Your SlideShare is downloading. ×
0
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント

5,266

Published on

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
5,266
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
39
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント 日本オラクル株式会社システム事業統括ソリューション統括本部プロダクトマネジメント本部 シニアセールスコンサルタント 佐藤和幸 2012年 4月26日0 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 2. 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約)するものではないため、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリースおよび時期については、弊社の裁量により決定されます。 OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。 文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。1 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 3. 2 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 4. Program Agenda • 過去のディープダイブセミナーについて • Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント • Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 • Oracle Solaris 11 への移行ツールおよび機能 • 参考情報3 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 5. 過去のディープダイブセミナーについて • ディープダイブ #1 – Oracle Solaris 11の最新機能をご紹介 • ZFS , IPS,システム/ネットワーク/ストレージの仮想化機能 • ディープダイブ #2 – Oracle Solaris 11 のインストールや導入方法をご紹介 • 複数のインストール方法、Automates Installer、Distribution Constructor • 資料は、下記にて公開中 – slideshare.net/SolarisJP4 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 6. Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント5 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 7. Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント 従来型のデータセンターからクラウド基盤への変革 Solaris Solaris Solaris Solaris Solaris Solaris Solaris Solaris 9 Solaris 10 Solaris 11 専用のサーバ群 仮想化されたシステム 基幹業務クラウド • 物理的な隔離 • OSまたはアプリで隔離 • サービスを隔離 • 単一システムの資源 • 資源の共有 • 仮想環境に対して柔 • 複数のシステムの管理 • スタックの管理 軟な資源管理 • クラウド管理6 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 8. Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント Solaris 2.6 時代から永年培われてきた互換性 • OS バージョン間でAPI・ABIの互換性を高次元で維持 – 過去の資産を有効に活用しつつ次の成長へ • Solaris 11で提供される様々な移行および集約方法 – Solaris Zones, Solaris Legacy Containers, Oracle VM for SPARC • Solaris 11 の革新的な機能上に構築される過去の資産 – Solaris 11 の機能を活用しながら移行の準備を探る • Solaris の移行先は Solaris しかありえない!7 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 9. Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント Oracle Solaris Binary Gurantee バージョンを超え バージョンを超えた プラットフォームを越えた バイナリの互換性 ソースレベルの互換性 た 過去13年間に渡る SPARC to x86/x64 バイナリ互換性 バイナリ互換性を維持 x86/x64 to SPARC (Solaris 2.6から) Guaranteed Compatibility • アプリケーションの互換性チェックユーティリティを提供 – Solaris 8 4/01 以降, Solari s 9, Solaris 10, Solaris 11* *Solaris 11 は IPSリポジトリからインストール • ABI チェックツールである appcert コマンドを提供 – Oracle Solaris Preflight Application Checker • DTrace を利用したアプリケーションの互換性チェックツールを含む総合テストツール8 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 10. Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント しかし・・・ • Solaris 11 では管理方法などが大きく変更 – 数々の新機能や管理方法の見直しなどによる – SunOS 4.x から Solaris 2 への変更程度にインパクトがあった・・・かも • Solaris 10 と Solaris 11 のオペレーション差異を確認 • 「Oracle Solaris 11 ご使用にあたって」は必須です http://docs.oracle.com/cd/E26924_01/html/E25941/toc.html9 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 11. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較10 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 12. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 インストールについて 機能 Oracle Solaris 10 Oracle Solaris 11 インストール (グラフィカル) DVD または CD 上のグラフィカルインストールプログラム Live CD (x86 のみ) インストール (対話式テキス 対話式テキストインストールプログラム テキストインストーラ (スタンドアロンおよびネットワークインストール) ト) インストール (自動) Oracle Solaris の JumpStart 機能 自動インストーラ (Automated Installer、AI) インストール (システムの回 上記インストール方法の全てでシェルの起動をサポート 復、ブート、およびプラットフ  遠隔システムでのルートプールスナップショットアーカイブからの ォームの変更) 復元 Oracle Solaris フラッシュアーカイブインストール  ルートプールの再作成および bootfs プロパティーの設定  以前アーカイブしたルートプールスナップショットからの復元 フラッシュアーカイブ機能はサポートされない • x86 プラットフォームのサポートは 64 ビットのみ • SPARC M シリーズハードウェアを除く、sun4u アーキテクチャーサポートの削除 • SPARC および x86 プラットフォームでの高速リブートのサポート11 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 13. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 インストールについて • Oracle Solaris 11 サポートプラットフォーム – x86プラットフォーム • 64 bit のみサポート • 32 bit カーネルを廃止 – SPARC プラットフォーム • SPARC T シリーズ、M シリーズをサポート • M シリーズを除く sun4u アーキテクチャサポートを廃止 – Solaris 10 では継続してサポート12 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 14. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 インストールされるパッケージについて LiveCD/USB (dc_livecd.xml) • インストールに使用するメディアにより <software_data action="install"> <name>pkg:/entire@latest</name> 導入されるパッケージに差異あり <name>pkg:/group/system/solaris-desktop</name> <name>pkg:/system/install/gui-install</name> – 導入パケージは ditribution constructor の <name>pkg:/system/install/media/internal</name> </software_data> テンプレートにより決定されている text x86/SPARC (dc_text_x86/sparc.xml) – 配布メディアはテンプレートを利用 <software_data action="install"> <name>pkg:/entire@latest</name> – サイト独自のインストールメディアは <name>pkg:/group/system/solaris-large-server</name> <name>pkg:/system/install/text-install</name> distribution constructor にて作成可能 <name>pkg:/system/install/media/internal</name> </software_data> AI x86/SPARC (dc_ai_x86/sparc.xml) <software_data action="install"> <name>pkg:/entire@latest</name> <name>pkg:/diagnostic/ddu/text</name> <name>pkg:/system/install/media/internal</name> <name>pkg:/system/install/text-install</name> <name>pkg:/group/system/solaris-auto-install</name> </software_data>13 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 15. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 インストールについて • 詳細については、ディープダイブセミナー#2 の資料で! – Solaris 11 のインストールに関する詳細は、 インストール編 http://slideshare.net/SolarisJP/solaris-11 – ネットワークインストールに関する詳細は、 “hands free” インストールを実現する Autmated Installer http://slideshare.net/SolarisJP/solaris-11-automatic-installer – サイト独自のカスタマイズされたメディアを作成すには、 Distribution Constructor http://www.slideshare.net/SolarisJP/solaris-11-distribution- constructor14 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 16. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 インストール直後のパッケージ構成 • インストール直後は最小限のパケージ構成 – 利用したメディア(LiveCD, AI, Text)により構成に差異がある • 必要なパッケージは個別にリポジトリからインストール – 関連するパッケージをまとめた group package を活用 • 最初は、pkg list コマンド、packagemanager で概要を把握 root@solaris:~# pkg list NAME (PUBLISHER) VERSION IFO archiver/gnu-tar 1.26-0.175.0.0.0.2.537 i-- archiver/unrar 3.8.5-0.175.0.0.0.2.537 i-- audio/audio-utilities 0.5.11-0.175.0.0.0.2.1 i-- benchmark/filebench 0.5.11-0.175.0.0.0.2.1 i-- codec/flac 1.2.1-0.175.0.0.0.0.0 i-- codec/libtheora 1.1.1-0.175.0.0.0.0.0 i-- $ packagemanager $ pkg list pkg repository (web)15 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 17. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 Oracle Solaris 11 最初の儀式 • 最初にインストールしておくべきパッケージ – グループ・パケージ • develoer-gnu # pkg install developer-gnu ¥ • solaris-large-server solaris-large-server ¥ • solaris-desktop solaris-desktop ¥ storage-server ¥ • storage-nas (or storage-server) amp • amp (Apache, MySQL, PHP) – 合計 680 パケージ 約 1GB … • ネットワーク経由でのインストールが難しい場合は・・・16 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 18. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 local Repository の作成と利用方法 • ファイルシステム上に IPS リポジトリを構築する方法 • Oracle Solaris 11 パッケージリポジトリのコピーおよび作成 http://docs.oracle.com/cd/E26924_01/html/E25800/index.html • Oracle Solaris 11 11/11 Repository Image を入手 http://www.oracle.com/technetwork/server-storage/solaris11/downloads/index.html # cat sol-11-1111-repo-full.iso-a sol-11-1111-repo-full.iso-b > sol-11-1111-repo-full.iso # mount -F hsfs -o ro `pwd`/sol-11-1111-repo-full.iso /mnt # zfs create rpool/ips # cd /mnt; gtar cf - repo | (cd /rpool/ips; gtar xf -) # pkgrepo -s /rpool/ips/repo refresh • publisher を local repository に設定するには、下記を実行# pkg set-publisher -G * -g /rpool/ips/repo solarisroot@solaris-mbp:/rpool/ips# pkg publisher発行元 タイプ 状態 URIsolaris 起点 オンライン file:///rpool/ips/repo/17 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 19. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 Oracle Solaris Studio https://pkg-register.oracle.com • Oracle Solaris Studio 12.3 – Solaris と Linux 向け開発環境 • C, C++, Fotran, 各種 Analyzer • Solaris 自身のビルドにも利用 – IPS パッケージの提供を開始 • 鍵と証明書ファイルを利用した アクセス手法を提供 • My Oracle Account の取得 • Solaris Studio 12.3 は無償で利用可能 のみで利用可能 • サポートサービスは有償 (パッチ含む) # pkg install solarisstudio-12318 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 20. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 開発環境の整備について • 基本的な開発環境は、IPSパッケージで整備 – 「Oracle Solaris 11 開発者環境の紹介」で提供されるパッケージを確認 • http://docs.oracle.com/cd/E26924_01/html/E25907/index.html – Solaris 11 にて提供される OSS のツリーは下記で参照可能 • http://src.opensolaris.org/source/xref/userland/src/ • Solais 11 で動作させるための patch なども多数あり参考に – SPARC/x86 どちらでも同様の手順で構成可能 • サポートされる FOSS 一覧 – Free and Open Source Software (FOSS) Support in Oracle Solaris [ID 1400676.1] https://support.oracle.com/CSP/main/article?cmd=show&type=NOT&id=1400676.119 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 21. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 ブートおよびアップグレードについて 機能 Oracle Solaris 10 Oracle Solaris 11 ルートデバイスからのブート UFS , ZFS または Solaris ボリュームマネージャー Oracle Solaris ZFS ルートファイルシステムのみサポート (SVM) ルートデバイス ネットワークからのブート SPARC の ok PROM プロンプトから: boot net[:dhcp] または boot net[:rarp] SPARC: boot net:dhcp x86: ネットワークからの PXE (Preboot eXecution x86: Oracle Solaris 10 以降、変更はありません。 Environment) ブート ブート (復旧) SPARC: ok PROM プロンプトで boot -F failsafe と入 フェイルセーフモードは提供されていません。エラー状況に応じて、 力することにより、フェイルセーフモードでブート シングルユーザーモードでブートするか、またはシステムの復旧 x86: ブート時に GRUB メニューでフェイルセーフエント 手順を実行します。 リを選択することにより、フェイルセーフモードでブート システムアップグレードとブ IPS と連係した pkg コマンド、パッケージマネージャー、更新マネ ート環境の管理 lu (Live Upgrade) および SVR4 パッケージコマンド ージャーを利用。 beadm ユーティリティー (ブート環境の管理用)の提供 • Oracle Solaris 11では、ZFS Root のみサポート • ブート環境を管理する beadm ユーティリティの提供 • ソフトウェアの管理は、IPS (Image Packaging System)にて一新 – SVR4パケージの管理コマンドも一部サポート20 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 22. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 ブートデバイスについて • ZFS Root のみサポート – UFS Root は廃止 • データ領域としての UFS ファイルシステムはサポート – Solaris Volume Manager による root mirroring およびブートを廃止 • ZFSを採用することにより、SVM によるブートデバイス管理を廃止 • ブートデバイスに利用できないだけで、機能としては継続提供 • ZFS Root を採用することで管理者に大きなメリットを提供 – メンテナンスを簡素化 – 安全なアップグレードなど21 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 23. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 ブートデバイスについて Disk 1 Disk 1 Disk 1 swap swap swapSolaris 10 現在の / (root) 現在の / (root) 現在のブート環境 / (root) ブート環境 ブート環境 Disk 2 Disk 2 Disk 2 未使用 空パーティ / の複写 新しい 新しく更新された 更新 ション 数十分後 ブート環境 ブート環境 その他 数秒後 その他 その他Solaris 11 データ データ データ 現在の 現在のブート環境 現在の ブート環境 ブート環境 大幅な時間短縮が 新しく更新された 未使用 未使用 新しい ブート環境 更新 未使用 ブート環境 可能に zpool zpool zpool 22 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 24. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 ブートデバイスについて • ZFS Root のディスクについて – x86 は、fdisk パーティションに作成される SMI ラベルで構成 – SPARC は、SMI ラベルで構成されるパーティション – 非ブートデバイスかつディスク全体を指定することで EFI ラベルが適用 • 現時点では、ブートデバイスに EFI ラベルを利用することはできない • インストール時の ZFS Root のミラー化について – AI インストールでのみ構成可能 – メディアインストールの場合は、手動にて構成可能23 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 25. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 ネットワーク設定について 機能 Oracle Solaris 10 Oracle Solaris 11 ネットワーク構成 (手動 ifconfig コマンド 手動モード: dladm および ipadm および自動) /etc/hostname.* の編集 自動モード: netcfg ndd コマンド(プロトコルの構成の場合) ネットワーク構成 Oracle Solaris DHCP およびその他のネームサ ISC DHCP および Oracle Solaris DHCP (DHCP) ービス ネットワーク構成 (ワイ 手動: dladm および ipadm wificonfig ヤレス) 自動: netcfg インターフェース名 driver 名 がインターフェース名に net0 が標準。好みの名前を設定することも可能 • Oracle Solaris 11 では、プロファイルベースのネットワーク構成に • インストール時に選択したネットワーク構成モードに従う – 「手動」を選択した場合は、DefaultFixed NCP が有効に – 「自動」を選択した場合は、Automatic NCP が有効に – DefaultFixed NCP が有効な場合のみ、ネットワークは dladm および ipadm コマンドによる手動構成が可能 • ネットワークの仮想化機能(Crossbow)を利用する場合は、DefaultFixed NCP を選択24 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 26. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 ネットワーク設定について • ネットワークの構成モードを決定する – 「自動」または「手動」構成を選択 – 構成モードは、運用中に動的に変更することも可能 • 構成モードにより、プロファイル(NCP)が決定される – 「自動」を選択すると「Automatic」 NCP = Network Configuration Profiles • 変更や削除ができないプロファイル – 「手動」を選択すると「DefaultFixed」 • 全てを手動設定で行うプロファイル • 独自のNCPを作成することも可能25 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 27. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 ネットワーク設定について • 構成モードにより利用可能な管理コマンド – Automatic (ノートPCやVMゲスト、ゾーンなど可動性のある環境向け) • netadm, netcfg • DHCP での利用を想定 • ipadm, dladm での設定行えない(参照などは可能) – これらコマンドは、Automatic 設定を検知し動作しない振る舞いに – DefaultFixed (サーバなど固定環境向け) • ipadm, dladm, ifconfig • netadm, necfg は利用できない – 設定は手動かつ固定されていることを想定しているため26 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 28. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 自動ネットワーク設定について • プロファイルの追加について – NCP に DefaultFixed が指定されていなければプロファイルを追加可能 – 新しいプロファイルを作成することで • Automatic に比べ自由度のある自動構成設定が可能 – net0 は、DHPC を利用。net1, net2 は、static など – 仮想NICを管理対象にすることも可能 – 仮想環境下において、マイグレーション等による物理構成の変化に対応 することなどを想定 – ノートPC などで Solaris を利用する際にも有効に活用可能27 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 29. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 手動ネットワーク設定について • 手動ネットワーク構成 – 物理インターフェース(L2)の構成は dladm コマンドを利用 • VLAN、トンネル、ブリッジ、Link aggregation などの設定も可能 # dladm show-phys LINK MEDIA STATE SPEED DUPLEX DEVICE net1 Ethernet unknown 0 unknown e1000g1 net2 Ethernet unknown 0 unknown e1000g2 net0 Ethernet up 1000 full e1000g0 net3 Ethernet unknown 0 unknown e1000g3 vboxnet0 Ethernet up 1000 full vboxnet0 soleva@orbea:~$ dladm show-link -Z LINK ZONE CLASS MTU STATE OVER net1 global phys 1500 unknown -- net2 global phys 1500 unknown -- net0 global phys 1500 up -- net3 global phys 1500 unknown -- vboxnet0 global phys 1500 up -- vnic0 global vnic 1500 up net028 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 30. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 手動ネットワーク設定について • 手動ネットワーク構成 – インターフェースの構成(L3)は ipadmコマンドを利用 • ifconfigコマンドの複雑さを見直す – ifconfig も継続利用可能 – 一部機能は ipadm の API を利用するよう変更されている • 永続およびテンポラリ設定(reboot 実行時まで) が可能 • ndd コマンドによるパラメータ設定方法も統合(一部 dladm へ)29 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 31. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 ifconfig と ipadm コマンドの比較 •Oracle Solaris 10 (ifconfig) 手動ネットワーク構成 Oracle Solaris 11 (ipadm) ipadm create-ip – インターフェースの構成(L3)は ipadmコマンドを利用 plumb/unpumb ipadm delete-ip ipadm enable-addr • ifconfigコマンドの複雑さを見直す ipadm disable-addr [address[/prefix-length] [dest-address]] • ndd コマンドによるパラメータ設定方法も統合(一部 dladm へ) [addif address[/prefix-length]] [removeif ipadm create-addr -T static ipadm create-addr -T dhcp address[/prefix-length]][netmask mask] ipadm show-addr [destination dest-address]{auto-dhcp|dhcp} ipadm delete-addr [primary][wait seconds]extend | release | ipadm refresh-addr start [deprecated | -deprecated] [preferred | ipadm show-addrprop -preferred] [private | -private] [zone ipadm set-addrprop zonename | -zones | -all-zones][xmit | -xmit] ipadm reset-addrprop ipadm up-addr up/down ipadm down-addr30 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 32. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 手動ネットワーク設定について # ipadm show-addr ADDROBJ TYPE STATE ADDR lo0/v4 static ok 127.0.0.1/8 lo0/v6 static ok ::1/128 # ipadm show-if IFNAME CLASS STATE ACTIVE OVER lo0 loopback ok yes – # ipadm create-ip net0 # ipadm create-ip net1 # ipadm show-if IFNAME CLASS STATE ACTIVE OVER lo0 loopback ok yes -- net0 ip down no -- net1 ip down no -- # ipadm create-addr -T static -a local=192.168.2.1/24 net0/v4 # ipadm show-addr net0/v4primary ADDROBJ TYPE STATE ADDR net0/v4primary static ok 10.163.210.144/20 # ipadm create-addr -T dhcp net0/dhcp31 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 33. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 ネットワーク関連コマンドの拡張と新しいコマンドを追加 • ネットワークの統計情報採取のコマンドを追加 – dlstat (1M) • データリンクの統計情報を報告 • 送受信のハードウェアリングとハードウェアレーンの情報を報告 • 拡張アカウンティング機能(acctadm)によるネットワーク使用率の履歴を採取可能 – flowstat (1M) • フローの統計情報を報告 • 拡張アカウンティング機能(acctadm)を利用することで、特定のネットワーク使用率の 履歴を採取可能 • ネットワークの仮想化 “Corssbow” 機能と連携する32 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 34. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 ネットワーク関連コマンドの拡張と新しいコマンドを追加 • dlstat 実行例 $ dlstat LINK IPKTS RBYTES OPKTS OBYTES net0 0 0 30 10.26K net1 587.75K 839.26M 330.80K 39.88M vboxnet0 0 0 3.42K 829.41K etherstub0 0 0 0 0 zvnic101 1.86K 361.88K 0 0 vboxnic0 293 18.49K 2.43K 415.47K vboxnic1 1.98K 358.08K 0 0 vboxnic100 1.86K 361.88K 0 0 testvnic0 30 10.26K 1.88K 354.26K vboxnic200 2.01K 366.01K 664 64.00K opscenter_ec/vboxnic200 2.01K 366.01K 664 64.00K • snoop の拡張 – loopback interface (lo0) の情報を採取可能に – # snoop –d lo033 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 35. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 ネットワーク設定について • システムのノード名と IP アドレスのマッピング – /etc/hosts の設定 • システム構成で入力した IP アドレスとホスト名のマッピングはされない • 手動で追加する必要があるデフォルトの設定::1 foobar localhost127.0.0.1 foobar loghost localhost変更後:1 localhost127.0.0.1 loghost localhost129.148.174.232 foobar34 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 36. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 ネットワーク設定について • IPMP について – ipadm による構成方法に変更 – DefaultFixed プロファイル構成時に利用可能 – 検査アドレスを必要としないプローブベースの検知方法を追加 • IPMP transitive probing # ipadm create-ip net0 # ipadm create-ip net4 # ipadm create-ipmp -i net0 -i net4 ipmp0 ※リンクベースの設定 # ipadm create-addr -T static -a 192.168.10.13/24 ipmp0/v4 # ipmpstat -g GROUP GROUPNAME STATE FDT INTERFACES ipmp0 ipmp0 ok -- net0 net435 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 37. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 ネットワーク設定について • IPMP について – IPMP 専用インターフェースの割り当てに変更 # ifconfig -a net0: flags=1000843<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST,IPv4> mtu 1500 index 45 inet 0.0.0.0 netmask ff000000 groupname ipmp0 ether 0:15:17:e:b0:2 net4: flags=61000843<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST,IPv4,STANDBY,INACTIVE> mtu 1500 index 46 inet 0.0.0.0 netmask ff000000 groupname ipmp0 ether 0:15:17:e:b0:3 ipmp0: flags=8001000843<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST,IPv4,IPMP> mtu 1500 index 44 inet 192.168.10.13 netmask ffffff00 broadcast 10.157.49.255 groupname ipmp036 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 38. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 システム構成について 機能 Oracle Solaris 10 Oracle Solaris 11 システムの構成と再構成 sysconfig コマンド、対話式システム構成 (SCI) ツール、SC プロ sysidtool. sys-unconfig、sysidconfig 、および sysidcfg ファイル システム構成 (ネームサー /etc および /var 内のファイルで構成される サービス管理機能 (SMF) によって管理される ビス構成) システムの構成 (ノード名) svccfg -s で、SMF サービス svc:system/identity:node の /etc/nodename を編集します config/nodename プロパティーを任意の名前に設定します。 プロパティーを設定したあとにサービスを更新します。 システムの登録 自動登録 Oracle Configuration Manager ロケールとタイムゾーンの /etc/default/init は読み取り専用ファイルに。 構成 /etc/default/init ファイル ロケール: svc:/system/environment:init タイムゾーン: svc:/system/timezone:default • Oracle Solaris 11 では、いくつかのシステム、ネットワーク、およびネームサービス構成 など、システム構成の特定の側面が変更されている • システム構成情報は、サービス管理機能(SMF)へ集約 – 構成ツールを使用していた設定の多くをSMFサービスとして提供37 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 39. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 システムの構成と再構成 • 構成と再構成コマンドは sysconfig コマンドに集約 機能 Oracle Solaris 10 Oracle Solaris 11 システムの初期化 sys-unconfig コマンド # sysconfig configure –s システム構成 # sysconfig unconfigur e-s 実行後の再起動 sys-unconfig 実行後の再起動で実施 # sysconfig configure (リブート必要としない再構 成) プロファイルの作成 なし # sysconfig create-profile • 基本的なシステムの初期化と再構成には、sysconfig configure –s を利用する • 再起動を必要としないなら、-s オプションを除外する • 機材の返却など、未構成状態で電源を落とす場合は、下記を実行 • # sysconfig unconfigure -g system38 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 40. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 Solaris のプロファイル・テンプレートを作成 • sysconfig コマンドにてSolarisの構成プロファイルを作成可能 – # sysconfig create-profile –o /usr/tmp/sc_profile.xml <!DOCTYPE service_bundle SYSTEM "/usr/share/lib/xml/dtd/service_bundle.dtd.1"> <service_bundle type="profile" name="sysconfig"> <service version="1" type="service" name="system/config-user"> <instance enabled="true" name="default"> <property_group type="application" name="root_account"> <propval type="astring" name="login" value="root"/> <propval type="astring" name="password" value="$5$9Ksg9h"/> <propval type="astring" name="type" value="role"/> </property_group> <property_group type="application" name="user_account"> <propval type="astring" name="login" value="kazus"/> <propval type="astring" name="password" value="$5$UZP0F6"/> <propval type="astring" name="type" value="normal"/> <propval type="astring" name="description" value="kazus"/>ホスト名、ネットワーク設定などの <propval type="count" name="gid" value="10"/> <propval type="astring" name="shell"初期設定項目をプロファイル化することが可能に 設定は、xml 形式でファイルに出力される 39 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 41. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 システムの構成と再構成 • プロファイルを利用した例 – システムの構成 • # sysconfig configure –c /usr/tmp/sc.xml – ゾーンの OS を自動構成 • # zoneadm -z testv2v install -c /usr/tmp/sc.xml -d /userpool/zones/zone01/root/ -u – Automated Installer での利用 • 再構成に必要な情報(ホスト名、ネットワーク設定、ロケール など)の設定を自動化 – ゾーン作成に利用すると最小の手数でゾーンを準備できる40 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 42. SVR4 パッケージおよびパッチコマンドと IPS コマンド SVR4 パッケージおよびパッチコマンドと IPS コマンド 機能 Oracle Solaris 10 Oracle Solaris 11 パッケージ処理 (ソフトウェ Image Packaging System (IPS) の pkg(1) コマンド、パッケージ SVR4 パッケージおよびパッチコマンド ア管理) マネージャーと更新マネージャーの GUI パッケージの追加 pkgadd pkg install パッチおよびアップデートの patchadd pkg update 適用 パッケージの削除 pkgrm pkg uninstall パッケージ証明書の管理 pkg set-publisher -k、-c、--approve-ca-cert、--revoke-ca-cert、 pkgadm addcert、pkgadm removecert unset-ca-cert パッケージ情報の取得 pkginfo、pkgchk -l pkg info、pkg list、pkg contents、pkg search パッケージ整合性のチェック pkgchk pkg verify、pkg fix、pkg revert • 従来のSUNW 接頭辞は使用されなくなり、すべてのソフトウェアパッケージ名が変更 • 主要なパッケージインストールおよび更新インタフェースは pkg(5) コマンドセットに集約 • パッチという概念はなくなり、ソフトウェアのアップデートによりシステムを更新 – 更新はサポートリポジトリ更新 (SRU) として入手 – SRU は、Oracle Solaris 10 リリースで使用できる保守更新またはパッチバンドル/CPUに代わるもの41 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 43. SVR4 パッケージおよびパッチコマンドと IPS コマンド パッケージ管理 • 大きく変更されたパッケージ管理とアップデート – ソフトウェア・ライフサイクル管理の提供 – 依存関係の自動検知など、利便性の追求 – SVR4 パッケージの管理コマンドは互換性維持のため継続提供 • IPS と切り離されてしまうためライフサイクルの管理外となる • できることなら、IPSパッケージ化を推奨 • 詳細については、ディープダイブ #1 の資料を参考に – Oracle Solaris 11 - ソフトウェア・ライフサイクルを管理する新たなパ ッケージングシステム Image Packaging System (IPS) http://www.slideshare.net/SolarisJP/image-packaging-system-ips42 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 44. SVR4 パッケージおよびパッチコマンドと IPS コマンド Support Repository Update - SRU https://pkg-register.oracle.com• ソフトウェアのアップデート – ソフトウェアの修正 • 専用のIPSリポジトリにて提供 # pkg update (サポート・リポジトリ) – pkg コマンドによるアップデート • 鍵と証明書ファイルを利用した アクセス手法を提供 • サポート契約を締結している • サポート・リポジトリへ publisher を固定 My Oracle Accountで利用可能 • アップデートとリリース・リポジトリの内容 • 最新は SRU 6.6 (.6 は build 番号) が含まれている43 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 45. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 その他機能 Oracle Solaris 10 Oracle Solaris 11ユーザーアカウントの管理 Solaris Management Console の GUI および関連するコ useradd、groupadd、および roleadd (CUI ツールのみの提供) マンド行ツールユーザー環境の管理 デフォルトシェル: ksh93 Korn シェル (ksh) デフォルトの kshパス: /usr/bin/ksh となり /bin/sh も ksh93 です MANPATH 変数が必要です デフォルトの対話式シェル: bash。デフォルトの bash パス: /usr/bin/bash MANPATH 変数は必要なくなりましたセキュリティー管理 root をユーザーアカウントとする root を役割とする印刷サービス (デフォルト)、プ LP 印刷サービス、lp 印刷コマンド、Solaris 印刷マネージャ LP印刷サービスの廃止。CUPS (Common UNIX Print System)、CUPSリンタの構成および管理 ー コマンド行ツール、CUPS 印刷マネージャーデスクトップ環境 共通デスクトップ環境 (CDE), GNOME Oracle Solaris デスクトップ (GNOME 2.30) • Sun Management Console などの GUI 管理ツールは提供されない • SVR4由来のコマンドは、/usr/sunos へ集約 • root ユーザは、Roleとして実装 – コンソールから root ユーザでログインすることはできない 44 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 46. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 管理ツールについて • Solaris Management Console (smc)は廃止 – コマンドラインユーティリティによるオペレーション • useradd(1M), roleadd(1M), profiles(1), tncfg(1M), zfs(1M), share(1M) and ipadm(1M). • patchadd, smpatch, showrev パッチ関連コマンドを廃止 – Solaris 10 Zones では利用可能 • 物理システム同様に Patch 適用が可能 • ゾーンの特性上、カーネルやドライバ類は更新されるが利用されない45 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 47. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 ユーザ管理 • ユーザの追加・作成 – useradd でホームディレクトリの作成を指示した場合は、ZFS dataset が作成され割り当てられる rpool/export 5.86M 13.6G 35K /export rpool/export/home 5.82M 13.6G 34K /export/home rpool/export/home/satokaz 5.79M 13.6G 5.79M /export/home/satokaz • root ユーザ – ユーザではなく、役割に変更 • root ユーザの登録情報は従来と同じ • su コマンドにて root へスイッチ可能(役割が与えられている場合に限る) – 一般ユーザに役割:root を与える必要がある • # usermod –R root satokaz46 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 48. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 新設されたディレクトリやセキュリティ • /usr/gnu/bin – 様々な GNU Software を収めたディレクトリを新たに提供 • /usr/sunos – SVR4 由来のバイナリを配置(vi, sh など) • /sbin ディレクトリの廃止 – 互換性を保つため、/usr/sbin へのシンボリックリンクを提供 • Secure by Default – Solaris 10 では選択方式だったが、デフォルトで有効に47 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 49. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 新設されたディレクトリやセキュリティ • ドライバ設定ファイルを /etc/driver/drv へ集約可能に – 修正した driver.conf ファイルを /etc/driver/drv ディレクトリへ配置 – 起動時に /etc/driver/drv が優先的に読み込まれる – 設定ファイルを同一ディレクトリで管理可能に – 元になる設定ファイルの配置場所は従来と同様 /kernel/drv, /platform/`unam –i`/drv など48 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 50. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 その他機能 Oracle Solaris 10 Oracle Solaris 11ファイルシステムの共有 /etc/dfstab ファイル ZFS のプロパティにて設定swap, dump device swap device と dump device の2 つが自動構成 インストール時に決定 容量は自動にて設定される/usr などを別スライスに 可能 OS コンポーネントは root pool に存在させる必要ありバックアップ 機能を組み合わせることにより、ファイルシステムのバ ufsdump, ufsrestore ックアップ機能を提供 • ZFS を標準のファイルシステムとしたことによる差異となる • バックアップとシステムリカバリについては、下記のドキュメントを公開 How to Perform System Archival and Recovery Procedures with Oracle Solaris 11 http://www.oracle.com/technetwork/articles/servers-storage-admin/o11-091-sol-dis-recovery-489183.html49 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 51. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 ファイルシステムの共有 • ZFS share プロパティによる共有方法へ – zfs set share コマンドで dataset の共有を宣言 • # zfs set share=name=export,path=/export,prot=nfs rpool/export • (nameとpathとprotは必須、prot後にプロトコル依存オプションを記載、「,」 後はスペース無) • 解除は zfs set -c share=name=pub rpool/public など – zfs set sharenfs or sharesmb でプロトコルレベルでの共有を開始 • # zfs set sharenfs=on rpool/export (←ここで初めて公開される) # share export /export nfs sec=sys,rw • 詳細は、ディープダイブ #1 の資料を参考に slideshare.net/SolarisJP/solaris-11-zfs50 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 52. Oracle Solaris 11 への移行ツールおよび機能51 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 53. Oracle Solaris 11 への移行ツールおよび機能機能 概要JumpStart マイグレーションユーティリティー Oracle Solaris 10 JumpStart のルールとプロファイルを、AI マニフェストのエントリと互換性(js2ai) のある形式に変換するために使用されます。ZFS シャドウマイグレーション機能 NFSを利用し、データを既存のファイルシステムから新しいファイルシステムに移行すること が可能Oracle Solaris 10 ゾーンのサポート Oracle Solaris 10 のアプリケーション環境を Oracle Solaris 11 システムに移行可能NFS ファイル共有およびプールの移行 Oracle Solaris 10 システムの共有ファイルにアクセス可能 Oracle Solaris 10 で作成した ZFS ストレージプールをインポート可能 • Oracle Solaris 10 から Oracle Solaris 11 への移行に使用できるアップグレード方法は 提供されない – 新規インストールを実行する必要あり – Oracle Solaris 10 OS のインスタンスまたはゾーンおよびデータを Oracle Solaris 11 システムに移行することは可能 • JumpStart は自動インストーラ (AI) に置き換え • ufsdumpにて取得したデータは、ufsrestore コマンドにてZFS ファイルシステム上に復元可能 52 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 54. Oracle Solaris 11 への移行ツールおよび機能 • Oracle Solaris 11へ可能なシステム – Oracle Solaris 11 Express – Oracle Solaris 11 Early Adopter • 移行手順について Oracle Solaris 11 Express から Oracle Solaris 11 への移行 >以前の Oracle Solaris 11 リリースを実行しているシステムのアップグレード http://docs.oracle.com/cd/E26924_01/html/E25934/upgrade-1.html#scrolltoc – packagemanager (GUI) ではなく、pkg コマンドを利用して update を実行することで可能53 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 55. Oracle Solaris 11 への移行ツールおよび機能 • Solaris 10 から Solaris 11 へのアップグレードはできない – 考えられる解決策 • Solaris 10 Zones による Zone 環境への移行 – p2vを利用したアプリケーション環境の移行 • Oracle VM for SPARC のゲストドメインへ移行 – ゲストドメインはハードウェアパーティショニングと同等の単一システム – p2vによる移行をサポート • ZFS シャドウマイグレーション機能を利用したデータの移行 – NFS経由で Solaris 11 配下の ZFS Dataset へデータを移行 • ZFS Pool または UFS のディスクを attach しデータを移行54 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 56. Oracle Solaris 11の仮想化機能 機能 Oracle Solaris 10 Oracle Solaris 11 Solaris Zones (Native)   △ Solaris Legacy Containers  Oracle VM for SPARCを利用し Solaris 10 ゲストにて利用可能システムの仮想化 Solaris 10 Zones ‐  Solaris 10 専用のブランドゾーンを提供 Oracle VM for SPARC   Solaris 10 ゲストのみサポート Solaris 10, Solaris 11ゲストをサポートネットワークの仮想化 Crossbow ‐  New!ストレージの仮想化 COMSTAR ‐  New!55 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 57. Solaris 10 から Solaris 11 への移行準備とポイント まとめ • Solaris 10 Zones へ – 既存 Solaris 10 環境をP2Vにより最新のハードウェアへ • Solaris 8/9環境は OracleVM for SPARC 上のSolaris 10 へ – Solaris Legacy Containers + Solaris 10 + OVM for SPARC – Legacy Solaris を最新のSPARC ハードウェアへ • この機会に Solaris 11 に移行できるか検討してみませんか? – Solaris 11の仮想化テクノロジーによるリソースの集約 – クラウド環境を見据えた様々な機能 • 革新的なテクノロジーを余すことなくご堪能ください56 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 58. 5 Year Trajectory Cores 4x Solaris ロードマップ Threads Memory Capacity 32x 16x Database TPM 40x Java Ops Per Second 10x Solaris 11 Solaris 11 Solaris 11 Solaris 11 Solaris 11 Express Update Update UpdateSolaris 10 Solaris 10 Solaris 10 Solaris 10 10/09 9/10 8/11 Update 2010 2011 2012 2013 2014 2015 T-Series M-Series T-Series テスト中 Mシリーズ SPARC 1-4 Socket 1-64 Socket 1-4 Sockets Mシリーズ 16-64 ソケット 1-64 ソケット + 2x Throughput + 20% +1x Throughput 16-64 ソケット +2x スループット +2x スループット +5x Single Strand +6x スループット >1x Single Strand +1.5x Single Strand +1.5x Single Strand テスト中 Tシリーズ Tシリーズ 1-8 ソケット 1-8 ソケット +20% +2.5x スループット >1x Single Strand Nehalem Exalogic, Westmere Exadata 最新版x86プロセッサーに最適化 x86 57 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 59. 参考情報 • Oracle Solaris 11 Downloads – http://www.oracle.com/technetwork/server-storage/solaris11/downloads/index.html • Evaluating Oracle Solaris 11 – http://www.oracle.com/technetwork/server-storage/solaris11/overview/evaluate-1530234.html • Oracle Solaris 11 開発者環境の紹介 – http://docs.oracle.com/cd/E26924_01/html/E25907/index.html • Oracle Solaris のシステム管理 (Oracle Solaris ゾーン、Oracle Solaris 10 ゾーン、およびリソース管理) – http://docs.oracle.com/cd/E26924_01/html/E25829/gcgnc.html#scrolltoc • Oracle Solaris 10 から Oracle Solaris 11 への移行 – http://docs.oracle.com/cd/E26924_01/html/E25934/index.html58 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 60. 参考情報 • Oracle Solaris 11 Information Library (日本語) 11/11 Release http://docs.oracle.com/cd/E26924_01/ • Oracle Solaris 10 から Oracle Solaris 11 への移行 http://docs.oracle.com/cd/E26924_01/html/E25934/index.html59 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 61. 参考情報 Oracle Solaris 11 をすぐに試せる VM テンプレート • Oracle Solaris 11 VM Downloads http://www.oracle.com/technetwork/server-storage/solaris11/downloads/virtual- machines-1355605.html – Oracle Solaris 11 VM for Oracle VM VirtualBox • VirtualBox にインポートするだけで Oracle Solaris 11 を試用可能 – Oracle VM Template for Oracle Solaris 10 Zones for SPARC/x86 • Oracle Solaris 10 Zones の構成情報テンプレート • Oracle Solaris 11 VM for Oracle VM VirtualBox と組み合わせることで、 VirtulBox 上で Solaris 11 と Solaris 10 Zones の試用環境を構築可能 • Solaris 11が動作する環境にて利用可能60 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 62. 参考情報 • 製品情報とダウンロード – oracle.co.jp/solaris • Oracle Technology Network – http://www.oracle.com/technetwork/jp/server- storage/solaris11/overview/index.html • System administrators community – oracle.com/technetwork/systems • @ORCL_Solaris • facebook.com/SolarisJP • SlideShare.net/SolarisJP61 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 63. 62 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 64. 63 | Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

×