Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

社心2016_邦訳版ストレスマインドセット尺度の信頼性・妥当性の検討

649 views

Published on

日本社会心理学会第57回大会でのポスター発表資料です。
◆発表論文原稿からの追記/修正点◆
(1)予備調査のデータを追記しています
(2)データの一部に誤りがあったので修正しています(本調査-結果)

「邦訳版ストレスマインドセット尺度の信頼性・妥当性の検討」
〇大久保慧悟(ディップ株式会社)・竹橋洋毅(関西福祉科学大学)

【お問合せ】 ke-okubo@dip-net.co.jp 

Published in: Science
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

社心2016_邦訳版ストレスマインドセット尺度の信頼性・妥当性の検討

  1. 1. 邦訳版ストレスマインドセット尺度の 信頼性・妥当性の検討 〇大久保慧悟(ディップ株式会社) 竹橋洋毅(関西福祉科学大学) <発表概要> ☑ストレスに対する信念を測定するための「ストレスマ インドセット尺度」(Crumら, 2013)の邦訳版を作成 ☑基準関連妥当性の検証では、予備調査で先行研究と一 致する結果が得られたが、本調査では不一致 ☑サンプルに問題がある可能性があり、再調査が必要 日本社会心理学会第57回大会 ポスター発表 資料(WEB公開 2016/10/04)
  2. 2. 問題と目的 ストレスは有害?有用? ・ストレスに関する多くの研究では、ストレスが心身に 有害な影響があると指摘(e.g., Blythe, 1973) ・一方、ストレスには健康や生産性を向上させるという 有益な側面もあることが報告されている(e.g., Chaillら, 2003) 「ストレスマインドセット」(Crumら, 2013) ・ストレスが有害であると信じる人ほどストレスの悪影響 を受けやすく、ストレスが有用であると信じる人ほど健 康状態や職務遂行で良好な影響を影響を受けるとされる。
  3. 3. ・ストレス量、コーピング方略とは独立に、 健康状態やパフォーマンスを説明する。 ストレスマインドセットは、学術的にも応用的にも重要 なテーマであるが、日本では研究されていない。 ⇒邦訳版を作成し、信頼性・妥当性の検討を行う 「ストレスマインドセット尺度」 ・ストレスの有害性/有用性を計8項目で測定。 確証的因子分析により1因子を見出されている。
  4. 4. 予備調査:方 法 • 対象者:子ども向けイベントに参加した保護者92人 (女性59人、平均年齢38.88歳、標準偏差8.63) • 手続き – 各項目について計3回のバックトランスレーション – 最終的に表現が原文と意味的に相違ないことを原著 者に確認し、邦訳版SMMの試作版とした • 測定変数 – ①主観的健康指標 3項目、②ストレス量(Crumら, 2013)1項目、③日本語版Brif COPE尺度(大塚, 2008)より7項目
  5. 5. 妥当性の検討 主観的健康を目的変数としてstep1でストレス量・接近/ 回避コーピング、step2では加えてSMM-J得点を投入し た段階的重回帰分析を行った(表2)。 予備調査:結 果 因子構造の確認 -Crumら(2013)と同様に1因子モデルの確証的因子分析 を行ったが、適合度が良好ではなかった GFI =.88, AGFI =.75, CFI =.88, RMSEA=.13 -探索的因子分析で固有値1の基準で2因子が見出された 為、2因子モデルの確証的因子分析を行ったところ、 適合度が良好であった(表1) GFI = .92, AGFI =.85, CFI = .96, RMSEA =.08 -信頼性係数α 因子1 .82, 因子2 .77, 因子間相関 -.78
  6. 6. Step 1 .40 ** .38 **  ストレス量 .49 **  接近コーピング -.35 **  回避コーピング .21 * Step2 .43 ** .40 **  ストレス量 .51 **  接近コーピング -.29 **  回避コーピング .19 * ストレスマインドセット -.18 * β R 2 △R 2 表2 主観的健康を目的変数とした重回帰分析 表1 SMMの日本語版項目および因子負荷量 尺 度 項 目 因子1 因子2 7.ストレスがあると、私のパフォーマンスや生産性が低くなる .83 5.ストレスがあると、私の学びや成長が妨げられる .74 3.ストレスがあると、私の健康や活力が悪くなる .70 1.ストレスは悪影響があり、避けるべきだ .64 4.ストレスがあると、私のパフォーマンスや生産性が高まる .82 8.ストレスは良い影響があり、利用すべきだ .76 6.ストレスがあると、私の健康や活力がより良くなる .71 2.ストレスがあると、私の学びや成長の助けとなる .44 注) 数値は因子負荷量(標準化係数)
  7. 7. 本調査:方 法 • 対象者:リサーチ会社に登録している男女434人 (女性218人、平均年齢40.25歳、標準偏差10.75) • 手続き – 予備調査で作成した項目を邦訳版ストレスマインド セット尺度の試作版として用いた。 • 測定変数 – ①多次元性抑うつ不安症状尺度(佐藤ら, 2001)45 項目、②ストレス量(Crumら, 2013)1項目、③日本 語版Brif COPE尺度(大塚, 2008)より14項目
  8. 8. 本調査:結 果 因子構造の確認 – Crumら(2013)と同様に1因子モデルの確証的因子 析を行ったが、適合度が良好ではなかった GFI =.78, AGFI =.61, CFI =.76, RMSEA=.20 – 探索的因子分析で固有値1の基準で2因子が見出された 為、2因子モデルの確証的因子分析を行ったところ、 適合度が良好であった(表1) GFI = .95, AGFI =.90, CFI = .95,RMSEA =.09 – 信頼性係数α 因子1 .84, 因子2 .80, 因子間相関 -.61 ⇒SMM-Jとして採用 – 多次元抑うつ不安症状尺度得点を目的変数として step1でストレス量・接近/回避コーピング、step2で は加えてSMM-J得点を投入した段階的重回帰分析を行 った(表4)。 妥当性の検討
  9. 9. – SMM-J得点はストレス量やコーピング方略の個人差と は独立に健康状態の分散を説明した。 – しかし、 説明率・接近コーピングが健康に与える影響 が、 Crum(2013)とは一致していない。 表3 SMMの日本語版項目および因子負荷量 尺 度 項 目 因子1 因子2 1.ストレスは悪影響があり、避けるべきだ .80 7.ストレスがあると、私のパフォーマンスや生産性が低くなる .79 5.ストレスがあると、私の学びや成長が妨げられる .76 3.ストレスがあると、私の健康や活力が悪くなる .69 6.ストレスがあると、私の健康や活力がより良くなる .78 4.ストレスがあると、私のパフォーマンスや生産性が高まる .77 8.ストレスは良い影響があり、利用すべきだ .75 2.ストレスがあると、私の学びや成長の助けとなる .55 注) 数値は因子負荷量(標準化係数)
  10. 10. Step 1 .79 ** .80 **  ストレス量 .33 **  接近コーピング .55 **  回避コーピング .19 ** Step2 .93 ** .13 **  ストレス量 .03 **  接近コーピング .97 **  回避コーピング .08 ** ストレスマインドセット -.51 ** β R 2 △R 2 表4 多次元抑うつ不安症状尺度を目的変数とした重回帰分析
  11. 11. 11 考 察 • 予備調査では、ストレスマインドセットは、他尺度 とは独立であり、かつ、関連する尺度との関係性が 先行研究と一貫する結果が得られた。 • しかし、本調査においては、SMM-Jの基準関連妥 当性が支持されなかった。 • 原因の一つとして、データの質の問題が考えられる ため、再調査が必要とされる。

×