Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

基幹システムの可視化

1,094 views

Published on

2018/6/14 越境アジャイルのプレゼン資料

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

基幹システムの可視化

  1. 1. 基幹システム の可視化 サ ブタイトル
  2. 2. わたしは… ▪ 普段は ▪ システム企画・要件定義などの支援 ▪ 概念モデル作成 ▪ 既存システムの可視化支援 ▪ セミナー開催(要件定義、モデリング) ▪ 要件定義手法の開発 ▪RDRA ▪ Relationship driven requirement analysis ㈱バリューソース 代表取締役 社長 神崎 善司 zkanzaki@vsa.co.jp 要件定義の散歩道: https://www.facebook.com/youkennotsubo twitter:@zenzengood 2
  3. 3. 可視化あるある ▪ 大量のドキュメントができた ▪ ベンダーに頼んだ ▪ 調べたものをそのまま記述した ▪ ~~ ▪ 作りっぱなし ▪ どうメンテナンスしていいか分からない ▪ ~~ ▪ 可視化の表現方法が分からない ▪ 今までと同じようなドキュメントができる
  4. 4. 可視化に求められること ▪ 影響度分析ができること ▪ 全てをつなげる ▪ 変更起点の把握 ▪ 分析可能なこと ▪ コミュニケーションを加速させる ▪ 仕様を関係者で共有する ▪ 現場で使えること ▪ 記述量を減らす工夫 ▪ メンテナンス可能なこと ▪ 多様性を表現する ▪ わからない部分の対処法 エンジニア 現場担当 仕様担当 今日の話の 対象者
  5. 5. システム 価値 システム外部環境 システム境界 システム RDRA2.0 全てをつなげる 5 画面 ユースケース 情報 外部システム イベント 要求 利用シーン バリエーション 条件 ビジネス コンテキス ト 組 織 組 織 業務 システム コンテキスト 要求モデル 情報モデル 業務フロー 状態 利用シーン UC複合モデル イベントモデル プロトコルモデル 状態 RDRA2.0 = RDRA1.0 + ビジネスルール アイコンの拡張 要件定義 組織 会社 倉庫 サービス 商品 在庫 配送 条件 契約業務 システム可視化 RDRA1.0 BUC ※BUC ビジネスユースケース
  6. 6. 基幹システム RDRA モデルイメージ 可視化キットサンプル
  7. 7. RDRA2.0 ⇒ ビジネスルールを可視化する [得意先:情報] コンビニチェーン 大手小売り 卸 その他 [商品:情報]ランク ランクA ランクB ランクC 得意先 契約 商談 商品 受注連絡先 ビジネスコンテキスト 得意先 商品 掛け率 コンビニ 大手小売り 卸 ランクA 0.97 0.96 1.0 ランクB 0.96 0.95 0.99 ランクC 0.95 0.95 0.98 商品の単価を得意先別商品別に標 準単価に対する掛け率で計算する 得意先 商品 契約を登 録する 掛け率 契約登録
  8. 8. ユース ケース 情報 影響度を分析する1 全てをつなげる 現場担当 仕様担当 エンジニア 契約を登 録する 契約
  9. 9. 影響度を分析する2 変更点の把握 ビジネス環境 システム 入出力 仕事のルール が変わる 仕事の流れ が変わる B B1 B2 B3 B1 B2 B3 A1 A2 A3 ビジネス ルール 画面 外部システム イベント 画面が変わる 連携方式が 変わる 画面 画面 <システムの変更起点> システムの入出力 <ビジネスの変更起点> 手順とルール
  10. 10. 影響度を分析する3 分析可能なこと
  11. 11. コミュニケーションを加速させる ビジネス環境 システム 入出力 B B1 B2 B3 B1 B2 B3 A1 A2 A3 ビジネ スルー ル 画面 外部システム イベント 画面現場担当 仕様担当 エンジニア ユース ケース データ システム仕様を関係者で共有する
  12. 12. 現場に対応できること 業務フロー 業務フロー 業務フロー 業務フロー B1 B2 B3 A1 A2 A3 記述量を減らす工夫 画面 アクティビ ティ 外部システム 外部システム(自社システム)が提供する画面を利用 連携ファイル アップロード ダウンロード 自社システ ム 外部システム 外部システム(自社システム)のメールからアクティビティの開始 メール アクティビ ティ アクター ユースケース 自社システ ム ユースケー ス 情報アクティビ ティ 情報 月次 アク ター 人が用意した情報(ファイル)をバッチ処理として処理する 多様性を表現する 微妙な差異 を明示する わからない部分の対処法 ~ ビジネス コンテキスト ビジネスユー スケース 業務フロー ユースケース ビジネスユー スケース 業務フロー業務フロー業務フロー ユースケースユースケースユースケースユースケースユースケースユースケースユースケース バリエーショ ン 条件 バリエーショ ン 条件 バリエーション 条件 概要 背景 変更詳細 業務フロー ユースケース バリエーション 条件 ユースケース ユースケース 追加機能詳細 追加機能詳細 補足資料 保守開発用のドキュメント システム全体のドキュメント メンテナンス可能なこと
  13. 13. まとめ ▪ 影響度分析できる ▪ コミュニケーションを加速させる ▪ 現場で使えること
  14. 14. 予告 ▪ 基幹システムのRDRAモデルを題材に分析可 能な可視化を体験する 実践! 基幹システムの可視化 7月10日 ・ビジネスルールを可視化する方法 ・ドキュメント量を減らす方法 ・ドキュメントの最新化方法 (保守開発結果の反映方法) ・探索的な環境での整合性と網羅性の担保

×