Your SlideShare is downloading. ×
0
第10回 RxTstudy/第57回 SEA関西プロセス分科会のパネルディスカッション
第10回 RxTstudy/第57回 SEA関西プロセス分科会のパネルディスカッション
第10回 RxTstudy/第57回 SEA関西プロセス分科会のパネルディスカッション
第10回 RxTstudy/第57回 SEA関西プロセス分科会のパネルディスカッション
第10回 RxTstudy/第57回 SEA関西プロセス分科会のパネルディスカッション
第10回 RxTstudy/第57回 SEA関西プロセス分科会のパネルディスカッション
第10回 RxTstudy/第57回 SEA関西プロセス分科会のパネルディスカッション
第10回 RxTstudy/第57回 SEA関西プロセス分科会のパネルディスカッション
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

第10回 RxTstudy/第57回 SEA関西プロセス分科会のパネルディスカッション

4,039

Published on

第10回 RxTstudy/第57回 SEA関西プロセス分科会のご案内 …

第10回 RxTstudy/第57回 SEA関西プロセス分科会のご案内
チケット駆動開発とメトリクス
http://kokucheese.com/event/index/156953/

【公開】第10回 RxTstudy/第57回 SEA関西プロセス分科会「チケット駆動開発とメトリクス」の感想 #RxTstudy: プログラマの思索 http://forza.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/10-rxtstudy57-s.html

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
4,039
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
11
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Redmineによる メトリクスの経験談 2014/4/5 あきぴー@RxTStudy&SEA関⻄ copyright2014 akipii@XPJUG関西 1
  • 2. Agenda • メトリクスの経験談 • 今後収集したいメトリクス • 本日の観点 • Redmine導入を支援するPMOの⽴場でお話します copyright2014 akipii@XPJUG関西 2
  • 3. メトリクスの経験談(1) • Redmineでテスト⼯程の障害分析を⾒せると、上 司も開発チームも驚いてくれる • チームのふりかえりで⾒せると、新たな気づきを得る • 新人SEほど、やる気が出てくるみたい • 定量データは、上司への報告書や計画書の元ネタになる • 定量データを⾒せないと説得しにくい • 信頼度成⻑曲線の評価が⾯⽩い • 新人SEに知識があるかどうか、質問する • 普通は、理論通りの曲線のように⾒える • 実際は品質が悪いのに、その感覚が現れていないように⾒える copyright2014 akipii@XPJUG関西 3
  • 4. メトリクスの経験談(2) • アジャイル開発はメトリクスを重視している • 直近のイテレーションで採取したメトリクスをすぐに使える • メトリクスのフィードバックをチームや次イテレーションに生かせる • 同一プロジェクトでメトリクスを採取するほど、精度が⾼くなる • WF型開発のメトリクスは使いにくい • 下流⼯程になるほど、忙しすぎて収集しにくい • せっかく採取したメトリクスをチームにフィードバックできない • Velocityとサイクルタイムを定期的に集計したい • チームの生産能⼒を定量的に計測し、次の⾒積りに生かしたい • リリースまでの平均待ち時間を計測し、顧客への回答に使いたい copyright2014 akipii@XPJUG関西 4
  • 5. 今後集計したいメトリクス(1) • リトルの法則:サイクルタイム=WIP/Velocity • 待ち⾏列理論の基本的な法則 • サイクルタイム=平均待ち時間 • チケットの平均滞留期間、チケットの生存期間 • Velocity=チームの生産能⼒ • 1イテレーション(例:1ヶ月)の完了チケット数 • チームのWIP=1サイクル(1⼯程)の仕掛中のチケット総数 • 例:作業中のチケットは30枚で、5枚/週ペースで完了できる • サイクルタイム=30枚/5枚/週=6週間 • ⇒顧客の新規要望がリリースされるまでに6週間かかることを意味している copyright2014 akipii@XPJUG関西 5
  • 6. 今後集計したいメトリクス(2) • プロセスサイクル効率=実績⼯数/サイクルタイム • プロセスのムダを⾒える化できる • 例:機能Aの実績⼯数は1日なのに、完了させるまでに10日もかかって いる • ⇒プロセスサイクル効率=1日/10日=10% • 残りの9日間(90%)は、チケットが放置されたまま、何もしていない • レビュー待ちや検証待ち? PLや上級PGがボトルネック? • 原因究明して、ムダを省くように対策を打つべき • 「普通の企業のプロセスサイクル効率は10〜15%程度」 • 「リーン開発の現場」参照 copyright2014 akipii@XPJUG関西 6
  • 7. 今後集計したいメトリクス(3) • ⼯数集計の自動化 • 月末の開発要員の⼯数報告を自動化したい • どの会社でも、部課⻑がExcelで集計し直している • EVMも理論上は実現可能 • チームの開発速度から、完成時総コスト⾒積り(EAC)を予測できる • 但し、⼯数と進捗率の履歴を日々記録する必要がある • 要員表作成(リソースチャート)の自動化 • 案件の予定表に、予定⼯数と開発要員をマッピング • PMのお仕事の殆どは、要員表の管理をExcelでやっている copyright2014 akipii@XPJUG関西 7 Redmine Lychee製品製品製品製品に期待してます!に期待してます!に期待してます!に期待してます!(http://lychee-redmine.jp/)
  • 8. copyright2014 akipii@XPJUG関西 8 ご清聴 ありがとう ございました

×