Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Docker Meetup tpkyo #30 kubecon recap

633 views

Published on

Docker Meetup tpkyo #30 kubecon recap
Kubernetes運用や、基盤提供者観点での事例紹介

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Docker Meetup tpkyo #30 kubecon recap

  1. 1. Docker Meetup Tokyo #30 (DockerCon・KubeConEU報告会) LT 3: Kubenetes運用や、基盤提供者観点での事例 和田 雄太郎 (@nagoden_yw)
  2. 2. About Me 名前:和田 雄太郎 (@nagoden_yw) 所属:KDDI株式会社 業務: 社内コンテナ案件のサポート、 コンテナ基盤構築など #kubecon初参加組
  3. 3. Kubecon初参加! Kubenetes運用や、基盤提供者観点での事例紹介をする・・ ・・・はずでしたが!!
  4. 4. Caution!! 予定していた内容を大幅に 変更してお送りいたします。
  5. 5. 運用観点から面白かったセッション & 一言コメント その1 ■ Sponsored Keynote: Expanding the Kubernetes Operator Community - Rob Szumski, Principal Product Manager for OpenShift, Red Hat RadHatによるOperatorに関するセッション。 K8s上のアプリケーションの運用負荷を低減するOperatorと、OperatorSDK、 OperatorHubの紹介 OperatorHub.IO : https://operatorhub.io/ YouTube : https://youtu.be/KPOEnFwspiY ■ Kanary - Automated and Integrated Canary Testing Using CRD and an Operator - David Benque, Amadeus & Cedric Lamoriniere, Datadog Canary Testingを行うためのOperator, Kanaryの紹介と、Operator実装で大変だった ところなどの紹介 Kanary – Github : https://github.com/etiennecoutaud/kanary YouTube : https://youtu.be/mmvSzDEw-JI
  6. 6. 運用観点から面白かったセッション & 一言コメント その2 ■ Keynote: How Spotify Accidentally Deleted All its Kube Clusters with No User Impact - David Xia,Infrastructure Engineer,Spotify Spotifyのドキドキセッション。商用クラスタ間違えて2度もぶっ飛ばす話。 コードで定義された構成情報から環境復元する際も、ハマりポイントあるので気をつけ よう。 学びの文化を根付かせることが重要。失敗した人を責めてはいけない。 Youtube: https://youtu.be/ix0Tw8uinWs ■ Keynote: Debunking the Myth: Kubernetes Storage is Hard - Saad Ali,Senior Software Engineer,Google K8sでストレージを利用する際の問題点を、Select/Deploy/Integrate/Consumeの 観点から分離して解説。 どのコンポーネントがデータを管理するのかの責任を明確にすることが、管理の コツ Youtube: https://youtu.be/169w6QlWhmo
  7. 7. 所感 • 今回のkubeconのセッションの中でも、Operatorに関する話題や、 Statefulなアプリケーションの運用に関するセッションは数多い → みんなStatefulアプリケーションの運用に課題を持っている? → 解決策は? ① A. Operatorを実装して、運用負荷を低減 ② A. できるだけK8sを使わずに、クラスタの外側に永続データをもたせる 例:Managed DB Service, Managed Object Storage • 本当はK8sクラスタを自前運用している人たちの課題も吸い上げて きたかったが・・・ → パブリッククラウドのManaged K8s利用者が多い → どうしてもオンプレ環境でクラスタ運用しないといけない場合は? A. ブース展示で見つけた「Gardener」 K8s as a Serviceを実現するものらしいが、Rancherと機能的に似た感じ? ちょっとおもしろそう Gardener:https://gardener.cloud/

×