Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
© 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp
⾼度IT利活⽤社会における
今後の学校教育の在り⽅について
⼀般社団法⼈みんなのコード
代表理事 利根川 裕太
1
© 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp
本⽇の議題
● みんなのコードについて
○ ヒトへのアプローチ
○ ITでのアプローチ
● 現状の認識
○ ヒト・モノ・カネ
● ご提⾔
2
© 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp
1.みんなのコードについて
3
© 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp
すべての⼦どもが
プログラミングを楽しむ
国にする
みんなのコードのミッション
4
社会を牽引する為にも、裾野の拡⼤が必要
(詳細次ページ)
2020年形式的には必修化の...
© 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp
なぜ「すべての⼦ども」なのか
→ ⾼度な⼈材育成の為には、裾野の拡⼤が肝⼼
みんなのコードのミッション
5
将来
の
成⻑
現状 現状
将来の姿
次の姿
まずは裾野を広げ...
© 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp
2020年度から必修化される⼩学校でのプログラミング教育にて、
⼦どもたちがプログラミングを楽しめる授業が⽇本中に広まるよう
学校の先⽣等への⽀援を企業・⾏政と協⼒しなが...
© 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp
⽬指す世界
7
⼦どもたちが⼤⼈になった頃「職⼈が凄いものを作る⽇本」、
「電⾞が時間に正確な⽇本」、「アニメが盛んな⽇本」と同じように
「コンピューター・プログラミング...
© 2017 一般社団法人みんなのコード info@code.or.jp
みんなのコードのアプローチ
8
現状
⽬指す世界
「全ての⼦どもがプログラミングを楽しむ国にする」
ヒトへのアプローチ
・シンポジウム
・指導者研修会
・指導教員養成塾
...
© 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp
1. プログラミング教育明⽇会議
○ 参加者: 教育委員会 + 興味の⾼い教員(含む管理職) 昨年度673名・本年度1000名超(予定)
○ ⽬的 : プログラミング教育...
© 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp
2. 指導者研修会
○ 参加者: 市内全校の情報教育担当教員 + 興味の⾼い教員 昨年度465名
○ ⽬的 : 市内で多くの教員にプログラミング教育について
体系的に講義...
© 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp
3. 研究授業⽀援
○ 参加者: 市内の情報教育担当教員 + 開催校教員 + 興味の⾼い教員
○ ⽬的 : 指導者研修で学んだ内容を実際に⼦どもに実施することで、
具体的...
© 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp
4. プログラミング指導教員養成塾
○ 参加者: トップ1%のプログラミングに熱⼼な先⽣ (東京 + 通信教育コース 46名)
○ ⽬的 : プログラミング教育について探...
© 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp
教科内(算数等)での学習活動かつプログラミング知識が無くとも実施可能
な⼩学校⽤プログラミング⼊⾨教材「 プログル 」の開発
公倍数コース
多⾓形コース
ITでの学校現場...
© 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp
代表について
利根川 裕太
⼀般社団法⼈みんなのコード 代表理事
⼆児の⽗ (4歳, 2歳)
● 1985年 ⽣まれ
● 2009年 ラクスル株式会社⽴ち上げから参画し、...
© 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp
みんなのコードの活動領域
情報教育
コンピューターの内⾯の教育 コンピューターの外⾯の教育
プログラミング
データベース
ネットワーク
調べ学習
オフィスソフト使い⽅
情...
© 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp
2. 現状の認識
16
© 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp
現状の認識
17
ヒト→モノ→カネの三要素で考える
1.ヒト
2.モノ
3.カネ
© 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp
現状の認識
18
1.ヒト 晴れ時々くもり
✓晴: 現場・若⼿ は動き出している
熱⼼な⾃治体・校⻑も⼀部動き出している
✓くもり: 管理職・ベテラン の動きは軒並み遅い...
© 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp
現状の認識
19
2.モノ 晴れ時々くもり
✓晴: ソフト⾯は良い兆候。
Scratch / プログル等有り
指導案・指導事例も出回り始めている。
✓くもり: ハード⾯は...
© 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp
現状の認識
20
3.カネ ⾬
✓予算が動く気配がまだ無い
i. 予算を動かす背景となる世論がまだ熱くない。
ii.予算を付けようという意思が
管理職・教育委員会・⾃治体...
© 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp
3. ご提⾔
21
© 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp
3-1. 国⺠・都⺠全体への啓発活動
●解決する問題
プログラミング教育への世論形成が弱い為、
プログラミング教育の推進具合が
管理職・教育委員会・⾃治体のトップのセンス...
© 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp
3-1. 国⺠・都⺠全体への啓発活動
●活動のイメージ
23
© 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp
3-2. ⼈事制度
24
●解決する課題
ベテラン/管理職がITについていけない。
若⼿/現場の意欲的な活動を⽌められてしまう。
●ご提⾔
30代校⻑・外部IT⼈材校⻑等...
© 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp
3-3. 予算付けましょう
25
●解決する課題
管理職・教育委員会・⾃治体のトップのセンスや⼿腕により、
プログラミング教育の⾃治体間・学校間格差が広がる。
多数の「普...
© 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp
3-3. 予算付けましょう
26
●イメージ
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/kyouiku_joho-ka...
© 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp
まとめ
● みんなのコードについて
○ ヒトへのアプローチ
○ ITでのアプローチ
● 現状の認識
○ ヒト・モノ・カネ
● ご提⾔
○ 国⺠・都⺠への官⺠啓発活動
○ ...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

東京都「高度IT利活用社会における今後の学校教育の在り方に関する有識者会議」発表資料

3,160 views

Published on

東京都「高度IT利活用社会における今後の学校教育の在り方に関する有識者会議」みんなのコード利根川発表資料

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

東京都「高度IT利活用社会における今後の学校教育の在り方に関する有識者会議」発表資料

  1. 1. © 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp ⾼度IT利活⽤社会における 今後の学校教育の在り⽅について ⼀般社団法⼈みんなのコード 代表理事 利根川 裕太 1
  2. 2. © 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp 本⽇の議題 ● みんなのコードについて ○ ヒトへのアプローチ ○ ITでのアプローチ ● 現状の認識 ○ ヒト・モノ・カネ ● ご提⾔ 2
  3. 3. © 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp 1.みんなのコードについて 3
  4. 4. © 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp すべての⼦どもが プログラミングを楽しむ 国にする みんなのコードのミッション 4 社会を牽引する為にも、裾野の拡⼤が必要 (詳細次ページ) 2020年形式的には必修化の⽅針だが、内容⾯にはまだ課題 があります。 「xx思考」「xx構⽂」を覚えることよりも⼩学校段階では 「楽しむ」ことが⼤事だと考えています。 ⾸都圏だけでなく地⽅も含めた⽇本全国を対象とします。
  5. 5. © 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp なぜ「すべての⼦ども」なのか → ⾼度な⼈材育成の為には、裾野の拡⼤が肝⼼ みんなのコードのミッション 5 将来 の 成⻑ 現状 現状 将来の姿 次の姿 まずは裾野を広げる その後、層が厚くなる TOP層だけ 伸ばすのは困難
  6. 6. © 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp 2020年度から必修化される⼩学校でのプログラミング教育にて、 ⼦どもたちがプログラミングを楽しめる授業が⽇本中に広まるよう 学校の先⽣等への⽀援を企業・⾏政と協⼒しながら実施。 Pros: 全ての⼦どもに届けることが可能。⼦どもに様々な体験・学習をさせる事のプロ。 Cons: 40万⼈の⼩学校の先⽣はITへの関⼼やITリテラシーが(⼀般的に)低い。 みんなのコードのアプローチ 6 先⽣・校⻑ 教育委員会等 ⼦どもたち 企業 ⾏政 ⽀援 授業 協 ⼒
  7. 7. © 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp ⽬指す世界 7 ⼦どもたちが⼤⼈になった頃「職⼈が凄いものを作る⽇本」、 「電⾞が時間に正確な⽇本」、「アニメが盛んな⽇本」と同じように 「コンピューター・プログラミングで 様々な課題を解決してしまう⽇本」 となることを⽬指しています。 きゅうりをDeepLearningで⾃動で仕分ける https://cloudplatform-jp.googleblog.com/2016/08/tensorflow_5.html いのしし捕獲檻をIchigoJamの・・・・・
  8. 8. © 2017 一般社団法人みんなのコード info@code.or.jp みんなのコードのアプローチ 8 現状 ⽬指す世界 「全ての⼦どもがプログラミングを楽しむ国にする」 ヒトへのアプローチ ・シンポジウム ・指導者研修会 ・指導教員養成塾 etc ITでのアプローチ
  9. 9. © 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp 1. プログラミング教育明⽇会議 ○ 参加者: 教育委員会 + 興味の⾼い教員(含む管理職) 昨年度673名・本年度1000名超(予定) ○ ⽬的 : プログラミング教育について興味関⼼を持っていただく 具体的な情報収集の第⼀歩を歩んでいただく。 ○ 内容 :⽂部科学省⽅針説明、実践報告、模擬授業、教材研究、情報交換 みんなのコードから学校・教育委員会へのご⽀援 9
  10. 10. © 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp 2. 指導者研修会 ○ 参加者: 市内全校の情報教育担当教員 + 興味の⾼い教員 昨年度465名 ○ ⽬的 : 市内で多くの教員にプログラミング教育について 体系的に講義+実習で学習する。 ○ 内容 :⽂部科学省⽅針説明、教材の体験、模擬授業、授業での導⼊について みんなのコードから学校・教育委員会へのご⽀援 10
  11. 11. © 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp 3. 研究授業⽀援 ○ 参加者: 市内の情報教育担当教員 + 開催校教員 + 興味の⾼い教員 ○ ⽬的 : 指導者研修で学んだ内容を実際に⼦どもに実施することで、 具体的な授業実施時の課題を確認する。 ○ 内容 :授業実施前の助⾔、当⽇の講評 みんなのコードから学校・教育委員会へのご⽀援 11
  12. 12. © 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp 4. プログラミング指導教員養成塾 ○ 参加者: トップ1%のプログラミングに熱⼼な先⽣ (東京 + 通信教育コース 46名) ○ ⽬的 : プログラミング教育について探求し、 地域のプログラミング教育の推進役を担う教員となる。 ○ 内容 : ⼟曜⽇・⻑期休暇に全7⽇間の研修を実施 ① 授業例及び教材をインプット ② 模擬授業を参加者同⼠で実施 ③ 授業案を考える ④ 授業を実施 ⑤ 参加者同⼠・所属校で共有 みんなのコードから学校・教育委員会へのご⽀援 12
  13. 13. © 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp 教科内(算数等)での学習活動かつプログラミング知識が無くとも実施可能 な⼩学校⽤プログラミング⼊⾨教材「 プログル 」の開発 公倍数コース 多⾓形コース ITでの学校現場への⽀援 13
  14. 14. © 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp 代表について 利根川 裕太 ⼀般社団法⼈みんなのコード 代表理事 ⼆児の⽗ (4歳, 2歳) ● 1985年 ⽣まれ ● 2009年 ラクスル株式会社⽴ち上げから参画し、 プログラミングを学び始める ● 2014年 Hour of Code のワークショップ開催 ● 2015年 ⼀般社団法⼈みんなのコード設⽴ ● 2016年 ⽂部科学省「⼩学校段階における論理的思考⼒や創造性、 問題解決能⼒等の育成とプログラミング教育に関する 有識者会議」委員拝命 14
  15. 15. © 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp みんなのコードの活動領域 情報教育 コンピューターの内⾯の教育 コンピューターの外⾯の教育 プログラミング データベース ネットワーク 調べ学習 オフィスソフト使い⽅ 情報マナー 15 ⼩学校 中学校 ⾼等学校
  16. 16. © 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp 2. 現状の認識 16
  17. 17. © 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp 現状の認識 17 ヒト→モノ→カネの三要素で考える 1.ヒト 2.モノ 3.カネ
  18. 18. © 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp 現状の認識 18 1.ヒト 晴れ時々くもり ✓晴: 現場・若⼿ は動き出している 熱⼼な⾃治体・校⻑も⼀部動き出している ✓くもり: 管理職・ベテラン の動きは軒並み遅い 例:弊社団のプログラミング指導教員養成塾への参加に 「校⻑ストップ」が掛かった。 逆に、区内の研修・校内の実践を校⻑⾃ら指揮し、 弊社団の研修等の常連校⻑も居る。
  19. 19. © 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp 現状の認識 19 2.モノ 晴れ時々くもり ✓晴: ソフト⾯は良い兆候。 Scratch / プログル等有り 指導案・指導事例も出回り始めている。 ✓くもり: ハード⾯は課題あり PC/ブラウザが古く教材が使えない事例 ロボット系は既存の⺠間教育や海外発の教材が中⼼
  20. 20. © 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp 現状の認識 20 3.カネ ⾬ ✓予算が動く気配がまだ無い i. 予算を動かす背景となる世論がまだ熱くない。 ii.予算を付けようという意思が 管理職・教育委員会・⾃治体のトップのセンスに依存。
  21. 21. © 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp 3. ご提⾔ 21
  22. 22. © 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp 3-1. 国⺠・都⺠全体への啓発活動 ●解決する問題 プログラミング教育への世論形成が弱い為、 プログラミング教育の推進具合が 管理職・教育委員会・⾃治体のトップのセンスに依存している。 ●ご提⾔ プレミアムフライデーやクールビズのように 官⺠⼀体での空気感の醸成が必要。 22
  23. 23. © 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp 3-1. 国⺠・都⺠全体への啓発活動 ●活動のイメージ 23
  24. 24. © 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp 3-2. ⼈事制度 24 ●解決する課題 ベテラン/管理職がITについていけない。 若⼿/現場の意欲的な活動を⽌められてしまう。 ●ご提⾔ 30代校⻑・外部IT⼈材校⻑等の起⽤による ⼈事制度からのIT利活⽤教育の推進。
  25. 25. © 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp 3-3. 予算付けましょう 25 ●解決する課題 管理職・教育委員会・⾃治体のトップのセンスや⼿腕により、 プログラミング教育の⾃治体間・学校間格差が広がる。 多数の「普通の⾃治体」の「普通の学校」が変わらない。 ●ご提⾔ 「普通の⾃治体」の「普通の学校」がプログラミング教育を 「普通に始められる」よう「機材」や「研修」等への予算措置を。 全国的には総務省や経済振興系の部局の予算の活⽤事例も
  26. 26. © 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp 3-3. 予算付けましょう 26 ●イメージ http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/kyouiku_joho-ka/jakunensou.html
  27. 27. © 2017 ⼀般社団法⼈みんなのコード info@code.or.jp まとめ ● みんなのコードについて ○ ヒトへのアプローチ ○ ITでのアプローチ ● 現状の認識 ○ ヒト・モノ・カネ ● ご提⾔ ○ 国⺠・都⺠への官⺠啓発活動 ○ 30代校⻑、外部IT⼈材校⻑等⼈事施策 ○ 予算付けましょう 27

×