Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Rxt study lt_jp#2

5,557 views

Published on

Know-how for SSL connection from bitnami redmine edition.
Environment is
Redmine 3.2 virtual machine edition with NAT network.

Published in: Software
  • Be the first to comment

Rxt study lt_jp#2

  1. 1. 持ち運べるRedmineの構築例紹介(続編) - SSL接続環境構築の注意点 - 14th RxT study LT (2016/03/05)
  2. 2. - 2 - - 2 -2 14th Redmine X Task management Study 自己紹介 • 氏名: 小暮 豊 (KOGURE Yutaka) • 職業: 関西家電メーカーの社内SE • Redmine構築実績(1)WinXP上に構築 – 時期: 2009年5月 – 利用動機: オフショア開発の管理の効率向上 – 参考情報: ブログ「プログラマの思索」 • Redmine構築実績(2)様々な試行に対応 – 時期: 2015年3月 – 利用動機: グローバルプロジェクトの課題管理 実プロジェクトの適応実績積む ★ 2015年8月にVirtualBox上にRedmine構築事例発表
  3. 3. - 3 - - 3 -3 14th Redmine X Task management Study 発表の動機 1. UNCプラグインをインストールファイルが開かない 2. ブラウザーに制約あり (IE:OK、chrome:起動パラメータ変更要)  IE限定に変更 3. Wiki UNC プラグインを使用すると、UNCをfile URIに 自動的に変換 IEではRedmineを信頼済みサイトに追加することでfile URIを開ける その為には、https接続が必要 出典:http://d.hatena.ne.jp/q-yoshida/20150414/1428977728 その嵌まり所 を共有する
  4. 4. - 4 - - 4 -4 14th Redmine X Task management Study 発表のフレームワークはYWTM • Y: やってみた事 • W: わかった事 • T: 次にやる事 • M: メリット
  5. 5. - 5 - - 5 -5 14th Redmine X Task management Study やってみた事(Y) • Httpd-ssl.confをhttpd.confへ追加(コメント外す) 出典 https://bitnami.com/forums/forums/redmine/topics/how-to-activate-ssl-security 2009/Mar/25 • NATのポートフォワーディング追加 • Apacheの起動エラー – (98)Address already in use: AH00072: make_sock: could not bind to address [::]:443 「443」を追加
  6. 6. - 6 - - 6 -6 14th Redmine X Task management Study 原因分析 • httpd.confの分析 注、正式なパス Include "/opt/bitnami/apache2/conf/bitnami/bitnami.conf" Include "bitnami.conf" Include “httpd-ssl.conf" httpd-ssl.conf Listen 443 Listen 443 bitnami.conf バッティング
  7. 7. - 7 - - 7 -7 14th Redmine X Task management Study わかったこと(W) • BitnamiはApacheの環境設定において、 httpd.conf から bitnami.conf へ Virtualhost設定情報が移動させている • 最初に参照するマニュアルは、以下の2つ – https://wiki.bitnami.com/Applications/BitNami_Redmine – https://wiki.bitnami.com/Components/Apache 今回はこのマニュアルの、How to enable HTTPS support with SSL certificates 参照
  8. 8. - 8 - - 8 -8 14th Redmine X Task management Study 対 策 • Httpd.confからhttpd-ssl.confを外す – #を付けてコメント化する Include "bitnami.conf" Listen 443 bitnami.conf #Include “httpd-ssl.conf" LoadModule ssl_module modules/mod_ssl.so
  9. 9. - 9 - - 9 -9 14th Redmine X Task management Study • コミュニティにてLTを行なって 皆さんのお役立ちへ 次にやる事(T) 今ここ
  10. 10. - 10 - - 10 -10 14th Redmine X Task management Study メリット (M) • Virtual Machine版 bitnami での実例を増やす • UNCプラグインを活用する事で – 添付資料をファイルサーバーへ一元管理可能 – Redmineの移行時に作業時間が短縮される
  11. 11. - 11 - - 11 -11 14th Redmine X Task management Study まとめ • SSLを利用する際も、Bitnami版のマニュアルを 最優先に利用する (補足) Uncプラグインはhttpsでなくても IEから利用可 「My Redmine」 で 一緒に色々試しませんか?
  12. 12. - 12 - - 12 -12 14th Redmine X Task management Study (参考) 仮想環境上にredmineを構築するメリット 仮想環境上の bitnami利用 Windwos上の bitnami利用 Windows上に 自力で構築 環境構築所要 時間 15分 15分 2日 プログラムスタックの 知識 不要 不要 絶対必要 データバックアップ 操作容易性 GUI のスナップショッ トで取得(コメント付) コマンドラインによる 取得(コメント無し) コマンドラインによる 取得(コメント無し) バックアップ・リカバリ 所要時間 1分以内*2 15分*2 15分*2 他の環境への 移植性 容易 面倒 面倒 試行錯誤の容易性 復旧すべき時点をコ メントから容易に判断 復旧すべき時点を別 途のメモにより判断 復旧すべき時点を別 途のメモにより判断 アクセス方法 1台のPCで十分 もう一台のPCが 必要 もう一台のPCが 必要
  13. 13. - 13 - - 13 -13 14th Redmine X Task management Study (参考) 環境詳細 • PC環境 – 機種名 Let’s Note CF-S9 – CPU Intel i5 2.67GHz – メモリー 4GB (仮想環境に1.6GB使用) – OS Windows7 pro SP1 – Windows エクスペリエンスインデックス 4.3 • Bitnami Redmine パッケージ一覧 – Ubuntu 14.04.03 – Redmine 3.2.0 – Apache 2.4.17 – MySQL 5.5.45 – Subversion 1.8.13 – Git 2.6.1 – Ruby 2.0.0-p647 – Rails 4.2.5 – RubyGems 2.0.14.1 – PhpMyAdmin 4.5.2
  14. 14. - 14 - - 14 -14 14th Redmine X Task management Study (参考) Redmine Plugin • clipboard_image_paste 1.10 • easy_gantt 2016.01.1000 • redmine_banner 0.1.1 • redmine_base_deface 0.0.1 • redmine_checklists 3.1.3 • redmine_glossary 0.7.1 • redmine_issue_completion 0.0.2 • redmine_knowledgebase 3.0.7 • redmine_logs 0.1.0 • redmine_wiki_extensions 0.7.0 • redmine_wiki_unc 0.0.3 タスク先行後続関係の指定大変容易 タスク粒度合わせに大変重宝

×