Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Scalaコーディングの準備

780 views

Published on

Scalaで開発するにあたって、Eclipseとデバッグの設定を行います

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Scalaコーディングの準備

  1. 1. Scalaコーディングの準備 for Windows { 漆黒のIDE導入編 CA ADvance 技術統括本部 Arakaki Yusuke
  2. 2. アジェンダ     IDEのダウンロード SBTプラグインの導入 Skinny Frameworkをプロジェクトとして読み込み アプリケーションをDebug  (前提)localhost上のJVMをport5005でデバッグ
  3. 3. GOAL   IDEを使ってコーディングできる デバッグが使える
  4. 4. IDEのダウンロード  Scala IDEをダウンロードします。  http://scala-ide.org/ ダウンロードが遅いので、お昼にでも出ましょう
  5. 5. Skinny Frameworkの ダウンロード  Skinny-blak-app.zipをダウンロード  https://github.com/seratch/skinny-framework/releases
  6. 6. SBTにEclipseのプラグインを 導入 1. Skinny FrameworkのZipを展開後、project/plugins.sbtを開く 2. 下記の設定を追記(設定同士は空白行で区切ること)  addSbtPlugin("com.typesafe.sbteclipse" % "sbteclipse-plugin" % "2.4.0")
  7. 7. SBTにEclipseのプラグインを 導入 1. SBTを起動してecplipseコマンドを叩く  sbt eclipse
  8. 8. SBTにEclipseのプラグインを 導入 1. Eclipseを起動してプロジェクトを読み込む  Fileタブ→Import…→Existing Project into Workspase
  9. 9. Debugの設定
  10. 10. Debugの設定(SBT)  sbt.batに下記のオプションを追加Fileタブ   -Xdebug -Xrunjdwp:transport=dt_socket,server=y,suspend=n,address=5005 デフォルトであれば下記の様になっているかと思います。 set SCRIPT_DIR=%~dp0 java -Xmx1024M -Xss1M -Xdebug Xrunjdwp:transport=dt_socket,server=y,suspend=n,address=5005 -XX:+CMSClassUnloadingEnabled XX:MaxPermSize=256M -jar "%SCRIPT_DIR%binsbt-launch.jar" %*
  11. 11. Debugの設定(Eclipse) 1. Run→Debug Configurations...から下記の様に設定 Project:<プロジェクト名> Connection Type:Standard (Socket Atttach) Host:localhost port5005
  12. 12. Debugの設定(Eclipse) 以上です。 Eclipse上からBreakpointを置いて確認してみましょう。

×