• Save
BeagleBone BlackでAndroidの下回りを学ぼう (公開版)
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Like this? Share it with your network

Share

BeagleBone BlackでAndroidの下回りを学ぼう (公開版)

  • 8,386 views
Uploaded on

ABC 2013 Autumn "多様なデバイス" トラック ...

ABC 2013 Autumn "多様なデバイス" トラック
「BeagleBone BlackでAndroidの下回りを学ぼう」
当日資料に追記が入ってます。

More in: Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
  • こんなのもはじめてます。

    BeagleBone Black Breakers
    https://github.com/kinneko/BBBB/wiki
    Are you sure you want to
    Your message goes here
No Downloads

Views

Total Views
8,386
On Slideshare
8,325
From Embeds
61
Number of Embeds
3

Actions

Shares
Downloads
2
Comments
1
Likes
8

Embeds 61

https://twitter.com 58
https://www.chatwork.com 2
http://godwood.allnet.ne.jp 1

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. BeagleBone Blackで Androidの下回りを学ぼう (公開版) 日本Androidの会 金沢支部 きんねこ 2013.10.20 @ABC2013Autumn
  • 2. おわび:  ・LT 10分の予定が... 40分!  ・中身薄めで申し訳ない
  • 3.  BeagleBone Blackは、5000円以下で購入でき る名刺サイズのボードです。 オープンハードウエア として開発されており、日本でも簡単に入手できま す。  ちいさなボードですが、Androidだけでなく、 UbuntuやDebianなどのLinux環境も動作させるこ とできます。  このボードを使ったAndroidのシステム開発方法 について紹介します。 chromecastモドキのデモも 行う予定です。
  • 4. CC BY-SA beagleboard.org
  • 5. 自己紹介:  ・某青くなくなった周辺機器メーカー勤務  ・ここしばらくは、HDMIドングル形状の   Android端末の開発・製造  ・転職先募集中∼!
  • 6. 最近の活動:  ・日本史上最低金額のクラウドファンディング  ・NT金沢2013:    缶バッジ・ワークショップ    光の小箱・ワークショップ    21世紀のラフレシア  ・ようやくBeagleBone Black買いました  ・leapcastでchromecastモドキ
  • 7. 缶バッジワークショップ
  • 8. 「光の箱」は松村泰三氏が考案したアート作品で す。フィルムミラーで光を乱反射させ、トレイシン グペーパーに投影しています。光にかざすと様々に 模様が変化する不思議な箱です。これを子供でも 10分で作れるように小さくしてみました。 光の小箱
  • 9. バザールで缶バッジ売ってました
  • 10. BeagleBone Blackで Androidの下回りを学ぼう  時間があれば:leapcastでchromecastモドキ
  • 11. RasPiをdisりに来ました!
  • 12. ちょっとしたことを やろうとしたとき、 ちょうどいいボードは なんだろう?
  • 13. ・価格? 安いほうがいい! ・情報? 多い方がいい! ・入手性? 普通に買いたい! ・中華Android?  ソースコードやSDKが揃わない
  • 14. 実際のところ  ・Raspberry Pi  ・BeagleBone Black しか残らない
  • 15. でも、Raspberry Pi がベスト?
  • 16. Raspberry Pi BeagleBone Black Amazon 価格 ¥4,380($35) ¥4,980($45) ARMアーキテクチャ ARM1176JZF-S Cortex-A8 CPU Broadcom BCM2835 TI Sitara AM3359 CPU Clock 700MHz 1.0GHz DRAM 512MB SDRAM 400MHz 512MB DDR3L 400MHz ROM Boot - eMMC 2GB bootable device SD micro SDHC
  • 17. Raspberry Pi BeagleBone Black 画像出力 HDMI x1 / アナログ x1 micro HDMI x1 出力解像度 狭くて書けぬ 狭くて書けぬ 音声出力 HDMI/Audio HDMI GPU VideoCore IV PowerVR SGX530 Video decode 1080p/ H.264, MPEG2, VC1 NEON software decode Video encode 1080p H.264(要ラインセンス) -
  • 18. Raspberry Pi BeagleBone Black USB 2 Host 1 Device, 1 Host NIC 100BASE-T(USB変換) 100BASE-T その他I/F 1x USART 4x UART, 8x PWM LCD, GPMC, MMC1 1x SPI, 1x I2C 2x SPI, 2x I2C A/D Converter 2xCAN Bus, 4 Timers 8x GPIO -
  • 19. Raspberry Pi BeagleBone Black 電源 USB USB/AC5V 消費電力 322mA(idle) 210mA(idle) サイズ 85.60 mm 53.98 mm 重さ 86.40 mm 53.3 mm 39.68 g 雑誌記事 ⃝ △ 書籍 ⃝ - 発売日 対応OS April 23, 2013 いろいろ いろいろ
  • 20. どちらがお得か?
  • 21. 書籍や雑誌の日本語情報の量か、 圧倒的なパワーか、 ただし、ビデオデコードは? 何をしたいかによって選ぶ
  • 22. とりあえず、今日のところは、 BeagleBone Blackにしといて∼
  • 23. Amazonで購入
  • 24. 翌日には到着
  • 25. 小さい箱、軽い
  • 26. リビジョン重要
  • 27. カード的なもの mini Bケーブル ボード たったこれだけ
  • 28. ボードは絶縁袋入り
  • 29. 表裏はこんな感じ
  • 30. 外部I/O シリアル NIC USB microSD miniB microHDMI 表側コネクタ AC
  • 31. 裏側コネクタ
  • 32. ケースをどうする?
  • 33. 市販品はいろいろあるの ですが、案外高い ヘタするとボードが、 もう半分買えちゃう
  • 34. しょうがない、 100均頼む!
  • 35. Daiso系 この2つダメでした
  • 36. SERIA系 これは何とか使えました
  • 37. そのままでは入りません
  • 38. カットします
  • 39. カットします
  • 40. 入りました
  • 41. ちょっと微妙
  • 42. こっちも、ちょっと微妙
  • 43. そのままでも起動します
  • 44. Cloud9 IDEが動作します。 USBストレージとしてマウ ントされたドキュメントに 使い方やリンクがあります。
  • 45. Androidを起動してみる
  • 46. TIのディベロッパーサイトで は、TIのBSPと同等の扱い で、BeagleBone Blackがサ ポートされている。 ドキュメントなども豊富。
  • 47. ビルド済みのバイナリイメ ージが公開されているの で、それを使ってみる。
  • 48. Android Development Kit for Sitara Microprocessors http://www.ti.com/tool/androidsdk-sitara
  • 49. http://downloads.ti.com/sitara_android/esd/TI_Android_DevKit/TI_Android_JB_4_2_2_DevKit_4_1_1/index_FDS.html
  • 50. http://downloads.ti.com/sitara_android/esd/TI_Android_DevKit/TI_Android_JB_4_2_2_DevKit_4_1_1/exports/ TI_Android_JB_4.2.2_DevKit_4.1.1_beagleboneblack.tar.gz
  • 51. $ wget http://downloads.ti.com/sitara_android/esd/TI_Android_DevKit/ TI_Android_JB_4_2_2_DevKit_4_1_1/exports/ TI_Android_JB_4.2.2_DevKit_4.1.1_beagleboneblack.tar.gz $ tar zxvf TI_Android_JB_4.2.2_DevKit_4.1.1_beagleboneblack.tar.gz このあたりがインストールする実体。 beagleboneblack/Boot_Images/uEnv.txt beagleboneblack/Boot_Images/uImage beagleboneblack/Boot_Images/MLO beagleboneblack/Boot_Images/u-boot.img beagleboneblack/Filesystem/rootfs.tar.bz2 $ cd beagleboneblack/ 書き込み用のSDは2.0GB以上が必要。
  • 52. $ export LANG=C $ sudo ./mkmmc-android.sh /dev/sdc Assuming Default Locations for Prebuilt Images All data on /dev/sdc now will be destroyed! Continue? [y/n] y [Unmounting all existing partitions on the device ] umount: /dev/sdc: not mounted umount: /dev/sdc1: not mounted [Partitioning /dev/sdc...] Disk /dev/sdc doesn't contain a valid partition table DISK SIZE - 7822376960 bytes CYLINDERS - 951 [Making filesystems...] [Copying files...] [Copying START_HERE folder to boot partition] [Copying all clips to data partition] [Done]
  • 53. 作成したSDの中身を見る
  • 54. $ sudo fdisk -l /dev/sdc Disk /dev/sdc: 7822 MB, 7822376960 bytes 255 heads, 63 sectors/track, 951 cylinders, total 15278080 sectors Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes Disk identifier: 0x00000000 Device Boot /dev/sdc1 * /dev/sdc2 /dev/sdc3 /dev/sdc4 (LBA) Start End Blocks Id System 63 144584 72261 c W95 FAT32 (LBA) 144585 3951989 1903702+ 83 Linux 3951990 7759394 1903702+ 83 Linux 7759395 15277814 3759210 c W95 FAT32
  • 55. sdc1: boot: 起動に必要なブートローダー, kernel等 MLO START_HERE/ u-boot.img uEnv.txt uImage sdc2: rootfs: Androidシステム data/ init.am335xevm.usb.rc proc/ ueventd.am335xevm.rc default.prop init.goldfish.rc sbin/ ueventd.rc dev/ init.trace.rc sys/ init lost+found/ system/ sdc3: usrdata lost+found/ sdc4: data: データ領域 Audio/ Images/ Video/
  • 56. TIのAndroidをソースコード からビルドしてみる
  • 57. http://processors.wiki.ti.com/index.php/TI-Android-JB-4.2.2-DevKit-4.1.1_DeveloperGuide
  • 58. やった人の体験談 (^^;
  • 59. http://salt.air-nifty.com/salt/2013/08/beaglebone-bl-1.html
  • 60. rawboatプロジェクトの Androidをビルドしてみる
  • 61. rowboat:TI OMAP 35x, AM37x, AM35x プラットフォ ームへの移植とNEON対応、内 蔵DSP、GPUなどハードウェア 機能への対応を行っている Androidの開発コミュニティ
  • 62. やった人の体験談 (^^;
  • 63. http://blog.sola-dolphin-1.net/archives/4487695.html
  • 64. ソースコードの構造
  • 65. 改造前に、 知っておく必要あり でも、作成間に合わず 質疑&次回にでも
  • 66. Androidの起動の流れ
  • 67. 改造前に、 知っておく必要あり でも、作成間に合わず 質疑&次回にでも
  • 68. 電話以外のハードウエア への移植時の注意点
  • 69. 改造前に、 知っておく必要あり でも、作成間に合わず 質疑&次回にでも
  • 70. おしまい
  • 71. 当日動画、ゲリラ公開されてました http://www.nicovideo.jp/watch/sm22087444 40名ほど聞きにきていただきました。 ありがとうございました。 ささやかですが、お礼に 売れ残りのバッジを配布しました。
  • 72. 作りかけですが、このプレゼンの ネタ資料でまとめていたものを Wikiに落とし始めています。 全部で3つ作ったシノプシスのう ちの1つです。残りの1つも盛り 込んでいく予定です。 https://github.com/kinneko/BBBB/wiki
  • 73. ユーザー会とかあったほうが いいかなというヒトは、 twitter: @kinneko kinneko@gmail.com までご意見ください。
  • 74. 軽いウインドマネージャーで UbuntuのXorg環境も動きます