0
箱根駅伝を10倍楽しく観る方法
はじめに•   早稲田贔屓なのは許してね。•   今年の優勝候補は駒沢大学と東洋大学。3位争いに早稲田大学、青山    学院大学、明治大学というのが前評判。•   大学では同好会でちょっとやった程度で、高校時代も弱い選手だった    けど、一応...
選手のコンディショニングについて     おそらく下記のようなコンディショニングをしていると予想100.00 75.00 50.00                                        シード校トラック重視型     ...
コンディショニングの難しさ•   自己ベスト、絶好調というのは稀(観ている側は自己ベストと同等の    活躍を期待するが、なかなかそうはいかない)。•   夏場は暑くて心肺機能に負担をかける練習が難しく(命の危険があ    る)レース数も少ない...
予選会出場校の難しさ•   本戦に出るために10月に調子のピークを作らなくてはならいない(調    整不足で勝てるほど簡単ではない)。•   10月に一度ピークを持ってくると、正月までにもう一度ピークを持っ    てくるのは至難の業。•   シ...
10000mのタイムは参考程度に•   28分台など良いタイムを持っている選手が強いことは間違いない。•   でもトラックレースに主軸を置かない選手も多い。•   タイムが悪いから弱いわけではない(調整して出たレースがない)。•   前年の箱根...
先行が有利と言われる理由•   20秒差以内なら追いかける方が精神的に楽で、追われる方がプレッシ    ャーがかかる。先行が有利と言われるのは30秒以上の差において。•   選手は2通りのプランを立てる(絶好調の時のハイペースのプラン、    ...
1区の特殊性•   通常は「1位でなくてもいいから先頭(ライバル校)とのタイム差を    できるだけ少ない差でもってこい」と指示を受ける(前回、前々回の    早稲田の大迫、過去にある早稲田の   部、渡辺のように「差を広げて    こい」とい...
いくつかの勝ちパターン•   先行逃切。選手層が薄いチームはこれ一択か。推薦枠が少なく選手の    数が取れないが、ネームバリューがあって有力選手を獲得しやすい早    稲田などが多用。今年も早稲田のオーダーは往路重視。•   山勝負。山登り、...
往路の見所(1)1区     見所はミスをしてしまうチームが出ないかという点。早稲田(エ     ントリー変更で大迫か前田と予想)と駒沢は強力な選手を投入し     たので先行したい。東洋は遅れを最小限にしたい。青山学院、明     治の位置に...
往路の見所(2)3区     早稲田と青山学院がかなり強力。この2校は3区終了時に2分程度     のリードが欲しい。4区     特に大きな展開がない、いわゆる「つなぎ」と言われる区間。こ     こでの注目は東洋、明治。この2校がどれくらい...
復路に向けて(総合優勝への皮算用)駒沢大学  早稲田と3分以内、東洋より前で往路を終えたい。東洋大学  早稲田と3分以内、駒沢より前で往路を終えたい。早稲田大学  青山学院、明治に2分、駒沢、東洋に4分以上の差をつけたい。明治大学  早稲田より...
復路もう一つの見所(シード権)•   10位までは来年の出場権が得られるシード権が取れる。•   9区、10区はシード権争いの10位前後の争いが激化する(前とのタイ    ム差を縮めるより、10位を確保するために確実に走るようになる。そ    ...
駒沢大学優勝へのシナリオ•   1区由布、2区窪田で先頭に立ちたい。•   5区村山が1時間21分以内で、往路は先頭から3分差以内、東洋より1分    以上前であればいい。•   復路は普通に走ればかなり強い。
東洋大学優勝へのシナリオ•   1区∼3区での遅れを最小限にしたい。区間エントリーから展開を推測    すると前半で少し遅れそう。•   5区をどうする?設楽悠太か服部を使えるのか?•   往路終了時で先頭から3分以内、駒沢より前か、差が少ない...
早稲田大学優勝へのシナリオ•   最初に、ここは贔屓だから許してね。•   2区の平賀が1時間7分台∼8分前半で走る。•   5区山本が1時間17分台で走って、駒沢、東洋へ4分以上の差をつけて    の往路優勝。•   4区佐々木、7区志方(2...
明治大学優勝へのシナリオ•   1∼4区の遅れを最小限にする。•   5区大江が1時間17分台で走る。•   駒沢、東洋、早稲田にブレーキがないと少し厳しいか・・・。
青山学院大学優勝へのシナリオ•   2区出岐、3区久保田で圧倒的なリードを築く。•   5区を1時間20分台で走る。•   駒沢、東洋、早稲田にブレーキがないと少し厳しいか・・・。
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

箱根駅伝を10倍楽しく観る方法

1,070

Published on

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,070
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Transcript of "箱根駅伝を10倍楽しく観る方法"

  1. 1. 箱根駅伝を10倍楽しく観る方法
  2. 2. はじめに• 早稲田贔屓なのは許してね。• 今年の優勝候補は駒沢大学と東洋大学。3位争いに早稲田大学、青山 学院大学、明治大学というのが前評判。• 大学では同好会でちょっとやった程度で、高校時代も弱い選手だった けど、一応駅伝やってたので、その時の経験を踏まえて作ったよ。• 仕事じゃなくて趣味で作ってるので、厳しい指摘は勘弁してね。
  3. 3. 選手のコンディショニングについて おそらく下記のようなコンディショニングをしていると予想100.00 75.00 50.00 シード校トラック重視型 シード校駅伝重視型 25.00 予選校トラック重視型 予選校駅伝重視型 0 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月
  4. 4. コンディショニングの難しさ• 自己ベスト、絶好調というのは稀(観ている側は自己ベストと同等の 活躍を期待するが、なかなかそうはいかない)。• 夏場は暑くて心肺機能に負担をかける練習が難しく(命の危険があ る)レース数も少ないので、距離を走り込むことが多い(その分疲労 も溜まる)。• 心肺機能に負担をかける練習をするとコンディションは上がるが、調 子のピークを超えると一気に疲れがでてコンディションが落ちる。• 調子のピークにない時の結果は悲観しなくてもよい、逆に出雲、全日 本で調子が良すぎる選手はピークが早く来ている可能性があるので要 注意(箱根まで調子が維持できない可能性あり)。
  5. 5. 予選会出場校の難しさ• 本戦に出るために10月に調子のピークを作らなくてはならいない(調 整不足で勝てるほど簡単ではない)。• 10月に一度ピークを持ってくると、正月までにもう一度ピークを持っ てくるのは至難の業。• シード校に比べると調整の難しさというハンデがある。• まずシード権を確保→翌年に上位を狙うということになる。• だからシード権を取るのは本当に大切。
  6. 6. 10000mのタイムは参考程度に• 28分台など良いタイムを持っている選手が強いことは間違いない。• でもトラックレースに主軸を置かない選手も多い。• タイムが悪いから弱いわけではない(調整して出たレースがない)。• 前年の箱根の結果は要参考(コンディションが良い状態なので)。• 出雲、全日本は良い結果はポジティブだが、悪い結果でも悲観するこ とはない(調整段階だったりする)。• 20kmやハーフマラソンで良いタイムを持っている選手は強い。
  7. 7. 先行が有利と言われる理由• 20秒差以内なら追いかける方が精神的に楽で、追われる方がプレッシ ャーがかかる。先行が有利と言われるのは30秒以上の差において。• 選手は2通りのプランを立てる(絶好調の時のハイペースのプラン、 ミスをしないためのコンサバなプラン)。• 先行する側は守りのプラン(コンサバに入って後半余力があれば力を 出す)、追う側はタイム差を削るために攻めのプラン(ハイペースに 入る)ので、後者の方がミス(スタミナ切れの失速)が増えて、結果 差を広げることになる。• 典型的な例は1994年の9区。早稲田の 部が2分28秒差を一時は1分以 内まで詰めるも、後半失速してタイム差が縮まらないことに。
  8. 8. 1区の特殊性• 通常は「1位でなくてもいいから先頭(ライバル校)とのタイム差を できるだけ少ない差でもってこい」と指示を受ける(前回、前々回の 早稲田の大迫、過去にある早稲田の 部、渡辺のように「差を広げて こい」という例は特殊)。• 余程強い選手(早稲田の大迫など)を投入しない限りは、終盤まで集 団のスローペースになる展開がほとんどで、全体的にタイム差がつき にくい。• 通常は安定感のある選手か、1年生(集団走になるので一人でペース を作るのよりも計算しやすい)などが多く起用される。• 主力でない選手を起用して少ないタイム差や、エース級を投入して独 走すれば効果が高い区間。
  9. 9. いくつかの勝ちパターン• 先行逃切。選手層が薄いチームはこれ一択か。推薦枠が少なく選手の 数が取れないが、ネームバリューがあって有力選手を獲得しやすい早 稲田などが多用。今年も早稲田のオーダーは往路重視。• 山勝負。山登り、山下りに絶対的なスペシャリストがいるチーム(昨 年までの柏原など)。今年は5区に大江がいる明治は山で強そう。• 9区重視型。選手層が厚いチームは9区にエース級を残していたりす る。順天堂、駒沢が優勝を狙える年は9区にエース級を残しているこ とが多い。往路を有力校と3分以内程度の差でこなし、復路で徐々に 差を詰めて9区で逆転というシナリオ。ただ去年、一昨年の駒沢は序 盤で出遅れているせいか例年より前半重視傾向。
  10. 10. 往路の見所(1)1区 見所はミスをしてしまうチームが出ないかという点。早稲田(エ ントリー変更で大迫か前田と予想)と駒沢は強力な選手を投入し たので先行したい。東洋は遅れを最小限にしたい。青山学院、明 治の位置にも注目。明治は1区で遅れが大きいと黄色信号。2区 青山学院の出岐が2区にエントリーされるかどうかが最大のポイ ント。駒沢の窪田が抜け出しそう。早稲田は失うタイムを最小限 にしたい。2区終了時に青山学院が先頭だと台風の目になりそ う。早稲田が先頭だと往路を圧勝しそう。両校のファンは2区終 了時の位置を要チェック!山梨学院のオムワンバ、日大のベンジ ャミンが何人抜くかも見所。
  11. 11. 往路の見所(2)3区 早稲田と青山学院がかなり強力。この2校は3区終了時に2分程度 のリードが欲しい。4区 特に大きな展開がない、いわゆる「つなぎ」と言われる区間。こ こでの注目は東洋、明治。この2校がどれくらいの差で5区につな げるかに注目。5区 明治の大江、早稲田の山本は他大学から1∼2分のリードができる 計算。駒沢は強力な村山を起用。青山学院は失うタイムを最小限 にしたい。東洋はこの区間に設楽悠太か服部を入れるんじゃない かと予想。展開によっては東洋に赤信号が・・・。
  12. 12. 復路に向けて(総合優勝への皮算用)駒沢大学 早稲田と3分以内、東洋より前で往路を終えたい。東洋大学 早稲田と3分以内、駒沢より前で往路を終えたい。早稲田大学 青山学院、明治に2分、駒沢、東洋に4分以上の差をつけたい。明治大学 早稲田より前で駒沢、東洋に3分以上の差をつけたい。青山学院大学 早稲田と青山学院に1分、駒沢、東洋に4分以上の差をつけたい。
  13. 13. 復路もう一つの見所(シード権)• 10位までは来年の出場権が得られるシード権が取れる。• 9区、10区はシード権争いの10位前後の争いが激化する(前とのタイ ム差を縮めるより、10位を確保するために確実に走るようになる。そ のため10位前後に数人の集団が形成される傾向がある)。• 前回は5区だったが、今回は補欠に入っていて、当日エントリー変更 での出場が予想される國學院の寺田に注目(一昨年の10区で面白いエ ピソードあり)。詳しくはこちら→ http://wpb.shueisha.co.jp/ 2011/02/02/2420/
  14. 14. 駒沢大学優勝へのシナリオ• 1区由布、2区窪田で先頭に立ちたい。• 5区村山が1時間21分以内で、往路は先頭から3分差以内、東洋より1分 以上前であればいい。• 復路は普通に走ればかなり強い。
  15. 15. 東洋大学優勝へのシナリオ• 1区∼3区での遅れを最小限にしたい。区間エントリーから展開を推測 すると前半で少し遅れそう。• 5区をどうする?設楽悠太か服部を使えるのか?• 往路終了時で先頭から3分以内、駒沢より前か、差が少ない位置。• 復路は駒沢と同様かなり強力。
  16. 16. 早稲田大学優勝へのシナリオ• 最初に、ここは贔屓だから許してね。• 2区の平賀が1時間7分台∼8分前半で走る。• 5区山本が1時間17分台で走って、駒沢、東洋へ4分以上の差をつけて の往路優勝。• 4区佐々木、7区志方(2年前の三冠時は箱根は怪我や病気で出ていな いが、かなりの活躍をしていた)の調子が良ければ優勝すると思う。
  17. 17. 明治大学優勝へのシナリオ• 1∼4区の遅れを最小限にする。• 5区大江が1時間17分台で走る。• 駒沢、東洋、早稲田にブレーキがないと少し厳しいか・・・。
  18. 18. 青山学院大学優勝へのシナリオ• 2区出岐、3区久保田で圧倒的なリードを築く。• 5区を1時間20分台で走る。• 駒沢、東洋、早稲田にブレーキがないと少し厳しいか・・・。
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×