Your SlideShare is downloading. ×
0
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

CDNetworks Japan - CDNX2013 パネルディスカッション資料 2013-06-20

440

Published on

Do you think Mobile market is driven by technology? …

Do you think Mobile market is driven by technology?
No, that is not true. Mobile market is driven by human nature; the essences of human acts are out of doors.
Why people goes to their office? To process various kinds of data comes from "outside", by hand, parol or computer.
To consider about what you should bring next to mobile market, you should think about what kind of data processing will be requited at out of door.
Military services, medical services, construction industry, earth-moving industry and athletic industry, catering and restaurant business might need "tough tablet", for the environment where you can not use PC, dusty, damply, noisy, uncomfortable place, not at the office.
This slide was used at CDNetworks Japan - CDNX2013 panel discussion. With CDNetworks CTO, Maruta-san and I discussed about how mobile market will be changed in a few years.

技術ドリブンで市場規模が拡大していると思われているモバイル市場ですが、実は市場を牽引しているのは、人の行動の本質が屋外にある事に起因します。
今後のモバイル市場がどのように変化していくのか。市場は何を求めているかを、2013年6月20日に開催されたCDNetworks Japanでのプライベートセミナー「CDNX2013」のパネルディスカッションにて、CDNetworksのCTOの丸田さんと語り合ってきました。

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
440
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. CDNX 2013 パネルディスカッション©2012 Keynote Systems, Inc.2013年 6月 24日 Keynote Systems, Inc.Technical Business Representative竹洞 陽一郎Yoichiro.Takehora@keynote.com モバイルコンテンツ配信の未来
  • 2. 自己紹介 §  Keynote Systems…Technical Business Representative§  平たく言うと、日本代表§  経歴§  2004~2006 VMware … Professional Service Organization日本人初のVCPトレーナー§  2006~2009 Akamai…Professional ServiceTechnical Project Manager§  2009~2010 Verizon Business…Global ServicePrincipal Consultant§  2011~ Keynote SystemsTechnical Business Representative§  やってきた事§  Layer1~7の技術§  定量化・定性化分析手法(Function Point法、COCOM II)§  システム最適化§  Lotus Notes → Windowsのシステム構築 → Unix/Linuxのシステム構築 → メール → Webシステム → ユーザビリティ→システム開発見積り・IT不良資産 → 仮想マシン → CDN、Web高速化、ストリーミング、RMT問題 → Webコンサルティング(統計分析手法によるパフォーマンス、UX)2013年 6月 24日 2©2012 Keynote Systems, Inc.
  • 3. Keynote Systemsについて •  アメリカ合衆国カリフォルニア州サンマテオに本社を置く•  1995年創業、1999年NASDAQ上場•  Web、モバイル、ストリーミングのパフォーマンス計測のサービスを主とする•  計測の分野におけるマーケットリーダー•  顧客数4,000社以上•  計測拠点275ヵ所•  計測用コンピュータ7,000台以上 2013年 6月 24日 3©2012 Keynote Systems, Inc.
  • 4. 4New MediaAutomotiveRetailFinancial ServicesTechnology & Telecom TravelPortals/MediaBusiness-to-BusinessKeynoteをご採用頂いているお客様©2012 Keynote Systems, Inc. 2013年 6月 24日
  • 5. 今日、お話する事 §  スマートフォンサイトのパフォーマンス状況 2011 VS 2013§  箱ひげ図で表す日本のスマートフォンサイトのパフォーマンス日本のスマートフォンサイトパフォーマンス最新動向§  パフォーマンス改善の効果§  モバイル広告の真実§  マルチスクリーンでの動線§  モバイルの本質§  モバイルの需要を読む2013年 6月 24日 5©2012 Keynote Systems, Inc.
  • 6. スマートフォンサイトのパフォーマンス状況 2011VS 2013 まだまだ遅い日本のスマートフォンサイト 2013年 6月 24日 6©2013 Keynote Systems, Inc.
  • 7. 2013年 6月 24日 7©2013 Keynote Systems, Inc.Mobile E-Commerce Top20 – SoftBank – Oct19th – April15th, 2011
  • 8. Mobile E-Commerce Top20 – SoftBank – May29th – June19th 2013年 6月 24日 8©2013 Keynote Systems, Inc.
  • 9. 2013年 6月 24日 9©2013 Keynote Systems, Inc.Mobile E-Commerce Top20 – DoCoMo – Oct19th – April15th, 2011
  • 10. Mobile E-Commerce Top20 – DoCoMo – May29th – June19th 2013年 6月 24日 10©2013 Keynote Systems, Inc.
  • 11. 箱ひげ図で表す日本のスマートフォンサイトのパフォーマンス 平均を見てはいけない 2013年 6月 24日 11©2013 Keynote Systems, Inc.
  • 12. モバイル回線品質改善 – DoCoMo VSSoftBank 2013年 6月 24日 12©2013 Keynote Systems, Inc.
  • 13. パフォーマンス改善の効果 ちょっと改善するだけで、大きくアクセス数は伸びる 2013年 6月 24日 13©2013 Keynote Systems, Inc.
  • 14. ちょっと改善しただけで、アクセス数30%増 14
  • 15. モバイル広告の真実 あなただって、スマートフォンの広告、見ないでしょう? 2013年 6月 24日 15©2012 Keynote Systems Confidential
  • 16. モバイル検索の王者 - Google 2013年 6月 24日 16©2013 Keynote Systems, Inc.
  • 17. 人は、モバイルに広告を求めない 2013年 6月 24日 17©2013 Keynote Systems, Inc.
  • 18. O2O(Online To Offline)の元となった調査結果 §  “The Mobile Movement: Understanding SmartphoneUsers”(2011年、Google) §  95%のスマートフォンユーザは地域に関する情報を検索したことがある §  61%のユーザは検索の後にそこにビジネスの電話をして、59%が実際にそこを訪問した §  それらの行動を起こした90%の人々は24時間以内に、その行動(電話して訪問)をした 2013年 6月 24日 18©2013 Keynote Systems, Inc.
  • 19. Kiip 2013年 6月 24日 19©2013 Keynote Systems, Inc.
  • 20. リワード広告(報酬広告)- 18~22%のCTR §  通常のモバイルバナー広告のCTRは0.6% 2013年 6月 24日 20©2013 Keynote Systems, Inc.
  • 21. マルチスクリーンでの動線 スマートフォンだけの人はいない、タブレットだけの人はいない、PCだけの人もいない、という現実 2013年 6月 24日 21©2013 Keynote Systems, Inc.
  • 22. 画面間での作業の持越し遷移 2013年 6月 24日 22©2013 Keynote Systems, Inc.Google - The New Multi-screen World: Understanding Cross-platform Consumer Behavior. (August, 2012)
  • 23. Showroomingによって、衝動買いが増える 2013年 6月 24日 23©2013 Keynote Systems, Inc.Google - The New Multi-screen World: Understanding Cross-platform Consumer Behavior. (August, 2012)
  • 24. モバイルの本質 高次元のビジョンこそが、継続的なビジネスと高い収益を齎す2013年 6月 24日 24©2013 Keynote Systems, Inc.
  • 25. 人の活動の本質は、屋外にある §  事務作業に従事する人口は、歴史的に少数§  産業革命以後、労働集約と共に、事務作業人口が増大§  「現場」の「データ」を処理するための「ホワイトカラー」層の増大 2013年 6月 24日 25©2013 Keynote Systems, Inc.
  • 26. モバイル→ウェアラブルコンピューティング §  データ処理の「現場」への回帰 2013年 6月 24日 26©2013 Keynote Systems, Inc.
  • 27. 中長期モバイル戦略 - ROS(Robot OS) 2013年 6月 24日 27©2013 Keynote Systems, Inc.
  • 28. Googleは、何故、自動運転車OSを開発するのか? 2013年 6月 24日 28©2013 Keynote Systems, Inc.日経新聞3月28日朝刊記事より
  • 29. モバイルの需要を読む 労働環境の変化、B2CからB2B、現場でのデータ処理 2013年 6月 24日 29©2013 Keynote Systems, Inc.
  • 30. 「機械との競争」 2013年 6月 24日 30©2013 Keynote Systems, Inc.
  • 31. これからの「仕事」デービッド・オッターMIT教授、フランク・レビーMIT教授、リチャード・マーネン・ハーバード大教授 非定型手仕事業務 非定型分析業務非定型相互業務 定型手仕事業務 定型認識業務 2013年 6月 24日 31©2013 Keynote Systems, Inc.身体的業務 知的業務 非定型的業務 定型的業務 日経ビジネスオンライン「減っていく『そこそこの』スキルの仕事」2013年5月13日記事より作成
  • 32. 「仕事」を理解し、需要を理解する §  非定型分析業務§  研究、分析など高度な専門知識を持ち、抽象的思考の下に課題を解決する業務§  非定型相互業務§  交渉、管理、コンサルティングなど、高度な内容の対人コミュニケーションを通じて価値を創造・提供する業務§  定型認識業務§  事務、計算など、予め定められた基準の正確な達成が求められるデスクワーク§  定型手仕事業務§  身体的作業(手作業あるいは機械を操縦しての規則的・反復的な生産作業)により、あらかじめ定められた基準の達成を行う。§  非定型手仕事業務§  家事サービス、修理などそれほど高度な専門知識を要しないが、定型的ではなく状況に応じて個別に柔軟な対応が求められる身体的作業 2013年 6月 24日 32©2013 Keynote Systems, Inc.日経ビジネスオンライン「減っていく『そこそこの』スキルの仕事」2013年5月13日記事より
  • 33. Tough Tablet(タフ・タブレット) §  キーボードが使えない「現場」でのコンピューティング§  医療§  土木§  軍事§  家事§  スポーツ§  警備§  運輸 2013年 6月 24日 33©2013 Keynote Systems, Inc.
  • 34. 進む「現場」でのデータ管理 2013年 6月 24日 34©2013 Keynote Systems, Inc.
  • 35. UP by Jawbone 2013年 6月 24日 35©2013 Keynote Systems, Inc.
  • 36. お問い合わせ §  サービス概要などは、公式サイトよりご覧いただけます。§  http://www.keynotesystems.jp/§  各サービス詳細資料については、Slideshareよりダウンロード頂けます。§  http://www.slideshare.net/takehora/presentations§  Facebookファンページで最新情報をご覧頂けます。§  https://www.facebook.com/KeynoteSystemsJapan§  またブログにて記事をご覧頂けます。§  http:/blog.keynotesystems.jp/§  価格については、営業窓口までお問い合わせ下さい。§  (竹洞:yoichiro.takehora@keynote.com)2013年 6月 24日 36

×