Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Html5を用いた交通事故報告作図システムの開発 gisa学術研究発表web大会

1,055 views

Published on

GISA学術研究発表Web大会

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Html5を用いた交通事故報告作図システムの開発 gisa学術研究発表web大会

  1. 1. GISA学術研究発表Web大会 HTML5を用いた 交通事故報告作図システムの開発 根元裕樹 奥野 守 © PASCO CORPORATION 2012
  2. 2. 1.はじめに 交通事故 • 自動車とともに発展してきた現代社会とは切り離せない現象 • 交通事故死者数は1990年代から減少傾向 20,000 1,000,000 18,000 900,000 16,000 800,000 14,000 ( ) ) 交 通 事 故 死 者 数人 12,000 10,000 600,000 8,000 500,000 6,000 400,000 4,000 2,000 300,000 0 200,000 ) → 交通事故件数は、まだまだ多発している。 © PASCO CORPORATION 2012 1 交 通 事 故 件 数件 ( ) 車 両 保 有 台 数 万 台 ( ( 自 動 車 走 行 距 離億 ㎞ 交通事故 死者数 700,000 車両保有 台数 自動車 走行距離 交通事故 件数
  3. 3. 1.はじめに 交通事故の研究 • 都市計画学、土木工学、自動車工学、心理学、法学… • GISを用いた研究は、多くはない。 『交通事故分析のためのGISの構築方法に関する研究』 (森地・浜岡 1994) → GPSなどによる交通事故データの精度向上が課題 『東広島市における交通事故の分析とGISを活用した事故情報 支援システムの構築』 (高井 2002) → データベースの更新と蓄積をきめ細かくすることが課題 交通事故データの精度が大きな課題 © PASCO CORPORATION 2012 2
  4. 4. 1.はじめに 自動車事故報告書 • 運送事業者は、交通事故を起こした場合、 自動車事故報告書を30日以内に国土交通大臣に提出する 義務がある。 • 70以上の詳細な項目 • 現場の略図 ※ともに関東運輸局2013 から引用  事故状況を伝える詳細な記述が求められている。 © PASCO CORPORATION 2012 3
  5. 5. 1.はじめに 自動車事故報告書 • 現場の略図  事故状況を伝える詳細な記述が求められている。 → 手書きで作図している事業者も少なくない。 → 数時間を要する煩雑な作業 → 汎用的なデジタル作図ツールが普及していない。 → 個々の技量、アナログ→デジタル誤差 ꞊ データ精度の不均質 これとは別形式で警察は報告書を作っている。 → 運送事業者、国土交通省、警察関係省庁でデータが統一で ないことがデータ精度の不均質のもう一つの要因 © PASCO CORPORATION 2012 4
  6. 6. 1.はじめに プラットフォーム戦国時代 • iOSやAndroidなどの興隆による様々なプラットフォームの出現 – 特にタブレットの普及は、現地調査に大いに貢献 • 興亡の激しさ  ネイティブアプリを導入しても、すぐに使えなくなる可能性 → 運送事業者の作図ツール導入の躊躇 マルチプラットフォーム対応の必要性 © PASCO CORPORATION 2012 5
  7. 7. 1.はじめに 目的 HTML5 を用いることによって、マルチプラットフォームに対応した 交通事故報告作図システムのプロトタイプを開発した。 • 作図作業の簡略化 → 業務の効率化 • 自動データベース化 • データ精度の向上と均質化 → GISデータとしての価値が向上 © PASCO CORPORATION 2012 6
  8. 8. 2.作図システムの開発 HTML5 • 現在、策定途中の次世代HTML • マルチプラットフォーム対応が前提 • 動的な処理が多く追加 – – – – アニメーション 図形描画 センサ(GPSなど)との連携 オフライン処理 • マルチコアプロセッシングの追加 • レイアウト性の向上 © PASCO CORPORATION 2012 7
  9. 9. 2.作図システムの開発 作図システムの開発 開発形式 • HTML5 + JavaScript + VBScript → ASP  データベース • SQL Server 2010  GISエンジン • GeoAccess3.0 (株式会社パスコ開発) • SQL Serverなど商用利用で代表的なRDBと連携し、DB上の図形情報 を簡単に投影したり、空間検索ができる。  地図データ • 『PFM2500』及び『PFM25000』 (株式会社パスコ作成) © PASCO CORPORATION 2012 8
  10. 10. 2.作図システムの開発 画面構成  報告書一覧画面 • 報告書が一覧表示される。  作図画面 • • 現場の略図を作成する。 地図を配置や文字入力、レ イアウトの編集を行う。  地図検索画面 • • 地図を検索する。 地図の範囲を作図画面に 切り出す。 © PASCO CORPORATION 2012 9
  11. 11. 2.作図システムの開発 © PASCO CORPORATION 2012 10
  12. 12. 2.作図システムの開発 © PASCO CORPORATION 2012 11
  13. 13. 2.作図システムの開発 © PASCO CORPORATION 2012 12
  14. 14. 2.作図システムの開発 © PASCO CORPORATION 2012 13
  15. 15. 2.作図システムの開発 © PASCO CORPORATION 2012 14
  16. 16. 3.適用事例 現場の略図作成例  想定 • 左側に小縮尺の地図を配置し、現場の位置を示す。 • 右下に大縮尺の地図を配置し、交通事故状況を示す。 • 右上に文章による説明を書く。 ↑運送事業者の方の本システムへの要望の1つ © PASCO CORPORATION 2012 15
  17. 17. 3.適用事例 © PASCO CORPORATION 2012 16
  18. 18. 3.適用事例 現場の略図作成例  想定 • 左側に小縮尺の地図を配置し、現場の位置を示す。 • 右下に大縮尺の地図を配置し、交通事故状況を示す。 • 右上に文章による説明を書く。 ↑運送事業者の方の本システムへの要望の1つ  結果 • 作業時間:約15分 • 地図や車両を描く手間が省け、作図作業が簡略化 • 手書きの地図ではなく、配置の精度も向上 GISデータとしても使える。 © PASCO CORPORATION 2012 17
  19. 19. 3.適用事例 各プラットフォームの違い • マルチプラットフォーム対応の検証として、以下の端末とOS、ブ ラウザの組み合わせで、確認を行った。 © PASCO CORPORATION 2012 18
  20. 20. 3.適用事例 Windows7 © PASCO CORPORATION 2012 19
  21. 21. 3.適用事例 iOS © PASCO CORPORATION 2012 20
  22. 22. 3.適用事例 Android © PASCO CORPORATION 2012 21
  23. 23. 3.適用事例 各プラットフォームの違い • マルチプラットフォーム対応の検証として、以下の端末とOS、ブ ラウザの組み合わせて、確認を行った。 • OS、ブラウザ間で多少のインターフェイスの違いがあった。 • 地図範囲の選択をドラッグアンドドロップではなく、クリックに変 更した。 操作感はほぼ同一 © PASCO CORPORATION 2012 22
  24. 24. 3.適用事例 運送事業者におけるデモンストレーション • 某大手バス事業者におけるデモンストレーション • iPadを用いた作図システムは好評  課題 • 通常の地図では表示できないところがある。 • 高速道路の高架下 • 立体交差 • トンネル内 • 通常の地図に載っていないものがある。 • 横断歩道 • 中央分離帯 • 電波圏外ではどのように用いるのか。 © PASCO CORPORATION 2012 23
  25. 25. 4.結論  成果 • HTML5 を用いることによって、マルチプラットフォーム対応の交 通事故報告作図システムのプロトタイプを開発した。 • 現場の略図の作図作業  作業の簡略化  精度の均質化  自動データベース化 • マルチプラットフォームに対応  Windows7、OS X、iOS、Androidのマルチプラットフォームに対応  同様の操作感 © PASCO CORPORATION 2012 24
  26. 26. 4.結論  課題 • 専用の地図の選定、もしくは作成 以下のような条件を満たす地図を選定、もしくは作成が必要である。 • 高速道路の高架下 • 立体交差 • トンネル内 • 地図の欠点をシステムで補完する必要性 横断歩道や中央分離帯など、地図に含まれないものをシステムで補う必 要性がある。 • オフライン時の対応 アプリケーションキャッシュなど、オフライン時の対応が必要である。 © PASCO CORPORATION 2012 25
  27. 27. 4.結論  今後の展望 • 各運送事業者独自の交通事故対応 • 国土交通省への報告事項に加えて、各運送事業者独自の交通事故対 応のカスタマイズをする必要がある。 • 交通事故減少に向けて • 本システムを用いたことにより、交通事故データの均質化が図れた。 • 今後の交通事故分析に活かすための項目選定を行うことにより、 交通事故減少に向けた分析により価値のあるデータを作成できる。 • ドライブレコーダーなど近年実装されている技術との連携により、さらに よりデータの価値を上げることができるだろう。 • 運送事業者、国土交通省、警察関係省庁が共同して同一フォーマットの デジタルデータを蓄積することにより、今後の交通事故減少に関する分 析・対応が期待できる。 © PASCO CORPORATION 2012 26
  28. 28. © PASCO CORPORATION 2012 - 27 -

×