「Windows Azure がPaaS と IaaS を提供する理由」
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Like this? Share it with your network

Share

「Windows Azure がPaaS と IaaS を提供する理由」

  • 1,420 views
Uploaded on

 

  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
1,420
On Slideshare
1,418
From Embeds
2
Number of Embeds
2

Actions

Shares
Downloads
10
Comments
0
Likes
4

Embeds 2

https://twitter.com 1
http://twitter.com 1

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. 「Windows Azure がPaaS と IaaS を提供する理由」日本マイクロソフト株式会社サーバー プラットフォーム ビジネス本部鈴⽊ 祐⺒
  • 2. パブリッククラウド 経済性 俊敏性 ビジネス フォーカス
  • 3. バックエンド IT 技術の遷移 クラウド プラットフォーム
  • 4. IaaS ・ PaaS 違い技術の遷移バックエンド IT IaaS PaaS ここが違う クラウド プラットフォーム
  • 5. 使 い 分IaaS け PaaS
  • 6. 使い分け/⼀元管理 IaaS PaaS 仮想マシン クラウド サービス
  • 7. IT 投資の現状ITのITの戦略的活⽤ 既存システムの保守・運用戦略的活⽤ PaaS で 削減 ! 新規のIT投資は全体の2割程度
  • 8. IT 投資の現状 IaaS PaaS 既存資産 ⻑期的移⾏ クラウド 新規案件 短期移⾏ 仮想マシン クラウド サービス
  • 9. Windows Azure コンピュート機能 仮想マシン 事実上無限のスケーラビリティ クラウド リッチな複数層アーキテクチャ サービス 運⽤管理の⾃動化 Web サイト構築に特化 Web サイト オープンソースの容易な利活⽤ 無償で開始、成⻑に合せたコスト
  • 10. DEMO
  • 11. フレーム ワークサービスファブリック クラウド SQL BLOB 仮想 トラフィック 仮想マシン web サイト テーブル connect サービス データベース ストレージ ネットワーク マネージャーインフラストラクチャ 自動化 伸縮自在 統合リソース管理 従量課⾦ N Central US, S Central US, N Europe, W Europe, E Asia, SE Asia + 24 Edge CDN Locations
  • 12. 多彩な開発手法フレーム ワーク 充実のサービス群サービス コンピューティング データ管理 ネットワークファブリック クラウド SQL BLOB 仮想 トラフィック 仮想マシン web サイト テーブル connect サービス データベース ストレージ ネットワーク マネージャー 世界規模のクラウド基盤インフラストラクチャ 自動化 伸縮自在 統合リソース管理 サーバー/ネットワーク/データセンター 従量課⾦ N Central US, S Central US, N Europe, W Europe, E Asia, SE Asia + 24 Edge CDN Locations
  • 13. Windows Azure
  • 14. © 2012 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft, Windows, and other product names are or may be registered trademarks and/or trademarks in the U.S. and/or other countries.The information herein is for informational purposes only and represents the current view of Microsoft Corporation as of the date of this presentation. Because Microsoft must respond to changing market conditions, it should not be interpreted to be a commitment on thepart of Microsoft, and Microsoft cannot guarantee the accuracy of any information provided after the date of this presentation. MICROSOFT MAKES NO WARRANTIES, EXPRESS, IMPLIED OR STATUTORY, AS TO THE INFORMATION IN THIS PRESENTATION.