacula.jp/backup/ リストア手順 https://www.bacula.jp/restore/ bacula-director
  18. 18. Baculaコンフィグファイルサンプル 18 bacula-dir.conf https://www.bacula.jp/archives/910 bacula-sd.conf https://www.bacula.jp/archives/915 bconsole.conf https://www.bacula.jp/archives/922 bacula-fd.conf https://www.bacula.jp/archives/919 bacula-director
  19. 19. ハンズオンの構成図 19 bacula-director Baculaサーバ バックアップ対象サーバ バックアップ取得 IP 192.168.0.2xx ホスト名 bacula-server IP 192.168.0.2xx ホスト名 bacula-client IPアドレスは各自割り振られているIPアドレスを使用してください。
  20. 20. Baculaインストール関連手順 20 bacula-director Virtualbox上に以下の2台のサーバを構築します。(講師用マシン環境) 対象 バージョン 備考 OS CentOS 7.2.1511 最小限のインストール DB mariaDB 5.5.47-1 Bacula 7.0.5 対象 バージョン 備考 OS CentOS 7.2.1511 最小限のインストール Bacula 7.0.5 クライアントのみ バックアップ対象サーバ Baculaサーバ
  21. 21. ご参考 21 Baculumインストール手順 https://www.bacula.jp/baculum-install/ BalulumはWebベースツールです。 JOBの結果の確認、JOB実行、リストアなどが可能です。 bacula-director
  22. 22. ご参考 22 よくある質問事項 https://www.bacula.jp/question/ 第1回ハンズオンに参加いただいた方の質問事項を追加しました ・重複排除機能はありますか? ・バックアップ時にデータ圧縮はできますか? ・bconsoleが起動しません 今後も随時追加予定 ・Baculaのサポートは? ・バックアップジョブが同時に実行された場合どうなりますか? bacula-director
  23. 23. 23 ご清聴ありがとうございました

×