Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
開発チームのための
コミュニケーションと
コンテキストの作り方
(研究中)

Yutaka Kinjo
14年1月21日火曜日
コミュニケーション

難しい!
14年1月21日火曜日
認識の違い
「カードはお餅
・・・」

14年1月21日火曜日

「カードはお持ちですか?」
店員「当店のポイントカードはお

でしょうか」

ぼく「えっ」
店員「当店のポイントカードはお

ですか」

ぼく「いえしりません」
店員「えっ」
ぼく「えっ」
店員「まだお

になってないということでしょうか」

ぼく「えっ」
店員「えっ」
...
「お餅」と解釈する
コンテキストを持った人
「お餅」さん

コンテキスト = 状況・背景
14年1月21日火曜日
外界とのやり取りを通してコンテキストが作られる

input

output

feedback

背景があって、「お餅」と解釈する
14年1月21日火曜日
様々なコンテキストが重なって
連続的に次のコンテキストを作る
input
立場

性別
習慣
環境

14年1月21日火曜日

年齢
output

宗教
文化
性格
職業
能力
feedback
人それぞれにコンテキストがある

14年1月21日火曜日
ときにコンテキストの違いから
対立する

宗教
戦争
Vimじゃー

14年1月21日火曜日

Emacsじゃー
だから
14年1月21日火曜日
円滑なコミュニケーションを
するには

14年1月21日火曜日
コンテキストに
寄り添うことが大事

コンテキストの違いから
認識のズレや衝突が起こる
14年1月21日火曜日
開発チームのための
コンテキスト

14年1月21日火曜日
チームは
目的のためのコンテキストを共有する

14年1月21日火曜日
どうやってコンテキストを
共有させるのか?
?

14年1月21日火曜日
巷で話題の「スクラム」
漸進的な開発に
よって徐々にコンテキストを収束させる

収束するためのコンテキストは
目的に合わせたベストプラクティス
14年1月21日火曜日
重要なのは「漸進的」であるということ
各個人のコンテキストは連続的に変化する。また目
的すらも時間とともに変化する。ベストプラクティス
はあくまでも目的に向かうための「型」であって絶対
的な方法論ではない。漸進的にベストプラティスも変
化するの...
具体的に
「漸進的」に方法を変化させながら、
目的に適したコンテキストを絶えず作
りだすには?

14年1月21日火曜日
絶賛研究中!!

14年1月21日火曜日
研究の方向性
• 何が「良い」のかを判断する方法
•「良い」ことに向かうためのコンテキス
トを判断する方法

•「良い」ことに向かってコンテキストを
収束させる方法

14年1月21日火曜日
糸口
•パターン・ランゲージ
•スクラムのベストプラクティス
•コミュニケーションの媒体の扱い
•コミュニケーションツール
•irc
•Github
•redmine
14年1月21日火曜日
/*end*/

14年1月21日火曜日
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

開発チームのためのコミュニケーションとコンテキストの作り方

1,034 views

Published on

Published in: Technology
  • Be the first to comment

開発チームのためのコミュニケーションとコンテキストの作り方

  1. 1. 開発チームのための コミュニケーションと コンテキストの作り方 (研究中) Yutaka Kinjo 14年1月21日火曜日
  2. 2. コミュニケーション 難しい! 14年1月21日火曜日
  3. 3. 認識の違い 「カードはお餅 ・・・」 14年1月21日火曜日 「カードはお持ちですか?」
  4. 4. 店員「当店のポイントカードはお でしょうか」 ぼく「えっ」 店員「当店のポイントカードはお ですか」 ぼく「いえしりません」 店員「えっ」 ぼく「えっ」 店員「まだお になってないということでしょうか」 ぼく「えっ」 店員「えっ」 ぼく「変化するってことですか」 店員「なにがですか」 ぼく「カードが」 店員「ああ使い続けていただければランクがあがってカードが変わりますよ」 ぼく「そうなんだすごい」 店員「ではお作りいたしましょうか無料ですよ」 ぼく「くさったりしませんか」 店員「えっ」 ぼく「えっ」 店員「ああ期限のことなら最後に使ってから一年間使わないときれます」 ぼく「なにそれこわい」 店員「ちょくちょく来ていただければ無期限と同じですよ」 ぼく「なにそれもこわい」 店員「えっ」 ぼく「えっ」 14年1月21日火曜日
  5. 5. 「お餅」と解釈する コンテキストを持った人 「お餅」さん コンテキスト = 状況・背景 14年1月21日火曜日
  6. 6. 外界とのやり取りを通してコンテキストが作られる input output feedback 背景があって、「お餅」と解釈する 14年1月21日火曜日
  7. 7. 様々なコンテキストが重なって 連続的に次のコンテキストを作る input 立場 性別 習慣 環境 14年1月21日火曜日 年齢 output 宗教 文化 性格 職業 能力 feedback
  8. 8. 人それぞれにコンテキストがある 14年1月21日火曜日
  9. 9. ときにコンテキストの違いから 対立する 宗教 戦争 Vimじゃー 14年1月21日火曜日 Emacsじゃー
  10. 10. だから 14年1月21日火曜日
  11. 11. 円滑なコミュニケーションを するには 14年1月21日火曜日
  12. 12. コンテキストに 寄り添うことが大事 コンテキストの違いから 認識のズレや衝突が起こる 14年1月21日火曜日
  13. 13. 開発チームのための コンテキスト 14年1月21日火曜日
  14. 14. チームは 目的のためのコンテキストを共有する 14年1月21日火曜日
  15. 15. どうやってコンテキストを 共有させるのか? ? 14年1月21日火曜日
  16. 16. 巷で話題の「スクラム」 漸進的な開発に よって徐々にコンテキストを収束させる 収束するためのコンテキストは 目的に合わせたベストプラクティス 14年1月21日火曜日
  17. 17. 重要なのは「漸進的」であるということ 各個人のコンテキストは連続的に変化する。また目 的すらも時間とともに変化する。ベストプラクティス はあくまでも目的に向かうための「型」であって絶対 的な方法論ではない。漸進的にベストプラティスも変 化するので、常に方向転換をし続ける。 14年1月21日火曜日
  18. 18. 具体的に 「漸進的」に方法を変化させながら、 目的に適したコンテキストを絶えず作 りだすには? 14年1月21日火曜日
  19. 19. 絶賛研究中!! 14年1月21日火曜日
  20. 20. 研究の方向性 • 何が「良い」のかを判断する方法 •「良い」ことに向かうためのコンテキス トを判断する方法 •「良い」ことに向かってコンテキストを 収束させる方法 14年1月21日火曜日
  21. 21. 糸口 •パターン・ランゲージ •スクラムのベストプラクティス •コミュニケーションの媒体の扱い •コミュニケーションツール •irc •Github •redmine 14年1月21日火曜日
  22. 22. /*end*/ 14年1月21日火曜日

×