スライド特化のMarkdown writerのMarpを試す

279 views

Published on

Marp( https://yhatt.github.io/marp/ )のテスト

Published in: Engineering
1 Comment
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
279
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
187
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
1
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

スライド特化のMarkdown writerのMarpを試す

  1. 1. Marpのテストスライド KenichiroMATOHARA(@matoken) http://matoken.org @matoken 1
  2. 2. hello! Marp マルチプラットホーム&スライドに特化したMarkdown Writer! Marp ­ Markdown Presentation Writer Electron製でMIT License. yhatt/marp: Markdown presentation writer, powered by Electron. PDFに書き出すことが出来る @matoken 2
  3. 3. Linux amd64への導入例 アーカイブを入手して適当な場所に展開する $ wget https://github.com/yhatt/marp/releases/download/v0.0.10 $ sha512sum 0.0.10­Marp­linux­x64.tar.gz 9e2d37812f71958478e89ec13c85eddd935bf9de957ae7d374c3b078c5ab7e $ sha256sum 0.0.10­Marp­linux­x64.tar.gz 1d5e7b2c134c6639ef49d943ce3a1fb95bb0d618bbdb2f826608e1ed57a398 $ tar tvzf 0.0.10­Marp­linux­x64.tar.gz $ mkdir ~/usr/local/Marp $ tar xf 0.0.10­Marp­linux­x64.tar.gz ­C ~/usr/local/Marp @matoken 3
  4. 4. 実行 展開した中の Marp を実行する $ ~/usr/local/Marp/Marp @matoken 4
  5. 5. Syntax 詳細は以下のページを参照(Marp形式なのでMarpで開いてSlide Listで読むと読みやすい) https://raw.githubusercontent.com/yhatt/marp/master/example. md @matoken 5
  6. 6. スライドで便利そうなsyntax @matoken 6
  7. 7. ページの表示非表示 <!­­ page_number: true ­­> 既定値は false  ページごとに設定可能 @matoken 7
  8. 8. アスペクト比&用紙サイズ <!­­ $size: 16:9 ­­> 以下のようなものが設定できる Presets:  4:3 ,  16:9 ,  A0 ­ A8 ,  B0 ­ B8  and suffix of  ­ portrait . 複数書いた場合最後に書いたものだけが有効になった @matoken 8
  9. 9. フッターの指定 書いたページ以降で有効になる 複数回指定可能(途中からフッターを変えることが出来る) <!­­ footer: フッター ­­> フッターを変更した 9
  10. 10. 背景の指定 設定したいページ毎に指定が必要 ![bg](openlogo­nd.svg) フッターを変更した 10
  11. 11. このスライドのsource matoken / Marp test / ソース / — Bitbucket フッターを変更した 11

×