Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

Raspberry Piにdiskless modeのalpine linuxを導入してみる

Raspberry Piにdiskless modeのalpine linuxを導入してみる

Download to read offline

鹿児島Linux勉強会 2016.03で発表したスライド
http://kagolug.connpass.com/event/28459/
https://kagolug.org/

鹿児島Linux勉強会 2016.03で発表したスライド
http://kagolug.connpass.com/event/28459/
https://kagolug.org/

More Related Content

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Raspberry Piにdiskless modeのalpine linuxを導入してみる

  1. 1. Raspberry Pi に diskless mode の alipine linux を 導入してみる KenichiroMATOHARA(matoken) <matoken@kagolug.org> 鹿児島 Linux 勉強会 2016.03 ( 第 13 回 ) 20160312( 土 )
  2. 2. 2 Kenichiro MATOHARA @matoken http://matoken.org/ 興味 Linux OSS OpenSteetMap 電子工作 : お仕事募集中 ! © OpenStreetMapへの協力者
  3. 3. 3 鹿児島らぐ / 鹿児島 Linux 勉強会 らぐ LUG(Linux User's Group) 地域 LUG 世界中各地にある 日本は衰退気味 ? 勉強会は今回で 13 回目 (0~ で通算 14 回 ) もし集まりたいといった場合には ML 等で告知して勝手に開催して も OK matohara も出来ることは手伝います !
  4. 4. 4
  5. 5. 5 前回の家庭内 Podcast 配信サーバ
  6. 6. 6 前回
  7. 7. 7
  8. 8. 8 Podcast を保存したい しかし Disk が足りない ファイルサーバで取得して新しい物だけ Pi にコピーしよう ownCloud にも新しい物を置こう GooglePlayMusic にも投げてみよう  : Raspberry Pi で配信する必要性 ?? いつの間にか Raspberry Pi 要らない子になってる感 >< ハードウェアボタンやスピーカーなども付けて Raspberry Pi らし さを 分けて整理しなおして改めて発表予定
  9. 9. 11 Raspberry Pi に disk less mode の alipine linux 導入
  10. 10. 12 alpine linux? Alpine Linux http://www.alpinelinux.org/ 小さい 古い PC でもさくさく (Intel A110 で Disk40GB で辛かったマシンも一瞬で起動するよ うに !) ARM もある (Raspberry Pi 版も !)
  11. 11. 13 diskless mode CD やフラッシュドライブなどから起動する データは別のメディアなどに保存できる Raspberry Pi ではよく disk image が論理的に死ぬ >< 十分な電源と mount に sync option を付けるとかなりましになるけどやはり 死ぬ…… � が で電源断とかでも……� Raspberry Pi の OS の Rasbian jessie も systemd などで大分重くなっ てきてる感じも alpine linux の diskless mode を使うとストレージが死ににくく軽くなるの では ?
  12. 12. 14 alpine linux の導入 用意するもの fat の扱える PC 等 alpine イメージ SD Card
  13. 13. 15 alipine linux の入手 http://alpinelinux.org/downloads/ より alpine-rpi-n.n.n-armhf.rpi.tar.gz と alpine-rpi-n.n.n-armhf.rpi.tar.gz.asc を 入手して署名を検証 $ wget http://wiki.alpinelinux.org/cgi-bin/dl.cgi/v3.3/releases/armhf/alpine- rpi-3.3.1-armhf.rpi.tar.gz http://wiki.alpinelinux.org/cgi- bin/dl.cgi/v3.3/releases/armhf/alpine-rpi-3.3.1-armhf.rpi.tar.gz.asc $ gpg --verify ./alpine-rpi-3.3.1-armhf.rpi.tar.gz.asc gpg: 署名されたデータが './alpine-rpi-3.3.1-armhf.rpi.tar.gz' にあると想定します gpg: 2016 年 01 月 07 日 00時 39 分 35 秒 JST に RSA 鍵 ID 07D9495A で施された署名 gpg: "Natanael Copa <ncopa@alpinelinux.org>" からの正しい署名 gpg: * 警告 *: この鍵は信用できる署名で証明されていません ! gpg: この署名が所有者のものかどうかの検証手段がありません。 主鍵フィンガー・プリント : 0482 D840 22F5 2DF1 C4E7 CD43 293A CD09 07D9 495A
  14. 14. 16 FAT で初期化した SD Card にイメージを展開 $ sudo mount -t vfat -o uid=`id -u` /dev/sdb1 /mnt $ tar xvf ./alpine-rpi-3.3.1-armhf.rpi.tar.gz -C /mnt $ sudo umount /mnt $ sync
  15. 15. 17 alpine linux の起動 microSD を取り出して Raspberry Pi に挿入して起動 serial は無効なので USB キーボードとモニタも必要 起動したら root:nopassword で login できる.
  16. 16. 18 初期設定 alpine-setup で初期設定をします. # alpine-setup 対話式で答えていくと設定が完了します
  17. 17. 19 キーボードレイアウトの設定 Select keyboad layout [none]: us Available variants: us-acentos us Select variant []: us
  18. 18. 20 ホスト名の設定 Enter system hostname (shirt from, e.g 'foo') [localhost]: alpine-pi
  19. 19. 21 ネットワークの設定 Available interface are: eth0. Enter '?' for help on bridges, bonding and vlans. Which one do you want to initialize? (or '?' or 'done') [eth0] Ip address for eth0? (or 'dhcp'. 'none', '?') [dhcp] Do you want to do any manuak network configuration? [no] ※Wi-Fi の場合でも結構さくっと行きます
  20. 20. 22 root パスワード設定 Changing password for root New password: Retype password: Passrord for root changed by root
  21. 21. 23 タイムゾーンの設定 Which timezone are you in? ('?' for list) [UTC] Tokyo
  22. 22. 24 プロクシの設定 HTTP/FTP proxy URL? (e.g. 'http://proxy:8080', or'none') [none]
  23. 23. 25 パッケージを取得するミラーサイトの設定 Avallable mirrors: Enter mirrir number (1-17) or URL to add (or r/f/e/done) [f]: r
  24. 24. 26 sshd の設定 Which SSH server? ('openssh', 'dropbear' or 'none') [openssh]
  25. 25. 27 ntpd の設定 Which NTP client to run? ('buisybox', 'openntpd', 'chrony' or 'none') [chrony]
  26. 26. 28 データの保存先の設定 Enter where to store configs ('floppy', 'mmcblk0', 'usb' or 'none') mmcblk0]: Enter apk cache directory (or '?', 'none') [/mendia/mmcblk0/cache]: これで完了 !
  27. 27. 29 設定の保存 # lbu commit # reboot lbu(Alpine local backup) commit をしないとデータは失 われる !
  28. 28. 30 パッケージを最新にして保存 # apk update # apk upgrade # lbu commit # reboot
  29. 29. 31 パッケージの検索と導入例 # apk search sudo sudo-doc-1.8.15-r1 sudo-1.8.15-r1 sudo-dev-1.8.15-r1 # apk add sudo
  30. 30. 32 X の導入 # setup-xorg-base # apk add xf86-video-fbdev xf86-input-mouse xf86-input-keyboard dbus setxkbmap # rc-update add dbus # cat <<__EOF__>>/etc/X11/xorg.conf.d/20-modules.conf > Section "Module" > Load "fbdevhw" > Load "fb" > Load "shadow" > Load "shadowfb" > Load "dbe" > Disable "glx" > Disable "dri" > EndSection > __EOF__
  31. 31. 33 リポジトリを追加 /etc/apk/repositories を編集 # apk update でパッケージ情報を更新
  32. 32. 34 課題 安定度 GPIO の利用 GPU の利用 GPIO/GPU などが利用できないと Raspberry Pi の魅力が半 減 ? でも PodcastServer のような用途だと必要ないので用途次第か も 引き続き調査
  33. 33. 35 参考 URL - "Alpine Linux | Alpine Linux" http://www.alpinelinux.org/ - "Raspberry Pi - Alpine Linux" http://wiki.alpinelinux.org/wiki/Raspberry_Pi
  34. 34. 36 Credits & License Content by Kenichiro MATOHARA (@matoken) http://matoken.org License: CC-BY-NC-SA LibreOffice template by NOGATA Jun http://www.nofuture.tv/diary/ License: CC0

×