Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
GISA学術研究発表Web大会

HTML5を用いた
交通事故報告作図システムの開発
株式会社パスコ 根元裕樹・奥野守
はじめに
交通事故の現状
•

交通事故に関する研究

自動車と共に発展してきた現代社会と切り離せない現象である。

•

...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Html5を用いた交通事故報告作図システムの開発 ポスター gisa学術研究発表web大会

1,041 views

Published on

GISA学術研究発表Web大会

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Html5を用いた交通事故報告作図システムの開発 ポスター gisa学術研究発表web大会

  1. 1. GISA学術研究発表Web大会 HTML5を用いた 交通事故報告作図システムの開発 株式会社パスコ 根元裕樹・奥野守 はじめに 交通事故の現状 • 交通事故に関する研究 自動車と共に発展してきた現代社会と切り離せない現象である。 • 20,000 →1990年代から減少している。  交通事故件数 車 両 保 有 台 数 ( 800,000 14,000 12,000 700,000 10,000 600,000 8,000 500,000 6,000 400,000 4,000 300,000 0 ) 2,000 交 通 事 故 件 数件 ( ) 万 台 交 通 事 故 死 者 数人 ( ) ) ( 近年減少しているが、 車両保有台数・自動車走行距離も減少 →減っているとは言い切れない。 自 動 車 走 行 距 離 億 ㎞ 900,000 16,000 交通事故 死者数 車両保有 台数 自動車 走行距離 交通事故 件数 200,000 都市計画学、土木工学、自動車工学、心理学、法学…など幅広く行われている。 • 1,000,000 18,000  交通事故死者数 GISを用いた研究は多くない。  『交通事故分析のためのGISの構築方法に関する研究』(森地・浜岡 1994) • 交通事故をGISで分析した先駆的な研究 • GPSなどによる交通事故データの精度向上が課題  『東広島市における交通事故の分析とGISを活用した事故情報支援システムの構築』(高井 2002) • 図1 交通事故の件数・死者数、車両保有台数、自動車走行距離 自動車事故報告書 • • 東広島市において、GISを用いた交通事故分析と情報表現を模索した研究 • データベースの更新と蓄積をきめ細かくすることが課題  『交通事故発生地点の緯度経度を活用した交通事故分析に関する研究』 (財団法人 交通事故総合分析センター 2011) 運送事業者は、交通事故を起こした場合、 自動車事故報告書を30日以内に国土交通大臣に 提出する義務がある。 • CADを用いた作画ツールの作成した。 →しかし、紙地図をスキャンするなど、データの定量性に欠ける。 70以上の詳細な項目と現場の略図がある。 図2 現場の略図の事例 関東運輸局2013から引用  現場の略図 • 事故状況を伝える詳細な記述が求められている。 • 汎用的なデジタル作図ツールが普及しておらず、手書きで作図している事業者も少なくはない。 • その他、GISを用いた交通事故の研究はあるが、いずれもデータが課題や問題とされている。 • 運送事業者や国土交通省、警察関係省庁のデータの取り方が統一されていないことが原因である。 目的 →現場では、数時間を要する繁雑な作業を強いられている。 • • これにより、以下の成果が期待される。 報告書を作成することを目的としているため、個々人の技量差、アナログ→デジタルの変換誤差など、GISデータとして は著しく品質を損ねている。 • 入れ替わりが激しく、運送事業者が作図ツール導入を躊躇する大きな原因になっている。 作図作業の簡略化 →業務の効率化 自動データベース化 • iOSやAndroidなどの興隆によって、様々なプラットフォームが出現してきた。 • • マルチプラットフォーム戦国時代 • HTML5を用いることによって、マルチプラットフォームに対応した交通事故報告作図システムのプロトタイプを開発した。 データ精度の向上と均質化 →GISデータとしての価値向上 →マルチプラットフォーム対応の必要性がある。 作図システムの開発 適用事例 現場の略図作成例 HTML5 • 現在、WHATWGとW3Cが策定途中の次世代HTMLである。 • マルチプラットフォーム対応が前提となっている。 • アニメーション、図形描画、センサ(GPSなど)との連携、オフライン処理など、多くの動的な処理が追加されている。 • 以下の想定で現場の略図を作成した。  開発形式 SQL Server 2010 右下に大縮尺の地図を配置し、交通事故状況を示す。 右上に文章による説明を書く。  結果 • GeoAccess3.0(株式会社パスコ開発) SQL Serverなど商用利用で代表的なRDBと連携し、DB上の図形情報を簡単に投影したり、空間検索ができる。 作業時間:15分 •  GISエンジン 地図や車両を描く手間が省け、作図作業が簡略化した。 • 手書きの地図ではなく、配置の精度も向上したので、GISデータとしても使えるデータとなった。 図4 想定した現場の略図の作成例 マルチプラットフォーム対応の検証  地図データ • 左側に章祝策の地図を配置し、現場の位置を示す。 •  データベース HTML5 + JavaScript + VBScript →ASP • • 作図システムの開発 •  想定 • マルチプラットフォーム対応の検証として、Windows7、iOS、Androidにて、作図を行った。 • 『PFM2500』及び『PFM25000』(株式会社パスコ作成) ボタンなど、OS、ブラウザ間で多少のインターフェイスの違いがあった。 • 地図範囲の選択を2点をクリックする方法にしたことによって、操作感はほぼ同一となった。 システム構成 システム構成 検索ボタン 押下 検索結果 返却 事故調査報告書 地図情報 事故調査報告書 マスタ 事故調査報告書マー ク情報 参照 保存 表示座標など 一覧に戻る ボタン 押下 新規ボタン タイトルリンク 押下 図5 Windows7による見え方 参照 ・地図ファイルパス ・1ピクセルあたりの距離 ・プロット座標配列 を返却 地図の切り出し ボタン押下 地図矩形 画像ファイル 図6 iOSによる見え方 図7 Androidによる見え方 運送事業者におけるデモンストレーション • 地図切り出しボタン押下後 2点の指定により矩形取出し 地図ファイル作成 GeoAccess 3.0 某大手バス事業者にて、iPadを用いた作図システムのデモンストレーションを行い、好評を博した。 • その中で、以下の課題を現場から頂いた。  課題 高速道路の高架下、立体交差、トンネル内など、通常の地図では、表示できないところがある。 • 図3 システム構成図 • 横断歩道、中央分離帯など、通常の地図に載っていないものがある。 • 電波圏外では、どのように用いるのか。 結論 成果 • HTML5を用いることによって、マルチプラットフォームに対応した交通事故報告作図システムのプロトタイプを開発し た。 • 現場の略図について、作業の簡略化、精度の均質化、自動データベース化ができ、業務を効率化できた。 • Windows7、iOS、Androidにて、同様の操作感が得られ、マルチプラットフォームに対応することができた。 課題と今後の展望 • 立体交差やトンネル内など、専用の地図の選定、または作成が必要があり、横断歩道などをシステムで補う必要がある。 • アプリケーションキャッシュなどを用いることによって、オフライン時の対応が必要である。 • 運送事業者、国土交通省、警察関係省庁が共同して、同一フォーマットのデジタルデータを蓄積することにより、今後の交 通事故減少に向けた分析・対応が期待される。

×