Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
RDRAワークショップ
システム地図で要件定義を効率的に 2017/4/18
Relationship driven requirement analysis ⇒ RDRA(ラドラ)
2
要件定義には何を定義すればいいのか
システム
もの
サービス
機能
データ
機能
機能
利害関係者
ユーザ
外部システム
業務
RDRAでは「要件定義の対象をシステムとシス
テムを取り巻く環境」と考える
システムを
取り巻く環境
システ
ム...
3
要件定義では何が定義されないといけないのか
システム
もの
サービス
機能
データ
機能
機能
利害関係者
ユーザ
外部システム
業務
•その機能が使用するデータは?
•システムに必要な機能は?
•その時の入出力情報は?
•システムとの接点...
4
もの
サービス
システム価値
もの サービス
利害関係者
ユーザ
要件定義の構造を定義する
システム外部環境
外部システム
システム
機能
データ
機能
機能
利害関係者
ユーザ
外部システム
システム
システム境界
機能
データ
機能
•...
5
システム価値
もの サービス
利害関係者
ユーザ
要求
価値
外部システム
要件分析の枠組み
1.【システムの価値】を捉える
•対象業務に関わる人を洗い出す
•関係する外部システムを洗い出す
•要求を捉える
2.【システム外部環境】を捉える...
要件分析の枠組みにモデルを当ては
める
システム価値からシステムの機能とデータを求める手段として
UMLを拡張したモデルを利用する
7
コンテキストモデルからシステム境界まで
1.対象業務に関わる人と外部
システムを把握する
class システムコンテキスト
業務名
<<システム>>
Xxxxシステム
システム主体者1
システム主体者2
システム主体者3
システム主体者4
...
8
ユースケースから機能、データまで
システム
7.ユースケースに関わる
ユーザーインターフェーズ
を洗い出す
uc ユースケース
XxxxをYyyyする
XxxxをWwwwする
UuuuをLlllする
システム主体者1
システム主体者2
シス...
9
システム価値 システム外部環境 システム境界 システム
UC:ユーケース
RDRA for DDD
コンテキスト
利用シーン
業務フロー
イベント
機能複合モデル
要求
状態
プロトコル
オプション
オプション
UC
情報
or
情報
画面...
10
RDRA for DDD システム地図
要件としての整合性、網羅性を確保する
システム地図の構成要素
画面
ユースケース
情報
外部システム
イベント
利用シーン
10
グループ演習
システム地図を作る
「空き会議室の有効活用」 「適切な値段と場所で会議室を借りたい」
このニーズをマッチングするサイト
12
RDRA Map Maker
Drag&Drop
右ボタン
②新規作成 ④別ビューに追加
Drag&Drop
③新規作成
新規アイコンの追加 アイコンの追加
①メニューから追加
②パレットからDrag&Dropで追加
③右ボタンで追加
ビ...
13
RDRA Map Maker
新しいビューの追加
ビュー
新しいビューの追加
複数ビューの管理
一つのモデルを複数のビューで見る
14
貸会議室.com
貸会議室.com 貸主会議室
利用者
会議室登録
サービス利用申請
利用料振込
利用状況照会
会員登録
審査
公開
会議室検索
精算
会議室予約
予約確定メール
会議室
利用 管理
決済代行支払 入金 要求:
空いている...
15
貸会議室.com システム地図
16
演習の進め方
 システム地図
 システム価値
 アクター
 外部システム
 システム外部環境
 利用シーン
 システム境界
 ユースケース
 画面
 イベント
 システム
 情報
 要求でコントロールする
 要...
17
要求側と開発側でのモデルイメージ
17
 要求側:広く浅く分析するためのモデル
 開発側:深く分析するためのモデル
要件定義 受入テスト
開発計画 プロト プロト 分析
設計
実装
テスト
分析
設計
実装
テスト
分析
設計
実装
...
18
RDRA for DDD システム地図
要件としての整合性、網羅性を確保する
システム地図の構成要素
画面
ユースケース
情報
外部システム
イベント
利用シーン
18
付録:EAを使って要件を定義する
20
RDRAテンプレート
 RDRAで作成する一連のモデルをパッケー
ジとして用意
 メニュー用のダイアグラムを用意
 レビュー用のダイアグラムも用意
21
RDRAプロファイル
 RDRAのダイアグラムに特化した
アイコンを集めたツールバーが用
意されている
 クイックリンクも用意されている
クイックリンク
22
class データモデル
取引先
- 名前
- 締め日
商品
- 発注単位
- 追加発注禁止
オーダー商品
- 数量
出荷情報
- 出荷番号
- 出荷日
オーダー情報
- オーダーID
- オーダー日
- 数量
- 決済方法
送り先情報
...
23
1.システムに関わるアクターと外部システム
を求める
コンテキストモデル
システム価値
システム外部環境
システム境界
システム
もの
サービス
利害関係者
ユーザ
システムを取り巻く一番外側を
定義する
・システムの目的役割
・アクター...
24
2.要求を捉える
A-
24
コンテキストモデル
システム価値
システム外部環境
システム境界
システム
もの
サービス
利害関係者
ユーザ
要求を以下の3つに分類
・要望:ヒアリングしたもの
・機能要求:機能の要求として整理したもの
・...
25
3.システムを利用する環境を明らかにする
(業務モデル)
A-
25
コンテキストモデル
システム価値
システム外部環境
システム境界
システム
利害関係者
ユーザ
洗い出したアクターを意識
しながら業務を設計する。
・アクティビティ
・...
26
4.業務上に存在する概念を整理する
(概念モデル)
A-
26
システム価値
システム外部環境
システム境界
システム
利害関係者
ユーザ
構造的な概念についてクラス図で表
現する。
全ての概念ではなく重要なものだけ
を記述する
概念モデ...
27
5.システムとの接点を明らかにする
(ユースケース)
A-
27
システム価値
システム外部環境
システム境界
システム
利害関係者
ユーザ
業務モデルの各アクティビ
ティの中でシステムとの接
点がユースケースとなる。
利用シーンを具体化...
28
6.入出力情報を明らかにする
(画面・帳表モデル)
A-
28
システム価値
システム外部環境
システム境界
システム
画面・帳表モデル
ユースケースモデル
状況を捉える
状況を
捉える
中間モデルで作成した
入出力情報を集める
ユースケ...
29
7.外部システムとのやりとりを明らかにする
(イベント)
A-
29
コンテキストモデル
システム価値
システム外部環境
システム境界
システム
洗い出した外部システムから導き
出す。
受信、送信に分かれるが自分のシ
ステムを中心に受信送...
30
8.イベントをルール化する
(プロトコルモデル)
A-
30
システム価値
システム外部環境
システム境界
システム
洗い出したイベントをトリガーに結
びつけ整合性を合わせる
トリガーの結果行われることを作用
として洗い出す
状態、
トリ...
31
9.システムで使うデータを明らかにする
(データモデル)
A-
31
システム価値
システム外部環境
システム境界
画面・帳表モデルの項目、業務フロー上の情報、イベント
モデルのイベント毎の情報からデータモデルを作成する
業務モデル画面・...
32
10.システムに必要な機能を明らかにする
(機能モデル)
A-
32
システム価値
システム外部環境
システム境界
機能を導出するた
めには以下の3つ
の情報と対応づけ
て洗い出す
・ユースケース
・イベント
・トリガー/作用
データモデ...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Rdra4 dddワークショップ

1,836 views

Published on

4/18 DDDAllianceの開催 RDRAワークショップの資料

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

Rdra4 dddワークショップ

  1. 1. RDRAワークショップ システム地図で要件定義を効率的に 2017/4/18 Relationship driven requirement analysis ⇒ RDRA(ラドラ)
  2. 2. 2 要件定義には何を定義すればいいのか システム もの サービス 機能 データ 機能 機能 利害関係者 ユーザ 外部システム 業務 RDRAでは「要件定義の対象をシステムとシス テムを取り巻く環境」と考える システムを 取り巻く環境 システ ム 要件 定義書
  3. 3. 3 要件定義では何が定義されないといけないのか システム もの サービス 機能 データ 機能 機能 利害関係者 ユーザ 外部システム 業務 •その機能が使用するデータは? •システムに必要な機能は? •その時の入出力情報は? •システムとの接点は? •どのようにシステムは使われるのか? •どのような人、外部システムと関わるのか? •このシステムの目的(価値)は?
  4. 4. 4 もの サービス システム価値 もの サービス 利害関係者 ユーザ 要件定義の構造を定義する システム外部環境 外部システム システム 機能 データ 機能 機能 利害関係者 ユーザ 外部システム システム システム境界 機能 データ 機能 •システム価値 •システム外部環境 •システム境界 •システム 要件定義の構造
  5. 5. 5 システム価値 もの サービス 利害関係者 ユーザ 要求 価値 外部システム 要件分析の枠組み 1.【システムの価値】を捉える •対象業務に関わる人を洗い出す •関係する外部システムを洗い出す •要求を捉える 2.【システム外部環境】を捉える •対象業務の流れを捉える •対象業務に関わる概念を明らかにする •システムの利用シーンを明らかにする 3.【システム境界】を捉える •ユーザインターフェースを明らかにする •外部システムとのインターフェースを明 らかにする 4.【システム】を定義する •機能を明らかにする •データを明らかにする •ドメインの構造を把握する システム外部環境 システム 機能 データ 機能 システム境界
  6. 6. 要件分析の枠組みにモデルを当ては める システム価値からシステムの機能とデータを求める手段として UMLを拡張したモデルを利用する
  7. 7. 7 コンテキストモデルからシステム境界まで 1.対象業務に関わる人と外部 システムを把握する class システムコンテキスト 業務名 <<システム>> Xxxxシステム システム主体者1 システム主体者2 システム主体者3 システム主体者4 業務主体者5 外部システム コンテキストモデル 要求モデル 外部システム 人(アクター) シス テム 要求 要求 要求 2.下記関係者の要求を 把握する 4.業務の中でシステムが 関わる部分を把握する 3.業務を組み立てる uc ユースケース XxxxをYyyyする XxxxをWwwwする UuuuをLlllする システム主体者1 システム主体者2 システム主体者3 システム主体者4 KkkkkをXする OをOnnnnする 業務モデル 対象業務に関わる人と外部シス テムを要件定義の起点とする イベントモデル プロトコルモデル 5.外部システムとのイベントを 捉える 6.外部システムとの プロトコルを整理 同じように利用シーンから ユースケースを導き出す
  8. 8. 8 ユースケースから機能、データまで システム 7.ユースケースに関わる ユーザーインターフェーズ を洗い出す uc ユースケース XxxxをYyyyする XxxxをWwwwする UuuuをLlllする システム主体者1 システム主体者2 システム主体者3 システム主体者4 KkkkkをXする OをOnnnnする イベントモデル プロトコルモデル 8.ユースケースを実現 する機能を洗い出す custom 画面モデル <<画面>> 商品登録画面 - 商品名 - 取引先 - 荷姿 - 発注単位 - 商品カテゴリ <<画面>> 販売状況照会 - 月 - 商品カテゴリ <<画面>> 発注登録 - 商品 - 発注日 - 発注数量 - 入荷予定日 <<画面>> 商品説明 - 商品カテゴリ <<画面>> カート処理 - 受注番号 <<画面>> 受注照会 - 顧客名 - 受注日 商品売上詳細 - 商品 - 売上数量 - 売上金額 詳細説明 - 商品説明 カート内商品 - 商品 - 数量 <<画面>> 決済処理 - 顧客名 - 住所 - 決済方法 受注商品 - 商品 - 受注数量 画面帳表モデル act 機能モデル <<function>> Uuuu機能 <<function>> Zzzz機能 <<function>> Xxxx機能 <<function>> Yyyyy機能 機能モデル act 機能モデル <<function>> Uuuu機能 <<function>> Zzzz機能 <<function>> Xxxx機能 <<function>> Yyyyy機能 class データモデル2 <<datamodel>> AAAXxxx - xxx11: int - xxx12: int - xxx13: int Xxxx <<datamodel>> AAAXxxx1 - x1xx11 - x1xx12 - x1xx13 <<datamodel>> AAAYyyy - yyy1 - yyy2 - yyy3 Uuuu - uuu1 - uuu2 - uuu3 <<datamodel>> AAAJjjj - jjj1 - jjj2 - jjj3 <<datamodel>> AAAOooo - eeee1: int - eeee2: int - eeee3: int Xxxx <<datamodel>> AAAXxxx2 - x2xx1 - x2xx2 - x2xx3 Xxxx Xxxx3 - x3xx1 - x3xx2 - x3xx3 データモデル 9.アクションを機能に 対応付ける 画面・ ユースケースモデル ユースケースモデル 機能モデル システム境界 10.データを洗い出す 11.機能とデータ を付き合わせる 機能複合モデル
  9. 9. 9 システム価値 システム外部環境 システム境界 システム UC:ユーケース RDRA for DDD コンテキスト 利用シーン 業務フロー イベント 機能複合モデル 要求 状態 プロトコル オプション オプション UC 情報 or 情報 画面 イベント 「システム境界」の詳細化と「システ ムの分析」は開発側に任す 9 データではなく情報 ユースケースを安定させるた めに「情報」を活用 状態遷移をユースケース に対応させてもよい 業務フローか 利用シーンの どちらか 業務フローか利用シーンご とに機能複合モデルを作る 情報の構造化 はしなくてよい、 構造化はドメイ ンモデルで行う 現場で認識して いる状態を明示 することが大事 ビジネスユースケー スと捉えてもよい
  10. 10. 10 RDRA for DDD システム地図 要件としての整合性、網羅性を確保する システム地図の構成要素 画面 ユースケース 情報 外部システム イベント 利用シーン 10
  11. 11. グループ演習 システム地図を作る 「空き会議室の有効活用」 「適切な値段と場所で会議室を借りたい」 このニーズをマッチングするサイト
  12. 12. 12 RDRA Map Maker Drag&Drop 右ボタン ②新規作成 ④別ビューに追加 Drag&Drop ③新規作成 新規アイコンの追加 アイコンの追加 ①メニューから追加 ②パレットからDrag&Dropで追加 ③右ボタンで追加 ビューにアイコンを追加 ④別ビューに追加 ⑤追加位置マーカー メニュー、ショートカットでのアイコ ン追加の場合の追加位置を示す ⑥連続追加ダイアログ 行単位でアイコンを連続追加する ⑦アイコンの変更・削除 右ボタンのコンテキストメニューか らアイコンの変更・削除を行う ⑧関連線を引く 矢印からDrag&Dropで線を引く ⑤追加位置マーカー ⑥連続追加ダイアログアイコン種類 ⑦アイコンの変更・削除 ⑧関連線を引く
  13. 13. 13 RDRA Map Maker 新しいビューの追加 ビュー 新しいビューの追加 複数ビューの管理 一つのモデルを複数のビューで見る
  14. 14. 14 貸会議室.com 貸会議室.com 貸主会議室 利用者 会議室登録 サービス利用申請 利用料振込 利用状況照会 会員登録 審査 公開 会議室検索 精算 会議室予約 予約確定メール 会議室 利用 管理 決済代行支払 入金 要求: 空いている会議室を有 効利用したい 要求: リーズナブルな価格で 会議室を借りたい 要求: 会議室を安く貸し出す 場を提供する
  15. 15. 15 貸会議室.com システム地図
  16. 16. 16 演習の進め方  システム地図  システム価値  アクター  外部システム  システム外部環境  利用シーン  システム境界  ユースケース  画面  イベント  システム  情報  要求でコントロールする  要求で方向性を決める
  17. 17. 17 要求側と開発側でのモデルイメージ 17  要求側:広く浅く分析するためのモデル  開発側:深く分析するためのモデル 要件定義 受入テスト 開発計画 プロト プロト 分析 設計 実装 テスト 分析 設計 実装 テスト 分析 設計 実装 テスト 分析 設計 実装 テスト 分析 設計 実装 テスト プロト ドメインロバストネス図 機能連携図 UC 状態 状態遷移図 コンテキスト 業務フロー 要求 利用シーン ビジネスルール XXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXX XXXXXX XXXXXX シナリオ XXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXX XXXXXX XXXXXX シナリオ 要求側 開発側
  18. 18. 18 RDRA for DDD システム地図 要件としての整合性、網羅性を確保する システム地図の構成要素 画面 ユースケース 情報 外部システム イベント 利用シーン 18
  19. 19. 付録:EAを使って要件を定義する
  20. 20. 20 RDRAテンプレート  RDRAで作成する一連のモデルをパッケー ジとして用意  メニュー用のダイアグラムを用意  レビュー用のダイアグラムも用意
  21. 21. 21 RDRAプロファイル  RDRAのダイアグラムに特化した アイコンを集めたツールバーが用 意されている  クイックリンクも用意されている クイックリンク
  22. 22. 22 class データモデル 取引先 - 名前 - 締め日 商品 - 発注単位 - 追加発注禁止 オーダー商品 - 数量 出荷情報 - 出荷番号 - 出荷日 オーダー情報 - オーダーID - オーダー日 - 数量 - 決済方法 送り先情報 - 送り先名 - 郵便番号 - 住所 - 電話番号 出荷指示情報 - 出荷予定日 - 入荷待ちの有無 入金情報 - 入金日 - 入金者名 - 金額 パッケージ - 商品名 - 荷姿 - 商品カテゴリ - 単価 * 0..1 1 1 1 11 1 * オーダー商品 EAを使ったRDRA custom 画面モデル <<画面>> 商品登録画面 - 商品名 - 取引先 - 荷姿 - 発注単位 - 商品カテゴリ <<画面>> 販売状況照会 - 月 - 商品カテゴリ <<画面>> 商品説明 - 商品カテゴリ - 商品名 - 商品説明 - 価格 <<画面>> カート処理 - オーダーID <<画面>> オーダー照会 - 顧客名 - オーダー日 - 状態 商品売上詳細 - 商品名 - 売上数量 - 売上金額 詳細説明 - 商品説明 カート内商品 - 商品名 - 数量 <<画面>> 決済処理 - 顧客名 - 住所 - 決済方法 受注商品 - 商品名 - 数量 <<画面>> オーダー取り消し - オーダーID uc ユースケースモデル 商品販売サイト <<入荷システム>> 入荷商品を登録する <<出荷システム>> 出荷を完了する <<出荷システム>> 出荷を指示する オーダーを照会する 商品を登録する 商品を説明する <<入荷システム>> 商品を発注する 販売状況を照会する オーダー部門 営業 物流 顧客 オーダーを取り消す オーダーを完了する 商品を受注する 入金額を補正する <<出荷システム>> オーダー状況の確認 する 新規受注を確認する 出荷予定を確認する act オーダー業務 商品購入 入金確認 出荷指示 出荷完了指示 開始 終了 オーダー確認 支払い 出荷業務 入金額の差違 入金の差違の解消 オーダー取り消し オーダー継続 配達完了メール通知待ち オーダー完了登録 オーダー状況の確認 メール確認 入金額と請求額 が一致する 入金額と請求額 の差違がある キャンセル キャンセルしない Step By Step
  23. 23. 23 1.システムに関わるアクターと外部システム を求める コンテキストモデル システム価値 システム外部環境 システム境界 システム もの サービス 利害関係者 ユーザ システムを取り巻く一番外側を 定義する ・システムの目的役割 ・アクター ・外部システム目的・役割 責務 役割 目的・役割 要件定義の出発点としてアクターと外部システムを洗い出す 最終的にシステムに関わるアクターと外部システムを全て洗い出し、システムの目的 を明らかにする モデリングのヒント: 最初は関わりがあると思われるアクターと外部システム を全て出す。 システムの目的は最初は漠然としたものでもよい。 徐々に明らかにする
  24. 24. 24 2.要求を捉える A- 24 コンテキストモデル システム価値 システム外部環境 システム境界 システム もの サービス 利害関係者 ユーザ 要求を以下の3つに分類 ・要望:ヒアリングしたもの ・機能要求:機能の要求として整理したもの ・非機能要求:非機能の要求として整理したもの ・要件:ステークホルダーが把握するもの 目的・役割 要求 要求 要求モデル 要求を明らかにする。 ・顧客からのヒアリング結果を要望として洗い出す。 ・粒度や網羅性を考えながら整理したものを要求として分類する。 ・ステークホルダーが認識すべきものを要件として整理する。 要求モデルは要求の整理がメインの作業となる。 モデリングのヒント: ヒアリングしたものはそのまま加工せずに要 望として洗い出す。 他のモデル作成中に「何々できること」のよう にシステムとして実現すべき事が明らかに なったときは要求として追加する
  25. 25. 25 3.システムを利用する環境を明らかにする (業務モデル) A- 25 コンテキストモデル システム価値 システム外部環境 システム境界 システム 利害関係者 ユーザ 洗い出したアクターを意識 しながら業務を設計する。 ・アクティビティ ・情報 ・業務上の条件 目的・役割 業務モデル 業務 責務 価値 レーン レーン システムに関わる業務を明らかにする。業務にはそれを行うことで得られる価値があ るので、それを意識して作成する。 その価値が最終的にシステムの目的・役割につながる。 モデリングのヒント: 作業の平行性を意識する。 入力等の負荷がかかる作業 は受益者負担が好ましい。 作業の分岐条件はビジネス ルールとなる。
  26. 26. 26 4.業務上に存在する概念を整理する (概念モデル) A- 26 システム価値 システム外部環境 システム境界 システム 利害関係者 ユーザ 構造的な概念についてクラス図で表 現する。 全ての概念ではなく重要なものだけ を記述する 概念モデル 概念 概念業務 システムを取り巻く環境の中で使われている概念を明らかにする。 概念が異なるとシステムの機能も異なる モデリングのヒント: 概念のうち構造的なものが概念モデルの対 象となる。 モデルとして整理するのが難しい場合は用語 集として整理する。 他のモデルで該当概念について記述する場 合は概念モデル内の用語を使用する
  27. 27. 27 5.システムとの接点を明らかにする (ユースケース) A- 27 システム価値 システム外部環境 システム境界 システム 利害関係者 ユーザ 業務モデルの各アクティビ ティの中でシステムとの接 点がユースケースとなる。 利用シーンを具体化したも のがユースケースとなる 業務モデル 利用シーンモデル コピー ユースケースモデル コピー 中間モデル 中間モデル 中間モデル で作成した ユースケー スを集める システムが使われる環境をベー スに、システムとの接点をユー スケースで表す。 この手法のユースケースはアク ターとの接点に限定する モデリングのヒント: 主語と動詞を明確にする「XXXをZZZZす る」のような形式 システムとの接点を明らかにする。ソフ トウェアの機能ではない。
  28. 28. 28 6.入出力情報を明らかにする (画面・帳表モデル) A- 28 システム価値 システム外部環境 システム境界 システム 画面・帳表モデル ユースケースモデル 状況を捉える 状況を 捉える 中間モデルで作成した 入出力情報を集める ユースケースとつなげて入出力 情報を捉える。同時にユース ケースに繋がるアクティビティ、 利用シーンを考慮に入れる ユーザーインターフェースの入 出力情報を明らかにする。 そのために画面と帳表で扱う情 報を洗い出す。 モデリングのヒント: 画面や帳表のレイアウトは別途標準を規定 してから作成する。 顧客とは画面のラフスケッチで打ち合わせ する
  29. 29. 29 7.外部システムとのやりとりを明らかにする (イベント) A- 29 コンテキストモデル システム価値 システム外部環境 システム境界 システム 洗い出した外部システムから導き 出す。 受信、送信に分かれるが自分のシ ステムを中心に受信送信を分類す る。 目的・役割 イベントモデル 外部システム 通信電文な どの資料 外部システムとのやりとりをイベントモデルとして整理する。 外部システムが既存のシステムの場合は通信電文などの資料を元に整理する。 外部システムとの役割分担が分かるような主要なイベントを洗い出す。 モデリングのヒント: 受信、送信の細かな情報に落ち込まないよ うにする。 主要な情報に着目する。
  30. 30. 30 8.イベントをルール化する (プロトコルモデル) A- 30 システム価値 システム外部環境 システム境界 システム 洗い出したイベントをトリガーに結 びつけ整合性を合わせる トリガーの結果行われることを作用 として洗い出す 状態、 トリガー 作用 イベントモデル 外部システム プロトコルモデル トリガー/作用 イベントをト リガーに対応 させる 通信電文な どの資料 機能モデル:機能 作用を機 能に対応 させる 外部システムとのやりとりに必要なイベントを網羅的に出すためにステートマシン図を 使って整理する。 外部システムとの間で共有する状態を洗い出す。 状態として表現することで網羅的に表現が可能になる。 その状態間の遷移にイベントを当てはめ、イベントの網羅性を確保する。 サービスの提供で状態を持たないイベントの場合はこのモデルに対応させない モデリングのヒント: 設計段階では厳密さが要 求されるが、要件定義段階 では外部システムとの役割 が分かればよい
  31. 31. 31 9.システムで使うデータを明らかにする (データモデル) A- 31 システム価値 システム外部環境 システム境界 画面・帳表モデルの項目、業務フロー上の情報、イベント モデルのイベント毎の情報からデータモデルを作成する 業務モデル画面・帳表モデル イベントモデル データモデル システム データ 機能 機能 システムで使用するデータを明らかにする。 ここでのデータはビジネス的に必要なデータであり、仕組み上必要なデータは含めない。 つまり、システムにとって必要なデータは何かを明らかにする モデリングのヒント: DB設計を意識しない。 ビジネス上必要なデータを明 らかにする
  32. 32. 32 10.システムに必要な機能を明らかにする (機能モデル) A- 32 システム価値 システム外部環境 システム境界 機能を導出するた めには以下の3つ の情報と対応づけ て洗い出す ・ユースケース ・イベント ・トリガー/作用 データモデル システム 機能モデル ユースケースモデル 機能複合モデル データ 機能 機能 UC 機能 プロトコルモデル アクション ドメインモデル ユースケースを実現するソフトウェアとしての「機能」とプロトコルモデルの遷移 上の作用に対応する「機能」を洗い出す。また、それらの機能がどのようにデータ とドメインオブジェクトを操作するかを機能複合モデルで表現する

×