Blossom:QWERTYソフトキーボード上のフリック日本語入力システム

2,289 views

Published on

2013/8/5に情報処理学会第154回ヒューマンコンピューターインタラクション研究会で発表させて頂いたスライドです。

Published in: Education
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,289
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
48
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Blossom:QWERTYソフトキーボード上のフリック日本語入力システム

  1. 1. QWERTYソフトキーボード上 のフリック日本語入力システ ム 桜井雄介(慶應義塾大学総合政策学 部) 増井俊之(慶應義塾大学環境情報学 部)(欠席)
  2. 2. 目次 • 研究背景 • 研究目的 • Blossom方式 – インターフェース – 入力方法 – 特徴 – デモ – デモ詳細 • まとめ • 質疑応答
  3. 3. 研究背景 • スマートフォンの普及 – 文字入力方法の変化(キーボード→タッチ パネル) – フリック入力の普及 • タブレット端末の普及 – 企業、教育現場などへの導入 – タブレット端末の文字入力方法は代わり映 えがない タブレット端末に適した入力方法があってもいいのではないか?
  4. 4. 研究目的 • 既存の入力システムはローマ字モードと英 字モードを切り替えなくてはならない – 文中に英字が登場する場合などに不便 – メールアドレス、固有名詞、URLなど • 切り替えが面倒な上、いまどちらのモード なのか分かりづらい iPadのローマ字入力モードキーボード iPadの英字入力モードキーボード 日本語と英字をシームレスに入力することはできないか?
  5. 5. 『Blossom』方式 • QWERTYソフトウェアキーボード上でフ リック日本語入力を可能にしたもの 入力中の場面
  6. 6. Blossomのインターフェース • 従来のQWERTYキーボードを採用 – 既存のシステムからの移行コストを抑えるた め
  7. 7. 平仮名の入力 • QWERTYキーボード上でフリック →ひらがなが入力される Kキーをフリック 「か」が入力される
  8. 8. 英字の入力 • QWERTYキーをフリックせずにタップ →英字が入力される Kキーをタップ 「k」が入力される
  9. 9. ローマ字入力 • ローマ字入力も併用可能 • 例)「あした」という文字を入力する場合 – パターン1 • 「あ(a)」の文字をフリック • 「し(s)」の文字をフリック • 「た(t)」の文字をフリック – パターン2 • 「あ(a)」の文字をフリック • 「s」の文字をタップ • 「i」の文字をタップ • 「t」の文字をタップ • 「a」の文字をタップ
  10. 10. 英字入力 • 英字入力とローマ字入力の共存 • 「ashita」と入力する場合 – 「a」の文字をタップ – 「s」の文字をタップ – 「i」の文字をタップ – 「t」の文字をタップ – 「a」の文字をタップ
  11. 11. シームレスな入力切り替え • Blossomでは入力モードを明示的に切り替 えなくても、単一のキーボードインター フェースで日本語(フリック)、ローマ 字、英字の三種類の入力方法を併用でき る • 詳細はデモにて説明
  12. 12. デモ
  13. 13. 入力モードの自動判別 • Blossomでは、ユーザの入力状態によって入 力モードを自動的に変化させている – デフォルトでは英字入力モード – 英字入力モード中にフリックが発生すると自動的 にローマ字入力モードに遷移 – ローマ字入力モードで変換を確定すると英字入力 モードに戻る – フリック入力はどちらのモードでも使用可能 • QWERTY(英字)+フリック(日本語)に よって得られた結果
  14. 14. 日本語を入力しているとき • 未変換の状態が存在する – 日本語入力中
  15. 15. 英字を入力しているとき • 未変換の状態が存在しない – 英字を入力中だ
  16. 16. 入力モード状態遷移図 英字入力 モード ローマ字入 力モード 英字タップ入力 英字タップ入力 日本語フリック入力 日本語フリック入力 変換確定
  17. 17. まとめ • Blossomとはタブレット端末向けの入力シ ステム • QWERTYソフトウェアキーボード上でのフ リック入力を導入 • 入力モードの自動切り替えによる英字/ 日本語のシームレスな入力を実現 • 既存の入力方法を拡張する形での実装な ので移行コストが低い
  18. 18. 主な参考文献 • 増井 俊之. ユニバーサルなテキスト入力システムをめざして. 情報処理学会第52回冬のプログラミングシンポジウム予稿集, pp.1-10, 2011. • 君岡 銀兵, 志築 文太郎, 田中 二郎. マルチタッチを利用した携 帯情報端末用日本語入力方式とその評価. 情報処理学会ヒュー マンコンピュータインタラクション研究会研究報告, Vol.138, pp.J1-J6, 2010. • 長谷川 伸吾, 赤池 英夫, 角田 博保. 両手で把持したタブレット のための入力手法の提案と評価. 情報処理学会ヒューマンコン ピュータインタラクション研究会研究報告, Vol.2012, pp.301-5, 2012. • 片山 拓也, 村尾 和哉, 寺田 努, 塚本 昌彦. 片手用キーボードに よる打鍵間隔を活用した文字入力手法. 情報処理学会論文誌, Vol.544, pp.1667-1676, 2013
  19. 19. 実装 • http://github.com/keroxp/Blossom-iOS
  20. 20. 質疑応答

×