Your SlideShare is downloading. ×
0
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Sql server 2012 の新機能を使ってみよう。db 管理者向け機能の紹介

4,568

Published on

0 Comments
5 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
4,568
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
20
Comments
0
Likes
5
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. SQL Server 2012 の新機能を使ってみよう。 DB 管理者向け機能の紹介 小澤 真之 (@Masayuki_Ozawa) http://engineermemo.wordpress.com
  • 2. はじめに 本資料は Denali (SQL Server 2012) CTP3 をベース に作成しています。 そのため、製品版では動作が変わる可能性があります。 あらかじめご了承ください。 SQL Server 2012 RC0 は 2011 年末に提供開始予定 SQL Server 2012 の RTM は 2012 年 1H に提供開始予定CTP : Community Technology PreviewRC : Release Candidate (製品候補版) 2
  • 3. 本日の Agenda AlwaysOn Contained (包含) Database Columnstore インデックス サーバーロールの作成 管理ツールの機能強化3 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 4. Denali 新機能ハイライト High Scalability & Security & Beyond Web & Business Enterprise Availability Performance Managebility Breadth Intelligence Information Relational Management PHP ドライバー Unified AlwaysOn 15,000の ユーザー定義 SSDT "Juneau" SSIS サーバー Semantic パーティション サーバーロール Model Win32 アクセス JDBC 4.0 柔軟性のある Data Quality Contained to ドライバー Project フェールオーバー Columnstore サービス インデックス Database Database Files "Crescent" ポリシー ローカル DB Master Data Distributed FileTable サービスの機能 FileStream インメモリ BI アプリケーション Replay UTF-16 拡張 中心の の速度向上 フェールオーバー Semantic Master Data OpsMgr セルフサービス Platform 結果セットの サービス Full Text Management アラート ページング Add-in for 読み取り可能な の速度向上 Pack for HA Full Globe Excel マルチセカンダリ ARM プロセッサ SSAS の Spatial 空間データの サポート Sysprep Change Data セカンダリを使用 サポート 速度向上 したバックアップ Capture オンライン操作 PowerPivot の for Oracle DAC の拡張 機能拡張 Windows HA for グループの SharePoint StreamInsight ODBC for Linux 既定のスキーマ 共有サービスで Server Core ハイブリッド レポーティング サポート Active Directory アプリケーション With SharePoint With For SSRS SQL Azure 4参照資料 : Denali Overview What’s New Feature Technical Overview
  • 5. AlwaysOn Contained (包含) Database Columnstore インデックス サーバーロールの作成 管理ツールの機能強化5 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 6. AlwaysOn Availability Groups • データベースミラーリングよりさらに上の可用性を提供 • 複数のセカンダリを保持することが可能 • 透過的な接続によるフェールオーバー “いつでも” “どこからでも” Failover Clustering 使えるように 柔軟な高可用性環境を提供 • マルチサブネットでクラスターを構築可能 • ファイルサーバーを使用した共有ディスク不要のクラスター •ただしファイルサーバーは Windows Server 2008 or R2 を使用する必要がある • tempdb に関してはローカルディスクに配置可能 • 柔軟性のあるフェールオーバーポリシー Server Core • Server Core 上での SQL Server のサポート6 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 7. Availability Groups7 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 8. 従来までの複製を保持した可用性環境 SQL Server 2008 R2 までのミラーリングの構成 プリンシパル ミラー (更新可能) (待機サーバー) ミラーリング エンドポイント ウィットネス (監視サーバー) プリンシパル : 1 台 ミラー : 1台 ウィットネス : 1 台 8 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 9. 従来までの複製を保持した可用性環境 SQL Server に対しての接続文字列を使用して プリンシパルとミラーを識別 プリンシパル ミラー プリンシパル ミラー Server=プリンシパルサーバー名; Failover Partner=ミラーサーバー名; Initial Catalog=ミラーリングデータベース名9 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 10. Availability Group を使用した可用性環境 WSFC : Windows Server Failover Clustering 制御用 クラスターリソース プライマリ セカンダリ (更新可能) (読み取り可能な 複数の待機サーバー) ミラーリング エンドポイント プライマリ: 1 台 セカンダリ: 4 台 Active Directory 必須10 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 11. Availability Group を使用した可用性環境Availability Group リスナーを経由してプライマリ / セカンダリに接続 接続文字列はリスナーに対しての接続情報 プライマリ セカンダリ プライマリ セカンダリ リスナー リスナー Server=リスナー名; Initial Catalog=AlwaysOnデータベース名; ApplicationIntent=ReadOnly;11 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 12. • ミラーリングと Availability Group の接続の違い • セカンダリサーバーの利用12 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 13. Failover Clustering13 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 14. 従来までの一般的なクラスターの構成 サブネット 255.255.255.0 192.168.0.1/24 192.168.0.2/24 SELECT @@SERVERNAME で死活監視 共有ストレージ System DB User DB tempdb14 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 15. SQL Server 2012 で可能なクラスターの構成 サブネット サブネット 255.255.255.0 255.255.0.0 192.168.0.1 172.23.0.1 sp_server_diagnosticsで インスタンスの死活監視 tempdb tempdb ファイルサーバー System DB User DB※ローカルディスクを使用した tempdb については SQL Server 2008 R2 でも -T3615 を使用することで設定可能 15 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 16. 柔軟性のあるフェールオーバーポリシー SQL Server 2008 R2 までのクラスター • 定期的に [SELECT @@VERSION] を実行して、SQL Server の稼働状況を診断 SQL Server 2012 のクラスター •[sp_server_diagnostics] を使用して、以下の 5 つの観点から稼働状況を診断 •system / resource / query_processing /io_subsystem / events •FailureConditionLevel を変更することでフェールオーバーの条件を変更可能 •Failover Clustering では 0 ~ 5 の 6 段階で設定可能 •http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ff878667(SQL.110).aspx •Availability Groups では 1 ~ 5 の 5 段階で設定可能 •http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ff878601(SQL.110).aspx16 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 17. • 共有ディレクトリを使用した構成の確認 • ローカルディスクに配置した tempdb • 柔軟なフェールオーバーポリシーの設定17 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 18. Server Core18 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 19. Server Core に SQL Server をインストール パッチ適用時のダウンタイムの低減 •Server Core は最小限の構成で動作する Windows Server のため、適用 対象となるパッチの数が少ない •OS は Windows Server 2008 R2 SP1 の Server Core を使用 SQL Server のフル機能は使用できない • クライアントツール (SSMS / BIDS), Reporting Services は使用 できない • http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/hh231669(SQL.110).aspx GUI の機能は使用できないので管理は基本的にリモートで実施 •サーバー上でSQLCMD コマンドラインツールで管理も可能19 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 20. • Server Core にインストールした SQL Server に接続20 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 21. AlwaysOn Contained (包含) Database Columnstore インデックス サーバーロールの作成 管理ツールの機能強化21 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 22. Contained (包含) Database ログインの包含 • ユーザーデータベースにログイン情報を含んだユーザーを作成 照合順序の包含 • 一時テーブルの作成時に tempdb の照合順序ではなくユーザー データベースの照合順序を使用22 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 23. ログインの包含今までのログイン方式 SQL Server master User DB ログイン ユーザー 認証 マッピング ユーザー ログインクライアント ユーザーがデータベース内で完結しているので、 データベースをまたいだクエリの実行が難しい ログインの包含 SQL Server master User DB ログイン 認証 ユーザークライアント + ユーザー マッピング 23 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 24. バックアップ / リストアで見る Contained データベースの動作24 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 25. 照合順序の包含Non Contained Database tempdb User DB Japanese_XJIS_100_CI_AS Japanese_BIN2 一時テーブル CREATE TABLE #tmp INSERT INTO #tmp (Col1) VALUES (NA‘) SELECT * FROM #tmp WHERE Col1 = N‘a 検索結果あり Contained Database tempdb User DB Japanese_XJIS_100_CI_AS Japanese_BIN2 一時テーブル CREATE TABLE #tmp INSERT INTO #tmp (Col1) VALUES (NA‘) SELECT * FROM #tmp WHERE Col1 = N‘a 検索結果なし 25 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 26. 一時テーブル使用時の照合順序の違い テーブル変数使用時の照合順序26 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 27. AlwaysOn Contained (包含) Database Columnstore インデックス サーバーロールの作成 管理ツールの機能強化27 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 28. インデックスの種類 Rowstore インデックス • 従来からのインデックス • 行を基本としてデータを格納 Columnstore インデックス • Project “Appolo” と呼ばれていたもの • PowerPivot で使用されている VertiPack エンジンを採用 • 列を基本としてデータを格納28 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 29. Columnstore インデックスの制限 一部のデータ型を含めることができない •binary / varbinary / ntext / text / image / varchar(max) / nvarchar(max) / uniqueidentifier / timestamp / sql_variant/ decimal (18 桁以上) numeric (18 桁以上) / datetimeoffset (2 桁以上) / CLR 型 (hierarchyid / spatial types) / xml 設定可能な列数 •1023 列を含むインデックスが作成可能 •テーブルの最大列数は 1024 なのでほぼすべての列をインデックスに含むことができる •クラスター化 / 非クラスター化インデックスの最大列数は 16 •900 バイト以上のデータをインデックスに含むことができる •クラスター化 / 非クラスター化インデックスは、インデックス内に含める列のサイズの合計を 900 バイト以内にする必要がある データの更新 •Columnstore インデックスを設定している場合、テーブルを直接更新することはできない •パーティショニングと組み合わせてパーティションのスイッチをすることでデータの追加は可能29 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 30. Rowstore インデックスID 姓 名 性別 1 井口 拓海 男 2 平岡 頼子 女 3 小畑 美樹 女 4 小宮 喜一郎 男 5 前川 涼子 女B-Tree (Balanced Tree) 構造 ページルートノード ID 中間ノード ID ID ID 姓 名 性別 ID 姓 名 性別 ID 姓 名 性別 ID 姓 名 性別リーフノード 30 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 31. Columnstore インデックスID 姓 名 性別 1 井口 拓海 男 2 平岡 頼子 女 3 小畑 美樹 女 4 小宮 喜一郎 男 5 前川 涼子 女 Columnstore インデックス Segment Segment Segment Segment ID 姓 名 性別 内部構成 1 井口 拓海 男Rowgroup 2 平岡 頼子 女 3 小畑 美樹 女 4 5 小宮 前川 喜一郎 涼子 男 女 Dictionary ID 姓 名 性別Rowgroup Segment 31 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 32. • Columnstore Index の制限を見てみる • Rowstore インデックスと Columnstore インデックスの 読み取りページ数の違い32 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 33. AlwaysOn Contained (包含) Database Columnstore インデックス サーバーロールの作成 管理ツールの機能強化33 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 34. サーバーロール ログインの権限を定型化したもの • 特定の権限の集まりをロールとして定義し、SQL Server のログイン に一定の権限を付与することができる • SQL Server ではあらかじめ固定サーバーロールとして、一定の役割 を持つロールが準備されている • sysadmin : SQL Server の管理者、サーバーに対してすべての操作 ができる サーバーロール sysadmin ログイン34 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 35. ログインに対しての権限の設定 SQL Server 2008 R2 まで • ユーザーが独自のサーバーロールを作成することはできなかった • データベースロールは作成可能だったがサーバーロールは作成できなかった • サーバーロールで設定できる一部の権限を付与したい場合は、ログインに直接 権限を付与する必要があった • 複数のログインに同等の権限を付与したい場合、個別に権限付与をする必要 があった SQL Server 2012 • ユーザーが独自のサーバーロールを作成することが可能になった • ログインに対しての権限の管理性が向上している35 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 36. サーバーロールを使用した DB の表示制御36 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 37. AlwaysOn Contained (包含) Database Columnstore インデックス サーバーロールの作成 管理ツールの機能強化37 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 38. 管理ツールの機能強化 SQL Serer Management Studio • リストア機能の強化 • 拡張イベントの作成 • コードスニペットが利用可能に38 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 39. • SQL Server 2012 の SSMS のリストア画面 • 拡張イベントの作成 • コードスニペットの利用39 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net
  • 40. 最後に SQL Server 2012 には他にもたくさんの機能が追加さ れています。 CTP3 はどなたでもダウンロード可能ですので、みなさ んもどんどん触ってみてください。  自習書がいつもながらのハイクオリティで提供されていますの で、とても参考になります。  http://www.microsoft.com/japan/sqlserver/2008/r2/denali/ movie.mspx  SQL Server "Denali" CTP3 新機能ダイジェスト  SQL Server "Denali" 新機能ダイジェスト (BI 編)  SQL Server "Deanli" DWH (データ ウェアハウス) 関連の新機能  SQL Server AlwaysOn による可用性の向上 40 SQLTO 第 3 回勉強会 2011/10/29 http://www.sqlto.net

×