Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

テクニカルな目線からみたAnsibleFest 2018

903 views

Published on

2018-12-06に発表したAnsibleFest 2018の報告資料です。

Ansible Night in Tokyo 2018.12
https://ansible-users.connpass.com/event/109717/

Published in: Software
  • Be the first to comment

テクニカルな目線からみたAnsibleFest 2018

  1. 1. テクニカルな目線からみた Ansible Fest Hiroki Uchida @nikuyoshi
  2. 2. はじめに 本スライドは、2018-12-06に実施されたAnsible Night in Tokyo 2018.12 で公開された資料です。 本資料のライセンスは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスのCC-BYです。 https://creativecommons.jp/licenses/
  3. 3. 発表者について 内田 大樹(うちだ ひろき) 通信会社のSE。技術書典という技術者向けのイベントで2018年に2冊本を頒布。さまざまな技術者コミュニ ティに顔を出して、新しい技術を学び、技術に関する会話をするのが楽しい。趣味は写真撮影。
  4. 4. AnsibleFest 2018 世界最大のAnsibleカンファレンス。参加者1000人超え。1年に1〜2回開催。世界中からコミッター、開発者、 利用者が数多く参加。 開催日: 2018-10-02 ~ 2018-10-04 開催場所: アメリカ合衆国 テキサス州オースティン メキシコ寄り 音楽が盛ん。SXSW の開催地! AnsibleFest 2018
  5. 5. 背景、参加目的 ● 背景 ○ 社内にAnsibleを展開するために、ベストプラクティスをまとめる業務に携わっていた。ベスト プラクティスをまとめる過程で、検索しても答えにたどれない質問がでてきたためAnsibleユー ザーに直接相談したいと思っていたところ、AnsibleFestを見つけた。 ● 目的 ○ 世界レベルの事例を聴き、今後の開発のアイディアをもらうこと ○ コミッターの生の声を聞き、モチベーションを向上させること 国内のAnsible熱 はまだ高い Ansible Night in Tokyo 2018.09
  6. 6. Ansibleとは? Ansibleとは、構成管理ツールのこと。YAML形式の設定ファイルに実行したいタスクを宣言し、 Inventoryという接続先情報を設定して実行すれば、各接続先に対してミドルウェアのインスト ールやネットワーク設定を自動で行える。 Ansibleサーバー ホストA ホストB ホストCYAMLYAMLYAML 1. Apacheをインストール 2. Apache用のユーザー登録 3. ネットワーク設定変更 4. Apacheを起動 Inventory
  7. 7. 参加セッション一覧(1/2) # 分類 タイトル 登壇者 所属企業 - ポジション 1 General Session State of Automation & Ansible Updates 登壇者が多いため 省略 - 2 Best Practices Tool Overload! Where Does Ansible Fit? Taylor Owen Kovarus 3 Best Practices Make your Ansible Playbooks Flexible, Maintainable, and Stable Jeff Geerling Acquia - Developer 4 Ansible Integrations Self-healing applications with Ansible Jurgen Etzlstorfer Dynatrace - Technology Stragist 5 Special Interests Database Automation with Thousands of database, monitoring and backup Sae Woong Lee LINE - Senior Database Engineer 6 General Session Building Automation Teams in Today’s Organizations 登壇者が多いため 省略 - 特に印象に残ったセッションを青字で記載 12セッション/全67セッションに参加
  8. 8. 参加セッション一覧(2/2) # 分類 タイトル 登壇者 所属企業 - ポジション 7 General Session Automation Stories 登壇者が多いため 省略 - 8 Best Practices Ansible Best Practices: Roles & Modules Tim Appnel Red Hat - Ansible Senior Product Manager 9 Best Practices Simplifying playbooks Jon Hawkesworth M*Modal Ltd - Software Engineer 10 Tech Deep Dives Developing Ansible Automation with the Galaxy Ecosystem Toolchain Chris Houseknecht Red Hat - Galaxy Engineering Manager 11 Best Practices Ansible + VSCode: Accelerate Ansible Playbooks Catherine Zhu Alfred Sin Microsoft 12 Best Practices Managing RHEL with Ansible Roles Trey Prinz Red Hat - Account Solutions Architect 特に印象に残ったセッションを青字で記載
  9. 9. State of Automation & Ansible Updates(1/3) 基調講演。Ansibleがサーバー、アプリケーション、クラウドの自動化だけでなく、ネットワー クやデータベースの自動化ができるようになるなど、2012年当時と比較するとできることが増 えてきている。
  10. 10. State of Automation & Ansible Updates(2/3) Ansibleの機能追加の歴史とともに、セキュリティに関してAnsibleの機能強化が行われること が発表された。ネットワークに関しても引き続き強化していく。
  11. 11. State of Automation & Ansible Updates(3/3) 世界各国のコミュニティの紹介とともに、登壇者のOSSコミュニティに対する熱い想いを感じ た。
  12. 12. Red HatのAnsible Senior Product Managerの講演。Ansible RoleとModuleに関するベストプラ クティスを話してくれた。Ansible Playbookをシンプルにする、といった原則から講演が始ま り、実際にその原則をどのようにPlaybookにあてはめていくのか具体例を交えてくれた。非常 にまとまっているセッションで、2日間で一番良い講演だった。 Ansible Best Practices: Roles & Modules(1/4)
  13. 13. Ansible Roleのテストには、「molecule」を利用して自動テストを行うと良いとのこと。元々 はコミュニティが管理していたが、Red Hatが公式にサポートすることとなり品質の保証がよ り一層される。また、「ansible-lint」も同様に公式サポートされ、YAMLの自動チェックで使 えそう。 Ansible Best Practices: Roles & Modules(2/4)
  14. 14. commandモジュールの多用をするのであれば、独自モジュールを実装した方が実装が綺麗にな るので推奨している、とのこと。今の現場ではモジュールを実装していなかったが、実装を検 討したほうが良さそうだと感じた。 Ansible Best Practices: Roles & Modules(3/4)
  15. 15. 実際に独自モジュールを実装する際、左下図のようなAnsible公式モジュールを参考に実装すれ ば良いとのこと。複雑で参考にしちゃいけなモジュールについても言及があった。 Ansible Best Practices: Roles & Modules(4/4)
  16. 16. LINEのAnsible大規模利用事例。社内のDBの82%はMySQLで、データベースのインスタンス数 は1万を超えている。それをどのように自動構築しているのか、歴史的な話も交えて話をして くれていた。 Database Automation with Thousands of database, monitoring and backup(1/3)
  17. 17. MySQLをインストールするのに、Chefなどの別のツールも使っていたが、簡単にデプロイできると いうことからAnsibleを採用した。Ansibleを利用する前は、インスタンス数に比例して線形でイン ストール時間がかかっていたが、Ansible化によって10倍、20倍早くなったとのこと。 Database Automation with Thousands of database, monitoring and backup(2/3)
  18. 18. 複数のデータベースを一元的に管理するために「DBONE」という内製の監視ソフトウェアを 作成した。Ansibleで使いたいモジュールがなければ自分たちでそのモジュールを作成した。 Database Automation with Thousands of database, monitoring and backup(3/3)
  19. 19. Ansible GalaxyのEngineering Managerの講演。Ansible Galaxy 2.0 から3.0に向けてmazerが新しく 使われるようになることを宣伝していた。Ansible Collectionというロールとあわせてモジュールを 配信できる機構ができるらしい。 The Galaxy Ecosystem Toolchain
  20. 20. Google Cloud用Ansible Moduleを自動生成しているMagic Modulesの紹介。Mad Libsという単語を あてはめるカードゲームと同様に、GCPで動的に変わるリソースをWord Bankとして準備しておき、 テンプレートにあてはめてAnsible Moduleを自動生成しているとのこと。 Auto-Generating Google Cloud Ansible Modules

×