ma52009id419

786 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
786
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
23
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

ma52009id419

  1. 1. 2009年12月4日 ○ 前田康成(北見工業大学) 吉田秀樹(北見工業大学) 鈴木正清(北見工業大学) 松嶋敏泰(早稲田大学) 通信路状態が未知の選択再送 ARQ に関する一考察
  2. 2.  従来研究との関連 選択再送( Selective-Repeat : SR ) ARQ ① 斉時的なマルコフ決定過程 ② 非斉時的なマルコフ決定過程 小松 1983 (適応選択再送: ASR )等 本研究 ② 通信路状態複数で未知 (ブロック誤り率未知) 楠堂等 1998 ( 連続多重送信: CMT) 等 雨宮等 2005 ① 通信路状態1つで既知 (ブロック誤り率既知) 連続再送 に基づく方法 統計的決定理論に基づき スループットの最大化
  3. 3.  選択再送( SR ) ARQ の概要 × × × × △ ○ 上位層へ  × 誤りを検出  △ バッファがオーバーフロー ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ 往復伝播遅延 D=3 送信者 受信者 受信バッファ バッファ容量 C=4 時点 ACK (確認信号) NAK (確認信号) 7 6 2 6 5 2 4 3 2 1 7 6 2 6 5 2 4 3 2 1 7 6 2 2 2 1 3 3 3 3 3 3 4 4 4 4 4 5 5 5 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
  4. 4. 状態 状態 行動 利得(利得関数) 遷移確率 行動集合 状態集合 状態 で行動 を選択した時に状態 へ遷移する確率 状態 で行動 を選択し,かつ状態 へ遷移した時に得られる利得  マルコフ決定過程( MDP )の概要 遷移確率分布を支配するパラメータ ( 通信路状態に相当 ) 行動選択,状態遷移,利得獲得という一連のプロセスを繰り返して,総利得の最大化をしたい 複数の通信路状態(パラメータ )がマルコフ連鎖で遷移すると仮定 非斉時的なマルコフ決定
  5. 5.  準備( 1/3 ) 送信者が受信者に送信するメッセージブロック (添え字はメッセージブロック番号) メッセージブロックの集合 受信者が誤りを検出しなかった時に送り返す確認信号 時点 で送信者が上位層に送られたことをまだ確認していないメッセージブロック番号のうちで最小の値 受信者が誤りを検出した時に送り返す確認信号 時点 で送信者が送信したメッセージブロック番号 時点 で送信者が受け取った確認信号( または ) 受信バッファの容量 往復伝播遅延 時点 で送信者が送信したメッセージブロックに対する確認信号を送信者は時点 で受け取る 総送信回数(再送を含め延べ 個のメッセージブロックを送信)
  6. 6.  準備( 2/3 ) マルコフ決定過程( MDP )における時点 の状態 ただし, 時点 におけるバッファの状況を表す変数で,メッセージブロック の確認信号の受信状況を示す(送信者の把握状況) を基準値として を次の式で変換した値 ( MDP の行動に相当) (1) (2) (3)
  7. 7.  準備( 3/3 ) 有限の通信路状態集合(既知) メッセージブロックに誤りが無い確率( ACK が生起する確率)(既知) 通信路状態 メッセージブロックに誤りが検出される確率( NAK が生起する確率)(既知) と が MDP の状態遷移確率に相当 時点 の通信路状態(未知) 通信路状態の遷移確率(マルコフ連鎖)(既知) 帰還通信路は誤り無し 検出不能な誤りは生じない(生じる確率は十分に小さい)
  8. 8.  時点 から時点 への動き (1) 時点 に送信した に対する確認信号を時点 の確認信号 として送信者が受け取る (2) 時点 の状態 が時点 の状態 ,時点 の行動 ,時点 の確認信号 によって決まる( も決まる) 時点 で行動(送信するメッセージブロック) を決定した以降の動き (3) 時点 の利得が時点 の状態 ,時点 の行動 ,時点 の状態 によって次式のように決まる (4) 時点 の行動 を決定する (4)
  9. 9.  定式化( 1/3 ) 効用関数 状態と確認信号系列と時点を受け取って,送信するメッセージブロック番号を決定する決定関数 期間のマルコフ決定過程問題(メッセージブロックを 回送信)を考える 時点 以降の利得関数(メッセージブロックの送信を伴わないので,代わりに確認信号) 上位層に送られるメッセージブロック数に相当 (5)
  10. 10.  定式化( 2/3 ) 期待効用関数 ただし, は MDP の初期状態で既知 上位層に送られるメッセージブロック数の期待値に相当 (6) は通信路の初期状態で未知
  11. 11.  定式化( 3/3 ) ベイズ期待効用 ただし, は通信路の初期状態の事前分布 式 (7) を最大にする決定関数が,変化する通信路状態が未知の場合のスループットをベイズ基準のもとで最大化する選択再送 ARQ 方式 (7)
  12. 12.  ベイズ最適な選択再送 ARQ 方式 動的計画法を用いてベイズ期待効用(式 (7) )を最大化 ただし, は時点 以降のベイズ期待効用(上位層に送られるメッセージブロック数の期待値)の最大値 (8) (9)
  13. 13.  シミュレーションによる比較 100回のシミュレーションの スループットの平均で評価 ASR がベイズ最適な提案方法と近い性能を有していることが分かる 0.511 0.803 ASR 0.537 0.823 提案方法 0.2 0.1 0.2 0.1 0.4 0.2 0.2 0.01 パターン 2 パターン 1
  14. 14. ○ 上位層へ  × 誤りを検出  △ バッファがオーバーフロー 往復伝播遅延 D=4 送信者 受信者 受信バッファ バッファ容量 C=4 時点 ACK (確認信号) NAK (確認信号)  提案方法における連続再送(従来方法と同様) 0 1 2 3 × × △ × 受信バッファが埋まっているため,0の確認信号を待たずに連続再送 t-3 t-2 t-1 t t-4 t+1 t-9 t-5 t-6 t-7 t-8 2 2 3 2 3 1 2 3 1 2 3 1 4 2 3 0 0 1 0 1 2 3 0 1 4 5 0 0 0
  15. 15. ○ 上位層へ  × 誤りを検出  △ バッファがオーバーフロー 往復伝播遅延 D=4 送信者 受信者 受信バッファ バッファ容量 C=4 時点 ACK (確認信号) NAK (確認信号)  提案方法の特徴( 1/2 ) 0 1 2 3 時点 t-2 0(時点 t-6 送信)の NAK を受信して,0を再送 時点 t 0(時点 t-2 送信)の確認信号は未受信だが,誤りブロックが多く観測されるので0を再送 × × × t-1 t t-6 t-2 t-3 t-4 t-5 0 2 1 0 1 0 1 0 3 2
  16. 16. ○ 上位層へ  × 誤りを検出  △ バッファがオーバーフロー 往復伝播遅延 D=4 送信者 受信者 受信バッファ バッファ容量 C=4 時点 ACK (確認信号) NAK (確認信号)  提案方法の特徴( 2/2 ) × × 0 1 2 3 時点 t-3 0(時点 t-7 送信)の NAK を受信して,0を再送 時点 t 0(時点 t-3 送信)の確認信号は未受信だが,受信バッファの状況と観測されたブロック誤りから判断して0を再送 t-1 t t-2 t-7 t-3 t-4 t-5 t-6 1 2 1 2 1 2 3 0 1 0 1 2 3 0 4 5 0
  17. 17.  提案方法の計算量 提案方法はベイズ基準のもとでスループットを最大化できるが, 計算量は の指数オーダで膨大 動的計画法で解く時に,各時点 で [ 状態数 ]×[ 確認信号系列数 ] 回 [ 動的計画法の計算 ] と [ 事後分布の更新 ] を実施 [ 動的計画法の計算 ] と [ 事後分布の更新 ] 回の送信の問題を解くために を実施する総回数 動的計画法で送信前に求める選択リストも同様に膨大  -> 今回のシミュレーション規模でも 500MB
  18. 18.  まとめと今後の課題 ・通信路状態が未知の場合の受信バッファ容量が有限かつ送  信回数が有限の選択再送 ARQ について,ベイズ基準のもとで   のスループットの限界を達成する方法を導出 ・シミュレーションによる比較 ASR がベイズ最適な提案方法に近い性能を保持していることが分かった -> 提案方法は計算量が多いので非実用的だが, ASR のよう  な実用的な方法の評価用には適している ・計算量の軽減 ・提案方法の特徴的な選択のルール化 今後の 課題

×