Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20170902 power bi 勉強会 takiz

1,177 views

Published on

Power BI 勉強会 #5 瀧澤祐樹

Published in: Data & Analytics
  • Be the first to comment

20170902 power bi 勉強会 takiz

  1. 1. https://www.facebook.com/takizyuuki http://zeal-blog.zdh.co.jp/ Power BIでやってみよう! イメージとデータをマッピング! 2017-09-02 Power BI 勉強会#5 瀧澤 祐樹(タキザワ ユウキ) (株)ジール アナリティクスソリューションセンター センター長 https://www.slideshare.net/yuukitakizawa/20170902-power-bi-takiz サンプルコンテンツ https://takiz.blob.core.windows.net/sample-contents/PBI_0902takiz.zip
  2. 2. 自己紹介 2017/09/02 Power BI 勉強会 2 所属 株式会社ジールというBI専業(最近はAIとかその辺も)にやっている会社所属です。 なので、Power BI以外にもいろいろなBIを知っていたりします。 これまでの登壇 Power BI勉強会では初めてです。 コミュニティではないですが、MS主催のイベントはじめBI関連のイベントには 結構登壇しています。 自分が勝手に決めた自分のミッション BIを「ツール」と狭い意味ではなく「情報活用全般」ともっと広い意味で捉えていただくよう広めていく。 なので、AIやExcelだって情報活用=BIの一部と私は捉えています。 BIってなんか「楽しい」・「キレイ」・「簡単」と、敷居を下げてBIの裾野(利用者や認知)を広げる。
  3. 3. 本セッションについて Power BIのカスタムビジュアルって知っていますか? 今日はその話です。 カスタムビジュアルとは、 デフォルトで用意されていないVizをNode.jsやD3.jsを使って作成し、Power BIで 利用することができるんです。 2017/09/02 Power BI 勉強会 3
  4. 4. カスタムビジュアルを使ってみよう 2017/02/18 Power BI 勉強会 4
  5. 5. カスタムビジュアルの入手 カスタムビジュアルの入手方法は大きく2つ 1. Officeストアから入手 2. 自分で作る OfficeストアのURL https://store.office.com/ja-jp/ 2017/09/02 Power BI 勉強会 5 今日はこっち! 製品から Power BIを選択
  6. 6. ダウンロード 2017/09/02 Power BI 勉強会 6 サンプルのViz もダウンロード 可能 pbivizファイル Officeストアにアクセスして利用用途に応じたvizを選択し入手
  7. 7. インポート 2017/09/02 Power BI 勉強会 7 Power BI.com または Power BI Desktopにインポートする 注!カスタムビジュアルは信頼できる提供元から入手しましょう インポートはたったこれだけ!
  8. 8. 使ってみる 2017/09/02 Power BI 勉強会 8 インポートしたpbivizを使ってみる とっても簡単!分析用途によって最適なVizを使いましょう!
  9. 9. 本日のメインテーマ 画像を使ったVizを作ってみよう 2017/02/18 Power BI 勉強会 9
  10. 10. 画像とデータをマッピングしたVizとは 2017/09/02 Power BI 勉強会 10 最近、IoTの普及もあり機器の稼働状況や店舗の状況を可視化・分析 するといったニーズが増えています。 でも、機器の配置や店舗レイアウトはその現場現場で様々ですよね。 そこで、カスタムビジュアルにはこんなVizが用意されています。
  11. 11. 画像とデータをマッピングしたVizのメリット 2017/09/02 Power BI 勉強会 11 画像とデータをマッピングすることで以下のようなメリットがあると 思います。 ・より「直感的」に状況を把握することが可能! ・ユニークな画像を使って世界に一つだけのpbiレポートが作れる! ・何より「おおっ!」となる、かも!
  12. 12. 実際にSynoptic Panelのレポートを作ってみよう 2017/09/02 Power BI 勉強会 12 Officeストアにいき、「Synoptic Panel by OKViz」のpbivizを入手し ます。
  13. 13. 画像の入手 2017/09/02 Power BI 勉強会 13 次にデータをマッピングするための「画像」を用意します。 手元に無いのならパワーポイントとかで作るもよし。 今回のテーマは「会議室の利用」です。 社内の会議室の利用状況がわかるようなレポートを作ってみたいと思い ます。 ←とりあえず、私の所属会社の 会議室付近のレイアウト画像を作成 してみました。
  14. 14. 画像とデータのマッピングをする 2017/09/02 Power BI 勉強会 14 次は画像とデータをマッピングしてみます。 http://synoptic.design/ こちらにはSynopic Panelを使って、画像と データをマッピングするためのツールが用意されています。 ここで 先ほど用意し た画像を選択 します。
  15. 15. 作成1 2017/09/02 Power BI 勉強会 15 エリアの定義をします。左下にあるメニューよりエリアを描画します。 自分で任意に定義する方法や、ある程度自動で定義する方法があります。
  16. 16. 作成2 2017/09/02 Power BI 勉強会 16 定義したエリアとデータの中身をここでマッピングします。 また、作成したエリアは自動的に位置データとして 生成されます。 データの中身とエリアを 対応させます。 例)データが 「MeetingRoomA」と 入ってくるなら、ここも 同様にMeetingRoomA とします。 自動的に位置データが 生成されます。
  17. 17. 作成3 2017/09/02 Power BI 勉強会 17 作成が完了したら、SVGファイルとしてエクスポートします。
  18. 18. 作成4 2017/09/02 Power BI 勉強会 18 Power BI.comまたはPower BI Desktopでpbixvizファイルをインポー ト。レポートを作成。あと、データの準備をします。 日付 時間帯 Place 状況 Value 2017/9/2 10時 MeetingRoomA 未利用 0 2017/9/2 10時 MeetingRoomB 利用中 1 2017/9/2 10時 MeetingRoomC 未利用 0 2017/9/2 10時 MeetingRoomD 未利用 0 2017/9/2 10時 MeetingRoomE 利用中 1 2017/9/2 10時 MeetingRoomF 利用中 1 2017/9/2 10時 MeetingRoomZ 利用中 1 2017/9/2 11時 MeetingRoomA 未利用 0 2017/9/2 11時 MeetingRoomB 未利用 0 2017/9/2 11時 MeetingRoomC 利用中 1 2017/9/2 11時 MeetingRoomD 利用中 1 2017/9/2 11時 MeetingRoomE 未利用 0 2017/9/2 11時 MeetingRoomF 利用中 1 2017/9/2 11時 MeetingRoomZ 利用中 1 データはこんな感じのを用意しました。 注目はPlaceの項目です。 ここの値とエリアの名前を一致させる必要が あります。
  19. 19. 作成5 2017/09/02 Power BI 勉強会 19 出来上がりっ! サンプルコンテンツ https://takiz.blob.core.windows.net/sample-contents/PBI_0902takiz.zip
  20. 20. ボーナスコンテンツ 画像Viz + ストリームデータで リアルタイムレポートを作ってみる 2017/02/18 Power BI 勉強会 20
  21. 21. Stream Analytics 画像Viz + ストリームデータ アーキテクチャ 2017/09/02 Power BI 勉強会 21 データソース 受信・加工・処理 Power BI Event Hub 画像Viz + ストリームデータのアーキテクチャは下記のような構成です。 ※ほかにも色々やり方がありますが、今回はこのようにしております。 何台かのセンサーデバイス デモではコンソールアプリ Event Hub(IoT Hub) + Stream Analytics の組み合わせは、 Azure でセンシングデータを 受信、処理するための一般的な構成 となります。 他にもREST APIなどありますが、 本日はこの構成で行います。 同様に、Synoptics Panelを 利用します。
  22. 22. デモで利用する画像 2017/09/02 Power BI 勉強会 22 はい。 トイレです。 こちらの利用状況をリアルタイムで表示したいと思います。
  23. 23. 2017/09/02 Power BI 勉強会 23 ご清聴ありがとうございました Power BI 勉強会 #5 2017/09/02 ご質問などありましたらお答えします。 本日「Power BI相談所」も開設しますので、 不明点やご相談承ります。

×