Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Kintoneで回すline botのpdcaサイクル

517 views

Published on

CybozuDays2017大阪 kintonehack

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

Kintoneで回すline botのpdcaサイクル

  1. 1. iret株式会社 cloudpack事業部 サーバレス開発チーム 田中潤
  2. 2. アイレット株式会社 クラウドパック事業部 サーバレス開発チーム ■業務内容 クラウド・サーバレス・AI・チャットボット・スマートス ピーカー・IoTなど 比較的あたらしい技術に携わる案件が多い 田中 潤 自己紹介 https://cloudpack.jp/
  3. 3. さっそくですが
  4. 4. みなさんLINEbotってご存知ですか?
  5. 5. LINEbotとは… 多くのユーザーにアプローチができるプラットフォーム リアルタイムで双方向なコミュニケーションが可能 適切なユーザーへ、適切な情報を、適切なタイミングで届ける事が出来る などなど、魅力的かつ合理的な新たなユーザーとのチャネルとして最近、着目されてい ます。
  6. 6. 今回はこの LINEbot と kintone AWSのサーバーレス環境で…
  7. 7. CMSとしてパッケージ化! さらに PDCAサイクルのフローをご紹介!
  8. 8. 7 パッケージの主な機能 ■キーワード返答 ■ LUIS(自然言語処理) との連動返答 ■非認識コメント返答 など ■アンケート配信 ■興味による配信 ■イベントモード配信 など ■友達登録/削除可視化 ■アクセス負荷分析 ■非認識コメント分析 ■人気コメント分析 など
  9. 9. すでにリリースされたサービス例として・・・
  10. 10. 公式アカウントの検索 「らいよん」で出ます 毎日放送の番宣キャラクター「らいよんチャン」と コミュニケーションを図りながら 様々な情報発信を可能にするシステムです 公式アカウントの検索 「らいよん」で出ます
  11. 11. おしゃべりらいよんチャンアーキテクチャ • LINE • AWS(サーバレス) • LUIS(コグニティブサービス) • kintone サーバレス構成で構築 サーバレス構成にすることで インフラにかかるコストを圧縮 主なサービス
  12. 12. これらの例をふまえつつ
  13. 13. kintoneを使って CMS化運用? それって一体何が出来るの?
  14. 14. kintoneによるCMSとしての利用例 Botの返答内容の追加、修正、削除が行えるCMS ユーザーの動向などの可視化 必要なユーザーのみへの個別配信など
  15. 15. 優先して返答したい内容や、会話の解析結果を元に返答するワードの登録 その他、LINEで定義されているレイアウトテンプレートを 使った複雑なメッセージにも対応。 返答ワードの設定
  16. 16. 時間別のメッセージ受信数や、日ごとに多かったメッセージ内容などを確認。 認識出来なかったメッセージについての確認も可能なため、 学習が必要な文言を容易に認識できる。 返答出来ていない文言などへの対応に繋げる。 解析データの可視化
  17. 17. なんかイマイチ「ピン」とこない。
  18. 18. 【朗報】DEMO動画をご用意しました。
  19. 19. Case:イベント配信モード
  20. 20. リッチメニューよりイベントへ参加 参加/離脱時のメッセージ スケジュールの確認 ユーザーのレスポンスへの返答 ・今のスケジュールなど、現在の時間から判断し通知 (不参加者への通知が無いため、無駄なノイズ通知が無い) ・参加者にのみ講演前にスケジュールをプッシュ通知 (通知されることにより、講演を見逃す事が減少) ・イベント用の返答を容易することにより、会場の施設の案内など をLINE上で返答することが可能
  21. 21. じゃあ、肝心のPDCAサイクルは 一体どうなってるの?
  22. 22. KintoneでPDCAサイクルを 回して気づいた点 実際の解析データを可視化することにより、次の課題解決につながる チャットボットを成長させる為に必要な機能をkintoneへ集約出来る為、Botの 教育が容易 kintoneの柔軟性を活かし、様々なケースやニーズにあった解決・提案 の幅が広がる
  23. 23. まとめ
  24. 24. kintoneを使うことで・・・ 今後もkintoneの魅力を十分に活かし、色々な挑戦をしていきたいと思います。 業務の改善/効率化だけでなく CMSとしてコンテンツの運用・更新・改善 サーバレス化によるコストの削減 フレキシブルな開発が可能!
  25. 25. Botのパッケージ詳細について ご興味があれば下記URLの「その他お問い合わせ」より お気軽にご相談ください! また、cloudpackでは、一緒に働いてくれるメンバーを絶賛募 集中です。 チャレンジ出来る環境があります! https://cloudpack.jp/contact/form/ https://cloudpack.jp/recruit/

×