Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

JCF2018_Jenkinsで運用業務の改善をしてみて気づいたこと

4,204 views

Published on

Jenkins User Conference 2018のLTで発表した資料です

Published in: Technology
  • Be the first to comment

JCF2018_Jenkinsで運用業務の改善をしてみて気づいたこと

  1. 1. Jenkinsで運⽤業務の改善をしてみて 気づいたこと In Jenkins ユーザ・カンファレンス 2018 ⽩⼦ 佳孝 リクルートライフスタイル データマネジメントG
  2. 2. ⼿作業の運⽤業務が負荷に... いわゆるトイル(Toil)が⼤量にあった。 〜例〜 テーブル連携の設定をRDSに登録・確認 yamlファイルを⼿動で作成、GHEへ反映、リリース作業 バッチジョブの設定や状態確認のため、JP1/AJSの管理画⾯を操作 ⽋損したデータの遡及作業 などなど
  3. 3. ⼿作業の運⽤業務が負荷に... いわゆるトイル(Toil)が⼤量にあった。 〜例〜 テーブル連携の設定をRDSに登録・確認 yamlファイルを⼿動で作成、GHEへ反映、リリース作業 バッチジョブの設定や状態確認のため、JP1/AJSの管理画⾯を操作 ⽋損したデータの遡及作業 などなど
  4. 4. Jenkinsで(半)⾃動化することで、トイルの削減に成功 • RDSに直接作業せず、Jenkinsから作業 • パラメータ付きビルドによって、作業が簡単に • ⽇次でRDSの情報を収集し、Jenkins上で設定内容を確認可能 • 設定Yamlファイルを(半)⾃動⽣成 • featureブランチ作成、yaml⽣成、⾃動PushがJenkinsから可能に • ⽇次で本番にリポジトリをPushするため、作業不要に • ajsコマンドをJenkinsから実⾏ • JP1ジョブの作成がGUIを触らずに可能 • ジョブの設定内容が簡単に確認できる • 問題箇所は⾊を変更することで⼀⽬でわかるように
  5. 5. Jenkinsで(半)⾃動化することで、トイルの削減に成功 例)パラメータ付きビルドによって、作業が簡単に
  6. 6. Jenkinsで(半)⾃動化することで、トイルの削減に成功 例)⽇次でRDSの情報を収集し、Jenkins上で設定内容を確認可能
  7. 7. Jenkinsで(半)⾃動化することで、トイルの削減に成功 例)設定Yamlファイルを(半)⾃動⽣成
  8. 8. Jenkinsで(半)⾃動化することで、トイルの削減に成功 例)設定Yamlファイルを(半)⾃動⽣成
  9. 9. Jenkinsで(半)⾃動化することで、トイルの削減に成功 例)ジョブの設定内容が簡単に確認できる
  10. 10. 付加価値として • 作業ログが残る • 新規参画者すぐに運⽤業務をこなせるようになる • ⼿順書が単純に(実⾏確認がJenkinsで同時に可能)
  11. 11. なんかいい感じに運⽤の改善・⾃動化が進んできた!!
  12. 12. ただ、ちょっとずつほころびが。。。
  13. 13. 徐々に問題が露⾒してくる... • ⾃動化したことで実際どんな作業を⾏なっているかが不透明に • Jenkinsのジョブに問題があった時に、作った⼈しかメンテができない 状態に(タスクをそのまま⾃動化させるため、作りが複雑) • ⼀つ⼀つの作業をJenlkinsで⾃動化したが、業務フローの中でいくつ ものジョブを組み合わせて使う必要がある
  14. 14. 気づいたこと • 運⽤業務改善のために、Jenkinsで業務の⾃動化を⾏なっていたが、⾃ 動化⾃体が⽬的となってしまっていた。 • タスクの改善にはなったが、業務⾃体の改善とは⾔い難い状態になっ ていた。 • ただ、ある程度⾃動化ができてしまったため、皆満⾜してしまってい る。
  15. 15. サマリー
  16. 16. サマリー • Jenkinsによる処理実装が簡単であるがゆえ、⽬の前のタスクをそのま ま⾃動的な処理に移し替えるだけになってしまっていた。 • 最初はいいけど、本質的に改善には⾄らず • ⾃動化すること⾃体が⽬的になってしまっていた • ⾃動化を進める前に、業務⾃体を⾒直す必要があった。 • やるやら判断 • 業務フローの⾒直し • Value Stream Mappingなどを利⽤し業務プロセス改善 ⾃動化を⽬的にしちゃダメ!絶対!

×