Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

SkyWayとWebRTC開発者コミュニティ4年間の軌跡とCMC_Meetupで学んだこと、実践したこと

200 views

Published on

CMC Meetup #7のLT発表資料です。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

SkyWayとWebRTC開発者コミュニティ4年間の軌跡とCMC_Meetupで学んだこと、実践したこと

  1. 1. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. SkyWayとWebRTC開発者コミュニティ4年間 の軌跡とCMC_Meetupで学んだこと、実践し たこと NTTコミュニケーションズ 仲裕介(@Tukimikage) 2017.11.24
  2. 2. ⾃⼰紹介 • 仲 裕介(Twitter:@Tukimikage) • NTT Communications エンジニア • WebRTCプラットフォームSkyWayを運営 • コミュニティ運営 • WebRTC Meetup Tokyo / Osaka / Japan 主催
  3. 3. SkyWayとWebRTC開発者コミュニティ 4年間の軌跡
  4. 4. WebRTCとは カメラやマイ クを利⽤可 ストリーミング データを扱える ブラウザ間 のP2P通信 サーバ サーバは 介さない • Web Real Time Communicationの略 • W3CやIETFに標準化されている技術で2011年に仕様公開 • リアルタイムコミュニケーション技術を誰でも扱えるようにした • 今では、ハングアウト / FBメッセンジャー / Slack Call / Appear.in Chatwork Live 等で利⽤されている
  5. 5. WebRTCでRTCに変⾰を起したい 2013年12⽉ WebRTCの普及を後押しするため、 開発者向けのPaaS「SkyWay」を トライアル提供開始 • WebRTCアプリ開発の⾯倒な部 分を肩代わり • 全て無償 NAT NAT STUN API Signaling API STUN API JS SDK iOS/Android SDK TURN API アプリ アプリ SFU API
  6. 6. WebRTCをもっと⽇本で流⾏らせたい 2014年4⽉から勉強会「WebRTC Meetup Tokyo」をスタート • #webrtcjpハッシュタグ作成 • Youtubeでストリーミング&アーカイブ • Slack WebRTC-JPも⽴ち上げ • 毎回8割ぐらいが新規ユーザ • 現在の参加者数:790名以上 • 2017年8⽉⼤阪にも進出 • スタッフも3名→6名 第1回⽬の様⼦
  7. 7. おかげさまで… 2017年9⽉にSkyWayの正式サービスを開始(4年間無償トライアルやりました)
  8. 8. 4年間やってきて感じたこと コミュニティがビジネスを成⻑させる
  9. 9. 私が思う開発者コミュニティの役割 役割1(STEP1): 新しい技術を持ち込み浸透させる ハイプ・サイクルでいう黎明期〜流⾏を牽引する 役割2(STEP2): ビジネスの芽を育て、花咲かせる ハイプ・サイクルでいう幻滅期を乗切り安定期まで牽引する 開発者コミュニティとビジネスは直結はしていないが 密接に絡み合っていると実感した
  10. 10. CMC_Meetupで学んだこと、実践したこと
  11. 11. なぜCMCに興味を持ったのか SkyWayのビジョン 世界中の開発者と共にイノベーションを起こし、 コミュニケーションのあふれる社会を作る 開発者に使ってもらうためには、使いたいと思ってもらえるよう な魅⼒的なサービスである必要がある。そんなサービスにしてい くために、コミュニティマーケティングを活⽤しようと考えた
  12. 12. CMC_Meetupで学びました Devrel Meetup in Tokyo ミニ(10/4)で、⼩島さんのお話を聞い たのがキッカケ 中津川さんと⼩島さんには感謝の気持ちで⼀杯 その後CMC_Meetupにも参加させてもらいました
  13. 13. 学んだ事で私的重要事項ベスト4 • CMCの本質は、情報の⽣成・交換・保存 • コミュニティをマーケティングに活⽤する際の鉄則 • Sell Through the Community(直接売っちゃダメ) • まずはファンになってもらうことが重要 • コミュニティでは⼈をどう集めるか、その戦略が重要 • コミュニティ牽引役のコミュニティリーダー(ファーストピン)の発掘 • オフラインファースト
  14. 14. SkyWayで実践していること 開発者向けのFAQやコミュニティ サイトの⽴ち上げ →情報⽣成・交換・保存を活性化
  15. 15. SkyWayで実践していること SkyWay Developer Meetup #1 今までSkyWayを⽀えてくださった 皆さんに感謝の気持ちを伝える →ファンになってもらう コミュニティリーダーの発掘に挑戦 →なかなか難しい… https://codeiq.jp/magazine/2017/10/54732/
  16. 16. これからやろうとしていること ユーザグループ(UG)の⽴ち上げ SkyWayのファンの⽅と⼀緒に勉強 会を企画 福岡、京都でも順次開催予定
  17. 17. 困っていること ユーザグループのようなプロダクト⾊が強いコミュニティは、 場所を探すのも⼀苦労 純粋な技術コミュニティじゃないと貸してくれない所が多い
  18. 18. 考えていること 本当に開発者の思いに寄り添えているのか、時々不安になる 参加者のモチベーションマネジメントが⼤事 →コミュニティに参加してくれる⼈たちモチベーションは何か →それに応えられるリターンを提供できているか
  19. 19. ⾊々書きましたがまだ道半ば これからも、CMC_Meetupで学んだことを実践し知⾒を共有し ます!
  20. 20. ご清聴ありがとうございました!

×