Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

テクニカルな目線からみたAnsibleFest 2018

More Related Content

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

テクニカルな目線からみたAnsibleFest 2018

  1. 1. テクニカルな目線からみた Ansible Fest Hiroki Uchida @nikuyoshi
  2. 2. はじめに 本スライドは、2018-12-06に実施されたAnsible Night in Tokyo 2018.12 で公開された資料です。 本資料のライセンスは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスのCC-BYです。 https://creativecommons.jp/licenses/
  3. 3. 発表者について 内田 大樹(うちだ ひろき) 通信会社のSE。技術書典という技術者向けのイベントで2018年に2冊本を頒布。さまざまな技術者コミュニ ティに顔を出して、新しい技術を学び、技術に関する会話をするのが楽しい。趣味は写真撮影。
  4. 4. AnsibleFest 2018 世界最大のAnsibleカンファレンス。参加者1000人超え。1年に1〜2回開催。世界中からコミッター、開発者、 利用者が数多く参加。 開催日: 2018-10-02 ~ 2018-10-04 開催場所: アメリカ合衆国 テキサス州オースティン メキシコ寄り 音楽が盛ん。SXSW の開催地! AnsibleFest 2018
  5. 5. 背景、参加目的 ● 背景 ○ 社内にAnsibleを展開するために、ベストプラクティスをまとめる業務に携わっていた。ベスト プラクティスをまとめる過程で、検索しても答えにたどれない質問がでてきたためAnsibleユー ザーに直接相談したいと思っていたところ、AnsibleFestを見つけた。 ● 目的 ○ 世界レベルの事例を聴き、今後の開発のアイディアをもらうこと ○ コミッターの生の声を聞き、モチベーションを向上させること 国内のAnsible熱 はまだ高い Ansible Night in Tokyo 2018.09
  6. 6. Ansibleとは? Ansibleとは、構成管理ツールのこと。YAML形式の設定ファイルに実行したいタスクを宣言し、 Inventoryという接続先情報を設定して実行すれば、各接続先に対してミドルウェアのインスト ールやネットワーク設定を自動で行える。 Ansibleサーバー ホストA ホストB ホストCYAMLYAMLYAML 1. Apacheをインストール 2. Apache用のユーザー登録 3. ネットワーク設定変更 4. Apacheを起動 Inventory
  7. 7. 参加セッション一覧(1/2) # 分類 タイトル 登壇者 所属企業 - ポジション 1 General Session State of Automation & Ansible Updates 登壇者が多いため 省略 - 2 Best Practices Tool Overload! Where Does Ansible Fit? Taylor Owen Kovarus 3 Best Practices Make your Ansible Playbooks Flexible, Maintainable, and Stable Jeff Geerling Acquia - Developer 4 Ansible Integrations Self-healing applications with Ansible Jurgen Etzlstorfer Dynatrace - Technology Stragist 5 Special Interests Database Automation with Thousands of database, monitoring and backup Sae Woong Lee LINE - Senior Database Engineer 6 General Session Building Automation Teams in Today’s Organizations 登壇者が多いため 省略 - 特に印象に残ったセッションを青字で記載 12セッション/全67セッションに参加
  8. 8. 参加セッション一覧(2/2) # 分類 タイトル 登壇者 所属企業 - ポジション 7 General Session Automation Stories 登壇者が多いため 省略 - 8 Best Practices Ansible Best Practices: Roles & Modules Tim Appnel Red Hat - Ansible Senior Product Manager 9 Best Practices Simplifying playbooks Jon Hawkesworth M*Modal Ltd - Software Engineer 10 Tech Deep Dives Developing Ansible Automation with the Galaxy Ecosystem Toolchain Chris Houseknecht Red Hat - Galaxy Engineering Manager 11 Best Practices Ansible + VSCode: Accelerate Ansible Playbooks Catherine Zhu Alfred Sin Microsoft 12 Best Practices Managing RHEL with Ansible Roles Trey Prinz Red Hat - Account Solutions Architect 特に印象に残ったセッションを青字で記載
  9. 9. State of Automation & Ansible Updates(1/3) 基調講演。Ansibleがサーバー、アプリケーション、クラウドの自動化だけでなく、ネットワー クやデータベースの自動化ができるようになるなど、2012年当時と比較するとできることが増 えてきている。
  10. 10. State of Automation & Ansible Updates(2/3) Ansibleの機能追加の歴史とともに、セキュリティに関してAnsibleの機能強化が行われること が発表された。ネットワークに関しても引き続き強化していく。
  11. 11. State of Automation & Ansible Updates(3/3) 世界各国のコミュニティの紹介とともに、登壇者のOSSコミュニティに対する熱い想いを感じ た。
  12. 12. Red HatのAnsible Senior Product Managerの講演。Ansible RoleとModuleに関するベストプラ クティスを話してくれた。Ansible Playbookをシンプルにする、といった原則から講演が始ま り、実際にその原則をどのようにPlaybookにあてはめていくのか具体例を交えてくれた。非常 にまとまっているセッションで、2日間で一番良い講演だった。 Ansible Best Practices: Roles & Modules(1/4)
  13. 13. Ansible Roleのテストには、「molecule」を利用して自動テストを行うと良いとのこと。元々 はコミュニティが管理していたが、Red Hatが公式にサポートすることとなり品質の保証がよ り一層される。また、「ansible-lint」も同様に公式サポートされ、YAMLの自動チェックで使 えそう。 Ansible Best Practices: Roles & Modules(2/4)
  14. 14. commandモジュールの多用をするのであれば、独自モジュールを実装した方が実装が綺麗にな るので推奨している、とのこと。今の現場ではモジュールを実装していなかったが、実装を検 討したほうが良さそうだと感じた。 Ansible Best Practices: Roles & Modules(3/4)
  15. 15. 実際に独自モジュールを実装する際、左下図のようなAnsible公式モジュールを参考に実装すれ ば良いとのこと。複雑で参考にしちゃいけなモジュールについても言及があった。 Ansible Best Practices: Roles & Modules(4/4)
  16. 16. LINEのAnsible大規模利用事例。社内のDBの82%はMySQLで、データベースのインスタンス数 は1万を超えている。それをどのように自動構築しているのか、歴史的な話も交えて話をして くれていた。 Database Automation with Thousands of database, monitoring and backup(1/3)
  17. 17. MySQLをインストールするのに、Chefなどの別のツールも使っていたが、簡単にデプロイできると いうことからAnsibleを採用した。Ansibleを利用する前は、インスタンス数に比例して線形でイン ストール時間がかかっていたが、Ansible化によって10倍、20倍早くなったとのこと。 Database Automation with Thousands of database, monitoring and backup(2/3)
  18. 18. 複数のデータベースを一元的に管理するために「DBONE」という内製の監視ソフトウェアを 作成した。Ansibleで使いたいモジュールがなければ自分たちでそのモジュールを作成した。 Database Automation with Thousands of database, monitoring and backup(3/3)
  19. 19. Ansible GalaxyのEngineering Managerの講演。Ansible Galaxy 2.0 から3.0に向けてmazerが新しく 使われるようになることを宣伝していた。Ansible Collectionというロールとあわせてモジュールを 配信できる機構ができるらしい。 The Galaxy Ecosystem Toolchain
  20. 20. Google Cloud用Ansible Moduleを自動生成しているMagic Modulesの紹介。Mad Libsという単語を あてはめるカードゲームと同様に、GCPで動的に変わるリソースをWord Bankとして準備しておき、 テンプレートにあてはめてAnsible Moduleを自動生成しているとのこと。 Auto-Generating Google Cloud Ansible Modules

×