Your SlideShare is downloading. ×
0
P○NP○Nうぇ○うぇ○ Storage Gateway VTL
P○NP○Nうぇ○うぇ○ Storage Gateway VTL
P○NP○Nうぇ○うぇ○ Storage Gateway VTL
P○NP○Nうぇ○うぇ○ Storage Gateway VTL
P○NP○Nうぇ○うぇ○ Storage Gateway VTL
P○NP○Nうぇ○うぇ○ Storage Gateway VTL
P○NP○Nうぇ○うぇ○ Storage Gateway VTL
P○NP○Nうぇ○うぇ○ Storage Gateway VTL
P○NP○Nうぇ○うぇ○ Storage Gateway VTL
P○NP○Nうぇ○うぇ○ Storage Gateway VTL
P○NP○Nうぇ○うぇ○ Storage Gateway VTL
P○NP○Nうぇ○うぇ○ Storage Gateway VTL
P○NP○Nうぇ○うぇ○ Storage Gateway VTL
P○NP○Nうぇ○うぇ○ Storage Gateway VTL
P○NP○Nうぇ○うぇ○ Storage Gateway VTL
P○NP○Nうぇ○うぇ○ Storage Gateway VTL
P○NP○Nうぇ○うぇ○ Storage Gateway VTL
P○NP○Nうぇ○うぇ○ Storage Gateway VTL
P○NP○Nうぇ○うぇ○ Storage Gateway VTL
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

P○NP○Nうぇ○うぇ○ Storage Gateway VTL

2,014

Published on

第19回 AWS User Group - Japan 東京勉強会で発表した資料です。

第19回 AWS User Group - Japan 東京勉強会で発表した資料です。

0 Comments
5 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
2,014
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
6
Actions
Shares
0
Downloads
11
Comments
0
Likes
5
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. P○NP○Nうぇ○うぇ○ Storage Gateway VTL 第19回 AWS User Group - Japan 東京勉強会 #jawsug 大瀧隆太(@takipone) 2013/12/13 classmethod.jp 1
  • 2. 自己紹介 • 氏名 : 大瀧隆太 • ポジション : ソリューションアーキテクト / 研修講師 • 得意分野 : ネットワーク / デプロイツール • 好きなAWSサービス Amazon Route 53 classmethod.jp 2
  • 3. アジェンダ • • • • AWS Storage Gatewayとは Storage Gateway VTL 概要 Storage Gateway VTLの構成 Storage Gateway VTLの課金体系 classmethod.jp 3
  • 4. AWS Storage Gatewayとは こんな アイコン です classmethod.jp 4
  • 5. AWS Storage Gatewayとは • AWS Storage Gatewayは、AWSの ストレージサービス S3/GlacierをHTTP/HTTPS 以外で利用するためのゲートウェイとなるサー ビス • ゲートウェイを提供するサーバー (ゲートウェイアプライアンス)は、EC2のほか VMware vSphere、Microsoft Hyper-Vに対応 • オンプレミス環境のバックアップ/DRに最適! classmethod.jp 5
  • 6. AWS Storage Gatewayとは ここがStorage Gateway ゲートウェイ アプライアンス V M S3 API Glacier OVF/VHD/AMIで 提供されます classmethod.jp ESXi/ Hyper-V/ EC2 6 AWS Cloud
  • 7. Storage Gateway VTLとは • ゲートウェイアプライアンスの登録時に 2つのタイプから選択 • ボリューム(保管/キャッシュ) – ゲートウェイアプライアンスは iSCSIストレージサーバーとして振る舞う • 仮想テープライブラリ(Virtual Tape Library) – ??? 今回はこっち classmethod.jp 7
  • 8. Storage Gateway VTL概要1 • テープドライブを仮想的に提供 • クライアントからは、iSCSI接続のIBM ULT3580-T5テープドライブとして認識 • ライブラリデバイスも付属し、テープ カードリッジの入れ替えで大容量バック アップに適用できます classmethod.jp 8
  • 9. Storage Gateway VTL概要2 • テープカードリッジは100GB、200GB、 400GB、800GB、1.5TB、2.5TBの6通り の容量から選択 • テープカードリッジ数の上限なし! • 料金は従量制!かつ破格! →1TB月額約1200円+ゲートウェイ代 • バックアップデータは99.999999999%の 堅牢性でデータロストの心配いらず。 classmethod.jp 9
  • 10. Storage Gateway VTLの構成1 テープ装置の基本 テープライブラリ テープカートリッジ • • 容量・規格は様々 数十GB〜TB • classmethod.jp 10 カートリッジを読み書き 複数カートリッジに対応する チェンジャー機能あり ボタンは多くなく、 ソフトウェアで操作
  • 11. Storage Gateway VTLの構成2 仮想テープライブラリとシェルフ S3 Glacier 仮想テープライブラリ 仮想テープシェルフ • カードリッジのデータはS3に保存 • 最大1500本、150TBまで格納可能 • ゲートウェイアプライアンスに キャッシュが保持される classmethod.jp 11 • カードリッジのデータは Glacierに保存 • 本数、サイズの制限なし
  • 12. Storage Gateway VTLの構成3 ソフトウェア • テープデバイス(テープドライブ/チェン ジャ)が扱えるバックアップソフトウェ ア、ユーティリティが使える模様。 • 商用バックアップソフトはNetBackup以外 鋭意動作検証中らしい。 詳細 : https://forums.aws.amazon.com/forum.jspa?forumID=128 classmethod.jp 12
  • 13. Storage Gateway VTLの構成3 ソフトウェア • mt/mtxなどのテープユーティリティ、 tar/dumpなどのバックアップユーティリ ティで操作できました。 • 参考 : 弊社技術ブログ記事 http://dev.classmethod.jp/cloud/gettingstarted-storage-gateway-vtl/ classmethod.jp 13
  • 14. Storage Gateway VTLの 課金体系 • ゲートウェイアプライアンス 月額 $125 初期60日間は無料 • 仮想テープライブラリ (S3ベース) 月額 $0.1/1GB → 約10,000円/1TB • 仮想テープシェルフ (Glacierベース) 月額 $0.012/1GB → 約1,200円/1TB ここが最大のウリ。EBSスナップショットやStorage GatewayはGlacierへの退避をサポートしていないため。 classmethod.jp 14
  • 15. シェルフ→ライブラリへの 復帰時の注意 • シェルフから直接データを取り出すこと はできず、一度ライブラリに復帰(retrieve) する作業が必要です。 • 復帰には最大24時間かかります。 • 復帰費用が約36,000円/1TBかかります*。 通常のGlacierとは異なる点に注意! * 複数回の復帰の場合、毎回は課金されず1ヶ月で最も大きなサイズで計算されます。 詳細 : http://aws.amazon.com/en/storagegateway/faqs/#How_to_bill_VTS_retrieval classmethod.jp 15
  • 16. カートリッジ削除時の注意 • 基本無料。 • ただし、シェルフにあるカートリッジ は配置後3ヶ月以内の削除の場合、課金 あり*。 * 詳細 : http://aws.amazon.com/en/storagegateway/faqs/#How_to_bill_VTS_earlydelete classmethod.jp 16
  • 17. バックアップ設定の考察 • S3/Glacier側で差分のみ課金になるので、フルバック アップのみの運用はアリ? – クライアント - GW間、GW - AWS API間のネットワーク帯域の 節約、GWの負荷軽減のために、差分バックアップは有効。 • バックアップが取れるデータの最大サイズは、 テープ容量の2.5TBが最大? – バックアップソフト/ユーティリティは複数テープにまたがる バックアップをサポートするものが多数あり、対応していれば 2.5TB以上のバックアップも可能。 – まともに動くかどうかは別の話。 classmethod.jp 17
  • 18. まとめ • オンプレミスはもちろん、EC2インスタン スのバックアップでも激安アーカイブと して使用できる! • 従来のバックアップソフト/ユーティリ ティで適用できる!ただし商用ソフトの サポートはまだ先。 • 復帰や削除など独特な要件には注意。 classmethod.jp 18
  • 19. クラスメソッドではエンジニアと プリセールスを募集中 • 詳しくはブログで! http://dev.classmethod.jp/ • どんな人たちなの?という方は一昨日の勉強会のレポー トをご覧下さい! classmethod.jp 19

×