Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

それではリスクの話をしよう

8,083 views

Published on

2015/03/19 MF社内勉強会 『GeeksNight』での発表資料です。

最適な投資比率についての内容です。

Published in: Technology
  • Login to see the comments

それではリスクの話をしよう

  1. 1. それではリスクの話をしよう 最適な投資比率について 2015/03/19 MF社内勉強会 『GeeksNight』 マネーフォワード CTO 浅野千尋
  2. 2. リスクとは何か
  3. 3. リスク=危険性、危険物
  4. 4. リスク=危険性、危険物
  5. 5. リスクとは
  6. 6. 【不確実性】のことである
  7. 7. では【不確実性】とは何か (禅問答)
  8. 8. 実験その1 • 右のような確率で騰落する株が あるとする。 • プラスとマイナスで確率は均等 • 発生確率で対照となるペアは、 逆数となっている(株価が倍に なるという事象の逆は、株価が 半分になるという事) • 右のような確率テーブルを乱数 シミュレーションしてみる • この株価自体の期待値は0%に 収束する 確率(%) 騰落率(%) 1 -50 1 -16.6667 3 -1.96078 5 -0.9901 10 -0.79365 10 -0.49751 20 -0.2991 20 0.3 10 0.5 10 0.8 5 1 3 2 1 20 1 100
  9. 9. • 下記が乱数シミュレーション結果 • 当然、ヨコヨコの結果となり、傾向は見られない – (もしこのチャートを見てトレンドがあるというように見える人は危険)
  10. 10. この、将来どうなるかわからないという 現象自体が、不確実性。 いわゆる【リスク】
  11. 11. 『じゃぁリスクがある(将来予測なんて出 来ない)から株式投資はやめた方がいいよ ね。』
  12. 12. 『じゃぁリスクがある(将来予測なんて出 来ない)から株式投資はやめた方がいいよ ね。』
  13. 13. リスクは取るものではない
  14. 14. 【リスクはコントロールするものである】 ここテストに出ます
  15. 15. ▶試しに先ほどの株で儲ける事を考えてみよう
  16. 16. 当然、将来値動き予想なんて無理。 乱数なので。
  17. 17. ではどうやって儲けるのか。
  18. 18. ポジションコントロール戦略
  19. 19. ポジションコントロール戦略 とは何か。 • 投資する比率を最適なレートに決める • 上記比率にそって、現金と株の割合を保つ • 株が騰落する事によって比率がずれるので、都 度リバランスする 以上。とても簡単。
  20. 20. 思想 株はリスク(不確実性)の固まりである。 リスクをコントロールするとは、 株そのものをコントロールするという事で ある。
  21. 21. 例えば、5割投資すると決めたとする。 10000円が初期資金。 5000円を現金、5000円分を株で持つ。 翌日、株が急騰して1.2倍になった場合 5000円の現金、6000円分の株となる ⇒株の一部を売却し、5500円の現金、5500円分の株にな るようリバランスする 逆に、株が急落して0.8倍になった場合 5000円の現金、4000円分の株となるので、 ⇒株を買い増して、4500円の現金、4500円分の株とする
  22. 22. とても簡単。
  23. 23. え?これが戦略? と皆さん思っているでしょう。
  24. 24. ではシミュレーションしてみよう
  25. 25. 条件は、常に5割の株しか持たないとする
  26. 26. 衝撃の結果発表
  27. 27. 左側のグラフに元の株価(青い線) 右側のグラフに資産変動結果(赤い線) 赤い線に注目
  28. 28. 結果1-1
  29. 29. 結果1-2
  30. 30. 結果:めっちゃ儲かる
  31. 31. え?何いってんの? という気持ちはわかるので、別の実験を。
  32. 32. 実験その2 • もっとドギツイものでシミュ レーションしてみる • 右の確率テーブルは、逆数より もマイナスが少しずつ多いもの • 単体株価でシミュレーションす ると、超マイナス傾向になる 確率(%) 騰落率(%) (参考)実験 1の騰落率 1 -55 -50 1 -22 -16.6667 3 -2 -1.96078 5 -1 -0.9901 10 -0.8 -0.79365 10 -0.5 -0.49751 20 -0.3 -0.2991 20 0.3 0.3 10 0.5 0.5 10 0.8 0.8 5 1 1 3 2 2 1 20 20 1 100 100
  33. 33. • 下記が単体株価の乱数シミュレーション結果 • 当然、右肩下がりの結果となる
  34. 34. こいつでもシミュレーションしてみよう
  35. 35. 条件は、常に5割の株しか持たないとする (先ほどと同じ)
  36. 36. 結果2-1
  37. 37. 結果2-2
  38. 38. 結果:あんな株でもかなり儲かる
  39. 39. 【リスクはコントロールするものである】 【ドヤ顔】
  40. 40. どこから5割って数字が出てきたの? という疑問を持つ人は 『ケリー基準』 でググると幸せになれると思います。
  41. 41. 『5割とかそういう数字はどうでもいいから そもそもなんで儲かるんだ?』 という疑問も当然湧くと思います。
  42. 42. もう一度具体的に何をやっているのか復習
  43. 43. 例えば、5割投資すると決めたとする。 10000円が初期資金。 5000円を現金、5000円分を株で持つ。 翌日、株が急騰して1.2倍になった場合 5000円の現金、6000円分の株となる ⇒株の一部を売却し、5500円の現金、5500円分の株にな るようリバランスする 逆に、株が急落して0.8倍になった場合 5000円の現金、4000円分の株となるので、 ⇒株を買い増して、4500円の現金、4500円分の株とする
  44. 44. 例えば、5割投資すると決めたとする。 10000円が初期資金。 5000円を現金、5000円分を株で持つ。 翌日、株が急騰して1.2倍になった場合 5000円の現金、6000円分の株となる ⇒株の一部を売却し、5500円の現金、5500円分の株にな るようリバランスする 逆に、株が急落して0.8倍になった場合 5000円の現金、4000円分の株となるので、 ⇒株を買い増して、4500円の現金、4500円分の株とする 注目
  45. 45. 要するに 株価が上がったら売る 株価が下がったら買う
  46. 46. 安いところで買って、高いところで売る 基本に忠実
  47. 47. ポジションコントロール戦略とは 非常に基本的な手段を取るためのキャッ シュを常に用意しておき、最適な場面で最 適なリスクを取るという戦略
  48. 48. 要するにこれが リスクをコントロールするという事
  49. 49. 人生においても同じ事が言えますね 皆さん各自振り返って考えてみてください
  50. 50. という深いことを言って終わろうかと思っ たけど
  51. 51. おまけ
  52. 52. 残念なお知らせ
  53. 53. さっきの戦略の 現実適用可能性
  54. 54. 現実には ・手数料 ・スプレッド ・税金 という奴らが居る為
  55. 55. 実現は不可能です
  56. 56. あんなに細かくリバラン スしといてコスト負け しないわけないだろ!
  57. 57. これもまた人生ですね
  58. 58. おわり

×