SlideShare a Scribd company logo

革新的ブラウザゲームを支えるプラットフォーム技術

2015/10/29 に行われた DeNA x gloops の合同セミナーでの発表資料です。

1 of 41
Download to read offline
Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Web の進化は止まらない
革新的ブラウザゲームを支え
るプラットフォーム技術
DeNAxgloops 合同セミナー
最先端ブラウザゲームへの挑戦
~ブラウザゲームの表現がここまで進化した~
October 29, 2015
Toru Yamaguchi
Senior Architect, Sub Business Unit Head
Open Platform Business Unit
DeNA Co., Ltd.
Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Web の進化は止まらない
2
Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved.
3
Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved.
プロモーションサイトへの WebGL の採用
 商業サイトのプロモーションのテクノロジーとして
WebGL の採用が増えてきています
4
https://sharetheforce.target.com/galaxies
Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved.
EXP3D – GWT + WebGL + HTML5 Audio
 breaking byte という indie game 制作ショップが作成した
シューティングゲーム
⁃ Google Play で提供しているゲームの WebGL 版
⁃ 実際にデモを見てみましょう
5
Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved.
EXP3D の JavaScript/WebGL 対応
 実は OSS になっています
⁃ https://github.com/acourreges/exp3d
 上記のページ中の Details に分かりやすい説明があります
6

Recommended

ngCore engine for mobage platform
ngCore engine for mobage platformngCore engine for mobage platform
ngCore engine for mobage platformToru Yamaguchi
 
これからの Microservices
これからの Microservicesこれからの Microservices
これからの MicroservicesToru Yamaguchi
 
AndApp開発における全て #denatechcon
AndApp開発における全て #denatechconAndApp開発における全て #denatechcon
AndApp開発における全て #denatechconDeNA
 
アバター着せ替えアプリ開発におけるフロントエンド技術(Vue.js活用事例) #denatechcon
アバター着せ替えアプリ開発におけるフロントエンド技術(Vue.js活用事例) #denatechconアバター着せ替えアプリ開発におけるフロントエンド技術(Vue.js活用事例) #denatechcon
アバター着せ替えアプリ開発におけるフロントエンド技術(Vue.js活用事例) #denatechconDeNA
 
技術選択とアーキテクトの役割 (要約版)
技術選択とアーキテクトの役割 (要約版)技術選択とアーキテクトの役割 (要約版)
技術選択とアーキテクトの役割 (要約版)Toru Yamaguchi
 
Anyca におけるUIフレームワークと スマホによるドア操作の仕組み
Anyca におけるUIフレームワークとスマホによるドア操作の仕組みAnyca におけるUIフレームワークとスマホによるドア操作の仕組み
Anyca におけるUIフレームワークと スマホによるドア操作の仕組みShuhei Kawasaki
 
DeNA内製ゲームエンジンの現状と目指す未来 #denatechcon
DeNA内製ゲームエンジンの現状と目指す未来 #denatechconDeNA内製ゲームエンジンの現状と目指す未来 #denatechcon
DeNA内製ゲームエンジンの現状と目指す未来 #denatechconDeNA
 
Unityで本格戦国シュミレーションRPG 開発
Unityで本格戦国シュミレーションRPG 開発Unityで本格戦国シュミレーションRPG 開発
Unityで本格戦国シュミレーションRPG 開発dena_study
 

More Related Content

What's hot

FFRKを支えるWebアプリケーションフレームワークの技術
FFRKを支えるWebアプリケーションフレームワークの技術FFRKを支えるWebアプリケーションフレームワークの技術
FFRKを支えるWebアプリケーションフレームワークの技術dena_study
 
Mobage/AndAppのSDK開発事例とSDKを作る際に知っておくべきこと #denatechcon
Mobage/AndAppのSDK開発事例とSDKを作る際に知っておくべきこと #denatechconMobage/AndAppのSDK開発事例とSDKを作る際に知っておくべきこと #denatechcon
Mobage/AndAppのSDK開発事例とSDKを作る際に知っておくべきこと #denatechconDeNA
 
DeNAが取り組む Software Engineer in Test
DeNAが取り組む Software Engineer in TestDeNAが取り組む Software Engineer in Test
DeNAが取り組む Software Engineer in TestMasaki Nakagawa
 
FINAL FANTASY Record Keeperのマスターデータを支える技術
FINAL FANTASY Record Keeperのマスターデータを支える技術FINAL FANTASY Record Keeperのマスターデータを支える技術
FINAL FANTASY Record Keeperのマスターデータを支える技術dena_study
 
DeNA の新しいネイティブ開発(パズル戦隊デナレンジャー)
DeNA の新しいネイティブ開発(パズル戦隊デナレンジャー)DeNA の新しいネイティブ開発(パズル戦隊デナレンジャー)
DeNA の新しいネイティブ開発(パズル戦隊デナレンジャー)dena_study
 
Unityアバターアプリ開発パッケージのご提案
Unityアバターアプリ開発パッケージのご提案Unityアバターアプリ開発パッケージのご提案
Unityアバターアプリ開発パッケージのご提案gdays
 
DeNAのプログラミング教育の取り組み #denatechcon
DeNAのプログラミング教育の取り組み #denatechconDeNAのプログラミング教育の取り組み #denatechcon
DeNAのプログラミング教育の取り組み #denatechconDeNA
 
Effective web performance tuning for smartphone
Effective web performance tuning for smartphoneEffective web performance tuning for smartphone
Effective web performance tuning for smartphonedena_study
 
DebugHeadを使ったiOSアプリ開発手法 #denatechcon
DebugHeadを使ったiOSアプリ開発手法 #denatechconDebugHeadを使ったiOSアプリ開発手法 #denatechcon
DebugHeadを使ったiOSアプリ開発手法 #denatechconDeNA
 
FFRK cocos2d xレイヤーの最適化
FFRK cocos2d xレイヤーの最適化FFRK cocos2d xレイヤーの最適化
FFRK cocos2d xレイヤーの最適化dena_study
 
Unityネイティブプラグインマニアクス #denatechcon
Unityネイティブプラグインマニアクス #denatechconUnityネイティブプラグインマニアクス #denatechcon
Unityネイティブプラグインマニアクス #denatechconDeNA
 
Vue Fes Japan 2018 LINE株式会社 LunchスポンサーLT
Vue Fes Japan 2018 LINE株式会社 LunchスポンサーLTVue Fes Japan 2018 LINE株式会社 LunchスポンサーLT
Vue Fes Japan 2018 LINE株式会社 LunchスポンサーLTLINE Corporation
 
Unity開発で週イチ呑み会を支える技術
Unity開発で週イチ呑み会を支える技術Unity開発で週イチ呑み会を支える技術
Unity開発で週イチ呑み会を支える技術kazuya noshiro
 
DeNA_Techcon2017_DeNAでのチート・脆弱性診断への取り組み
DeNA_Techcon2017_DeNAでのチート・脆弱性診断への取り組みDeNA_Techcon2017_DeNAでのチート・脆弱性診断への取り組み
DeNA_Techcon2017_DeNAでのチート・脆弱性診断への取り組みToshiharu Sugiyama
 
サービスの成長を支えるフロントエンド開発 #denatechcon
サービスの成長を支えるフロントエンド開発 #denatechconサービスの成長を支えるフロントエンド開発 #denatechcon
サービスの成長を支えるフロントエンド開発 #denatechconDeNA
 
DeNAのゲームを支えるプラットフォーム Sakasho #denatechcon
DeNAのゲームを支えるプラットフォーム Sakasho #denatechconDeNAのゲームを支えるプラットフォーム Sakasho #denatechcon
DeNAのゲームを支えるプラットフォーム Sakasho #denatechconDeNA
 
Unityのオンラインゲームをhtmlに移植してわかったこと
Unityのオンラインゲームをhtmlに移植してわかったことUnityのオンラインゲームをhtmlに移植してわかったこと
Unityのオンラインゲームをhtmlに移植してわかったことKouji Hosoda
 
Unity ネイティブプラグインの作成について
Unity ネイティブプラグインの作成についてUnity ネイティブプラグインの作成について
Unity ネイティブプラグインの作成についてTatsuhiko Yamamura
 
Cocos2d-x 3.0を使ったゲーム “消滅都市” の開発事例
Cocos2d-x 3.0を使ったゲーム “消滅都市” の開発事例Cocos2d-x 3.0を使ったゲーム “消滅都市” の開発事例
Cocos2d-x 3.0を使ったゲーム “消滅都市” の開発事例gree_tech
 

What's hot (20)

FFRKを支えるWebアプリケーションフレームワークの技術
FFRKを支えるWebアプリケーションフレームワークの技術FFRKを支えるWebアプリケーションフレームワークの技術
FFRKを支えるWebアプリケーションフレームワークの技術
 
Mobage/AndAppのSDK開発事例とSDKを作る際に知っておくべきこと #denatechcon
Mobage/AndAppのSDK開発事例とSDKを作る際に知っておくべきこと #denatechconMobage/AndAppのSDK開発事例とSDKを作る際に知っておくべきこと #denatechcon
Mobage/AndAppのSDK開発事例とSDKを作る際に知っておくべきこと #denatechcon
 
DeNAが取り組む Software Engineer in Test
DeNAが取り組む Software Engineer in TestDeNAが取り組む Software Engineer in Test
DeNAが取り組む Software Engineer in Test
 
FINAL FANTASY Record Keeperのマスターデータを支える技術
FINAL FANTASY Record Keeperのマスターデータを支える技術FINAL FANTASY Record Keeperのマスターデータを支える技術
FINAL FANTASY Record Keeperのマスターデータを支える技術
 
DeNA の新しいネイティブ開発(パズル戦隊デナレンジャー)
DeNA の新しいネイティブ開発(パズル戦隊デナレンジャー)DeNA の新しいネイティブ開発(パズル戦隊デナレンジャー)
DeNA の新しいネイティブ開発(パズル戦隊デナレンジャー)
 
Unityアバターアプリ開発パッケージのご提案
Unityアバターアプリ開発パッケージのご提案Unityアバターアプリ開発パッケージのご提案
Unityアバターアプリ開発パッケージのご提案
 
DeNAのプログラミング教育の取り組み #denatechcon
DeNAのプログラミング教育の取り組み #denatechconDeNAのプログラミング教育の取り組み #denatechcon
DeNAのプログラミング教育の取り組み #denatechcon
 
Effective web performance tuning for smartphone
Effective web performance tuning for smartphoneEffective web performance tuning for smartphone
Effective web performance tuning for smartphone
 
DebugHeadを使ったiOSアプリ開発手法 #denatechcon
DebugHeadを使ったiOSアプリ開発手法 #denatechconDebugHeadを使ったiOSアプリ開発手法 #denatechcon
DebugHeadを使ったiOSアプリ開発手法 #denatechcon
 
FFRK cocos2d xレイヤーの最適化
FFRK cocos2d xレイヤーの最適化FFRK cocos2d xレイヤーの最適化
FFRK cocos2d xレイヤーの最適化
 
Unityネイティブプラグインマニアクス #denatechcon
Unityネイティブプラグインマニアクス #denatechconUnityネイティブプラグインマニアクス #denatechcon
Unityネイティブプラグインマニアクス #denatechcon
 
Vue Fes Japan 2018 LINE株式会社 LunchスポンサーLT
Vue Fes Japan 2018 LINE株式会社 LunchスポンサーLTVue Fes Japan 2018 LINE株式会社 LunchスポンサーLT
Vue Fes Japan 2018 LINE株式会社 LunchスポンサーLT
 
Unity開発で週イチ呑み会を支える技術
Unity開発で週イチ呑み会を支える技術Unity開発で週イチ呑み会を支える技術
Unity開発で週イチ呑み会を支える技術
 
DeNA_Techcon2017_DeNAでのチート・脆弱性診断への取り組み
DeNA_Techcon2017_DeNAでのチート・脆弱性診断への取り組みDeNA_Techcon2017_DeNAでのチート・脆弱性診断への取り組み
DeNA_Techcon2017_DeNAでのチート・脆弱性診断への取り組み
 
サービスの成長を支えるフロントエンド開発 #denatechcon
サービスの成長を支えるフロントエンド開発 #denatechconサービスの成長を支えるフロントエンド開発 #denatechcon
サービスの成長を支えるフロントエンド開発 #denatechcon
 
DeNAのゲームを支えるプラットフォーム Sakasho #denatechcon
DeNAのゲームを支えるプラットフォーム Sakasho #denatechconDeNAのゲームを支えるプラットフォーム Sakasho #denatechcon
DeNAのゲームを支えるプラットフォーム Sakasho #denatechcon
 
アンラーニング
アンラーニングアンラーニング
アンラーニング
 
Unityのオンラインゲームをhtmlに移植してわかったこと
Unityのオンラインゲームをhtmlに移植してわかったことUnityのオンラインゲームをhtmlに移植してわかったこと
Unityのオンラインゲームをhtmlに移植してわかったこと
 
Unity ネイティブプラグインの作成について
Unity ネイティブプラグインの作成についてUnity ネイティブプラグインの作成について
Unity ネイティブプラグインの作成について
 
Cocos2d-x 3.0を使ったゲーム “消滅都市” の開発事例
Cocos2d-x 3.0を使ったゲーム “消滅都市” の開発事例Cocos2d-x 3.0を使ったゲーム “消滅都市” の開発事例
Cocos2d-x 3.0を使ったゲーム “消滅都市” の開発事例
 

Similar to 革新的ブラウザゲームを支えるプラットフォーム技術

Microsoft Copilot Studio.pdf
Microsoft Copilot Studio.pdfMicrosoft Copilot Studio.pdf
Microsoft Copilot Studio.pdfTomokazu Kizawa
 
DeNAのゲーム開発を支える技術 (クライアントサイド編)
DeNAのゲーム開発を支える技術 (クライアントサイド編)DeNAのゲーム開発を支える技術 (クライアントサイド編)
DeNAのゲーム開発を支える技術 (クライアントサイド編)denatech2016
 
[CEDEC2014]モバイルゲームにおける社内基盤開発と“実録”
[CEDEC2014]モバイルゲームにおける社内基盤開発と“実録”[CEDEC2014]モバイルゲームにおける社内基盤開発と“実録”
[CEDEC2014]モバイルゲームにおける社内基盤開発と“実録”Drecom Co., Ltd.
 
Firefox OS - Blaze Your Own Path
Firefox OS - Blaze Your Own PathFirefox OS - Blaze Your Own Path
Firefox OS - Blaze Your Own Pathdynamis
 
【17-A-1】Mobile Future Conference開会のご挨拶/世界へ挑むDeNAの「X-border」「X-device」戦略
【17-A-1】Mobile Future Conference開会のご挨拶/世界へ挑むDeNAの「X-border」「X-device」戦略【17-A-1】Mobile Future Conference開会のご挨拶/世界へ挑むDeNAの「X-border」「X-device」戦略
【17-A-1】Mobile Future Conference開会のご挨拶/世界へ挑むDeNAの「X-border」「X-device」戦略Developers Summit
 
VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」でのモノビットエンジンの採用事例と最新情報
VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」でのモノビットエンジンの採用事例と最新情報VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」でのモノビットエンジンの採用事例と最新情報
VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」でのモノビットエンジンの採用事例と最新情報モノビット エンジン
 
VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」でのモノビットエンジンの採用事例と最新情報 - モノビットエンジン - GTMF 2018 O...
VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」でのモノビットエンジンの採用事例と最新情報 - モノビットエンジン - GTMF 2018 O...VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」でのモノビットエンジンの採用事例と最新情報 - モノビットエンジン - GTMF 2018 O...
VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」でのモノビットエンジンの採用事例と最新情報 - モノビットエンジン - GTMF 2018 O...Game Tools & Middleware Forum
 
DeNA流cocos2d xとの付き合い方
DeNA流cocos2d xとの付き合い方DeNA流cocos2d xとの付き合い方
DeNA流cocos2d xとの付き合い方dena_study
 
技術選択とアーキテクトの役割
技術選択とアーキテクトの役割技術選択とアーキテクトの役割
技術選択とアーキテクトの役割Toru Yamaguchi
 
ソフトウェア開発30年史を振り返りつつ考えるプログラマにとって変わらないもの
ソフトウェア開発30年史を振り返りつつ考えるプログラマにとって変わらないものソフトウェア開発30年史を振り返りつつ考えるプログラマにとって変わらないもの
ソフトウェア開発30年史を振り返りつつ考えるプログラマにとって変わらないものJun Hosokawa
 
2021 年春 ABEMA が Internet Explorer 11 の サポートを終了
2021 年春 ABEMA が Internet Explorer 11 の サポートを終了2021 年春 ABEMA が Internet Explorer 11 の サポートを終了
2021 年春 ABEMA が Internet Explorer 11 の サポートを終了Yusuke Goto
 
Windows 8 Developers カンファレンス
Windows 8 Developers カンファレンスWindows 8 Developers カンファレンス
Windows 8 Developers カンファレンスKaoru NAKAMURA
 
改めて注目される2D アニメーションツール SpriteStudio ~国産2Dツールが(舶来ゲームエンジンの力を借りながら)世界へ~
改めて注目される2D アニメーションツール SpriteStudio ~国産2Dツールが(舶来ゲームエンジンの力を借りながら)世界へ~改めて注目される2D アニメーションツール SpriteStudio ~国産2Dツールが(舶来ゲームエンジンの力を借りながら)世界へ~
改めて注目される2D アニメーションツール SpriteStudio ~国産2Dツールが(舶来ゲームエンジンの力を借りながら)世界へ~Web Technology Corp.
 
ET2016 Smart Japan Alliance Llilum 161118
ET2016 Smart Japan Alliance Llilum 161118ET2016 Smart Japan Alliance Llilum 161118
ET2016 Smart Japan Alliance Llilum 161118Atomu Hidaka
 
【16-D-4】3分ではじめるスマホアプリのビジュアル開発
【16-D-4】3分ではじめるスマホアプリのビジュアル開発【16-D-4】3分ではじめるスマホアプリのビジュアル開発
【16-D-4】3分ではじめるスマホアプリのビジュアル開発hmimura_embarcadero
 
Google Glassアプリ開発と自由度の変遷
Google Glassアプリ開発と自由度の変遷Google Glassアプリ開発と自由度の変遷
Google Glassアプリ開発と自由度の変遷Keiji Ariyama
 
kintone 連携スマホアプリの開発・配布体験
kintone 連携スマホアプリの開発・配布体験kintone 連携スマホアプリの開発・配布体験
kintone 連携スマホアプリの開発・配布体験アシアル株式会社
 
どっちの VS ショー / 伝統の Visual Studio 2019、人気の Visual Studio Code
どっちの VS ショー / 伝統の Visual Studio 2019、人気の Visual Studio Codeどっちの VS ショー / 伝統の Visual Studio 2019、人気の Visual Studio Code
どっちの VS ショー / 伝統の Visual Studio 2019、人気の Visual Studio CodeTakashi Okawa
 
使い倒そう Visual Studio Code!!! ~ここからはじめる基本のキ~
使い倒そうVisual Studio Code!!! ~ここからはじめる基本のキ~使い倒そうVisual Studio Code!!! ~ここからはじめる基本のキ~
使い倒そう Visual Studio Code!!! ~ここからはじめる基本のキ~Saki Homma
 
より高品質なメディアサービスを目指す ABEMA の技術進化
より高品質なメディアサービスを目指す ABEMA の技術進化より高品質なメディアサービスを目指す ABEMA の技術進化
より高品質なメディアサービスを目指す ABEMA の技術進化Yusuke Goto
 

Similar to 革新的ブラウザゲームを支えるプラットフォーム技術 (20)

Microsoft Copilot Studio.pdf
Microsoft Copilot Studio.pdfMicrosoft Copilot Studio.pdf
Microsoft Copilot Studio.pdf
 
DeNAのゲーム開発を支える技術 (クライアントサイド編)
DeNAのゲーム開発を支える技術 (クライアントサイド編)DeNAのゲーム開発を支える技術 (クライアントサイド編)
DeNAのゲーム開発を支える技術 (クライアントサイド編)
 
[CEDEC2014]モバイルゲームにおける社内基盤開発と“実録”
[CEDEC2014]モバイルゲームにおける社内基盤開発と“実録”[CEDEC2014]モバイルゲームにおける社内基盤開発と“実録”
[CEDEC2014]モバイルゲームにおける社内基盤開発と“実録”
 
Firefox OS - Blaze Your Own Path
Firefox OS - Blaze Your Own PathFirefox OS - Blaze Your Own Path
Firefox OS - Blaze Your Own Path
 
【17-A-1】Mobile Future Conference開会のご挨拶/世界へ挑むDeNAの「X-border」「X-device」戦略
【17-A-1】Mobile Future Conference開会のご挨拶/世界へ挑むDeNAの「X-border」「X-device」戦略【17-A-1】Mobile Future Conference開会のご挨拶/世界へ挑むDeNAの「X-border」「X-device」戦略
【17-A-1】Mobile Future Conference開会のご挨拶/世界へ挑むDeNAの「X-border」「X-device」戦略
 
VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」でのモノビットエンジンの採用事例と最新情報
VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」でのモノビットエンジンの採用事例と最新情報VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」でのモノビットエンジンの採用事例と最新情報
VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」でのモノビットエンジンの採用事例と最新情報
 
VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」でのモノビットエンジンの採用事例と最新情報 - モノビットエンジン - GTMF 2018 O...
VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」でのモノビットエンジンの採用事例と最新情報 - モノビットエンジン - GTMF 2018 O...VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」でのモノビットエンジンの採用事例と最新情報 - モノビットエンジン - GTMF 2018 O...
VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」でのモノビットエンジンの採用事例と最新情報 - モノビットエンジン - GTMF 2018 O...
 
DeNA流cocos2d xとの付き合い方
DeNA流cocos2d xとの付き合い方DeNA流cocos2d xとの付き合い方
DeNA流cocos2d xとの付き合い方
 
技術選択とアーキテクトの役割
技術選択とアーキテクトの役割技術選択とアーキテクトの役割
技術選択とアーキテクトの役割
 
ソフトウェア開発30年史を振り返りつつ考えるプログラマにとって変わらないもの
ソフトウェア開発30年史を振り返りつつ考えるプログラマにとって変わらないものソフトウェア開発30年史を振り返りつつ考えるプログラマにとって変わらないもの
ソフトウェア開発30年史を振り返りつつ考えるプログラマにとって変わらないもの
 
2021 年春 ABEMA が Internet Explorer 11 の サポートを終了
2021 年春 ABEMA が Internet Explorer 11 の サポートを終了2021 年春 ABEMA が Internet Explorer 11 の サポートを終了
2021 年春 ABEMA が Internet Explorer 11 の サポートを終了
 
Windows 8 Developers カンファレンス
Windows 8 Developers カンファレンスWindows 8 Developers カンファレンス
Windows 8 Developers カンファレンス
 
改めて注目される2D アニメーションツール SpriteStudio ~国産2Dツールが(舶来ゲームエンジンの力を借りながら)世界へ~
改めて注目される2D アニメーションツール SpriteStudio ~国産2Dツールが(舶来ゲームエンジンの力を借りながら)世界へ~改めて注目される2D アニメーションツール SpriteStudio ~国産2Dツールが(舶来ゲームエンジンの力を借りながら)世界へ~
改めて注目される2D アニメーションツール SpriteStudio ~国産2Dツールが(舶来ゲームエンジンの力を借りながら)世界へ~
 
ET2016 Smart Japan Alliance Llilum 161118
ET2016 Smart Japan Alliance Llilum 161118ET2016 Smart Japan Alliance Llilum 161118
ET2016 Smart Japan Alliance Llilum 161118
 
【16-D-4】3分ではじめるスマホアプリのビジュアル開発
【16-D-4】3分ではじめるスマホアプリのビジュアル開発【16-D-4】3分ではじめるスマホアプリのビジュアル開発
【16-D-4】3分ではじめるスマホアプリのビジュアル開発
 
Google Glassアプリ開発と自由度の変遷
Google Glassアプリ開発と自由度の変遷Google Glassアプリ開発と自由度の変遷
Google Glassアプリ開発と自由度の変遷
 
kintone 連携スマホアプリの開発・配布体験
kintone 連携スマホアプリの開発・配布体験kintone 連携スマホアプリの開発・配布体験
kintone 連携スマホアプリの開発・配布体験
 
どっちの VS ショー / 伝統の Visual Studio 2019、人気の Visual Studio Code
どっちの VS ショー / 伝統の Visual Studio 2019、人気の Visual Studio Codeどっちの VS ショー / 伝統の Visual Studio 2019、人気の Visual Studio Code
どっちの VS ショー / 伝統の Visual Studio 2019、人気の Visual Studio Code
 
使い倒そう Visual Studio Code!!! ~ここからはじめる基本のキ~
使い倒そうVisual Studio Code!!! ~ここからはじめる基本のキ~使い倒そうVisual Studio Code!!! ~ここからはじめる基本のキ~
使い倒そう Visual Studio Code!!! ~ここからはじめる基本のキ~
 
より高品質なメディアサービスを目指す ABEMA の技術進化
より高品質なメディアサービスを目指す ABEMA の技術進化より高品質なメディアサービスを目指す ABEMA の技術進化
より高品質なメディアサービスを目指す ABEMA の技術進化
 

More from Toru Yamaguchi

OAuth 2.0 Web Messaging Response Mode - OpenID Summit Tokyo 2015
OAuth 2.0 Web Messaging Response Mode - OpenID Summit Tokyo 2015OAuth 2.0 Web Messaging Response Mode - OpenID Summit Tokyo 2015
OAuth 2.0 Web Messaging Response Mode - OpenID Summit Tokyo 2015Toru Yamaguchi
 
Mobage Connect と Identity 関連技術への取り組み - OpenID Summit Tokyo 2015
Mobage Connect と Identity 関連技術への取り組み - OpenID Summit Tokyo 2015Mobage Connect と Identity 関連技術への取り組み - OpenID Summit Tokyo 2015
Mobage Connect と Identity 関連技術への取り組み - OpenID Summit Tokyo 2015Toru Yamaguchi
 
How to bake delicious cookie (RESTful Meetup #03)
How to bake delicious cookie (RESTful Meetup #03)How to bake delicious cookie (RESTful Meetup #03)
How to bake delicious cookie (RESTful Meetup #03)Toru Yamaguchi
 
JSON Based Web Services
JSON Based Web ServicesJSON Based Web Services
JSON Based Web ServicesToru Yamaguchi
 
Yapc asia 2011_zigorou
Yapc asia 2011_zigorouYapc asia 2011_zigorou
Yapc asia 2011_zigorouToru Yamaguchi
 
Inside mobage platform
Inside mobage platformInside mobage platform
Inside mobage platformToru Yamaguchi
 
mbga Open Platform and Perl
mbga Open Platform and Perlmbga Open Platform and Perl
mbga Open Platform and PerlToru Yamaguchi
 
Inside mbga Open Platform API architecture
Inside mbga Open Platform API architectureInside mbga Open Platform API architecture
Inside mbga Open Platform API architectureToru Yamaguchi
 
Introduction OpenID Authentication 2.0 Revival
Introduction OpenID Authentication 2.0 RevivalIntroduction OpenID Authentication 2.0 Revival
Introduction OpenID Authentication 2.0 RevivalToru Yamaguchi
 
Introduction OpenID Authentication 2.0
Introduction OpenID Authentication 2.0Introduction OpenID Authentication 2.0
Introduction OpenID Authentication 2.0Toru Yamaguchi
 
The Security of OpenID Authentication 2.0
The Security of OpenID Authentication 2.0The Security of OpenID Authentication 2.0
The Security of OpenID Authentication 2.0Toru Yamaguchi
 
Customization of DBIC::Schema::Loader
Customization of DBIC::Schema::LoaderCustomization of DBIC::Schema::Loader
Customization of DBIC::Schema::LoaderToru Yamaguchi
 

More from Toru Yamaguchi (18)

OAuth 2.0 Web Messaging Response Mode - OpenID Summit Tokyo 2015
OAuth 2.0 Web Messaging Response Mode - OpenID Summit Tokyo 2015OAuth 2.0 Web Messaging Response Mode - OpenID Summit Tokyo 2015
OAuth 2.0 Web Messaging Response Mode - OpenID Summit Tokyo 2015
 
Mobage Connect と Identity 関連技術への取り組み - OpenID Summit Tokyo 2015
Mobage Connect と Identity 関連技術への取り組み - OpenID Summit Tokyo 2015Mobage Connect と Identity 関連技術への取り組み - OpenID Summit Tokyo 2015
Mobage Connect と Identity 関連技術への取り組み - OpenID Summit Tokyo 2015
 
How to bake delicious cookie (RESTful Meetup #03)
How to bake delicious cookie (RESTful Meetup #03)How to bake delicious cookie (RESTful Meetup #03)
How to bake delicious cookie (RESTful Meetup #03)
 
JSON Based Web Services
JSON Based Web ServicesJSON Based Web Services
JSON Based Web Services
 
Yapc asia 2011_zigorou
Yapc asia 2011_zigorouYapc asia 2011_zigorou
Yapc asia 2011_zigorou
 
Inside mobage platform
Inside mobage platformInside mobage platform
Inside mobage platform
 
mbga Open Platform and Perl
mbga Open Platform and Perlmbga Open Platform and Perl
mbga Open Platform and Perl
 
Inside mbga Open Platform API architecture
Inside mbga Open Platform API architectureInside mbga Open Platform API architecture
Inside mbga Open Platform API architecture
 
Introduction OpenID Authentication 2.0 Revival
Introduction OpenID Authentication 2.0 RevivalIntroduction OpenID Authentication 2.0 Revival
Introduction OpenID Authentication 2.0 Revival
 
OpenID Mobile Profile
OpenID Mobile ProfileOpenID Mobile Profile
OpenID Mobile Profile
 
Introduction OpenID Authentication 2.0
Introduction OpenID Authentication 2.0Introduction OpenID Authentication 2.0
Introduction OpenID Authentication 2.0
 
OpenID 2009
OpenID 2009OpenID 2009
OpenID 2009
 
Mobile Openid
Mobile OpenidMobile Openid
Mobile Openid
 
Client Side Cache
Client Side CacheClient Side Cache
Client Side Cache
 
The Security of OpenID Authentication 2.0
The Security of OpenID Authentication 2.0The Security of OpenID Authentication 2.0
The Security of OpenID Authentication 2.0
 
Customization of DBIC::Schema::Loader
Customization of DBIC::Schema::LoaderCustomization of DBIC::Schema::Loader
Customization of DBIC::Schema::Loader
 
Yadis/XRI and OpenID
Yadis/XRI and OpenIDYadis/XRI and OpenID
Yadis/XRI and OpenID
 
OpenID 2.0 Quick Note
OpenID 2.0 Quick NoteOpenID 2.0 Quick Note
OpenID 2.0 Quick Note
 

Recently uploaded

解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHub
解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHub解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHub
解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHubK Kinzal
 
00001_test_automation_portfolio_20240227
00001_test_automation_portfolio_2024022700001_test_automation_portfolio_20240227
00001_test_automation_portfolio_20240227ssuserf8ea02
 
HarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdf
HarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdfHarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdf
HarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdfMatsushita Laboratory
 
scikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみん
scikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみんscikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみん
scikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみんtoshinori622
 
COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)NTT DATA Technology & Innovation
 
20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdf
20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdf20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdf
20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdfAyachika Kitazaki
 
オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)
オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)
オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)Kanta Sasaki
 
20240227 完全に理解した LT 「mise いいよ mise」 / morishin
20240227 完全に理解した LT 「mise いいよ mise」 / morishin20240227 完全に理解した LT 「mise いいよ mise」 / morishin
20240227 完全に理解した LT 「mise いいよ mise」 / morishinMakoto Mori
 

Recently uploaded (8)

解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHub
解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHub解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHub
解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHub
 
00001_test_automation_portfolio_20240227
00001_test_automation_portfolio_2024022700001_test_automation_portfolio_20240227
00001_test_automation_portfolio_20240227
 
HarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdf
HarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdfHarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdf
HarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdf
 
scikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみん
scikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみんscikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみん
scikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみん
 
COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
 
20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdf
20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdf20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdf
20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdf
 
オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)
オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)
オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)
 
20240227 完全に理解した LT 「mise いいよ mise」 / morishin
20240227 完全に理解した LT 「mise いいよ mise」 / morishin20240227 完全に理解した LT 「mise いいよ mise」 / morishin
20240227 完全に理解した LT 「mise いいよ mise」 / morishin
 

革新的ブラウザゲームを支えるプラットフォーム技術

  • 1. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. Web の進化は止まらない 革新的ブラウザゲームを支え るプラットフォーム技術 DeNAxgloops 合同セミナー 最先端ブラウザゲームへの挑戦 ~ブラウザゲームの表現がここまで進化した~ October 29, 2015 Toru Yamaguchi Senior Architect, Sub Business Unit Head Open Platform Business Unit DeNA Co., Ltd.
  • 2. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. Web の進化は止まらない 2
  • 3. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. 3
  • 4. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. プロモーションサイトへの WebGL の採用  商業サイトのプロモーションのテクノロジーとして WebGL の採用が増えてきています 4 https://sharetheforce.target.com/galaxies
  • 5. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. EXP3D – GWT + WebGL + HTML5 Audio  breaking byte という indie game 制作ショップが作成した シューティングゲーム ⁃ Google Play で提供しているゲームの WebGL 版 ⁃ 実際にデモを見てみましょう 5
  • 6. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. EXP3D の JavaScript/WebGL 対応  実は OSS になっています ⁃ https://github.com/acourreges/exp3d  上記のページ中の Details に分かりやすい説明があります 6
  • 7. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. Foggy Shore - Unity5 x WebGL  @alexanderocias さんが作った Unity で出来たミニゲ ーム (WebGL 版) ⁃ 実際にデモを見てみましょう 7
  • 8. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. Unity5 の JavaScript/WebGL 対応  Unity5 はランタイムとユーザーコードを幾つかのステ ップを経て JavaScript (asm.js) に変換する ⁃ 実際の動作は asm.js が各ブラウザでどれくらい速度が出 るかという問題になる 8 Unity Runtime User Code C/C++ LLVM-IR JavaScript (asm.js) C#/Unity Script CIL (Common Intermediate Language) C++ LLVM-IR clang emscripten emscriptenclangIL2CPPmcs
  • 9. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. WebGL の対応状況  ほぼ全てのブラウザで使えるテクノロジーとなった ⁃ 実装レベルや互換性、速度についてはまだ難はある 9
  • 10. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. WebAssembly  Webブラウザで実行可能なポータブルなコンパイル済み のバイナリフォーマットのこと ⁃ asm.js を置き換える概念と言われている  WebAssembly の利点 ⁃ バイナリフォーマットのためデータサイズが小さくなる ⁃ 実装速度向上のためのオプティマイズがしやすくなる  今後 ⁃ Microsoft, Mozilla, Google がプロジェクトに参加 ⁃ LLVM も対応を検討中 • つまり、C/C++ などで書かれたソースコードが WebAssembly としてコンパイル出来る ⁃ Unity も対応予定 10
  • 11. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. 何故 Native なのか 11 プログラムや表現の 高速な動作 オフライン動作 リテンション エコシステム • 静的型付け言語なので高速にプログラムが動作 • Native UI や OpenGL などにより、滑らかな UI • 大容量のオフラインデータを持つ事が可能 • GCM/APNS といった Remote Notification • インストールと同時にホームスクリーンアイコンが作 成される • Google Play/App Store
  • 12. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. (モバイル)ブラウザでは駄目なのか? 12 プログラムや表現の 高速な動作 オフライン動作 リテンション エコシステム • JavaScript は遅い • CSS3 や Canvas は遅い • オフラインデータを大容量持つ事が出来ない • Remote Notification のような枠組みが無い • ホームスクリーンアイコンの作成は一般的ではない • 強いプレイヤーが居ない
  • 13. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. (モバイル)ブラウザでは駄目なのか? 13 プログラムや表現の 高速な動作 オフライン動作 リテンション エコシステム • WebAssembly で Native 並の実行速度に • WebGL で高速な描画へ • オフラインデータを大容量持つ事が出来ない • Remote Notification のような枠組みが無い • ホームスクリーンアイコンの作成は一般的ではない • 強いプレイヤーが居ない
  • 14. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. Service Worker とオフラインキャッシュ  Service Worker はページのバックグラウンドで動作する Worker ⁃ オフラインでも動作し、Fetch/Cache といった低レベル API を呼び出す事 が出来る ⁃ ページのネットワークアクセスを横取り出来る  つまり ⁃ ローカル Proxy のような動作をさせる事が出来る 14 Service Worker Cache Resource Server Browser Cache API Fetch API
  • 15. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. Service Worker の対応状況  Chrome や Android Browser が先行している状況 ⁃ Firefox では nightly で対応 ⁃ Edge では Under Consideration 15
  • 16. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. (モバイル)ブラウザでは駄目なのか? 16 プログラムや表現の 高速な動作 オフライン動作 リテンション エコシステム • WebAssembly で Native 並の実行速度に • WebGL で高速な描画へ • Remote Notification のような枠組みが無い • ホームスクリーンアイコンの作成は一般的ではない • 強いプレイヤーが居ない • Service Worker/Fetch/Cache でローカル Proxy
  • 17. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. Push API – Google Chrome  Google Chrome で GCM をバックエンドとした Push API が実装されました ⁃ 説明するよりデモを見ましょう ⁃ これも Service Worker の恩恵です 17 https://developers.google.com/web/updates/2015/03/push-notificatons-on-the-open-web
  • 18. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. Add to home screen  Chrome for Android, Mobile Safari などでホームスク リーンアイコンが作成可能 ⁃ 但しユーザー体験は一部改善の余地はある 18
  • 19. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. (モバイル)ブラウザでは駄目なのか? 19 プログラムや表現の 高速な動作 オフライン動作 リテンション エコシステム • WebAssembly で Native 並の実行速度に • WebGL で高速な描画へ • W3C Push + Service Worker • manifest.json などによるホームスクリーン作成 • 強いプレイヤーが居ない • Service Worker/Fetch/Cache でローカル Proxy
  • 20. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. ブラウザの進化と現状  ここまで Native に比べて弱点とされてきた部分はだい ぶ遜色が無いレベルまで近づいて来た ⁃ 今度も Web のテクノロジーが進化していくのは、間違い ない  ビジネス観点で言えば、マーケットというエコシステム の不在が大きい ⁃ ここさえなんとかなればビジネスとしても Web の進化が 加速するはず ⁃ Web のマーケットとして発展してきた Mobage だからこ そ、この分野におけるイノベーションを起こす事が可能な 立場にいるはず 20
  • 21. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. Mobage Open Platform での取り組み  Mobage Open Platform では大きく分けると二つの取 り組みをしています ⁃ 多彩な表現力を可能にする取り組み • CreateJS Lite • 坊野を中心に開発 ⁃ Web に強力なマーケットを作る取り組み • Next Browser Platform (NBPF) • 山口を Product Owner として開発 21
  • 22. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. コンテンツの重要性  多彩な表現を支えるライブラリや、Web にマーケット を作る事が出来るプラットフォーム技術があってもコン テンツの重要性は不変 ⁃ ここで gloops さんという長いおつきあいの強力なパート ナーを得た ⁃ タイトル開発をより具体的にバックアップするために DeNA x gloops の緊密な連携を行っております  次章からは NBPF の具体的な特徴について説明します 22
  • 23. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. スマートフォンと Mobage Open Platform 23
  • 24. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. 2013年時点での Mobage Platform のゲームアーキテクチャ  2013時点では Proxy/OpenSocial Gadget がメイン 24 Browser Native PC Proxy Smart Phone OpenSocial Gadget Native 系 SDK
  • 25. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. 2014年時点での Mobage Platform のゲームアーキテクチャ  2014 年に新しいアーキテクチャとして NBPF を投入 ⁃ Next Browser Platform 25 Browser Native PC Proxy Smart Phone OpenSocial Gadget Native 系 SDK NBPF ShellApp SDK for NBPF
  • 26. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. What is NBPF  Next Browser Platform ⁃ HTML5 ゲームに強力なマーケットを作る  コンセプト ⁃ HTML5 ゲーム向けのマーケット & プラットフォーム & コミ ュニティ  マーケット ⁃ Mobage Platform のアーキテクチャに極力縛らず、様々な形 式の HTML5 ゲームが配信できる  プラットフォーム ⁃ Mobage のユーザー基盤やコミュニティ、ゲーム向け機能(仮 想通貨など)とシームレスに連携  コミュニティ ⁃ ゲーム向けコミュニティや、ゲーマー向けプロフィール、チャ ット連携の強化 26
  • 27. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. JS SDK  Mobage との ID 連携及び認可を行う為のツールキット ⁃ Google+/Facebook の JavaScript SDK と似たインターフェ ースになっています ⁃ NBPF 上でゲームを展開する際に利用する SDK です  ゲームプラットフォームとしてゲームをサポートする機能と の連携 ⁃ アイテム決済機能 ⁃ 友達招待機能  ゲームコミュニティと連動する為の機能 ⁃ チャット連携  Web Apps の欠点を補う為の機能 ⁃ 特にデバイスやOSへのアクセスが貧弱な点を補強 • ショートカットアイコン作成支援機能 • WebView で開かれた際のナビゲーション機能 27
  • 28. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. 独自ドメインで Mobage と ID 連携出来ます 1. 要ログインとなるまで、ログインを後回しに出来ます 1. (例) 購入ボタンでログインを求める 2. ユーザーによるログイン 3. アプリケーション利用同意 1. この時 ID 連携用の情報が返ってきます 2. ゲーム側のログインセッション発行をします 28 AP 回復薬 100モバコイン 購入 BP 回復薬 100モバコイン 購入 ショップ mobageさん AP 回復薬 100モバコイン 購入 BP 回復薬 100モバコイン ショップ ゲストさん 購入 mobageさんでログインしています Battle Line 株式会社ディー・エヌ・エー 同意事項(必読)に同意してサービス利用を開始します。 マイゲームへの追加 友達へ知らせる ゲーム開始 メールアドレス パスワード 2389 別の画像を表示 ログイン SNSアカウント使ってログイン or 登録 上記のSNSアカウントをお持ちで無い方やデータ引き 継ぎの方は次へをクリックして下さい。 パスワードを忘れた方 / ヘルプ / お問い 合わせ (*) 上記SNSに勝手に投稿される事はありません 1 2 3
  • 29. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. 自由なクリエイティブ  共通メニューの挿入がなくなりました ⁃ 全画面自由にデザインする事が出来ます ⁃ Mobage プラットフォームへの導線はメニューなどに入れて頂けば問題ありません 29
  • 30. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. 多様なマーケティング手法が使えます  ログインレスだから出来る多用なマーケティング手法 ⁃ SEO も独自に行う事が出来ます ⁃ Web 広告、ソーシャルメディア連携も  ダウンロードレス・ログインレスでチュートリアルやゲームプレイも ⁃ ログイン/インストール CVR の向上が期待出来ます 30 MobageやDeNAのオウ ンドメディアから 検索エンジン Web 広告 ソーシャルメディア LP チュートリアル ダウンロードレス、 ログインレスで一気 にゲームの世界観に 引き込める!
  • 31. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. 世界観や操作感を阻害しないプラットフォーム連携  アイテム購入画面などのページデザインを自由に選択出来ます (*1)  また購入画面などはオーバーレイでの表示で購入フローが進みますの で、プレイ中などにシームレスにアイテム購入フローを差し込む事が 出来ます。 31 旧形式 新形式
  • 32. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. 2015年の Mobage Platform のゲームアーキテクチャ  2015 年は PC 領域に力を入れる事により、プラットフ ォーム全体を盛り上げて行きます 32 Browser Native PC Proxy Smart Phone OpenSocial Gadget Native 系 SDK NBPF ShellApp SDK for iOS/Android
  • 33. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. 今後の Mobage Open Platform 33
  • 34. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. 直近の施策サマリ  NBPF for PC の展開 ⁃ NBPF で作られたタイトルを PC 上でも展開出来るよう開 発を進めています  Shell App SDK for Chrome Apps ⁃ 先行するグランブルーファンタジーや神撃のバハムートの ように Chrome Web Store で配信可能な SDK を Proxy/NBPF 両方に対応する形で展開していきます 34
  • 35. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. 2015年の Mobage Platform のゲームアーキテクチャ  Chrome Apps を加える事で Proxy/NBPF タイトルの両方が低コ ストで PC 向けに配信可能になります  また NBPF を正式に PC で展開出来るようになり、リーチ出来る ユーザーが増えることが期待できます 35 Browser Native PC Proxy Smart Phone OpenSocial Gadget Native 系 SDK NBPF ShellApp SDK for iOS/Android ShellApp SDK for Chrome Apps
  • 36. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. 新しい市場の必要性  SP Web ⁃ 旧来型のゲームが多く SP App に比べると表現力が低いと 思われがち ⁃ スマートフォンからの入り口であるブラウザがほとんど使 われていない  SP App ⁃ 完全なるレッドオーシャン化  何かの打ち手が必要 ⁃ Mobage では PC に注力する事で新たな価値を創出出来る のではないかと考えています 36
  • 37. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. 何故 PC なのか – 国内市場  日本のゲームユーザー規模で言うと PC ゲームユーザー はアプリゲームユーザーの約半数のユーザー数 37 http://www.famitsu.com/news/201506/12080664.html
  • 38. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. 何故 PC なのか – 海外市場  世界的に見ても PC ゲームはまだ伸びると見られている ⁃ e-Sports やアジア圏での PC ゲームのブームが牽引すると言われてい ます 38 http://www.gamespark.jp/article/2015/03/04/55302.html
  • 39. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. 今後のロードマップ  2015年秋 ⁃ NBPF for PC Browser を段階的に展開していきます ⁃ Shell App SDK for Chrome Apps のタイトルが順次ロー ンチされていきます  2015年春以降 ⁃ PC App 向け SDK の展開予定  これ以外にも様々な施策を展開予定です 39
  • 40. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. PC App 向け SDK の狙い  非 Mobage 系ゲームの取り込み ⁃ App Store/Google Play 等のスマートフォン向けマーケッ トで出ている豊富なゲームがターゲット ⁃ 但しデバイスは PC という形で低コストで売上や認知に貢 献するような Platform を目指していきます  続報は Developer Site や Developers Blog などで順次 展開していきます 40
  • 41. Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. ご清聴ありがとうございます  ご質問等は事務局または担当営業経由でご相談下さい  今後とも Mobage Open Platform をよろしくお願い致 します 41