フクシマとEQ

  • 187 views
Uploaded on

 

More in: Education
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
187
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
0
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1.  Seibun satow Apr, 08. 2012
  • 2.  「感情に沈黙を強制することはできまし ても、境界を定めることはできませ ん」。 ネッケル夫人『雑録集』
  • 3.  2012年4月2日付『毎日新聞』は、同紙による全 国世論調査で、政府が進めている大飯原発の再稼 働について、賛成3%、反対62%という結果を公表 している。興味深いのは、その男女比である。男 性が賛成43%・反対55%であるのに対し、女性は 賛成24%・反対69%と大きく差が開いている。 なお、同調査は、3月31日・4月1日の2日間、 RDS方式で実施されている。その際、福島第1原 発事故で警戒区域などに指定されている市町村の 電話番号は除外されている。有権者のいる1499世 帯から905人の回答(回答率60%)を得ている。
  • 4.  今回に限らず、他のマスメディアを含 む原発再稼働に関する世論調査でも、男 性に比べて、女性の反対が高い。この結 果の理由はさまざまに考えられるだろう。 ただ、飲料水・食品中の放射性物質や ホット・スポットなどフクシマ時代への 対応に女性がアクティブであることは確 かである。男性は、彼女たちと比べて、 パッシブである。
  • 5.  「行動(Action)」には「動機 (Motivation)」が必要である。自分と言う よりも、将来世代への配慮が見られる。 それを促すのは「感情(Emotion)」である。
  • 6.  近年、感情は知性を構成する重要な要素と 注目されている。ジョン・D・メイヤー(John D. Mayer)とピーター・サロベイ(Peter Salovey)は、1990年、感情を察知し、理解す る能力は知性であるとして、「感情知性 (Emotional Intelligence)」の考えを提唱す る。感情知性は次の4点に特徴づけられる。  感情を的確に把握する能力。  志向を発展させるために感情を活用できる能力。  感情の意味を理解できる能力。  感情を自制できる能力。
  • 7.  これを踏襲して、ダニエル・ゴールマ ン(DanielGoleman)は、1995年、 『EQ(Emotional Intelligence)』において、 コミュニケーションでの感情の果たす役 割が大きいことを指摘する。さらに、25 の因子による感情知性の評価指標を提案 している。それは、「知能指数(IQ: IntelligenceQuotient)」に対して、「感情 指数(EQ: Emotional Quotient)」である。 彼はEQを次のように要約している。
  • 8.  自分の本当の気持ちを自覚し尊重して、心 から納得できる決断を下す能力。衝動を自制 し、不安や怒りのようなストレスのもとにな る感情を制御する能力。目標の追及に挫折し たときでも楽観を捨てず、自分自身を励ます 能力。他人の気持ちを感じとる共感能力。集 団の中で調和を保ち、協力しあう社会的能 力。 これは、言わば、「社会的知性」である。 感情知性は社会性の能力だ。
  • 9.  フクシマが起きてから、政府や専門家 たちの著しいEQの低さが明らかになって いる。依然として欠如モデルで語ってい る無知蒙昧の専門家も少なくない。無知 だから不安に感じているのであって、知 識を与えてやればよい。こんな考えの彼 らは信じられないほど社会性に乏しい。
  • 10.  欠如モデルでフクシマを女性に説明す る専門家は真に世間知らずだ。日本の女 性消費者は世界で最もタフとして知られ ている。彼女たちは商品に対して不満を 口にするだけではない。改善点を言語化 =明示化する高い能力を持っている。こ れを生かさない手はないとして、消費者 参加型の商品開発を始める企業も少なく ない。
  • 11.  中島秀人東京工業大学教授は、『科学技術 社会論への道』において、現代の科学技術に 対する市民の不安が「人間の根幹である生命 活動や精神活動に関わるもの」だと指摘して いる。この「精神活動」は「脳神経」と言い 換えてもよい。現代の科学技術は環境ではな く、情報処理技術が脳神経の拡張であるよう に、身体器官の一部と化している。放射線の 影響は遺伝子の損傷であり、まさに「生命活 動」に関わっている。女性の不安はここから 生じている。
  • 12.  ところが、欠如モデルの専門家はこうし た科学技術の置かれている「状況」を理 解していない。だから、両者のコミュニ ケーションがかみ合わない。女性たちは、 社会で生きていくため、将来の危険性を 心配しているのに、専門家は耳も傾けず、 安全性を説明するばかりだ。
  • 13.  福田収一首都大学東京名誉教授は、『感情 工学─知恵の時代』において、感情による知 を「状況知(Encultured Knowledge)」と呼ん でいる。感情は状況に依拠する。状況の変化 にはそれの持つコンテクストの更新が伴う。 絶え間ない変化に対応するには、その都度、 コンテクストを察知する必要がある。「感情 知(Emotional Knowledge)」はコンテクスト を洞察する能力である。未知の状況は新規の コンテクストの出現にほかならない。フクシ マ時代はまさにそれそのものだろう。感情知 の活用の時である。
  • 14.  かつて原子力は「夢のエネルギー」と 一般に説かれて日本に導入が図られてき たが、今回の再稼働問題に関して、政府 は「夢」を一切口にしていない。彼らが 列挙する理由は過去に提示された問題解 決の継続にすぎない。そこにはフクシマ の認識が抜け落ちている。政府がすべき なのはフクシマ時代における「夢」を語 ることだろう。
  • 15.  この「夢」とはコンテクストの更新であ り、新たな問題設定である。問題解決であれ ば戦術対応で済む。けれども、問題設定には 戦略が不可欠である。再稼働は将来への戦略 が政府に稀薄であることの証だ。菅直人前首 相は思いつきで政治をすると揶揄されたが、 現首相はそれさえもない。たんなる既得権益 の守護者である。何しろ、再稼働のための やっつけ基準を決めるほどだ。省エネ・脱原 発・再生可能エネルギーに基づくスマート社 会構築、新しいコンテクスト共有へと向かう 市民の熱い思いに水を差す有様だ。
  • 16.  フクシマ時代はつねに未知の事態と直 面することになる。それに備える認識が 必須である。感情知のなせるところだ。 この時代において、感情知の低い人物が 政治家や官僚としているべきではない。
  • 17.  再稼働?EQ低~い! 〈了〉
  • 18.  中島秀人、『社会の中の科学』、放送大 学教育振興会、2008年 福田収一、『自己発展経済のための工 学』、養賢堂、2011年 ダニエル・ゴールマン、『EQ こころの 知能指数』、土屋京子訳、講談社+α文庫、 1998年
  • 19.  Seibun satow Apr, 08. 2012