配布用Cacti running with cherokee

1,060 views

Published on

2012年6月6日に行われた、監視ツール勉強会 Cacti編での発表資料です。

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,060
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

配布用Cacti running with cherokee

  1. 1. Cacti running with Cherokee 監視ツール勉強会 Cacti編 2012年6月6日 @yut148
  2. 2. 自己紹介 @yut148 ←読みはワイユーティーでお願いします。         他特にこだわりはありません。  鍵ユーザーですがフォロー歓迎です。 職業 ゲーム会社 (sap とか CPとかです。) or エンターテイメント会社に勤めています。 現在は仕事でコードを書いてません。 今の仕事はどちらかと言えば運用系 多分インフラエンジニアに属します。 前職含め、ゲーム会社にてサーバ管理の仕事が多い。
  3. 3. お題1) Cherokeeとは2)インストールと起動3)cactiを使う上での設定変更
  4. 4. 1)Cherokeeとは
  5. 5. 1)Cherokeeとは ※User friendly All the configuration is done through Cherokee- Admin, a beautiful and powerful Web interface. ※Web Apps repository Cherokee allows to deploy Web Apps optimally, in seconds, with just a few mouse clicks. ※Modern Technologies Cherokee supports the most widespread Web technologies: FastCGI, SCGI, PHP, uWSGI, SSI, CGI, LDAP, TLS/SSL, HTTP proxying, Video streaming, Content caching, Traffic Shaping, etc. ※Cross Platform Cherokee runs on Linux, MacOS X, Solaris, and BSD. A native Windows port is on the works.
  6. 6. 1)Cherokeeとは ※User friendly All the configuration is done through Cherokee- Admin, a beautiful and powerful Web interface. ユーザフレンドリーについて見て行きま す。
  7. 7. 2)インストールと起動ソースからインストール出来るけどCentOS6ならepelでインストールした方が手軽。rpm -ivh "http://pkgrepo.linuxtech.net/el6/release/x86_64/GeoIP-1.4.8-3.el6.x86_64.rpm"rpm -ivh "http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/spawn-fcgi-1.6.3-1.el6.x86_64.rpm"rpm -ivh "http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/cherokee-1.2.101-3.el6.x86_64.rpm"GeoIPとspawn-fcgiが必要ソースの起動スクリプトはstart-stop-daemonを必要としubuntu用start)echo -n "Starting cherokee web server: $NAME"start-stop-daemon --start -b --exec $DAEMON
  8. 8. 2)インストールと起動cherokee-adminを起動[root@localhost ~]# /usr/sbin/cherokee-admin -t -bCherokee Web Server 1.2.101 (Feb 21 2012): Listening on port ALL:9090,TLSdisabled, IPv6 enabled, using epoll, 4096 fds system limit, max. 2041connections, caching I/O, single threadLogin:User: adminOne-time Password: ckxIrrOchWjoSVcKWeb Interface: URL: http://localhost:9090/※-t -bを付けないと他のクライアントから見られない
  9. 9. 3)cactiを使う上での設定変更Apacheで言うところのAddHandlerドキュメントルートの設定
  10. 10. 3)cactiを使う上での設定変更ドキュメントルートの設定
  11. 11. 3)cactiを使う上での設定変更
  12. 12. 3)cactiを使う上での設定変更
  13. 13. 3)cactiを使う上での設定変更
  14. 14. 3)cactiを使う上での設定変更[root@localhost ~]# ls -la /etc/cherokee/cherokee.conf*-rw-r--r-- 1 cherokee cherokee 13480 5月 31 08:01 2012 /etc/cherokee/cherokee.conf-rw-r--r-- 1 root root 13155 5月 31 08:01 2012 /etc/cherokee/cherokee.conf.backup設定ファイルのバックアップは自動で作られます。ちなみに、cherokkeのwebサーバ側のプロセスが起動していて、かつ挙動に影響があるもの(ディレクトリ変更等)がある場合は即反映するか問い合わせがある。 gracefuもしくはstopの後、start
  15. 15. 使った感想設定が簡単に済むのはcherokee-adminを起動した場合だけ。GUIは設定ファイルを俯瞰しにくい。(目視では管理しにくくなる。)wc /etc/cherokee/cherokee.conf 313 945 13459 /etc/cherokee/cherokee.conf慣れれば簡単。最小限の操作にとどめる。cherokee-adminを起動したままだと第三者に設定を書き換えられる恐れがあるので注意。
  16. 16. 余談最初にapacheをインストールしていると/var/lib/php/sessionが出来てしまいパーミションで問題が起こる。 →適切なパーミッション設定を。/etc/php.iniの時刻情報を確認 以前から使い回している環境だと以外に 忘れがち 

×