Your SlideShare is downloading. ×
0
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Beginning Python
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Beginning Python

1,219

Published on

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,219
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 「ああ、PyConJPの講演資料って いうんですか、まだ0%ですね」 “Ah, slides for PyCon JP? 0% yet.” on Twitter
  • 2. 2 Beginning Python Python 2.7 PyCon JP 2012 Tokyo, JAPAN
  • 3. 3 おまえだれよ? K. Sato Advanced Institute of Industrial Technology 自己紹介
  • 4. 4 主な参加プロジェクト、勉強会、 コミュニティなど ① RICOH & JavaTM Developer Challenge Plus 2012 → チーム 「とりぷるS」としてエントリー ② Python mini Hack-a-thon → ときどきお邪魔させていただいております ③ Twitter翻訳センター → 翻訳のボランティアをしています
  • 5. 5 1. きっかけ、悩み、壁 2. 用語 3. 書評的な何か 4. Pygame 5. 本学のPython教育について (学生視点) 本日のお話 Outline
  • 6. 6 1. きっかけ、悩み、壁
  • 7. 7 きっかけは カードゲーム Python開始: 2011年11月 【参考文献】 http://www.amazon.co.jp/dp/B005FEOYNA
  • 8. 8 悩み、壁は たくさんありました。 ① 環境設定がよくわからない ② 文字コードの設定がよくわからない ③ Vim, Emacsの設定がよくわからない ④ UNIXのコマンドを忘れている ⑤ インデントが原因で1日つぶれた ⑥ などなど
  • 9. 9 でも大丈夫
  • 10. 10 そして エキスパートPython プログラミング読書会に 参加してみた
  • 11. 11 (;´ー`) (後略) →難しくても、 とても楽しい。 ためになる。
  • 12. 12 2. 用語
  • 13. 13 【キーワード】 コミュニティ (PyCon JP 2012含む)には、 「マサカリ」を持った 「モヒカン」達が やってくるらしい!?
  • 14. 14 【参考文献】 http://www.amazon.co.jp/dp/B001CNI7LI (グロテスクな画像へのリンクを含んでいる可能性があります) 当初のイメージ
  • 15. 15 【参考文献】 http://d.hatena.ne.jp/keyword/モヒカン族 【その他興味深い記事】 http://www.j-cast.com/2006/10/22003464.html?p=all 【Mohican】 一言で言えば「技術原理主義者」 (モヒカン族グループのキーワード 「モヒカン族」より)。
  • 16. 16 (´・ω・`) ちょっと恐い
  • 17. 17 でも、
  • 18. 18 礼節をもって 接すれば、 最高に頼りになる ハッカーたち。 ※個人的な解釈です。流れ弾に注意しましょう。
  • 19. 19 マサカリ 【参考文献】 [1] http://www.amazon.co.jp/dp/B001CNI7LI (グロテスクな画像へのリンクを含んでいる可能性があります) [2] http://d.hatena.ne.jp/keyword/モヒカン族#origin 【その他興味深い記事】 http://www.j-cast.com/2006/10/22003464.html?p=all → 斧、トマホーク
  • 20. 20 温度差に注意 (約2段階) EASY NORMAL HARD VERY HARD NIGHTMARE IMPOSSIBLE
  • 21. 21 次 Next
  • 22. 22 ハッカソン ハッカソン (英語: hackathon、別名:hack day,hackfest,codefest)とは ソフトウェア開発分野のプログラマやグラフィックデザイナー、 ユーザインタフェース設計者、プロジェクトマネージャらが 集中的に共同作業をするソフトウェア関連プロジェクトの イベントである[1] 。 【参考文献】 http://ja.wikipedia.org/wiki/ハッカソン
  • 23. 23 次 Next
  • 24. 24 ハンズオン (Hands-on 直訳は「手を置く(手を触れる)」)とは、体験学習を 意味する教育用語。参加体験、実用的体験、インタラクティブ 体験、実習、実験、体感など、体を使うことによる学習補助 教育手法を指す。またトレーニングなどにおいては専門家から 直接手取り足取り指導を受けることも意味する。 【参考文献】 http://ja.wikipedia.org/wiki/ハンズオン ハンズオン
  • 25. 25 PyCon JP 2012にも、 ハンズオンがあります。 私も出たいです(´・ω・`)
  • 26. 26 PyCon JP 2012の3日目には、 開発スプリントもあります。 スプリントとは Sprintは、短期集中型のソフトウェア開発イベントです。 Hack-a-thon(ハッカソン)や開発勉強会といった呼ばれ方もしている と思います。また、スピーカーやその他たくさんの開発者の方と 話をするチャンスでもあります。今回は、PyCon JP 2012 の翌日の 9月17日(月・祝)に、同じ会場で行います。 【参考文献】 http://2012.pycon.jp/program/sprints.html
  • 27. 27 3. 書評的な何か
  • 28. 28 失敗事例
  • 29. 29 【参考文献】 [1] http://www.apple.com/jp/education/ipad/ [2] http://code.google.com/p/python-doc-ja/downloads/list +
  • 30. 30 失敗理由 ① PDFを入れたら、満足感が 得られてしまった。 (当時話題のiPad2で話題のPythonのドキュメント読んでる俺かっこいい) ② 昭和世代は書き込んだ 方が覚える。(気がする) ③ パラパラめくりたい。 (参照性。決してiPadが悪いわけではなく、相性もある)
  • 31. 31 おすすめ参考書
  • 32. 32 http://code.google.com/p/python-doc-ja/downloads/list から Pythonチュートリアル2.7ja1 をダウンロードし、 紙に両面印刷の上、 読み込む。書き込む。
  • 33. 33 【ご参考】 チュートリアルを補完する 素晴らしい参考書一覧 [1] http://www.amazon.co.jp/dp/4798032948 [2] http://www.amazon.co.jp/dp/4048686291 [3] http://www.amazon.co.jp/dp/4797353953 [4] http://www.amazon.co.jp/dp/4797371595
  • 34. 34 4. Pygame
  • 35. 35 BASIC (PC-88/98, X68k, MSX, ファミリーベーシック, etc…) 僕らのコンピュータの基礎は、 ゲームが教えてくれた。 (方も多いはず)
  • 36. 36 Pygameはそれに近い気がします。 もっと簡単かもしれません。 Pythonのゲーム用モジュールです。 Windows, Mac, UNIXなど、 さまざまなOSに対応しています。 【参考文献】 http://www.pygame.org
  • 37. 37 【参考文献】 http://inventwithpython.com/pygamecheatsheet.png 使い方 一発でわかるチート シートがあります。 オブジェクトを 動かしたり、 音を鳴らしたり、 すぐにできます。
  • 38. 38 5. 本学の Python教育について (学生視点)
  • 39. 39 Pythonを勉強する/楽しむのに 最適な、素晴らしい講義と 環境が揃っています。 (Python専門の授業もあります)
  • 40. 40 Javaでサンプルコードをもらった 課題にもかかわらず、 Pythonで出してもOKな、 懐が深い先生もいます。 (RubyもOK)
  • 41. 41 もしよければ、 また遊びに来て下さい。 そして楽しかったら、是非 入試にチャレンジしてください。 共に学び、楽しみましょう!
  • 42. 42 ご清聴ありがとうございました。 Thank you for your attention, and I’d be happy to take your questions.

×