Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

もしプロダクトマネージャーが野球のピッチャーだったら

174 views

Published on

スマートウォッチというプロダクトを成長させていく中で、フェーズによって適したPMのタイプがあるんじゃないかと考え始めています。それを、野球のピッチャーや試合運びに例えてお話ししてみます。

Published in: Devices & Hardware
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

もしプロダクトマネージャーが野球のピッチャーだったら

  1. 1. プロダクトオーナー祭り 2018 Summer もしプロダクトマネージャー が野球のピッチャーだったら カシオ計算機株式会社 時計開発統轄部 リスト機器開発部 商品企画室 岡田 佳代
  2. 2. 自己紹介  岡田 佳代  2005年 カシオ計算機入社  デジカメ 組込ソフト開発(6年)  スマートウォッチ 商品企画(6年)  趣味… 登山、アウトドア全般
  3. 3. アウトドア向けスマートウォッチの開発 PRO TREK Smart WSD-F20  ハードとソフト、両方とも比重が大きい  プロダクトの価値定義、HW/SW開発プロセスの模索  前回のスライド公開してます。 「スマートウォッチのプロダクト開発」  https://www.slideshare.net/KayoOkada/ss- 88558731
  4. 4. 「時刻を見るくらい簡単に、 現在地をチェックできる時計」 登山に限らず、アウトドア全般、 もっと広げると「知らないところに行く時」に共通の価値
  5. 5. 「GPS」+「オフライン地図」 • 世界中のどこでも、地図上で自分の現在地がわかる! • アウトドアに最適! 《 GPS内蔵 》 空が開けていれば どこでも、 位置がわかる 《 オフライン地図 》 ウォッチだけで 地図が表示できる (圏外でもOK)
  6. 6. 今回のお話  もしプロダクトマネージャーが野球のピッチャーだったら  先発型とリリーフ型があるのでは?
  7. 7. 野球の「先発」「リリーフ」とは (ピッチャーの分業制) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 イニング (回) 先発 • 5~7イニング、100球くらい • 試合を作る、多少失点があっ ても持ちこたえる、スタミナ リリーフ • 残りイニングを継投 • 引き継いで勝つ、失点し ない精度、安定性
  8. 8. カシオのスマートウォッチの場合①  ~2017 WSD-F20発売まで  1プロダクトのみ  PMのタイプ  「先発ピッチャー」っぽい  役割・特性  プロダクトのコア価値(腕に地図)を作る、多少ミスが あっても持ちこたえる、スタミナ
  9. 9. カシオのスマートウォッチの場合②  2017~ WSD-F20発売後  ラインナップが多様に  PMのタイプ  「リリーフピッチャー」っぽい  役割・特性  引き継いで事業貢献、手堅さ、安定性  (場面によっては、若手の育成に使う場合もある)
  10. 10. 「PMは1人であるべきか」の議論 (合議制は成り立つか)  1人が見た方がプロダクトのクオリティ上がるよ  そうは言っても、複数人でないと物理的に回らないよ  リスク回避のために合議は必要だよ  私見:プロダクトのフェーズによるのでは?
  11. 11. 立ち上げ、大きな変化が必要な時は、 「先発型PM」  基本1人で決める、多少の判断ミスも折り込み済み、やり通す  「クオリティスタート※」でいい  このフェーズで無失点を目指して合議しすぎると、迷走する気が する ※6イニング以上を投げ、かつ3自責点以内。先発投手の安定性を表す指標
  12. 12. 事業を伸ばす段階なら、 「リリーフ型PM」  引き継いで伸ばす、着実に結果を出す精度、安定性  このフェーズでは、合議はありかなと思う(上記実現するた めの一手段として)
  13. 13. プロダクトを継続して回していく チームづくり  常に戦い続ける →プロ野球のペナントレース  PMもチーム化 →試合展開にあわせた、ピッチャーの分業  シーズンを通して戦うためのチーム構成とは?  先発ローテーション  若手の育成 どの試合で実戦投入?  安定事業になると、経験値がリリーフ型に偏る?(0→1しづらくなる)
  14. 14. まとめ  プロダクトのフェーズによって、適した判断の質・速度がある  野球のピッチャーに例えると、  先発型PMが、多少粗があってもやり通す (立ち上げ、変化の時)  リリーフ型PMが、精度良く結果を出す (事業を伸ばす時)  プロダクトのタイプによるかもしれませんが…  「わかる」「うちは全然違う」など、思索のきっかけになれば幸いです

×